Tag Archives: モダン・アート

The Sky Arts Street Galleries: Rankin

芸術・アート専門チャンネルSky Artsが、イギリス人の人気写真家・Rankinと組み、イギリスの6都市(ロンドン、マンチェスター、バーミンガム、エジンバラ、ニューキャッスル、リバプール)の街角を屋外アートギャラリーに変えるというプロジェクト「Sky Arts Street Galleries」が8月16日から始まった。

Rankinは、ファッションやポートレートを手がける写真家で、ケイト・モスやマドンナなどのセレブから、エリザベス女王やブレア元首相など著名人を撮影したポートレート写真で有名。また彼の写真は、ナイキやコカ・コーラ、ロレアルなど大手企業の広告にも使われている。慈善活動も行っており、女性の地位向上を目指す「Women’s Aid」の広報キャンペーンに参加したり、昨年開催した「Rankin Liveランキン・ライブ)」では、22年間の活動をまとめた回顧展とともに、1000人の一般人を撮影したポートレート写真を展示、その被写体は£50でそのポートレートを受け取り、その収益は全てOxfamオックスファム)に寄贈された。

Sky ArtsはRankinにStreet Galleriesプロジェクトの作品づくりを委託。モダン・アート(写真最上)クラシック音楽(写真上から2枚目)、デザイン(写真3枚目左)、文学など様々なアートの形を表現した、Rankinの16枚の作品は、ロンドンでは、Tottenham Court Road(トッテナムコートロード)沿いのビルボード、ポスター、バス停、電話ボックスなど様々な場所で、目にする事ができる。

Art-oriented television channels, Sky Arts has launched the “Sky Arts Street Galleries” on August 16th, a new project that will transform the streets of the six UK cities (London, Manchester, Birmingham, Edinburgh, Newcastle and Liverpool) to an outdoor art gallery, in association with popular British portrait and fashion photographer, Rankin.

Rankin is world famous for his iconic images from A-list celebrities such as Kate Moss and Madonna to Queen Elizabeth and former prime minister Tony Blair. He also has shot some world-renowned campaigns including Nike, Coca Cola and L’Oreal. He also involves in some charity activities. He has donated his services to publicity campaigns for the charitable organization “Women’s Aid“. Last year, he produced “Rankin Live“, where he brought the retrospective of the last 22 years of his photographic work, together with the portraits of 1,000 British public. Each person who took part received a print of their portrait for £50, and all the profits were donated to Oxfam.

Sky Arts commissioned Rankin to produce sixteen images, each representing a different form of art such as modern art (the top photo), classical music (the second photo), design (left on the third photo), literature and so on. You can see his works at billboard, poster, bus stop, phone box and advertising space, all on Tottenham Court Road.

Enhanced by Zemanta
Advertisements

John Baldessari: Pure Beauty @ Tate Modern

John Baldessari: Pure BeautyJohn Baldessari: Pure Beauty

アメリカ人コンセプチュアル・アーティスト(概念芸術家)、ジョン・バルデッサリJohn Baldessari)の回顧展「Pure Beauty」が、テート・モダンで開催中だ(2009年10月13日〜2010年1月10日)。

カリフォルニア生まれのバルデッサリは、60年代に、文章と絵画を組み合わせた作品で、概念芸術家のパイオニアとして名をなしたが、1953年から66年までの初期の絵画作品を「火葬」していると新聞に発表した時は、芸術界を驚かせた。その後、関心を絵画から写真作品に向け、時には映画のスチル写真や捨てられたゴミ等を使い、作品を製作。彼は文章として、または視覚的映像としての「言葉」に関心を持ち、画像とテキストを並列した作品も多い。78歳になった今もなお現役で作品を作り続けており、今年のヴェネツィア・ビエンナーレでは、オノ・ヨーコ氏とともに生涯業績部門の金獅子賞を受賞した。彼の作品は、シンディ・シャーマンデビッド・サーレバーバラ・クルーガー等のアーティストたちにも大きな影響を与えている。

バルデッサリの作品は、私の好きなスイス・スタイルのデザイナーの作品、特にヨゼフ・ミューラー=ブロックマンマックス・ビルのグラフィック・デザインを思い起こさせる。この展覧会を見るまで、バルデッサリの存在も作品も知らなかったのだけれど、彼のシンプルで大胆、カラフル、そしてウィットとユーモアに富んだ作品のファンになってしまった。

An American conceptual artist John Baldessari‘s retrospective “Pure Beauty” is currently open at Tate Modern (13 Oct. 2009  –  10 Jan. 2010).

Making his name as a pioneer of conceptual art in the 1960s with his text and image paintings, California-born Baldessari shocked the art world when he announced in a newspaper that he was ‘cremating’ all his artworks of 1953 – 66. Then he turned his attention to photographic works, often incorporating found film stills and dumped material from which he created photo-compositions. Baldessari often juxtaposes text with images, deriving from his interest in ‘language,’ both written and visual. As an age of 78,Baldessari still produces new works, and he received the Golden Lion for Lifetime Achievement at the Venice Biennale this year together with Yoko Ono. His works has big influence on other artists such as Cindy Sherman, David Salle, and Barbara Kruger.

Baldessari’s works remind me of some graphic works by “Swiss Style” designers, including Josef Müller-Brockmann and Max Bill – two of my favorite graphic designers. I’ve never heard of him before this exhibition, embarrassed to say, but I became a a fan of his simple and bold, often colorful and witty works!

John Baldessari: Pure Beauty

Reblog this post [with Zemanta]

Miroslaw Balka: How It is @ Tate Modern

Miroslaw Balka: What It Is?Miroslaw Balka: What It Is?

13日にテート・モダンで始まった 、ユニリーバ・シリーズ(The Unilever Series)の今年の作品、「How It Is」。ユニリーバ・シリーズは、毎年違うアーティストに作品を依頼し、テート・モダンのTurbine Hall(タービン・ホール)を作品の場として提供。毎回、趣向の違う大型作品は、メディアの話題を呼ぶ。How It Isは、生と死、戦争を主なテーマとするポーランド人アーティスト、ミロスワフ・バウカ(Mirosław Bałka)の作品で、ホールの真ん中に、ナチス・ドイツがユダヤ人を収容所に送る貨物車またはガス室を彷彿させる、圧倒的な存在感のある巨大な真っ黒い鉄製のコンテナがそびえる。長いスロープを上がって中に入ると中は真っ暗。方向感覚が麻痺し、無力感や、訳の分からない恐れや不安を感じる。しかし収容所やガス室に送られたユダヤ人たちが感じた恐怖は、ただのアート作品で安全な場だと知っている私たちの感じるものとは比べ物にならない程大きかったろう。コンテナから出る時、入口からの明かりと人々のシルエットが何とも幻想的だった。問題は、訪れた人々が携帯の明かりでうろうろしているのが目障りだったこと。ガーディアン紙等の批評家の意見も同様で、作品は良いが来訪者の行いが問題。特に遠足だかで来る子供や学生のグループは走り回ったり叫んだりと、アート作品が台無しだったとのこと。私が行った時は大人がほとんどだったので、コンテナ内は静かだったから良かったけれど。

コンテナは、もっと奥深いかと思っていたら、突然真っ黒のベルベットで覆われた壁に当たりそうになった。全く気づかなかった。こんなんで安全面は大丈夫かと思っていたら、案の定、既に一人、壁にぶつかってけがした人がいるそうだ。テート・モダンによると、初日に訪れた約1万2500人のうちの1人しか怪我しなかったんだから、危険性は低いと言うが、子供が中で走り回ったりしたら、壁や人にぶつかったりと、かなり危ないんじゃないかと思う。テート・モダンでは、Robert Morrisの「Bodyspacemontionthings」Carsten Höllerの巨大な滑り台Doris Salcedoのホールを縦断する割れ目など、過去にもけが人が出ている作品もある。安全面を考慮して明かりをつけたら意味がなくなるし、かといって放置しておくと後何人けが人が出るかも分からない。さて、テート・モダンはどんな対策をとるのか(それとも取らないのか)。

This year’s Unilever Series at Tate Modern, started from October 13, is “How It Is” by Polish artist Mirosław Bałka. Every year, the Unilever Series commissions an artist to make a work of art exclusively for Tate Modern’s Turbine Hall, and its large scale unique artworks often grab media attention. Balka’s How It Is is a terrifying gigantic black steel container, resemble to a freight train for carrying Jewish to a Nazi concentration camp or a gas chamber, stays in the middle of the hall. Going up the long slope, you enter into a empty dark space. The darkness gives us a sense of loosing direction, helplessness or unexplainable anxiety. But you know you are inside the artwork, and you are safe – our fear is nothing compare to the Jewish who were sent to a dreadful concentration camp during WWII. The view from the inside of the container, when I was walking toward the exit, was pretty striking with black silhouettes of the people, and gave me a great sense of relief from the brief frightening uncertainty. Yes the artwork is thoughtful and awesome, but the people are the problem. The glow of the mobile phones ruined the purpose of the artwork and annoyed me. The Guardian art critique especially complained about a gang of kids in a school trip screaming and laughing, running all over the place, completely spoiled the artwork. Thank God, there were no kids but discreet adults only when I went there.

I thought the container was much bigger, and I almost hit myself to the wall covered with soft velvet – I never noticed I was so close to the end of the space. I was wondering if it was safe for everyone, and just I expected, someone got injured by bumping into the wall on the very first day. According to the Tate Modern, only one person out of 12,5000 people visited on the day got injured and it is still pretty safe. But it could be highly possible that hyperactive kids run around in the dark and hit others or walls. There were some incidents of injury in the Tate exhibition in the past, such as Robert Morris’ Bodyspacemontionthings,  Carsten Höller’s giant stainless steel slides and a long crack running the length of the hall by Doris Salcedo. It must be a big dilemma for the museum, to choose safety or to respect the art’s sake – what Tate Modern is going to do (or do nothing)?

Miroslaw Balka: What It Is?

Reblog this post [with Zemanta]