Tag Archives: ヨーロッパ

Schwitters in Britain @ Tate Britain

Tate Britainで開催中のSchwitters in Britain (1月30日〜5月12日)は、ダダイスム構成主義シュルレアリスムなど近代芸術運動で活躍し、詩、サウンド、絵画、彫刻、グラフィック・デザイン、タイポグラフィ、そして後にインスタレーションと呼ばれる様々な手法を用いたヨーロッパ・モダニズムの巨匠でドイツ人アーティスト、Kurt Schwittersクルト・シュヴィッタース)の展覧会。Schwitters in Britain展では、戦争避難民として1940年にイギリスに到着してから1948年の彼の死まで、イギリスで活動していた期間の作品を主に、商品パッケージや新聞の切れ端などありふれた素材を使った150以上のコラージュや、彫刻作品、絵画などが展示されている。シュヴィッタースは、芸術目的のため、想像しうる全ての物を組み合わせる「メルツ」という概念を生み出し、found object(偶然見つけたもの)や日常生活の中にあるものを抽象的コラージュ、インスタレーション、詩、パフォーマンスに用いるスタイルを確立。彼の作品は、リチャード・ハミルトンエドゥアルド・パオロッツィダミアン・ハーストなど、後のイギリス人アーティスト達にも大きな影響を与えた。

シュヴィッタースは、自身の作品がナチス政府に「退廃芸術」との烙印を押されたことにより、1937年にドイツを離れ、最初の3年は息子が居たノルウェーに滞在。ナチスのノルウェー占領を機に、1940年にイギリスに渡ったが、敵国国民として1941年に解放されるまで各地の収容所で過ごした。その後、ロンドンのアート界で活躍、イギリス人アーティストや美術批評家と交流を深めた。1945年に湖水地方に移住、自然の素材を作品に使い始めた。また、出身地・ハノーファーで作り上げた建築的大規模構成作品・Merzbau(メルツ建築/メルツバウ)と呼ばれる作品の一環として、ここでもMerz Barn(メルツ小屋、物置)を制作した。展覧会は、シュヴィッタースの遺志を受け継いで、アーティスト・Adam ChodzkoとLaure Prouvostが制作した委託作品で締めくくられている。

戦時のムードや彼の避難民としての経験を反映してか、シュヴィッタースの抑えた色調の作品は、控えめで少し陰鬱な印象で、先日書いたリキテンスタイン展とは正反対。多くの人は、偉大なアーティストでモダンアートのパイオニアであるシュヴィッタースの作品に感銘を受けているのであろうが、私は何故か彼の有名なコラージュ作品群を見ても何とも感じないのだ。彼の正統派作品のポートレートや風景画(参照:FT / Guardian)は悪くないのだが、ただ単に私の好みじゃないのですよ。。。

→展覧会の写真:Guardian

Schwitters in Britain (January 30 – May 12) at Tate Britain is the major exhibition to examine the late work of German artist Kurt Schwitters, one of the major artists of European Modernism, who worked in several genres and media including DadaConstructivismSurrealism, poetry, sound, painting, sculpture, graphic designtypography and installation art. Focusing on his British period from his arrival in Britain as a refugee in 1940 until his death in 1948, the exhibition showcases over 150 collages, often incorporated fragments from packaging and newspapers, as well as sculptures and paintings. Schwitters invented the concept of Merz, ‘the combination, for artistic purposes of all conceivable materials’, and pioneered use of found objects and everyday materials in abstract collage, installation, poetry and performance. His work has influenced later British artists such as Richard HamiltonEduardo Paolozzi and Damien Hirst

Schwitters was forced to flee Germany in 1937, when his work was condemned as ‘degenerate’ by Nazi government and first settled in Norway for  three years. He escaped to Britain in 1940 after the Nazi occupation of Norway but had been detained as an enemy alien until his release in 1941. Then he became involved with the London art scene, engaging with British artists and critics such as Ben Nicholson and Herbert Read. In 1945 Schwitters relocated to the Lake District, and began to incorporate natural objects into his work. The move also culminated in the creation of his sculpture and installation, the Merz Barn, a continuation of his Hanover architectural construction MerzbauThe exhibition ends with commissions by artists Adam Chodzko and Laure Prouvost made in collaboration with Grizedale Arts to explore the Schwitters’ legacy.

Schwitters work using muted colours is rather understated and somehow gloomy, probably reflected the atmosphere of the war time and his life experience as a refugee. Completely oposite to the ambience of the Lichtenstein exhibition. He must be a great artist and a pioneer of modern art, and probably many people love the exhibition, but I don’t feel anything by looking at his famous collages, though I like his conventional portraits and landscape paintings (such as in FT and Guardian). His work is just not my cup of tea…

→See more photos: Guardian

Migrations: Journeys into British Art @ Tate Britain

テート・ブリテンで1月31日から開催中の展覧会「Migrations: Journeys into British Art」(8月12日まで)に行った。イギリスにおける交通、政治、経済の発展は、多くの外国人アーティストたちを惹き付けてきた。この展覧会は、1500年代から現在まで、これらの「migrant(移住)」アーティストたちがイギリスのアート界に及ぼした影響を探求している。

16世紀に宗教改革八十年戦争等の混乱を避けてイギリスに移り住んだ、フランドルやオランダの風景・静物画家は、新しいスタイルの肖像画法をもたらし、北ヨーロッパからやってきた17世紀アーティストたちは、海や風景画といった新しい絵画のジャンルを導入した。18世紀には、イタリアで学び新古典主義を確立した様々な国のアーティストたちがロンドンに定住、1768年のRoyal Academy of Arts(ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ)設立にも貢献した。19世紀には、多くのイギリス人や、ジェームズ・マクニール・ホイッスラーといったアメリカ人アーティストが、パリでアートを学んだが、その後彼らはパトロンを求めてロンドンに移り住んだ。また同時に、普仏戦争から逃がれてきたフランス人アーティストたちも多かった。20世紀初期には、ユダヤ人アーティストやユダヤのアートが話題を呼び、1930〜40年代には、モンドリアンモホリ=ナジ・ラースローナウム・ガボなど、ナチスドイツを逃れてヨーロッパ中からやってきた人々がモダニズム主義を持ち込んだ。50〜60年代には旧植民地の国々からアートを学びにやってきたアーティストたちがモダニズムに傾倒、概念的アプローチを取り、カウンターカルチャーの一翼を担った。80年代はBlack Audio Film Collectiveなど、移民のバックグラウンドを持つアーティストたちが、アートを通して、人種的マイノリティとしての自分と、イギリス人としてのアイデンティティの模索を行った。Zineb SediraSteve McQueen(俳優のスティーブ・マックィーンと同姓同名のイギリス人アーティスト/映画監督)といった現代アーティストたちは、映像を使って現実をドキュメントし、またそのリアリティに疑問を投げかけている。

500年間に渡って、違う文化を持つアーティストたちとの交流によって形作られてきたイギリスのアートの変遷と、その背景にあるイギリス・世界の歴史を知ることができる面白い展覧会だと思うが、テートにしては、ちょっと小粒というかインパクトがないというか、あまり心に残らないのが残念。

写真:ガーディアン紙フォトギャラリー

We saw a Tate Britain‘s exhibition, Migrations: Journeys into British Art (January 31 –  August 12). Developments in transport, artistic institutions, politics and economics have attracted artists to come to Britain, and the exhibition exploring how British art has been shaped by migrant artists from abroad from 1500 to the present day.

In the 16th century, Flemish and Dutch landscape and still-life painters  including Anthony van Dyck, came to Britain through moments of political and religious unrest and  introduced a new style of portraiture. 17th century European migrants brought new genre, such as marine and landscape painting, to UK. During the 18th century, artists from different countries who studied in Italy and developed a neoclassical style, settled in London and contributed in founding of the Royal Academy of Arts in 1768. Many 19th-century British and American artists, such as Whistler, studied in Paris and established themselves in London for patronage, as well as French artists who also escaped the Franco-Prussian war and its political aftermath. In the early 20th century, Jewish artists and Jewish art were explored in Britain. In the 1930-40s, European artists such asMondrian, Naum Gabo and Laszlo Maholy-Nagy, escaped from Nazi Germany and brought modernist principles. In the 50-60s, artists from the Commonwealth countries came to study and engaged with modernism. They took a conceptual approach and became a part of a counterculture. In the 80s, British artists of immigrant backgrounds, such as the Black Audio Film Collective, explored race and national identity. Present time contemporary artists, including Zineb Sedira and Steve McQueen, use moving image for both documenting and questioning reality,

Migrations is an interesting exhibition, showing us the development of British art over 500 years, interacting with people from different cultures from time to time, as well as a bit of British and world history. But it lacks of punch in some way, and didn’t give me something that remains in my heart.

→more photos: Guardian photo gallery

UK’s Roads are the Most Congested in Europe

今日のメトロ紙デイリー・メール紙の記事によると、イギリスはヨーロッパで最も道路が混雑している国らしい。オランダのカーナビ大手・Tom Tomの調査によると、ヨーロッパで最も交通渋滞のヒドい50都市のうち、16都市がイギリスにあり、8都市が上位20都市にランクインしている。ロンドンはブリュッセル、ワルシャワに続き第3位。それにエジンバラ(7位)、マンチェスター(10位)が続く。ちなみに、フランスは4都市がトップ10が入っている。

この調査は、Tom Tomのネットワークから自動的に集められた、8000億ものデータを元に、主要な道路の日々の混雑状況をパーセンテージ化したもの。ちなみに、「congestion(混雑)」の定義は、交通の流れが原因で、通常1時間の道程が20分以上余計にかかることそうだ。

ロンドンは昨年に比べて、0.2%交通渋滞が減少したっていうけど、0.2%ってたかがしれてる。前にも書いたけれど(過去の記事)、ロンドンはとにかく道路工事が多く、迂回や道幅縮小が交通渋滞の主な原因の一つだと思うんだけれど、まあ古い街で道幅も狭いし、地下鉄も100年以上も前のものだから、仕方がないか。

According to articles on Metro and the Daily Mail, UK’ roads are the most congested across Europe. Among 50 European cities most affected by a traffic jam, sixteen are British cities and eight in the top 20, according to new research conducted by Tom Tom. London is ranked the third, after Brussels and Warsaw, and Edinburgh (7th) and Manchester (10th) follow. Among others, four of the top 10 cities are in France.

The figures work out the percentage of main roads suffering daily congestion based on up to 800 billion pieces of data automatically updated from TomTom’s network. Congestion is defined as a journey that should be one hour taking at least 20 minutes longer because of traffic flow.

Tom Tom said that London’s traffic flow has decreased by 0.2% in the past year, but it sounds nothing to me. As I wrote last year (past entry), London embraces numerous roadworks everyday, causing diversions and reduced road widths and resulting in traffic jams. London is an old city and London Underground is over 100 years old, therefore upgrading the system is not avoidable…

AA Drive Confident: Refresher Driving Course

火山灰の影響もなく、無事、ロンドンに帰ってきた。ヨーロッパを旅行する際にいつも問題になるのが、レンタカー。ここヨーロッパでは、マニュアル車が主で、レンタカーでオートマ車を見つけるのは難しい。あっても車種が少なく、中型サイズ以上で料金もマニュアル車より割高だ。今回は幸いコンパクト車が見つかったけれど、マニュアル派のMには、常々、マニュアル車を運転できるよう、再度教習を受けるよう言われてきた。私は免許取得こそマニュアル車だったけれど(しかも、かなり昔)、長年オートマに慣れた身には、マニュアル車運転はかなり怖い。ついつい先延ばしにしていたが、少し前、AA(Automobile Association/自動車協会。日本のJAFに相当)で、受講資格ありと認定されれば、無料で2時間のペーパードライバー教習「Drive Confident」を受けられることを発見、早速このプログラムを申請した。

AAの統計によると、イギリスには、長年運転していないペーパードライバーが約60万人いるそうだ。AA Charitable Trust for the Environment and Road Safety(AAの慈善団体)が主催する「Drive Confident」は、計2000人のペーパードライバーに、AA認定の運転教官による2時間の無料教習(1時間ずつ2回か、1回2時間どちらかを選べる)を提供している。

2010年3月に設立された新しいプログラムだから、早く申し込んだおかげで、この教習を享受できたのかな。4月頭に、AAウェブサイトから申請してから2週間以上が過ぎ、すっかり忘れていた頃に、AAから「おめでとうございます、あなたはDrive Confidentの対象者に選ばれました」という電話がかかってきた。今回の旅行には間に合わなかったけれど、今日その1回目の教習を受けた。前日は、教習に先立って送られてきた、ペーパードライバーが直面しがちな問題を掲載した35ページの冊子を読んで勉強。今日の教習では、まだ20代半ばと思われる優しげな教官Aくんは、緊張しまくっていた私に、丁寧に教えてくれた。おかげで、何度かエンストしたけれど、少し勘が戻ってきたように思う。

次の教習は1週間後。その前に、最低5時間以上は練習しないといけないとマニュアルにあり、Aくんにもそうアドバイスされた。言い出しっぺのくせに面倒くさがるMを連れ出し、以前ブログで書いたStreetcarで車を借りて練習しようと、今はやる気満々の私。

I came back to London last week without being affected by ash clouds (thank God!). The issue we always encounter when we travel in Europe is renting an automatic car. Majority of European drive a manual car and it is quite hard to find an automatic car to rent in Europe. Even if an automatic car is available, there is not much choice (usually intermediate class or bigger) and more expensive than a manual car. Luckily we could get automatic compact car this time, but pro-shift gear M has been always telling me to take a driving lesson again to be able to drive a manual car. I got my license with a shift gear quite long ago and am so used to drive an automatic car, so I am quite fearful to drive a manual car. I had been procrastinating to take a driving lesson, but I found that AA (Automobile Association) provide a free 2-hour refresher driving course ‘Drive Confident‘ if you are eligible, so I applied the course.

According to AA survey, 600,000 have been off the road so long they have ‘forgotten how to drive’ in UK. The AA Charitable Trust for the Environment and Road Safety offers 2,000 free Drive Confident packages (two one-hour sessions or one two-hour session with a fully-qualified AA driving instructor) designed to help drivers improve their confidence and skills.

The program is just launched in March 2010, and I probably could get it as I applied just after the scheme started. I applied in early April via AA website and after over two weeks, I received a “congratulations, you are qualified for our program!” phone call from AA, when I completely forgot about the application. It was just few days before our departure and I couldn’t make it before this trip, but I did my first session today. Last night, I read 35-page booklet AA sent me to review some issues lapsed drivers have to deal with. I was quite nervous before the session, but my twenty-something young and gentle instructor Mr. R was so nice and made me feel a bit more confident in using a shift gear, though I made the car engine stopped few times during the session.

My next session is exactly a week after. I have to practice minimum of five hours on my own before the next session, according to the AA booklet and Mr. R also asked me to. M forced me to take a lesson but is quite reluctant to sit next me during my practice, but I will rent a car from Streetcar (I wrote in this blog in the past) and whip him to be my companion to prepare myself for the next session!

Reblog this post [with Zemanta]

Air Traffic Chaos: UK Airspace Closed by Iceland Volcano Eruption

Vodpod videos no longer available.

今日、チューブ(地下鉄)に乗っている時、「本日、全てのロンドンの空港が閉鎖されています。でも理由は聞かないでください、私も聞いていません」という、ふざけた車内アナウンスが流れた。またテロ/テロ未遂か、と少し不安になったが、駅を出た後(ロンドンのチューブでは携帯は圏外で使えない)、iphoneでニュースをチェックしたら、アイスランドで火山の噴火があって、その火山灰が気流に乗って北ヨーロッパに飛んできているので、イギリスの全ての空港が閉鎖、フライトも正午から土曜日午前7時(金曜2:45pm現在。イングランドとウェールズに限り。スコットランド、北アイルランドは午後7時より再開)まで全てキャンセルになった。スカンジナビア諸国、アイルランド、ベルギー、オランダも空域を閉鎖。シャルル・ド・ゴール空港をはじめ、フランスの多くの空港も閉鎖されたそうだ。→ヨーロッパ各国の様子はこちらで。

*現在のヨーロッパの空港・フライト運行状況は、ここをクリック(金曜午後19時現在)

*明日土曜日のロンドン発着のブリティッシュ・エアウェイズのフライトは全てキャンセル(金曜午後20時現在)

*ライアンエアーは、月曜日13時 まで、ヨーロッパ北部の全てのフライトをキャンセル(金曜午後20時現在)

*イギリス空域の閉鎖は、日曜午後7時まで延長(土曜午前4時現在)

*イギリス空域の閉鎖は、月曜午前7時まで延長日曜午後3時現在)

*現在のヨー ロッパの空港・フライト運行状況は、ここをク リック(日曜午後18時30分現在)

*イギ リス空域の閉鎖は、月曜午後7時まで延長(月曜午前2時現在)

*イギ リス空域は、火曜日午後10時より飛行可能。

理由は、火山灰が飛行機のエンジンの中に入り込み、灰が中に溜まるとエンジンが詰まってしまうので、このような状況の中を飛ぶのは非常に危険だとのこと(BBC解説より)。自然災害によって、このように大規模にフライトがキャンセルされたのは「unprecedented(前代未聞)」の出来事だそう。NATS (National Air Traffic Services:イギリス航空管制公社)は、飛来してきた火山灰を収集・分析し、状況を判断して、明日7時以降のフライト状況が決定するそうだが、European air traffic control organisation(ヨーロッパ航空管制協会)によると、さらに2日は空の交通の混乱が続く可能性がある(BBC報道より)とのこと。

フライトがキャンセルされた場合、EUの法律によると、航空会社は、乗客に対して、予約をキャンセル・返金または、新たにフライトを予約するという選択肢を与えないと決められている。European Consumer Centre for Services(欧州消費者サービスセンター)によると、もし乗客が後者を選んだ場合、航空会社は、次の便までの食事や飲み物、ホテル(必要な場合)、空港とそのホテルまでの交通、そして2本の無料通話を、乗客に提供することと定められている(詳細はGuardian記事参照)。航空会社が要求されなくてそこまでするかは怪しいけれど。でも、近くのホテルは一杯で、明日まで空港で過ごすはめになった人もいて、大変だなあと思う。旅行保険は、自然災害によるフライトのキャンセルによる損害をカバーするものもあれば、しないものもあるそうなので、保険の契約の際は、面倒だけれど、小さい字で書かれた長ったらしい規約を読んでおいたほうがベター。

Today, there was a crazy announcement when I was in Tube – “currently all the London airports are closed, but don’t I ask me why ’cause I don’t know” (I am not sure if this is the exact words, but something like that). I was worrying if another terrorism or something bad happened, and checked my iphone for the information. There was a volcanic eruption in Iceland and all no-emergency UK flights have been cancelled from noon until Saturday 7 am at earliest (as of Friday 2:45pm, for England and Wales. Scotland and Wales will resume the service from 7pm), due to the ash cloud is drifting with the high altitude winds throughout northern Europe. Scandinavian countries, Ireland, Belgium, and Netherlands are in the same situation, and many airports in France have been closed, including busy Paris Charles de Gaulle Airport. → See photos of other European countries here.

* Click here for current situation of European Airports and airspace as of Friday, 19:00

*All the British Airways flights from & to London is canceled for all day tomorrow, Saturday

*Ryanair has cancelled all of its flights across northern Europe until Monday at 13:00 BST

* UK air restrictions extended till 7pm on Sunday (as of Sunday 4am)

* UK air restrictions extended till 7am on Monday (as of Sunday 3pm)

* Click here for current situation of European Airports and airspace (as of Sunday 18:30 pm)

* UK air restrictions extended till 7pm on Monday (as of Monday 2am)

* UK airspace now open from 10pm on Tuesday.

The reason for this large scale flight cancellations is that the ash could pose a very serious hazard to aircraft engines: if volcanic ash particles are ingested into a jet engine, they accumulate and clog the engines with molten glass (see details in BBC website). This is unprecedented and the first time in living memory that “an act of God” natural disaster created such giant no-fly zones. NATS (National Air Traffic Services) is collecting and analyzing the ashes in the air, and will decide when it will be safe to resume air traffic. However, the European air traffic control organisation has said flights could be disrupted for another 48 hours (BBC report).

If your flight is cancelled, your airline is obliged to offer you a choice, under European law: you can either cancel your booking and get a refund, or rebook on a new flight. If you choose rerouting, the European Consumer Centre for Services says you should be entitled to meals and refreshments, hotel accommodation (if necessary), transport between airport and accommodation, and two free telephone calls (see details in the Guardian article) – though I am not sure if airlines offer all these services without request from their customers. Some people have to stay overnight at the airports, because all the hotels nearby are fully booked – what a pity. Some travel insurance seems to be willing to pay for the damages, but some others won’t cover because the cancellation is due to a natural disaster, not manmade – that’s another reason to read lengthy small prints in your contract before you sign it.

Reblog this post [with Zemanta]