Tag Archives: ルートマスター

Routemaster Letter Rack by Susan Bradley

Exif_JPEG_PICTURE

テート・ブリテンのショップで、ロンドンの旧式ルートマスターをかたどったレターラック・Routemaster Letter Rack(£20)を買った。イギリス人デザイナーのSusan Bradleyがデザイン。彼女の製品は全て、イングランド内で作られているそう。コーティングを施した鉄製で、そのまま置いても使えるし、壁にかけられるようにもなっている。可愛くて私たちのお気に入り。

We bought this London’s iconic Routemaster Letter Rack (£20), designed by British designer Susan Bradley, at the Tate Britain shop. All her products are proudly made in England, which are rarity nowadays. The letter rack is made of coated steel, and can be free standing or wall mounted. Very cute, and we love it!

Exif_JPEG_PICTURE

Advertisements

New Bus for London on Route 38

昨日のEngineに続き、赤い乗り物の話題。

1ヶ月ほど前、今年2月27日に運行が始まった新しい二階建てバス「ニュー・バス・フォー・ロンドン」に、初めて乗る機会に恵まれた。この近未来的なバスは、ロンドン名物として人々に愛されたRoutemasterルートマスター)の新型バージョン。オリジナルのルートマスターは、当時のロンドン市長・ケン・リヴィングストンの方針により、2005年末にお役御免となったが、2008年に、新型のルートマスター導入を選挙公約の一つに掲げたボリス・ジョンソンが市長選に当選、約束通り新型ルートマスターの導入を実行した。

ロンドンを拠点とするデザイン事務所・Heatherwick Studio(ヘザーウィック・スタジオ)がデザインしたこの新型ルートマスターは、先代の特徴である開放式後部プラットフォームを備え、エンジンは電気・ディーゼルハイブリッドシステムを採用。旧型に比べ、環境に優しく、よりスムーズかつ静かに走行する。現在38番ルートのみ限定数運行中。BBCによると、このバスの開発に800万ポンド、そして購入予定の合計約600台のバスに約1億8000万ポンドの税金が使われる予定だそうだ。確かに他のバスに比べて少し広めで乗り心地はいいし静かだけれど、1台約3千万ポンドも払うに値するか疑問。それに、売りである後ろの出口から「hop-on / hop-off(自由乗降のような意)」する人たちを未だに見たことがなく、この出口が必要とも思えない。市長の古いルートマスターへの感傷が高くついた。このバスの導入によって、運賃が値上がりしないことを祈るのみだ。

Another topic for red vehicle after yesterday’s Engine.

Since the first service started on February 27 this year, I happened to get on the “New Bus for London” for the first time about a month ago. This futuristic bus is the new version of London’s beloved Routemaster. The original Routemaster was withdrawn from service at the end of 2005 by former London Mayor Ken Livingstone. However, his archenemy Boris Johnson whose campaign pledges being to introduce a new Routemaster was subsequently elected Mayor in 2008, and he did what he promised to do.

Designed by London-based Heatherwick Studio, the new bus, currently operating on route 38 only, features the ‘hop-on hop-off’ rear open platform of the original Routemaster, but is operated by latest technology of hybrid electric engine which is quieter, smoother, and more environmental. The project cost almost £8million to develop (BBC news) and final cost to purchase about 600 buses will be around £180 million (approx. £300,000 per bus!), which are drawn from tax-payers’ money. Yes, the new bus is a bit more spacious and comfortable but less noisy, but I am not sure if it’s worth its price tag. Also I’ve never seen anyone hop-on or hop-out this new Routemaster, and I don’t know if the platform is really necessary…  Boris’ sentimentalism in the London’s old icon costs us a lot. Hope bus fare won’t hike because of those buses…

2階席 / upstairs seatings

後部階段 / Stairs on the back

2012 Olympic National Hospitality Houses: Czech House @ Business Design Centre, Islington

五輪期間中、ビジターに自国の歴史や文化を紹介したり、自国の選手たちをサポートする、約30の「Olympic National Hospitality Houses(ホスピタリティー・ハウス)」が、ロンドン各地にオープン。欧米諸国や日本、韓国、ブラジル、ジャマイカ、ケニア、ナイジェリア、ニュージーランド、2022年ワールドカップのホスト国・カタール、そしてアフリカ53カ国共同のAfrica Village等、イベントやパブリック・ビューイング等で来客をもてなした。Africa Villageが資金難のために早期閉館したり(BBC)、ニュージーランドのKiwi HouseがBBQで火事騒動を起こしたり(The Telegraph)とトラブルもあったが、全体的には好評だったようだ。2020年東京オリンピック招致活動が目的のジャパンハウスは、入館がIOC関係者かJapan Society会員、日本人駐在員に限定されていたのが残念。震災・津波で激減した観光客を呼び戻す格好の機会だったのに。各ハウスを紹介するLondon Townウェブサイトで、ちょっと皮肉っぽい書かれ方をしていたのも当然かも。一般在留日本人はだめで駐在員だけオーケーだったのも不公平だし、オリンピック誘致という目的を考えても意味不明。

せっかくなので色々行きたかったのだけれど、結局、家から近い、エンジェルのBusiness Design CentreでやっていたCzech House(チェコ・ハウス)のみで終わってしまった。ほとんどのホスピタリティハウスはオリンピック閉会と同時に終了してしまったけれど、次回オリンピック開催国ブラジルのCasa Brasilは9月8日までやっているなので、行く機会があればまた報告します。

There were about 30 “Olympic National Hospitality Houses” opened around London during the Olympics to promote their countries and cultures as well as support their athletes. Many European countries as long with New Zealand, Brazil, Jamaica, Japan, Korea, Kenya, Nigeria, and Qatar who hosts 2020 World Cup had offered an array of events and activities for visitors. 53 African countries teamed together to  put on a Africa Village in Hyde Park, though it was forced to prematurely close due to debts outstanding (BBC). Another trouble was NZ’s Kiwi House got a fire incident caused by BBQ (The Telegraph), but overall, those hospitality houses added extra fun to the Games. Japan House was set up to promote Tokyo 2020 and an entry to the house was limited to IOC members and VIP, as well as Japan Society members and Japanese expats (I don’t understand what was to do with expats and Tokyo Olympic bid), and I agree with London Town website‘s sarcastic description about it. They should have also promoted tourism to Japan, which was largely affected by Japan earthquake and Tsunami! To me it is also unfair that only expats could come in but not other Japanese.

I wanted to try out as many hospitality houses, but we went only one, nearby Czech House at Business Design Centre in Angel. Although most of the hospitality houses have now closed, but next Olympic host country Casa Brasil at Somerset House is still open until September 8, and I will talk about it if I have a chance to go.

入場は£5だが、好意で無料で入れてもらう。入口を入ると、すぐ右がバスケットボール・コート、左手はチェコのオリンピックユニフォーム等を売るショップ。メイン会場を見下ろす3階には観光案内やメディアルーム、チェコの料理が味わえる食堂がある。チェコ・ハウスが人気だった大きな理由は、手に入りにくいオリンピックのチケットも、チェコのオリンピック委員会が割当分をここで売っていたこと。徹夜で並んで買う人も(イブニング・スタンダード紙)。

Entrance fee to Czech House is £5, though we got in for free with a favor from the house. After the entrance to the right was a basket ball court and on the left was a shop selling Olympic Czech national uniforms and accessories. There were canteen offered Czech food as well as tourist bureau and media room upstairs, surrounded the main area. Czech house was popular because hard-to-get Olympic tickets allocated to Czech Olympic committee were sold there (Evening Standard).

よく冷えたチェコのビールPilsner Urquellピルスナー・ウルケル)の生が味わえるカウンター。

Czech’s cold draft beer Pilsner Urquell was sold at the bar counter.

近未来的なデザインのメイン会場。チェコ人アーティストのエキシビションやコンサート、パブリックビューイングが行われた。チェコの国旗の赤・白・青のコスチュームに身を包んだ綺麗なお姉さんたちが、男性たちに人気。

Main space with futuristic design, celebrating with the athletes, panoramic projection, music, and exhibitions. Pretty young ladies in tricolore costumes, inspired by Czech national flag were popular among male visitors.

チェコハウス前に設置された、チェコ人アーティスト・David Černý(ダヴィッド・チェルニー)が製作した「London Booster」。ロンドン名物・ルートマスターが腕立て伏せをするというユニークなコンセプトと外観で、かなり話題を呼んだ。本人曰く、この作品は、オリンピックに訪れた「太ったアメリカ人」にエクササイズを奨励するためのものだそうだが、イギリスをはじめとするヨーロッパでも肥満が問題となってるので、アメリカ人のみをターゲットとするのはどうかと思うが。

“London Booster”, created by Czech artist David Černý in front of Czech House. This London’s red double decker bus was doing push ups “to encourage ‘fat Americans’ to exercise”, according to him (The Telegraph), but it is too much to attack only Americans as obesity is a big problem in UK as well as other countries.

Heatherwick Studio: Designing the Extraordinary @ V&A

ヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)で開催中の「Heatherwick Studio: Designing the Extraordinary」展(5月31日〜9月30日)は、ロンドンを拠点とするデザイン&建築事務所Heatherwick Studio(ヘザーウィック・スタジオ)の初の大規模展。V&AのBritish design展の関連イベントで、オリンピック前後に開催される文化イベント・London 2012 Festivalの一環でもある。

Heatherwick Studioは、革新的技術と素材を用いた公共記念建造物や3次元作品で有名なイギリス人インダストリアル・デザイナー、Thomas Heatherwickトーマス・ヘザーウィック)が1994年に設立した。かのサー・テレンス・コンランがヘザーウィックを「Leonardo da Vinci of our times(現代のレオナルド・ダ・ビンチ)」呼んだそうだが、ちょっとそれは大げさとしても、彼の作品は創造性に富み、見ていて楽しい。ただ展示室であるporter gallery(ポーター・ギャラリー)は狭すぎて、展示品は模型や写真が多いにしても、彼の作品の型破りなスケールが表現しきれていない気がする。

→ 写真参考サイト: BBC news

V&A’s “Heatherwick Studio: Designing the Extraordinary” (May 31 – September 30) is the first major solo exhibition of the work of Heatherwick Studio. It is a part of a season of events celebrating British design at the V&A and also the London 2012 Festival, a series of cultural events taken place around London Olympic 2012.

Heatherwick Studio is a London-based design and architecture studio, founded in 1994 by Thomas Heatherwick, who is an English industrial designer known for innovative use of engineering and materials in public monuments and sculptures. It is said that Sir Terence Conran called Heatherwick as the “Leonardo da Vinci of our times”. It is a bit of an exaggeration, but his works are creative and fun. The  porter gallery where the exhibition is taken place, is too small for his large scale works, even for its prototype and photos, and a bit claustrophobic.

→ more photos: BBC news

Cromwell Roadに面した博物館の入口に設置された、白く塗られ逆さまに吊り下げられたロード・コーンのインスタレーション / Traffic Cone Installation with upside-down traffic cones painted white at V&A entrance on Cromwell Road

ロンドン名物として親しまれたRoutemasterルートマスター)の特徴である、開放式後部プラットフォームを備えた新しい二階建てバス、「ニュー・バス・フォー・ロンドン」。現在数台が38番ルートを運行中。

New Bus for London‘, incorporating an open platform which is a feature of the iconic Routemaster. Currently it is operating only on No.38 route (not all of them).

先端に種子が入った6万本のアクリル樹脂の針が突き出た、上海国際博覧会のイギリス館「Seed Cathedral(種の大聖堂)」/ British national pavilion “Seed Cathedral” at the 2010 Shanghai World Expo

「Spun(スパン)」チェアー(2012)。博物館の中庭でトライできる。バランスを保つのがなかなか難しい / ‘Spun’ chairs  (2012). Public can try them in V&A’s courtyard. It is quite difficult to keep a balance

British Design Classic Stamps

British Design Classics Stamp

今日1月13日発売の、British Design Classics切手を手に入れた。コンコルド、ルートマスター(ロンドンにあった2階建バス)、ロンドン地下鉄マップ、ミニクーパー等、イギリスが世界に誇る20世紀のデザインが主人公の、1st class切手10種。イギリスのメディアでも注目の切手だ。Royal Mailによると、きっかけはミニクーパー生誕50周年。国営放送BBCの番組The Culture Showで行われたイギリスデザインの人気投票の結果を参考に、専門家の意見も取り入れて、10種類のデザインが切手用に選ばれた。The Guardianという新聞のウェブサイトに、それぞれのデザインの詳細があるので、チェックしてみて下さい。また、現在ヤフーオークションにこの切手セットを出品しています。オークションにご興味がある方はここをクリックして下さい。

ちなみに、イギリスの国内通常郵便には、1st classと2nd classがある。1st classは2nd classより割高だ(現在100g以下レター扱いで、1st classは36ペンス、2nd classは27ペンス)。1st classは2nd classより、1st classは1〜2日、2nd classは3日以上かかる、とRoyal Mailのウェブサイトにあるが、通常2nd classでも1〜2日以内で届くことが多いので、私は大事なメール以外は、2nd classを使っている。

I got the Royal Mail British Design Classics Stamps today – on the first day of its sale. 10 x 1st class stamps with 20th century British design classics, such as Concorde, London Underground Map, Mini and London Routemaster bus etc. The stamps are widely reported by the British Media. According to Royal Mail, the starting point was the 50th anniversary of the Mini. Then, with the help of experts in the field, and based on the result of BBC The Culture Show’s top 10 and 20 popular British design, they broadened the idea and chose 10 British design classics. If you are interested in a details of each stamp, check out The Guardian website.

Royal Mail domestic delivery service has 1st class mail and 2nd class mail. 1st class mail is more expensive than 2nd class (ex. letter under 100g cost 36p for 1st class and 27p for 2nd class). According to Royal Mail website, 1st class takes 1-2 days, and 2nd class takes more than 3 days, but usually 2nd class is delivered as fast as 1st class – so I normally use 2nd class mail except important ones.

Reblog this post [with Zemanta]