Tag Archives: リバプールストリート駅

Design Hotels Collector’s Edition Annual Book Launch Party @ South Place Hotel

デザイナーズホテルの予約サイト・Design Hotelsが、会社設立20年を記念し、限定版イヤーブックを発行した。私たちはDesign Hotelsにメンバー登録していたため招待状が送られて来たので、Design Hotelsに最近加盟した、リバプールストリート駅近くのSouth Place Hotelで、15日に開催された発行記念パーティに、この特別版イヤーブックを見に行って来た。

現在ベルリンに本部を置くDesign Hotelsは1993年、カリフォルニアに設立。世界40カ国以上の250以上の独立系デザイナーズホテルが参加する、デザイン・インテリア好き御用達のサイトだ。参加ホテルを美しい写真入りで網羅した、800ページのこの限定版「XXL Collecter’s Edition」は、何と25kgもある馬鹿でかい本(写真上)。お値段はなんと€2,500もするのだが、フィンランドのデザイン会社・Artekが特別に製作したAlvar Aaltoアルヴァ・アールト)のStool 60とテーブルがついてくる(写真参照:Wallpaper)。そんなに大枚をはたけないという人のためにも、実用的で小型サイズのAnniversary Edition( €59.90)も販売している。パーティのゲストには、本の概要とメンバーホテルをコンパクトに網羅した「Directions」(写真下)が無料で配られた。このDirectionsも中々の出来。ウェブサイトでもホテルの写真や概要は見られるし、私的にはこれ1冊で充分かも?

Design Hotels has released a special anniversary edition of its annual book to celebrate their 20th anniversary. The subscribers to Design Hotels were invited to the launch party on May 15th at one of their newly added member hotel, South Place Hotel near Liverpool Street Station, so we grabbed the opportunity to see their new book.

Founded in California in 1993, now Berlin-based Design Hotels has a network of over 250 independent boutique hotels in over 40 countries worldwide. The 800-page limited XXL Collecter’s Edition, showcasing their member hotels, is humongous and weighs 25kg. It cost €2,500 but also comes with Alvar Aalto’s Stool 60 and table, which have been specially customised by Finnish design company Artek (more photos: Wallpaper). They also have smaller and more practical Anniversary Edition for €59.90. For the party guests, they even had smaller free exclusive copy ‘Directions’, including snapshots of the annual book and the directory of the member hotels. Very nice itself!

 

Sheep’s Gate @ 21 New Street, EC2

リバプールストリート駅近くのDevonshire SQに最近できたPlanet Organicに行く途中のNew Street 21番地で、この白い羊の像を戴いた門を発見した。どうして羊なのか、インターネットで調べてみても手がかりなし。収穫は1963年当時の門を撮影した古い写真1枚のみ。いつかわからないが、後年お化粧直しが施されたようだ。現在、この番地にある建物には、City of London Policeロンドン市警察)や様々な会社のオフィスが入居している。

When I was going to the new Planet Organic in Devonshire SQ near Liverpool Street station, I happened to find this statue of white sheep on the top of the gate on 21 New Street. I looked up online for an episode of the sheep, but couldn’t find any, except one old photo of the gate back in 1963. The gate has had a makeover, and now the City of London Police and some business firms are the tenants of the property behind the gate.

Pho Spitalfields @ Brushfield Street

フォーをはじめとするベトナムのストリートフードを出すレストラン、Phoに最初に行ったのは2005年、クラーケンウェルのSt John streetにオープンしたばかりの第一号店だった。その頃のロンドンのベトナム料理レストランと言えば、安っぽくセンスのない装飾のところばかりで、このPhoが、その後誕生するおしゃれなベトナム・レストランの走りだったと思う。そのPhoは現在、ロンドンに6店舗、ブライトンに1店舗を持つまでに成長した。

今日、このミニチェーンの新しい支店、Pho Spitalfields店に行ってきた。ベトナム料理店の居並ぶ「Phở Mile」と呼ばれるKingsland Streetから遠くはないけれど、Old Spitalfields Marketの向かいでリバプールストリート駅から徒歩数分という地の利、そして周りに競合店がないこともあり、エスニックフードを好む若者やヘルシー志向のシティのビジネスマン相手で、この店はまず安泰だろう。

中は少し薄暗い気もするけれど、木を多用した、温かみがあるナチュラルでモダンな内装に、雰囲気のあるレンガ壁やタイル壁はなかなか素敵。壁にかけられた、けばけばしい「Pho」のネオンサインだけがちょっとミスマッチな感じ。

フォーをはじめ少数のベトナム風ストリートフードに絞ったPhoのメニューは、他のベトナミーズよりシンプル。麺料理が多く、しっかり食べる晩ご飯というよりは、ランチの方がいいかもしれない。ウェブサイトによると、全ての料理は、毎日配達される新鮮で質の良い材料を使った手作りだそうだ。この日私たちが頼んだのは以下の通り。

First time we went to Pho Vietnamese restaurant was just after opening of their first venue in 2005 on St John street in Clerkenwell. We were quite excited when we found this cute place – at that time, most of the Vietnamese restaurants in London were shabby and cheaply decorated, and Pho is the first contemporary Vietnamese eatery we had seen here. Since then, Pho, focusing on Vietnamese street food, especially Phở noodle soup as the name suggests, has expanded and now have 6 restaurants in London and one in Brighton.

Today we tried their latest addition, Pho Spitalfields on Brushfield Street, just across the Old Spitalfields Market and few minutes walk from Liverpool Street station. It’s not far away from famous “Phở Mile,” but Pho has a geographical advantage of being close to those busy areas and has no strong competitors around. With their established reputation, I am sure they won’t fail there.

A bit dark inside, but nicely furnished natural and warm with everything wood as well as bare brick and white tiled walls. Everything nice, except cheesy “Pho” neon sign on the wall (in the 6th photo) which is not necessary to me.

Pho has rather simple menu, focusing on a small number of Vietnamese street foods, strictly Vietnamese and no Chinese dishes. It’s a big plus for me as “focus on one cuisine and don’t mix with others” is very important when I look for an oriental restaurant. At Pho, everything is made in-house from the high quality ingredients delivered daily, using authentic recipes, according to their website. Very important, too. Photos below are what we ordered.

Goi Cuon Tom(海老とハーブ入り生春巻き £4.45)とCha Gio(豚の春巻き £4.75)。上のフィッシュソースかピーナッツソースを選べる。生春巻きはあまり味がなく、揚げ春巻きも豚肉の味がせず物足りない。2品とも、通いたくなるような美味しさはなし。

Goi Cuon Tom (fresh summer rolls with prawns and fresh herbs, £4.45) and Cha Gio (fried pork spring rolls £4.75) with Nuoc cham fish sauce or peanut sauce. The summer rolls was bland and didn’t have much taste, and same to the spring rolls, as I didn’t taste pork and lacked wow-factor. I felt like something was missing from both dishes, and I wasn’t impressed.

Pho Tai Bo Vien(薄切り牛肉と肉団子入りフォー £7.95)と Pho Tai Chin(薄切り牛肉とブリスケット入りフォー £7.95)。フォーを売りにしているだけあって、フォーはなかなかの味。お肉は柔らかく、肉骨とスパイスを煮込んで出汁を取ったスープは旨味があり、添加物などの変な後味も残らない。

Pho Tai Bo Vien with steak, meatballs (£7.95) and Pho Tai Chin with steak and brisket (£7.95). Their signature dish Pho was quite nice. The meat was tender, and their broth, which I believe that they make proper stock from beef bones and spices, was flavourful without any nasty aftertaste of additives or MSGs.

Ca Phe(コンデンスミルク入りベトナム風コーヒー £2.25)。コンデンスミルク入りかブラックか選べるが、やっぱりコンデンスミルク入りが美味しい。コーヒーを淹れるためのステンレスのカップが、ガラスのカップの上に載って出てくるのも、何だか可愛い。

Ca Phe Vietnamese coffee (£2.25). Can be served with or without condensed milk, but definitely better with it. The presentation of “cup on top of a cup” was cute.

1階フロア。スタッフは皆フレンドリーで、サービスもいい。

Ground floor. The floor staffs were friendly and the service was excellent.

イートイン・テーブルとテークアウト用カウンターがある2階フロア。

Upper floor for more tables and takeaway counter.

Bishopsgate Kitchen @ Spitalfields

2年間の工事の後、700万ポンドをかけたBishopsgate institute(ビショップスゲート・インスティテュート)の改修プロジェクトが最近終了した。1895年に設立されたBishopsgate Instituteは、カルチャー・イベントや大人向けの各種コース、図書館、アーカイブ・コレクション、コミュニティ・プログラムを提供する文化施設で、リバプールストリート駅とスピタルフィールズ・マーケットの近くに位置する。

その中に、レストランやサンドイッチ・チェーンを展開するbenugo(ベヌーゴ)が運営する新しいカフェ/バー/レストラン、Bishopsgate Kitchen(ビショップスゲート・キッチン)が、Brushfield Street(ブッシュフィールド・ストリート)側に、今月初めにオープンした。通りに面した一面のガラス壁から太陽光が入る、明るくてトレンディな店内は、歴史的建造物の一部と上手く調和している。店は朝食からディナーまで一日中オープン。メニューは、地元で穫れた旬の「イギリス最高の食材」を使った料理が並ぶ。フードメニューは、「boards」と「plates」があり、boardsは、タパスとかおつまみ、ハムやサラミ、チーズ類など。1ボードが£4.50で、3ボードだと£13(£12だったかな?)。platesはいわゆる主菜で、そんなに種類は多くないけれど10皿弱ある。曖昧な表現で申し訳ないけれど、後からウェブサイトで確かめればいいやと思って注意してメニューを見なかったのだが、今日の時点では、ウェブサイトにメニューがのってなかった。

ウェブサイト曰く「素朴でシンプルかつ本物の、旨味が詰まった、ヨーロッパ料理に影響を受けた料理」らしいが、主菜類はちょっとクリエイティブすぎて想像がつかないし、一皿にいろんなものを詰め込み過ぎている感も。メニュー以外にも、朝はbenugoベーカリーから運ばれてくる焼きたてのペーストリーやマフィン、ランチタイムはフレッシュなサンドイッチやサラダもいただける。また、La Marzocco(ラ・マルゾッコ)エスプレッソマシンで淹れた美味しいエスプレッソやオリジナルブレンドのフェアトレードのコーヒー、そして茶葉でいれた紅茶類で、まったりカフェタイムもいいかも。

After two years of building work, the Bishopsgate institute‘s £7 million restoration project has been completed recently. Established in 1895 near the Liverpool Street Station, the Bishopsgate Institute is a cultural institute and offers cultural events programme, courses for adults, historic library and archive collections and community programme.

There is a new café/bar/restaurant, Bishopsgate Kitchen, opened early June and operated by benugo, facing on the Brushfield Street. With all-glass walls, the space is bright and trendy, perfectly incorporated in this historical building. It is open all day from breakfast to dinner, and its menu is said to be developed sourcing local, seasonal ingredients, reflecting the best of British produce. Their food menu consists of ‘boards’ and ‘plates’ – the boards are like tapas dishes or nibbles including charcuteries and cheese. One board costs £4.50 or three boards for £13 (or 12?). The plates are mains and several (less than 10) are available. I didn’t pay attention at the menu well as I thought I can check their website, but the website doesn’t show the menu at this moment…

According to the website,”the food is rustic, simple, honest and flavourful and the European influenced menu”, but as far as I read through their menu, their plates are a bit too creative to visualize and too many things are put on one plate (it’s just my impression). Other than the food menu, pastries and muffins from the benugo bakery in the morning, and freshly prepared sandwiches and salads at lunch time are available. You can also have a nice cup of espresso brewed with La Marzocco espresso machine and their own blend fairly traded coffee and loose leaf teas.

ラタトゥイユポーチドエッグのせ(£8.50)とハモン・セラーノ(£4.50)、ウズラの卵が入ったチョリソスコッチエッグ(£4.50)。ハモン・セラーノはちょっとドライ過ぎ。それにスライサーではなくて、ナイフでハンドカットして欲しかった。サクランボのピクルス?酢漬け?は何とも不思議な味。

Porched eggs on the top of Ratatouille (£8.50), Serrano ham (£4.50) and Scotch eggs made of Chorizo and quail eggs (£4.50). Serrano ham was a bit too dry. I also wish it was hand-cut, not with a slicer. The taste of cherry pickles? was quite unusual – I have never eaten before something like that.

Ben Eine: Alphabet Graffiti / Street Arts @ Middlesex Street

今日、リバプールストリート駅近くのMiddlesex Street(ミドルセックス・ストリート)を通りかかったら、あちこちのお店のシャッターに、見覚えのあるカラフルなアルファベットが描かれていた。これらは、グラフィティ/ストリート・アーティスト、Ben Eineベン・アイン)の作品。9月20日からMiddlesex StreetにあるElectric Blue Galleryで開かれる展覧会を前にEineが描いた、小文字のアルファベット全26文字が、リバプールストリート駅からペチコートレーンまで、Middlesex Street沿いの店に散りばめられている。

以前5年ほどBanksyと共に活動、近年東京やニューヨーク、LA、パリでも、トレードマークであるアルファベットを描いたEineは、2010年にはアニヤ・ハインドマーチとのコラボ・トートも手がけたと言えど、それまで比較的無名なアーティストだった。それが、7月にデーヴィッド・キャメロン首相が訪米した折り、彼の作品「Twenty First Century City」をオバマ大統領にプレゼントしたことで、一躍有名になった(参考記事1, 2)。これは、最近第四子を出産した、サマンサ首相夫人が彼の作品の大ファンだからだそうだが、上流階級出身で保守党党首の妻であるサム・キャム(彼女の愛称)が彼やストリート・アートのファンだとはちょっと意外。ちなみに2,500ポンドするこの作品は、首相が買ったのではなく、Eineが贈呈したという。

When we walked through Middlesex Street near Liverpool Street Station, we found many bright and colorful alphabets painted on shutters of closed shops here and there on the street. These recognizable alphabets are the works of graffiti / street artist, Ben Eine. Prior to his exhibition starting on September 20 at the Electric Blue Gallery on Middlesex Street, Eine painted the entire alphabet in lowercase letters on the local business’ shutters on Middlesex Street from Liverpool Street Station to Petticoat Lane.

Eine used to work with Banksy for five years, and recently left his signature alphabet on shutters in cities like Tokyo, New York, LA and Paris. In 2010, Anya Hindmarch has collaborated on a collection of totes with Eine. However he was relatively unknown, until his work “Twenty First Century City” was given to the President Obama when Prime Minister David Cameron visited US in this July (related article12). This £2,500 work was not actually purchased by Downing Street, but Eine donated it. This happened because his wife Samantha, who just gave a birth of her forth child few days ago, is a big fan of Eine. It is quite surprising that posh Sam Cam fancies a street art – I cannot quite connect between the two.

Electric Blue Gallery

Redchurch Street

Shaklewell Street

Enhanced by Zemanta

The Bathhouse Café/Restaurant/Bar @ Bishopsgate Churchyard

昨日、NOWに行った後、食後のお茶(Mはエスプレッソ)をするカフェを探していて偶然見つけた「The Bathhouse」。「バスハウス」という名前から推測できるように、Bathhouseは、ビクトリア朝時代の1894〜95年に建てられたトルコ式浴場(詳細はここから)を、カフェ/レストラン/バーに改装したもの。どうりで、装飾やディテールがエキゾチックだと思った。1階のカフェは、アンティークの家具で飾られ、昔懐かしいレコードプレーヤーから古い音楽が流れている。極小の店ながら、居心地がいい。入った事はないけれど、レストランはもっと豪奢で異国情緒溢れる感じ(写真はウェブギャラリーのThe Bathhouseをクリック)。メニューを見ると、ブリティッシュ/ヨーロピアン料理を出すお店みたい。

隣は、オフィスビルに囲まれた、英国国教会に属する小さな教会、St Botolph-without-Bishopsgate。敷地内の芝生の上やベンチには、仕事の合間に一息する人たちや日向ぼっこする若者たち。スーツ姿のビジネスマンたちが行き交う、喧噪溢れるビジネス街・シティの小さなオアシスだ。こんな場所がシティにあるなんて知らなかった。

After we ate at NOW yesterday, we happened to find the Bathhouse while we were looking for a café. The Bathhouse is a café/restaurant/bar, sitting in an old Victorian Turkish Bathhouse built in 1894-95, as its name suggests (more details are here) – that’s why its exterior and details are sort of exotic. Ultra small but comfy café space on the ground floor is filled with antique furniture and nostalgic songs are coming out of an good old record player. I haven’t seen actually but the restaurant, offering British/European dishes, looks magnificent with impressive oriental decor (click “The Bathhouse” on their web gallery for photos).

Next to the Bathhouse is an small Anglican church, St Botolph-without-Bishopsgate. Surrounded by office buildings, people were taking a break or sunbathing in the surprisingly quite church courtyard – it is a small oasis in the busy and bustling City.

Enhanced by Zemanta