Tag Archives: ヨーロッパ

Deutsche Börse Photography Prize 2010 @ The Photographers’ Gallery

今年で14年目を迎える、Deutsche Börse Photography Prize 2010展が、The Photographers’ Gallery(フォトグラファーズ・ギャラリー)で、2月12日から4月18日まで開催中だ。この賞は、2008年10月1日から2009年9月30日の間に、ヨーロッパ写真界に貢献した写真家に贈られる国際写真賞で、受賞者は3月17日に発表される(昨年の展覧会は過去のエントリー参照)。

今年の候補者は、イギリス人のDonovan Wylieドノヴァン・ワイリー)とAnna Fox(アナ・フォックス)、フランス人のSophie Ristelhueber(ソフィ・リステルユベール)、そしてアメリカ人のZoe Leonard(ゾーイ・レオナード)で、候補4人のうち3人が女性だ。フォックスの作品は「simultaneously mundane and bizarre aspects of British life(平凡だけれどちょっと変なイギリス生活)」を捉える。レオナードは過去30年間、個人商店や潰れかけた店のショーウィンドーやグラフィックスなど、都市の光景を撮り続けてきた。リステルユベールは、25年以上にわたり、ボスニアやイラク、レバノンなど紛争地帯の建物や光景を撮影することで、人間の争いがもたらした傷跡を表現している。ベルファストで生まれ育ったワイリーは、和平合意後の北アイルランドをテーマに、民族としてのアイデンティティ、歴史、そして領土問題を提起してきた。

候補作品の中で特に目を引いたのは、2000年に閉鎖された、IRAのメンバーを収監してきた北アイルランド・ベルファスト郊外にあるメイズ刑務所を撮影したワイリーの作品。少し前に、1981年に発生したこの政治犯刑務所での一連の抗議運動を描いた映画「ハンガー」を見たせいか、実際にここで起こった出来事を想像し、今は使われていない刑務所の写真が漂わせる身の毛のよだつ、不気味さをいっそう強く感じられた。

候補作品はBBCガーディアン紙のウェブサイトで見れます。

Now in its 14th year, the annual Deutsche Börse Photography Prize 2010 started on February 12 (until April 18) at the Photographers’ Gallery. The prize rewards a photographer who has made a significant contribution to European photography between 1 October 2008 to 30 September 2009, and the winner will be announced on March 17  (see past entry for the last year’s exhibition).

The nominees are two British photographers Donovan Wylie and Anna Fox, French Sophie Ristelhueber, and US born Zoe Leonard, and three are women among four nominees. Fox’s works examine the “simultaneously mundane and bizarre aspects of British life,” while Leonard has recorded normally unregarded urban landscapes such as small-time shopfront graphics and run-down shop windows for the last 30 years. Over 25 years, Ristelhueber has been examining the impact of human conflict on architecture and landscape in conflict zones such as Bosnia, Iraq, Lebanon and kuwait. Born and raised in Belfast, Wylie focuses on post-conflict Northern Ireland and its identity, history and territory.

What was most striking for me is Wylie’s works about the Maze Prison outside Belfast, where used to house IRA prisoners and closed in 2000. I felt intensified creepiness and eeriness from these rather sterilized images, because I saw the movie “Hunger” on TV recently about the 1981 Irish hunger strike, and imagined what happened in side the wall.

You can see nominees’ works at BBC and the Guardian websites.

Reblog this post [with Zemanta]

Van Doesburg and the International Avant-Garde @ Tate Modern

テート・モダンの「Van Doesburg and the International Avant-Garde」は、ヨーロッパにおけるアバンギャルドの重要人物であるオランダ人アーティスト、テオ・ファン・ドースブルフをテーマとした、イギリス初の大規模な展覧会。デ・ステイルの発起人でもあるファン・ドースブルフは、アート、デザイン、著作活動、詩、建築等多方面で活躍した。アーティスト、建築家、デザイナーたちが参加したこのアート・ムーブメントは、第一次大戦後のヨーロッパに、精神的ハーモニーと秩序を打ち立てると言う新しいユートピア的な理想を追求、垂直と水平という厳密な幾何学をベースにしたインターナショナル・スタイルを押し進めた。この展覧会は、ファン・ドースブルフのオランダ新造形主義の推進者的役割、彼のダダイスト的パーソナリティ、バウハウスへの影響、国際構成主義とのつながり、そして「コンクリート・アート」グループの創設にスポットを当てている。ジャン・アルプコンスタンティン・ブランクーシモホリ=ナジ・ラースローピエト・モンドリアンフランシス・ピカビアヘリット・リートフェルトクルト・シュヴィッタースゾフィー・トイバー等の350点以上の作品の他、ファン・ドースブルフの、ストラスブールにあるCafé Aubetteの絵画とデザイン、家具、タイポグラフィー、雑誌、ステンドグラス、映画、音楽、彫刻等を展示している。

ドースブルフのアート自体は、少し暗い感じで線も弱く、特段印象に残っていないのだが、計11室に渡る、デ・ステイルに影響を受けた、偉大なアーティストたちの多彩な作品群には圧倒される。当時のライフスタイルと考え方にに大きな影響を与えたアートムーブメントに連なる、シンプルだけれどカラフルで、インパクトのある作品たちは、80年以上近くも前のものと思えないほどモダンで、古さを感じない。第一次世界大戦と第二次世界大戦の合間という激動の時代の最中にあって、新たな理想を打ち立てたアーティストやデザイナー、建築家たちの強いエネルギーと情熱が、今でも強く感じられる。ファン・ドースブルフは、モンドリアンをはじめとする仲間と比べて、アーティストとしてはさほど高い評価を受けていないけれど、リーダーシップを発揮し、彼の理想をヨーロッパ中に広め、ムーブメントの成功につなげたことが、彼の偉大な功績だと言えるだろう。

Van Doesburg and the International Avant-Garde” at Tate Modern is the first major UK exhibition, devoted to the Dutch artist Theo van Doesburg, pivotal figure of the European avant-garde. Van Doesburg, who practiced in art, design and writing, poetry and architecture, founded the movement and magazine De Stijl. This artistic movement of painters, architects and designers sought to build a new utopian ideal of spiritual harmony and order in the aftermath of World War I, advocating an international style of art and design, based on a strict geometry of horizontals and verticals. This exhibition explores van Doesburg’s role as promoter of Dutch Neoplasticism, his Dada personality, his efforts to influence the Bauhaus, his links with international Constructivists, and his creation of the group Art Concret. Including over 350 works by key artists as Jean Arp, Constantin Brancusi, László Moholy-Nagy, Piet Mondrian, Francis Picabia, Gerrit Rietveld, Kurt Schwitters and Sophie Taeuber, the exhibition features van Doesburg’s Counter-Composition paintings and designs for the Café Aubette in Stasbourg, as well as furniture, typography, magazines, stained glass, film, music, sculpture etc.

Van Doesburg’s works are kind of gloomy and weak, and I was not so impressed. But the exhibition includes a variety of works by great artists and designers who were influenced by the movement, is quite spectacular. Simple, colorful, and powerful works are still modern and strong, after more than 80 years – I can still feel the energy, and passion of the artists and designers of the art movement that affected the lifestyle and values during the period in turmoil between WWI and WWII. Although van Doesburg had never gained high recognition as an artist in compare to his fellowmen such as Mondrian, but his leadership and efforts to spread his ideal to whole Europe, which led the movement to great success, are the significant achievement that deserves great recognition.

*今日は、カメラのレンズが汚れていて、綺麗な写真が撮れませんでした。すみません!

*I didn’t notice that the lens of my camera was dirty, and I couldn’t take a good picture today…sorry!

Reblog this post [with Zemanta]

New Medieval & Renaissance Galleries opens @ Victoria & Albert Museum

Vodpod videos no longer available.

7年もの年月と3170万ポンドをかけてようやく完成した、ヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)の新しいMedieval & Renaissance Galleries中世ヨーロッパルネサンス・ギャラリー)が今日12月2日にオープンした。私は、華やかでいて素朴なタッチの、この時代のアートが好きなので、このギャラリーのオープニングを楽しみにしていた。計10室のギャラリーには、ローマ帝国の没落からルネッサンス時代の終わりまで、紀元300年から1600年頃までの美術品約1800点を展示。繊細な彫刻や本等の小さなものから、教会の内部、ステンドグラスや階段等、イングランドで作られた美術品からスペイン、フランス、ドイツ、イタリア等の芸術品まで、幅広いコレクションからは、当時のヨーロッパの芸術と文化を垣間見ることができる。ゆっくり観ていると一日がつぶれそうな、見応えたっぷりのギャラリーだ。ルネサンス時代の芸術はよく知られているけれど、文化が停滞した「暗黒時代(the dark ages)」と呼ばれる中世にも、宗教美術等を中心に、素晴らしい芸術が存在していたのだなと感心。

The Victoria & Albert museum (V&A) opens its new Medieval & Renaissance Galleries today, after spending 7 years and £31.7m of cost. I was looking for its opening, as I like lavish but realistic and simple medieval art.  The 10 galleries occupying 2 floors are filled with more than 1,800 objects from AD300 to 1600; the fall of the Roman Empire to the end of the Renaissance period. From small objects like sculptures and books to large artifacts such as church interiors, stained glasses and staircases, a wide variety of the collection range from the objects from Spain, France, Germany and Italy, to abundant works of art made in England, and it tells the story of European art and culture of the periods. You can spend many hours just looking at these beautiful masterpieces in the gallery. Renaissance art is widely known but I was impressed that magnificent artworks and crafts, especially religious art, also existed during the middles ages, often called “the Dark Ages,” – a period of cultural decline.

9月頃、まだ工事中だったギャラリーを見学する機会があった。既にいくらか展示品が置いてあったものの、まだ足場や木枠がそこら中に置いてあって、こんなに素晴らしいギャラリーに仕上がるとは全然予想できなかった。さすがV&A、イギリスを代表する美術館の一つだけあって、素晴らしいギャラリーに仕上がっている。1,800もの美術品が置かれているのに、すっきりレイアウトされていて広々としており、心が落ち着く。他の多くのイギリスの美術館・博物館のように、このギャラリーも入場料無料。Heritage Lottery Fund(歴史的建造物等の国民的遺産を保護するための、宝くじ収益金)から£975万ポンドの援助があった他は、全て寄付金でまかなわれたそうだ。さすが、芸術や歴史的遺産の保護に熱心な国民性だけある。本当に素晴らしいギャラリーなので、中世やルネッサンス美術に興味がなくても、機会があればぜひ行ってみてください!

We had a chance to observe the galleries under construction in September. There were some works already there but there are wooden frames and construction materials all over, and I never thought it would be transformed to such a magnificent and elegant galleries. That’s V&A – everything they do is always impressive! It is amazingly spacious, though the galleries contain almost 2,000 artifacts, and truly tranquil. And the admission is absolutely free (though some amount of donation is suggested), as many other British museums and galleries! Other than £9.75m grant from the Heritage Lottery Fund, the cost of making the galleries was covered by donations. It is highly recommended to visit the gallery, no matter if you are interested in Medieval & Renaissance art or not – it is spectacular, and I liked it a lot!

Reblog this post [with Zemanta]