Tag Archives: メキシコ料理

El Paso Tex Mex Café & Restaurant @ Hoxton

El Paso(エル・パソ)は、ホクストン・スクエアのすぐ南、Old Street沿いにある。10年以上前からある店だけれど、Mother Brownブログによると、2010年にリニューアルされたそう。くたびれた外観とは対照的に、カラフルなヴィンテージ家具や口ひげやソンブレロの形にくり抜いた壁など、中はファンキーでモダン、広々としていて気持ちがいい。

しかし。見た目はいいけれど、自称「ベスト・テクス・メクス料理」は詐欺だと思う。注文したステーキ・ブリート(£8.50)は味がない。シェフは東洋人。もちろん中国人や日本人にも、腕のいいメキシコ料理シェフはいるだろうけれども、味がヒドかっただけに、見た目による心理的逆効果も否めない。少なくともブリートは、ファスト・フード店のChipotleの方が全然いい。そしてあの不味いコーヒーは、ほとんど犯罪だ。

El Pasoのコンセプトは、現代の「ノマドワーカー」のためにWi-Fiを完備した作業スペースを設けたバー・レストランと言うことだが、食べ物がダメダメな分、こうして席を埋めるということだろう。でも正直なところ、私はロンドンに多数いるこのノマドワーカー(または学生)にはあまり好意的じゃない。お金払ってるんだから何してもいい、との言い分は正論かもしれないが、カフェは飲み食いするところで仕事場ではない。El Pasoのようにガラガラの店ならいいけれど、混雑している店で4人がけテーブルに陣取り、コーヒー一杯で何時間も粘る行為は、美味しい食事やひと時の憩いを求めて来たのに席がなく泣く泣く諦める人たちに失礼だ。前にも書いたけれど、それよりヒドいのが会議室代わりに使う人たち。長時間テーブルを占拠する上、うるさいので他の客の迷惑以外の何者でもない。

とつい感情的になってしまったけれど、El Pasoにも長所はある。明るくて居心地はいいし、Euro 2012の全試合を放映するので、ビール(コーヒーは×)を飲みながらのサッカー観戦には最適。もちろん、劣悪なオフィス環境や狭いアパートに苦しむノマドワーカーや学生たちにもね。

El Paso is located on Old Street, few steps to the south from the Hoxton Square. It’s been there for over ten years but it was updated in 2010, according to Mother Brown blog. In contrast to its weary and shabby facade, the interior is funky and cheerful with colourful vintage furniture and cheeky details like moustache and mariachi hut-shape holes on the walls.

Looking good, but their self acclaim of ‘the best Tex-Mex food’ was a big cheat. We ordered Steak Burrito (£8.50) but it didn’t have any taste. The chef was an East Asian – I don’t want to be offensive and surely there is an excellent Chinese or Japanese chef specialising in Mexican food, but psychological aspect would be another blow if the taste was bad. We rather go to a fast-food burrito like Chipotle. And their coffee was almost a criminal offence! Bad, bad, bad.

The concept for the El Paso is a bar/workspace/diner equipped with free Wi-Fi, accommodating modern ‘nomadic’ workers (or people who don’t have an office or students with a tiny flat??). It is a good tactic for them to fill the space since the food is bad. But to be honest, I am not very sympathetic to the  ‘nomadic’ work style in a café. It is tolerable if the place is half-empty like El Paso, but some people are thick-skinned enough to stay in a café, completely packed and people are waiting to be seated, taking up a table for four, with just one cup of coffee for hours and hours. But the worst offenders are the people using the place as a conference room – noise pollution for other customers!!

Anyway, I have been harsh and emotional, but there is something good at El Paso. The place is relaxing and they show all the games during Euro 2012, and it maybe the perfect place to cheer your team with a glass of beer (nott a cup of coffee). And of course, for people who want to work outside their miserable office or flat.

Lupita Mexican Restaurant @ Strand / Charing Cross

ロンドンにおけるメキシコ料理人気はまだ続いているみたい。StrandのCharing Cross駅とEmbankment駅を結ぶVilliers Streetに最近開店した、メキシカン・レストランLupitaに行った。ロンドンにあるメキシコ料理店は、メキシコ人のオーナーによるものが少ないんだけれど、このお店は、メキシコシティで45年以上の歴史を持つ人気レストラン、El Farolito taqueríaが手がけた、本物のメキシカン。インテリアは、ダークウッドの座席と白い壁、ダークレッドのメタル・テーブルでまとめられ、シックな感じ。店内ではスペイン語が行き交い、入口近くのカウンター内では、スタッフが横長の鉄板の上で調理している。

出てきたブリートは、アルミ箔に包まれて出てくる、ファーストフード・メキシカンのでっかいやつではなく(以前のエントリー参照)、お上品に陶器のお皿でサーブされ、ナイフとフォークで食べる。ファーストフード店並みのリーズナブルな値段で、このサービスはお得。説明がなかったのでやっていいのか分からなかったけれど、テーブルの上に置いてあるスパイシーなソースやサルサ、ワカモレ(こちらではグァカモレと発音)を少しずつ上にのせて食べた。ぱりっと焼かれた皮に、中はジューシーで熱々の具が詰まっていて、なかなか美味:)

残念だったのは、エスプレッソが全然なっていなかったこと。鼻ピアスしたフレンドリーなウェートレスのお姉ちゃんいわく、「エスプレッソを飲んだこともないし、作り方もあれで良かったのか分からないわ」。「作り方を知らなければ、ちゃんと誰かに聞いてから作ってね。」と言いたかったけれど、言えなかった情けない私たちでした。。。

Mexican food fever is still here in London! We went to a recently opened Mexican restaurant Lupita on Villiers Street, connecting Charing Cross and Embankment tube stations in Strand. Many of Mexican restaurants in London are not of Mexican ownership, but Lupita is an authentic ‘Mexican’, opened by Mexicans from a popular restaurant with over 45 years’ history, El Farolito taquería in Mexico City. Its interior is chic with dark wood benches, white walls, and dark red metal tables. The restaurant was filled with Spanish words and phrases, and staffs were cooking on a long hot plate inside the counter, near the entrance.

Burrito at Lupita is not like the huge one wrapped with aluminum foil at fast food Mexican in London (see my past entry), but is served sophisticatedly on a  ceramic plate with knife and folk. The price is quite reasonable, around the same price with fast food counterparts, and is a great deal with its restaurant quality service. I ate it with a little bit of spicy sauce, salsa, and guacamole placed at the table, though there was no explanation and I was not sure if it was appropriate or not. It was delicious with crispy wrap and juicy filling.

But their espresso was awful. A friendly waitress with a nose pierce remorsefully explained that she had never had espresso and didn’t even know if she did it right. We wished we could say, “look, if you don’t know how to make it, ASK someone before you make it!!,” but we were chickens and couldn’t say anything…

シックにまとめられたトイレ。壁に張り付いているおじさんが可笑しい。

Chic toilet with funny guy clinging onto the wall.

Enhanced by Zemanta