Tag Archives: ロイヤルメール

Great British Railways: Royal Mail World’s First “Intelligent” Stamps

今年8月19日に発行された、ロイヤル・メールの記念切手シリーズの「Great British Railways」。British Rail(イギリス国鉄)が製造した最後の標準クラス9F蒸気機関車Evening Star」の製造終了50周年を記念して発行された。イギリスの蒸気機関車を取り上げた、初めての記念切手となる。

These are Royal Mail’s special stamps “Great British Railways” issued in August 19, celebrating the 50th anniversary of British Rail’s last steam locomotive, the 9F ClassEvening Star’. This is the first in a series of special stamp issues commemorating classic British locomotives.

一見したら普通の切手だけれど、これはロイヤル・メールいわく、世界初の「インテリジェント」切手なのだそうだ(Royal Mail プレスリリース)。iPhoneまたはAndroidを搭載したスマートフォンを通して切手を見ることで、画像認識技術が作動し、ロイヤル・メールが制作したオンライン専用コンテンツが立ち上がるという、切手において世界初のシステムで、9月3日よりスタートした。JunaioというアプリをインストールしたスマートフォンでGreat British Railways切手を見ると、1936年に郵便局によって作られたドキュメンタリーで有名になったW・H・オーデンの詩「The Night Mail」を、ドクター・フー出演俳優のBernard Cribbins(バーナード・クリビンス)が読み上げる短編映画が再生される。この技術は、ロイヤル・メールが将来発行する記念切手のいくつかにも採用される予定だそうだ。

These stamps look just ordinary stamps, but Royal Mail claims these are the world’s first “intelligent” stamps (Royal Mail release). Launched on September 3, it is the first in the world to work with image recognition technology, which, when activated by a smartphone on the iPhone or Android platforms, will launch exclusive online content created by Royal Mail. Viewing the Great British Railways stamp,via the Junaio app installed smartphone, will direct you to a short film showing Doctor Who actor Bernard Cribbins reading Auden‘s famous poem “The Night Mail“, first made famous in The Post Office’s own film from 1936. Royal Mail will use the technology available on selected future special stamps.

Enhanced by Zemanta
Advertisements

Dispatches: Post Office Undercover @ Channel 4

チャンネル4のドキュメンタリー・シリーズ、「Dispatches: Post Office Undercover」を見た。Dispatches(ディスパッチズ)は、1987年から続く、時事や社会、政治、健康、宗教等幅広い問題を取り扱う硬派番組で、潜入取材を中心とする。BBCPanorama(パノラマ)も同様の番組だが、30分の放送時間のPanoramaに対し、Dispatchesは1時間なので、より深く題材を掘り下げた考察をしていると思う。

最近はあんまり行っていないけれど、郵便局にはよくお世話になっているので、郵便ネタには非常に興味がある。2004年、05年にも同様の番組があり、郵便物抜き取り等のロイヤルメール内にはびこる問題を暴きだし、その後の調査でロイヤルメールは1000億ポンドの罰金を課された。「Post Office Undercover」では、また2人のリポーターを派遣社員として送り込み、Royal Mail(ロイヤルメール)の主張する「システムの近代化とサービス向上」の成果のほどを探っている。結果は。。。5年前と同じ。充分に訓練されていない派遣スタッフ、故障だらけの配達用トローリー、建物に入る際の不十分なIDチェックとセキュリティの不備、郵便物の盗難、市民の破損や配達の遅れ、サービスの悪さへの怒り、自動仕分けシステム等近代化の遅れ、スタッフのマネジャーや待遇に対する不満とその結果としての職務怠慢、そしてこロイヤルメールの言い訳と番組への逆ギレ等々。13億ポンドをかけたと言われる近代化はどこにも見えず、郵政の専門家も事態の深刻さに警鐘を鳴らしている。

この番組に先立ち、タイムズ紙でも、ロイヤルメールに関する面白い記事を見つけた。タイムズのチームは、宝くじ入り(£1相当)の100通のバースデーカードを全国の宛先に送り、どのぐらいの確率で配達され、配達までにどのぐらい時間がかかるか、そして宝くじはちゃんと封筒に入ったままかを調べる実験を行った。半分はファーストクラスで、そして半分はセカンドクラスで発送(郵便に関する詳細は過去エントリー参照)。そして半分は糊付して、半分は開封したまま封入口を中にたくし込んである。その結果は、宝くじ入りで届いたのが93通、3通は未達だった。92%のファーストクラス扱いは翌日着、98%セカンドクラス扱いは2日以内に配達先に到着した。私は、イギリスでこの数字は上出来だと思うのだが、タイムズ紙の記者は「Royal Mail can no longer be trusted(ロイヤルメールはもはや信用できない)」と手厳しい。ロイヤルメールには、1日5000件の苦情が届くそうだ。私も過去に数回行方不明になった手紙・小包がある。ロイヤルメールの経営陣も、組合との対決が怖くて(イギリスでは組合は非常に力を持っている)、事態改善には及び腰だと言う。

大多数のPosties(郵便局員の愛称)は真面目に、責任を持ってやっているのだろうけれど、これだけ大所帯になると、少数のBad apple(腐ったリンゴ)が混じってしまうのは仕方がない(ロンドン等の大都市では特に)。それよりも、番組を見ていて気づいたのは、マネジャーや経営陣に対する局員の強い不信感とモラルの低さ。自分の職業へのプライドも、ロイヤルメールへの忠誠心も全く感じられない。クリスマス前のスト騒ぎは経営側・組合側の合意の上、解決したとされているけれど、局員の待遇への不満は依然として強く、わざと手抜きをして職務に大きな支障をきたした。BrixtonとTootingという、ロンドンのあまり良いエリアとは言えない場所ではあるのだけれど、ロイヤルメールが職員のモチベーションを上げることができないのが一番の問題ではないかと思う。国民的人気の、Postman Pat(ポストマン・パット:ポンキッキーズのコーナードラマで放映)の良き伝統はどうなってしまったのだろう?

I saw Channel 4‘sDispatches: Post Office Undercover” today.  Dispatches is the current affairs documentary series, started in 1987. The program covers issues such as British society, politics, health, religion, environment, and international current affairs, usually featuring an undercover journalist in an organisation. BBC‘s Panorama is the same kind of documentary series, but the running time of Panorama is just 30 minutes, and Dispatches can dig an issue deeper as it is an one-hour program.

Though I don’t go to a post office as often recently, I go there quite often and am quite interested in the post office related topic. Dispatches went undercover to investigate the Royal Mail, to reveal some problems such as stealing of mails etc in 2004 and 2005, resulting in an enquiry by the postal regulator, followed by a fine of almost £10 million. The program sent two reporters go undercover again to find out if the Royal Mail has delivered on claims that it is modernising and improving its service. The result is… no improvement from 5 years ago; poorly trained agency workers, damaged and defective equipment, inadequate ID check and security, theft from the letters and packages, angry members of the public who have experienced damaged mail, delays and poor service, lack of modernization like automated sorting system, workers’ frustration against pay and working times and the management, sabotage of work as a result,  and the Royal Mail’s same old excuse and criticism against Channel 4 . The claimed modernization costing £1.3 billion is nowhere to be seen, and postal experts raise the alarm against the Royal Mail.

I found an interesting article on the Times few days ago, related to this program. The Times Money team sent 100 birthday cards with a National Lottery scratchcard worth £1 to the addresses across the country, to discover how many of them would arrive, how long they would take, and if any of the scratchcards would go missing: half of the cards 1st-class, and the rest 2nd-second class (see more details in my past entry about the mail service), and half of the envelopes were sealed and half were left unsealed but with the sleeve firmly tucked in. The result is: 93 arrived with their scratchcards and 3 letters did not arrive. 92% 1st class mails arrived the next day, and 98% 2nd class arrived within 2 days. I thought the number is not bad at all as of UK service, but the Times journalist harshly conclude as “Royal Mail can no longer be trusted.” The Royal mail receives 5,000 complaints everyday, according to the Times, and I have experienced missing mails several times in the past.Insiders at Royal Mail say that management’s failure to act is in part rooted in a fear of implementing any measures that might be perceived as unfairly targeting the innocent majority of staff.

Of course, most of the posties do their job seriously with sense of responsibility, but there is no way that few bad apple comes into the large corporation like the Royal Mail (especially in big cities like London). But the most striking issue I find in the program is the strong mistrust among workers against the management, and their lack of motivation. There is no sense of pride to be a postal worker or loyalty to the Royal Mail. Although the postal strike threat before the Christmas was avoided by the agreement between the management and the unions, the frustrated workers failed to met up their job and caused major delays in delivery during the busy season. The post offices where the two journalists went undercover are in Brixton and Tooting, where are not the best areas of London, but I think the biggest problem is the Royal Mail’s lack of leadership to raise the motivation among the workers. Where is the good old proud postmen, like Postman Pat??

Reblog this post [with Zemanta]

Brand New Royal Mail stamps “The Fire & Rescue Service” issue

"The Fire & Rescue Service" Royal Mail Stamps

2009年9月1日発行されたばかりのRoyal Mail記念切手セット「The Fire & Rescue Service(消防・救助活動)」。90ペンス、81ペンス、62ペンス、56ペンス、54ペンス、1st Class(39ペンス)の6枚セットで、それぞれ消火活動、緊急救助、化学火災、洪水救助、捜索・救助、火災安全をテーマにしたデザインだ。イギリスの記念切手に多い正方形に近い形で、サイズは37mm x 35mm(なんで正方形じゃない?)。ところで、イギリスの切手の特徴は、国名表記がなく、エリザベス女王の横顔のシルエットが右肩にデザインされていること。イギリスは世界で最初の郵便制度を導入した国で、1840年に世界初の切手を発行した。当時、他の国には切手がなかったので、国名表記は必要なかった。その後1964年に、郵便ルール統括国際組織である万国郵便連合(UPU)が、「1966年以降発行の切手には国、地域名をローマ字で表記すること」という ルールを採択したけれど、合意の上、イギリスは国名を切手に表記しなくて良い唯一の国とされている。

オタクっぽく聞こえるからあんまり人には言わないんだけれど、実は切手を集めるのが好き。といってもマニアックに特定の時代、テーマ、または国の切手を集めているわけではなく、ぱっと見て気に入ったものを選ぶ。50年代後半から60年代、または現代のシンプル&モダンなデザインが好きで、国であればドイツやオランダが多い。切手は、ありとあらゆるテーマを、絵画、写真、イラスト等を使って、小さいサイズの中にうまくおさめている。また国毎、時代毎にデザインが違っていて、面白い。いかにもデザイナーがデザインしているなと分かる完成度の高い切手なんかは、アートの域に達してると思う。

I got Royal Mail new special stamp sheets “The Fire & Rescue Service“,  issued on September 1, 2009. It is a set of 6 stamps (90p, 81p, 62p, 56p, 54p, and 1st Class/39p), with designs of fire safety, search and rescue, flood rescue, chemical fire, emergency rescue, and firefighting. As many royal Mail stamp designs, the stamp is square shape (well, almost) and its size is 37mm x 35mm. By the way, British stamps are the only stamps that do not bear the name of the country of issue on them, as the UK was the first country to issue prepaid postage stamps. The UK remains the only country not required to name itself on its stamps by agreement. For all other Universal Postal Union (UPU) members, the name must appear in Latin letters.

I don’t want to sound nerdish and don’t tell to many people, but I like collecting stamps. I am not a maniac who collect every single stamp of your interest, like specific theme, period, and country, but I just choose whatever appeals to me. I like simple and modern design from late 50’s to 60’s or current time, especially Dutch and German stamps. Some stamps are wonderfully designed all kind of themes in such a small size, by means of photograph, painting, and illustration. Especially some stamps are designed by famous designers and are works of art!

"The Fire & Rescue Service" Royal Mail Stamps"The Fire & Rescue Service" Royal Mail Stamps

Reblog this post [with Zemanta]