Tag Archives: リージェンツ・パーク

New Penguin Beach @ London Zoo

リージェンツ・パーク内にあるロンドン動物園の「Penguin Beach」が、200万ポンドをかけた改修工事の後、本日8年ぶりに再オープン。計66羽のフンボルトペンギンマカロニペンギンケープペンギン、トビペンギンが、新しい住処にやってきた。→写真はここ

新しい施設は、砂浜と岩場、餌やり中にエサの魚を追いかけて泳ぎ回る様子を観察できる水中観察エリア、そして子ペンギンが泳ぎを練習できるプールを備えた孵化場がある。新しいプールは、ペンギン用のものとしてはイングランド最大で、広さは以前の約4倍、深さも2mと約2倍になった。将来は、約200羽のペンギンをここで飼育する予定。オープンと同時に始まった展示では、ロンドン動物園のペンギン学者が働く、南極の基地のレプリカが見られる。

子供連れはもちろん、ちょっと疲れたなあ、キツいなあと思った時は、愛嬌あふれるペンギンたちの姿を見て、癒されるのもいいかも。

After eight-year closure and £2 million revamp, the new Penguin Beach at London Zoo in Regent’s Park reopened its door to public today. Sixty-six Humboldtmacaroniblack-footed and rock-hopper penguins have moved in to their new territory, and seem to be very happy. → zoo’s photo gallery

The new facility has a sandy beach and rocks, and an underwater viewing area where visitors can watch the birds diving for fish during feeding time, as well as a nursery with a chick incubation unit and a pool where baby penguins can learn how to swim. The new pool is the largest created for penguins in England, which is four times bigger and three times deeper at 2m, than the old one. The Penguin Beach will eventually house 200 penguins. The exhibit also features a replica of the field station in Antarctica, where London Zoo’s penguinologist works.

You can take kids here, or you can come to see these adorable and funny creatures to cheer you up, when you are a bit low or stressed out – it’ll be much cheaper than seeing a therapist and possibly more effective.


Frieze Art Fair 2010 @ Regent’s Park

アート雑誌・Friezeの発行者が主催する、Frieze Art Fair(フリーズ・アート・フェア。10月14〜17日)は、毎年10月にリージェンツ・パークで開かれる国際現代アート見本市。世界各国から約150の現代アート・ギャラリーが参加し、期間中約68,000人が訪れる。見本市と言っても、来場者全員がアート関係者やバイヤーではなく、その80%はアートを鑑賞しにくる人たちで、フェアはロンドンの文化的エンターテインメント、または社交の場ともなっている。

ギャラリーのブースの他、Frieze Projectsが委託したアート作品が展示され、Auditoriam(写真下)ではアーティストなどのトークやイベントが行われる。また会場はかなり広く、歩き疲れた来場者が一休みできるよう、美味しいパンで有名なGail’sや、寿司カフェのMoshi Moshi、レストラン&シャンパン・バーのHixも会場内に設置されている。

Frieze Art Fair is an international contemporary art fair that takes place every October in Regent’s Park, organized by the publishers of frieze magazine. Frieze Art Fair features more than 150 contemporary art galleries in the world, and attracts around 68,000 visitors. The purpose of the fair is selling work, but 80% of its visitors attend just to appreciate art and it has become also a London’s cultural entertainment and social event.

As well as gallery exhibitions, the fair also includes selected artists’ work commissioned by Frieze Projects, a talks program and an artist-led education schedule held at the Auditorium (photo below). The space is quite big and easy to get exhausted, but don’t worry. There are Gail’s serving beautiful pastries, Moshi Moshi sushi café, and restaurant & Champaign bar (of course, Champaign!) Hix are there to welcome you.

Frieze Projects作品の一つ、カルティエ・アワード2010受賞者で、日英ハーフのSimon Fujiwara(サイモン・フジワラ)の作品「Frozen」。会場の地下から架空の古代都市が発見されたというコンセプトのインスタレーションで、メディアでも取り上げられた(FT記事)。

One of the Frieze Projects commissioned work “Frozen” by 2010 Cartier Award winner and British/Japanese artist, Simon Fujiwara. He created an instllation based on the fictive premise that an ancient lost city has been discovered beniath the site of the fair. His unique concept attracts media attention (FT article).

Enhanced by Zemanta

Enjoy Street Ping-Pong in London this Summer

先週、Mがラッセル・スクウェア近くにあるショッピングセンター・Brunswick Centreから、携帯で送ってきた写真。これは、7月24日〜8月22日までの約一ヶ月間、観光地や広場、ショッピングセンター、駅などロンドンの様々な場所にに100台の卓球台が置かれ、誰でも無料でピンポンを楽しめるという、「Ping! London」というイベントの一環で、ラケットとピンポン球が備え付けてある。テート・モダンテート・ブリテンバービカン・センターコベントガーデン大英図書館セント・パンクラス駅、ハイドパーク、リージェンツ・パーク、ロンドン自然史博物館、ヒースロー空港ターミナル3等々、多くのメジャーなスポットに設置されているので、ロンドンの住人なら目にした事があるかもしれない(設置場所はここ)。

エキセントリックな言動で有名なボリス・ジョンソン市長は、卓球王国・中国で開催された北京オリンピックの閉会式で、次回の2012年ロンドン・オリンピックのホストとして、「卓球の発祥の地・イギリスに、ピンポンが帰ってくる!」とスピーチし、話題になった(参照記事)。市長によると、卓球は、19世紀にイングランドのダイニング・テーブルで考案され、「whiff-whaff」と呼ばれていたという。後に市長の発言は、世界で最も古いスポーツ用品製造業者「Jacques London」で卓球の「創始者」一家を自認する一族の末裔に否定され、論争の的となった(参照記事)。

その真偽の程は不明だが、日の長いロンドンの夏、パブで消費したビールのカロリー分、卓球に汗流すのいいかもしれない。

M sent me the mobile photo above from Brunswick Shopping Centre near Russell Square last week. This is a part of four-week event called “Ping! London” (July 24 to August 22), that 100 ping-pong tables pop up across London’s landmarks, squares, shopping centres, estates, offices and train stations. Bats and balls are supplied, and anyone can play for free. The locations include Tate ModernTate BritainBarbican CentreCovent Garden, British LibrarySt. Pancras International Station, Hyde Park, Regent’s Park, Natural History Museum, and even Heathrow’s Terminal 3 – anyone who live in London may have seen it somewhere (here for all locations).

Well-known eccentric London Mayor Boris Johnson stunned UK with an astonishing speech at the Beijing Olympic closing ceremony, declaring ‘Ping pong is coming home!’, at the heart of Ping-Pong empire of the world (see details here). According to the mayor, ping-pong was invented on the dining tables of England in the 19th century, and it was called “whiff whaff”. Later his claim has been attacked by the descendants of the world’s oldest sporting and games manufacturer “Jacques London“, who claim that their Jaques family was first to codify the game (see details here).

I am not sure what is the truth, but whatever the truth, it may be a good idea to play ping-pong to shed some calories off from your body, after having a pint of beer at a pub, under long daylight during London’s short but nice summer.

Enhanced by Zemanta