Tag Archives: モノクロ

William Klein + Daido Moriyama @ Tate Modern

テートモダンの「William Klein + Daido Moriyama」(10月10日〜2013年1月20日)展は、アメリカ人フォトグラファーで映像作家のウィリアム・クラインと、1960年代の「プロヴォーク」ムーブメントで名を上げた森山大道という二人の写真家の、1950年代〜現代までの作品を展示。スナップショット、ブレやボケの意図的使用、粒子の粗いモノクロ写真といったヴィジュアル的に似た作風、そして、都市の貧困やグローバリゼーション、反戦デモやゲイ・パレードといった、人々の日常生活や政治的抗議行動を作品対象とするなど、共通点の多い二人の作品が同時に鑑賞できる。また、写真のみならず、グラフィックデザインを取り入れた、パイオニア的作品も展示されている。

最初の7部屋はクラインの作品室で、彼のホームタウン・ニューヨークや東京、ローマなどのストリート写真、ファッション写真、タイポグラフィーをモチーフとした初期の絵画、フォトグラム、「ポリー・マグーお前は誰だ?」や「ミスターフリーダム」等の風刺映画、コンタクトシート(ベタ焼き)にペイントを施した作品など、彼の抽象画家、映像作家、ドキュメンタリー作家、グラフィックデザイナーとしての多彩な作品群が見られる。対照的に、後半の森山大道の6室は、良く知られた東京の都市風景を撮影した作品や、様々な道路や高速の車窓からの光景、北海道の街角を捉えたスライドショー等、写真が主で、彼や他の写真家が自身の作品の発表の場とした雑誌「プロヴォーク」も展示されている。

確かに普通の人々や日常生活をテーマにした粒子の粗いモノクロの写真という作風は似ているが、作品から受ける印象は全く違う。対象に自身の存在を知らしめ、対象と交流して得た反応を撮る事を好んだクラインの作品は、エネルギーに満ち、対象が生き生きしている。逆に、森山の作品は、対象とは感情的に距離を保ち、時に挑戦的かつセンセーショナルに都会の暗部を見せつける。田舎の風景は、牧歌的で情緒があるというより、うら悲しくてどこか陰鬱だ。この展覧会を見る限りでは、私はクラインの写真の方が好きだな。

→写真上はクライン、下は森山作品。森山氏のインタビュー記事。参照写真:BBC / Telegraph

Tate Modern’s “William Klein + Daido Moriyama (Oct 10 – Jan 20, 2013)” is double retrospective of the influential American photographer and filmmaker William Klein and Japanese photographer Daido Moriyama who merged from Japanese Provoke movement of the 1960s. With work from the 1950s to the present day, the exhibition demonstrates the visual affinity between their urgent, blurred and grainy style of photography and also their desire to convey street life and political protest, from anti-war demonstrations and gay pride marches to the effects of globalisation and urban deprivation. The exhibition explores not only photography itself but also pioneering use of graphic design to their works.

First seven rooms showcase Klein’s street shots in his native New York as well as Tokyo and Rome, fashion shoots, early paintings incorporating typography, photograms, satirical films of Mister Freedom and Who Are You Polly Maggoo?, and painted contact sheets, to prove his diverse talent as abstract painter, filmmaker, documentarian and graphic designer. Unlike Klein’s wide-ranging works, Moriyama’s 6 rooms after Klein’s focus more on photography, especially his well-known cityscapes of Tokyo, as well as scenes from the various routes and highways throughout Japan, close-ups of everyday objects, slideshow of northern island of Hokkaido, and the issues of Provoke magazine in which Moriyama and his contemporaries showcased their works.

Both photographers captured the ordinary people and lives in grainy black & white photos. But impressions from their works are quite different. Klein wanted the viewer to be aware of his own presence at the scene and interacted with his subjects to provoke a response. His photos are vibrant and powerful. On the other hand, Moriyama emotionally detaches from his subjects, and his photos of urban life often provocative and sensational, disclosing darker side of the city that you don’t want to see. The scenes of the isolated countryside are sad and depressing, instead of peaceful or picturesque. Overall, I have to say that I prefer Klein to my fellow Japanese, Moriyama in this exhibition.

→above photos: Klein’s / below: Moriyama’s. More photos: BBC / Telegraph

Advertisements

Rivington Place @ Shoreditch

ショーディッチにあるRivington Place(リビングトン・プレイス)は、ビジュアル・アートの文化的多様性を促進するため、アーティスト/キュレーター/ライターを代表する機関のIniva(Institute of International Visual Art)と文化的アイデンティティや人権問題を提唱する国際写真アート・エージェンシーのAutograph ABPが共同で建設した、ビジュアル・アート・センター。1968年のHayward Gallery(ヘイワード・ギャラリー)以来、約40年ぶりに公的資金で設立されたこのセンターは、ガーナ系イギリス人建築家David Adjaye(デイヴィッド・アジャイ)がデザイン、2007年10月5日にオープンした。センターには、無料で入れるギャラリー・スペース、Stuart Hall Library(スチュワート・ホール図書館)、そしてInivaとAutograph ABPのオフィスが入っており、1階にはカフェLati Riもある。

Rivington Place is a visual arts center built by Iniva (Institute of International Visual Art / arts institution that represents artists, curators and writers) and Autograph ABP (international photographic arts agency that addresses issues of cultural identity and human rights), to reflect and promote cultural diversity in visual arts. This is the first publicly funded build of its kind since the Hayward Gallery’s opening in 1968 more than 40 years ago. It was designed by Ghanian British architect David Adjaye, and opened on 5 October 2007. The Rivington Place houses gallery spaces (free entry), the offices of Iniva and Autograph ABP, and the Stuart Hall Library, as well as a café Lati Ri on the ground floor.

明後日27日には終わってしまうけれども、1階ギャラリーでは「Ever Young: James Barnor」展が開催中。1940年代後半から70年代初頭まで、独立へと向かうガーナと多民族化が進むロンドンとイングランドを舞台に撮影された、カラーとモノクロの写真が展示されている。上の階の「The Paris Albums 1900: W.E.B. Du Bois」展は、アメリカで奴隷制度が廃止されてまだ35年しか経たない1900年のパリ万博で、アフリカ系アメリカ人のポートレート写真を展示した「American Negro Exhibit」の中から選んだ200枚を展示したもの。

Although ending soon on 27th, just the day after tomorrow, the ground floor gallery hosts “Ever Young: James Barnor,” introducing Barnor’s street and studio photographs, both color and black&white, taken in two societies in transition from the late 1940s to the early 1970s; Ghana which was moving towards its independence, and England, especially London, which was becoming a cosmopolitan, multicultural metropolis. On the upper floor, “the Paris Albums 1900: W.E.B. Du Bois” showcases a selection of 200 portraits from the American Negro Exhibit at the 1900 Paris Exposition Universelle, only thirty five years after the abolition of slavery.

「Ever Young: James Barnor」展の立派な大型カタログ(16ページ/無料)と、少し見栄えが劣る「The Paris Albums 1900: W.E.B. Du Bois」のインフォメーション、そしてリビングトン・プレイスの秋/冬のイベント情報冊子。シンプルだけれどインパクトのあるデザインもいい。

A good-looking large size catalogue of “Ever Young: James Barnor” (16 pages / free), a lesser-cost information leaflet of “the Paris Albums 1900: W.E.B. Du Bois” and the Rivington Place’s Autumn/Winter brochure. All of them are designed nicely – simple but eye-catching and good color choice.

Enhanced by Zemanta