Tag Archives: ロンドン・デザイン・フェスティバル

London Design Festival 2012 @ V&A

100% Designの後は、同じくLondon Design Festival(LDF)に参加しているヴィクトリア&アルバート博物館へ。期間中(9月14日〜23日)、常設展・特別展の展示品に混じって、LDFのために特別に制作されたインスタレーションやディスプレイの数々が、館内あちこちに設置された(詳細:V&Aウェブサイト / 2011年ディスプレイ)。

LDF専用館内マップは、博物館スタッフさえ認める難解さで、悪戦苦闘しながら各ディスプレイを探し当てる。これらの作品は、テーマもなく統一感はないが、一番印象に残ったのは、日本のデザインオフィス「nendo」が手がけた、「Mimicry Chairs」という計11点の空間インスタレーション作品(写真下7点)。周囲の展示に呼応するように擬態化された透明感のある椅子が、エントランス空間や展示室、階段室、回廊など、館内11カ所に配置された。残念ながら展示品なので座れないが、それぞれ個性を持ったこれらの白い椅子たちは、違和感なく絶妙なハーモニーでその空間に収まっていた。

After 100% Design, I moved on to Victoria & Albert Museum which also participated in London Design Festival (LDF). During the LDF, V&A had housed an array of specially commissioned installations and displays throughout the Museum (details: V&A website / blog entry for the 2011 displays).

The special V&A map for LDF was hard to figure out, even to museum staffs, and it cost me a lot of effort to find an each work. There was no theme or direction for those displays, but what I liked the most was “Mimicry Chairs“, total of eleven installations using white transparent metal chairs, created by Japanese design firm “nendo“. The chairs were placed in the main entrance as well as ten other locations in the museum including galleries, staircases and corridors. Unfortunately, sitting on the chairs was not allowed, but those installations perfectly fit in an each space and created good harmony with surrounding artworks and objects.

持続可能なデザインの進化を描いた、Green Car Design制作の”Evolutionary Wall”

“Evolutionary Wall” by Green Car Design, showing us an evolution of sustainable design

Bench Years」シリーズとして、各々違った材料を使ったベンチが、博物館の中庭・John Madjski Gardenに設置された。上の写真は、アメリカ製硬材を使った、Martino Gamperによるベンチ。

Bench Years” Bench by Martino Gamper using American hardwood. A series of one-off benches, each made from a different material, was displayed at the John Madjski Garden.

キングスクロス駅周辺の再開発計画のディスプレイ / King’s Cross: Regenerating a London landmark

ロリータやゴスなど、イギリスの影響を受けた日本初のファッションを展示した、”Kitty and the Bulldog: Lolita fashion and the influence of Britain

Advertisements

100% Design 2012 @ Earl’s Court

毎年恒例、London Design Festival(ロンドン・デザイン・フェスティバル)の一環で開催される100%Design展(参考:2009年 / 2010年)。もう5回ほど行ってるので、マンネリ感は否めないけれど、Yo! Sushiヨー!スシ)やYOtelの創始者・Simon Woodroffe(サイモン・ウッドロフ)の新しいプロジェクト、Yo! Homeが出展するというので、2年ぶりに行ってきた。

I have been to 100%Design (see also 2009 / 2010), a part of annual London Design Festival currently running, about five times by now, and I am a bit sick of it. But this year, I went to see the design convention after 2 years because Yo! Home is there – a new project of Simon Woodroffe, a founder of Yo! Sushi and YOtel.

メディアでも取り上げられたせいか、Yo! Homeのブース前はデモンストレーションを待つ人々の列 / There was a queue to get in the booth of Yo! Home to see a demonstration, because media wrote about it

ワンベッドルームアパートメントの平均サイズという、限られたスペースを活かす工夫が満載。寝室の床が天井に上がり、リビングルームになる / There was a full of idea to maximize the limited space of a typical one bed room apartment. Bedroom floor goes up and a living room appears.

壁に備え付けられた机は、来客用ベッドルームに早変わり / Work table attached to the wall turns to be a guest bunk bed

床下には、日本を愛するサイモンのアイデアの掘りごたつ式テーブル / “Japanese style” table under the floor

その隣には床下収納スペース / Under-floor storage

クラーケンウェルのミシュラン星付きレストラン、North Roadも出店 / Michelin-star restaurant in Clerkenwell, North Road

セミナースペース / Seminar space

London Design Festival 2011 @ V&A

インタレーション作品「Timber Wave」の他、London Design Festival 2011(ロンドン・デザイン・フェスティバル)に関連して、ヴィクトリア&アルバート博物館V&A)に設置された作品の一部。館内いろいろなところに、常設展示に紛れて置かれているので、他の展示品を鑑賞しながら探してみては。館内は広いので、かなり歩くので歩きやすい靴で。

デザイン・フェスティバルに関係ありませんが、明日から2週間、ブログをお休みします。See you  in two weeks!

Some of V&A‘s London Design Festival 2011 displays & installations, other than “Timber Wave“. These works are located several different location in the vast museum, in between the permanent collections. It would be a good cultural hiking route, so be prepare with comfortable walking shoes!

It’s nothing to do with Design Festival, but I will take a break from blog for 2 weeks. See you in two weeks!

‘Textile Field’ by Ronan and Erwan Bouroullec, in collaboration with Kvadrat

‘Beyond the Valley: an interactive print journey’

BLOOM Table Lamp designed by Patrick Jouin for Industrial Revolution 2.0: How the Material World Will Newly Materialize

A Pylon for the Future

AL_A “Timber Wave”: London Design Festival @ V&A

9月17日から25日まで、毎年恒例のLondon Design Festival 2011(ロンドン・デザイン・フェスティバル)が開催中。ロンドンのあちこちに点在する、美術館、デザイン事務所、ショップ、ギャラリーなどの参加施設の前に立てられた、フェスティバルのアイコンである赤い立て看板を、よく目にする。フェスティバルに参加しているヴィクトリア&アルバート博物館V&A)でも期間中、インスタレーションやトーク、ワークショップなどのスペシャルイベントが行われている(詳細はV&Aウェブサイトで)。

V&Aの見所は、Cromwell Road(クロムウェル・ロード)側入口に設置された、Amanda Levete Architects and Arupによる巨大インスタレーション作品「Timber Wave(木の波)」(9月17日〜10月15日)。通常家具作りに使われるラミネート技術をアメリカンオークに施し作り上げた、12mもの高さの格子模様の立体的な螺旋は圧巻。木とは思えないしなやかさと木独特の生命力が感じられる。

London Design Festival 2011 came back to the city – from September 17 to 25, you see a festval’s icon, red signboard in front of the participating organizations such as museums, design firms, shops, and galleries, all over London. Victoria & Albert Museum is also a part of the festival and visitors can enjoy commissioned installations and displays as well as special events, talks and workshops throughout the period (details are at V&A website).

A gigantic installation of ‘Timber Wave‘ by Amanda Levete Architects and Arup (September 17 – October 15) at the Cromwell Road entrance is one of the highlight at the V&A festival program. The three-dimensional latticework spiral is made of American red oak, using lamination techniques normally used in furniture making, and applied to create a piece 12m high. It has un-treelike flexibility and treelike vitality – spectacular.

Ben Eine “PRO PRO PRO” / “ANTI ANTI ANTI” Graffiti @ Redchurch Street

Change」に続いて、Ben Eineベン・アイン)の作品「ANTI ANTI ANTI」「PRO PRO PRO」を紹介。ショーディッチにある広告会社「Mother」の建物にカラフルな色使いで「PRO(賛成)PRO PRO」が、そしてその向かいの「Londonnewcastle」プロジェクトのスペースに、対照的にモノトーン(と少しの赤)で「ANTI(反対) ANTI ANTI」が描かれている。「ANTI ANTI ANTI」は、London Design Festival(ロンドン・デザイン・フェスティバル)の一環として、9月18〜26日にショーディッチ周辺で行われた「Anti Design Festival」のために、ベン・アインが制作。「PRO PRO PRO」はその反対語として、真向かいに描かれた。

Anti Design Festivalのことは全然知らなかったけれど、調べてみたら、イギリス人タイポグラファー/グラフィック・デザイナーのNeville Brody(ネヴィル・ブロディ)が、「money=商業的成功」に囚われず、創造力とインスピレーションを自由に発揮できる場として立ち上げたイベントだそうだ。でも、いくら枠にはまらないデザインと言っても、文字が重なりあったウェブサイトは、読みにくいったらありゃしない!

This is another of Ben Eine‘s work, “ANTI ANTI ANTI” and “PRO PRO PRO”, created around the same time as “Change” in this autumn. Cheerful and colorful “PRO PRO PRO” was painted on a building of an advertising company “Mother“, on the opposite of “ANTI ANTI ANTI”  in black, white and gray with a little bit of vivid red,  on the Londonnewcastle project space. Ben Eine created “ANTI ANTI ANTI” for “Anti Design Festival,” held from 18 to 26 September around Shoreditch area as a part of London Design Festival. Antonym “PRO PRO PRO” came after, to make a contrast.

I’ve never heard of “Anti Design Festival,” but it was founded by a British typographer and graphic designer Neville Brody, to create an opportunity to showcase design with unrestricted creativity and inspiration, which have been replaced by money and commercialism in the last 25 years. I understand the concept of free-spirited design, but I was so annoyed by reading the words overlapped with each other on their website!!

Vodpod videos no longer available.

Enhanced by Zemanta

HEL YES! Design and Food from Helsinki: London Design Festival 2010

家の近所に、何度も描いては上描きされてきた、グラフィティのメッカ?がある。元はRentokilの倉庫だったこの建物、David Choeの作品が描かれていた時にブログに書いたが(過去エントリー)、その後、銃のアウトラインの中に地図を画いた、PURE EVILの「MURDER MILE」が取って代わり、少し前に、新しい作品を描いている場面に遭遇したので、写真を撮った。いつものグラフィティかと思ったら、普段は閉まっている建物に人が出入りしている。新しいギャラリーかお店がオープンするのかと疑問に思っていたが、9月14日、Daily Candyのニュースレターで、その謎がついに解けた。

There is a Mecca for Graffiti artists near our home, where several graffitis overpainted by the new one on the former Rentokil depot. Since I talked about David Choe‘s work last year (past entry), PURE EVIL’s MURDER MILE took over the space, and recently I photographed someone working on the new project. I thought it was just another graffiti, but since then there had been people coming in and out from this normally empty building, and we were expecting an opening of a new gallery or shop. Then on September 14, the mystery was solved, by Daily Candy’s daily newsletter.

London Design Festivalの一環として、フィンランド最高の食とデザインを紹介するレストラン&展示スペース「HEL YES!」が、9月15日から10月3日までの水曜から日曜日の14日間という期間限定でオープンしたのだ。ヘルシンキで人気のレストラン「Ateljé Finne」や「Kuurna」を手がけるAntto MelasniemiとFinnish Instituteがロンドン・デザイン・フェスティバルのために企画、イギリスで活躍するイラストレーターのKlaus Haapaniemiクラウス・ハーパニエミ)とアート・ディレクター&コンセプトデザイナーのMia Walleniusなどが加わって作り上げた。Iittalaイッタラ)とArtekアルテック)が特製の家具や照明、食器などを用意。またその他の照明デザインや、家具、制服なども、フィンランドのデザイナーが特別に製作した。

家も近いし、フィンランド料理なんてあんまりお目にかかることがないので、行ってみたいなと思ったけれど、既に期間中の予約は一杯、写真を撮るだけで終わった。食事しなくても、中の見学や、コーヒーやドリンクの注文は出来るそう。昨日書いたWenlock Armsの目と鼻の先、またVictoria Miro Galleryも近いので、期間中近くに来ることがあれば、3つセットでお試しあれ。

As a part of the London Design Festival, “HEL YES!“, a temporary restaurant and exhibition showcasing the best Finnish food and design, opens just 14 days, Wednesday to Sunday from September 15 to October 3. The Finnish Institute and Antto Melasniemi who manages Helsinki’s popular restaurants “Ateljé Finne” and “Kuurna“, planned and created together with UK-based fashion illustrator Klaus Haapaniemi, an art director & concept designer Mia Wallenius and others. Iittala and Artek supplied exclusive customized furniture, lighting and tableware, and the lighting design, furniture and staff uniforms were designed exclusively for HEL YES! by leading Finnish contemporary designers.

We wanted to make a reservation since it is nearby, and it is a rare occasion to try Finnish food, but this temporary restaurant is fully booked during the period – so we just took some photos. But HEL YES! is open without booking for viewing, coffee and drinks. It is just few steps away from the Wenlock Arms I wrote yesterday, and the Victoria Miro Gallery is around the corner – why don’t you try these three as a set, if you are around during the event?

クラウス・ハーパニエミがデザインしたテキスタイルを使った席。建物の外のうさぎのイラストも彼のもの。ポートレート写真と髪型が違ったけれど、実際に描いた人は別人か?

A seating area using textiles designed by Klaus Haapaniemi. The painting outside the building is his work as well – but maybe done by someone else as his hairstyle was different from Haapaniemi’s portrait photo?

Enhanced by Zemanta

The Wenlock Arms Pub: London Design Festival 2010

家から一番近いパブで、そこを通らなければどこにも行けない交差点の角にある「Wenlock Arms(ウェンロック・アームズ)」の店先に、「London Design Festival」と「Icon Design Trail」の看板が立った。2003年に始まったLondon Design Festival(ロンドン・デザイン・フェスティバル)は、世界で最も重要なデザイン・イベントの一つで、9日間の期間中、160以上のミュージアムやデザイン会社、ショップ、ギャラリーなどが参加、200以上のイベントや展示が行われる。その一環として、Wenlock Armsの向かいにオフィスを構えるデザイン会社・Established & Sonsは期間中、パブのスペースを使って、その哀愁漂う年季の入った狭い店内に、カラフルでモダンなデザインの椅子やテーブル、壁時計などを持ち込み、デザイン・ショールームに仕上げた(詳細)。中にいる客たちも、そのインテリアのミスマッチさと同様、何十年も毎日通っているような近所の常連方と、デザイン関係者らしいヨソ者が混在している。

今のアパートに住んで、かれこれ5年以上経つが、イギリスの伝統的なエール・ビールがあんまり好きではないせいもあるけれど、狭い店内に常連がたむろい、よそ者を寄せ付けない雰囲気(あくまで私の印象です)のWenlock Armsには入ったことがなかった。でも、タイムアウト誌で、ロンドンで「Real Ale真のエール)」が飲めるベスト・パブの一つに選ばれた(記事)、このパブに入るいいチャンスだった。取りあえずお薦めのエールをハーフ・パイント(285ml)で注文。味はやっぱり他のエール同様少し酸っぱくて好みじゃないけれど、値段は何と£1.50。気取ったカフェのコーヒーより安い。

でも、1836年に創業、1994年に再オープンしたこのWenlock Arms、10月か11月には取り壊されることになったそうだ。ウェブサイトでは、この名店を救おうという機運も盛り上がっているが(londonistブログ他)、バブル時代の日本のように再開発の進むこのエリアで、生き残れるだろうか。通りがかりによく見かける、飼い主のおばさんとこのパブに通っている犬(この方のブログの一番下の写真に写っている)も、Wenlock Armsがなくなったら淋しいに違いない。

ところで「パブ」の名の由来は、「パブリックハウス(Public House:コミュニティの社交の場)」だと、今日まで知らなかった。。。

We saw signboards of “London Design Festival” and “Icon Design Trail” in front of Wenlock Arms, the closest pub from us and we cannot go anywhere without going through in front of it. Established in 2003, the London Design Festival is one of the world’s most important annual design events. The nine-day Festival program is made up of over 200 events and exhibitions staged by around 160 partner organizations such as museums, design firms, shops, and galleries. As a part of it, a design firm Established & Sons, situated just across the street, decorated the Wenlock Arms with colorful and modern furniture and wall clocks, and transformed this historical but a bit shabby space into its design showroom (detail). The small pub was filled with mixed clienteles during this time, hard-core old regulars and a design crowd.

It’s been over 5 years since we moved in this current apartment, but we’ve never been to the Wenlock Arms just a stone’s throw, partly because I am not a big fan of British traditional Ale, but more than that, I thought the pub was exclusive to regulars (just my impression) and I would feel a fish out of water. But this event is a great opportunity for us to step into this well reputed pub, which was chosen as one of the London’s best real ale pubs by the Time Out magazine.  I ordered a half-pint (285ml) of ale recommended by a bartender. The taste is a bit sour for me and not my cup of tea as other ales, but the price is only £1.50 – even cheaper than a cup of espresso at a fancy café!

The Wenlock Arms, first opened as a pub in 1836 and was reopened in 1994, however, is now under threat of demolition – not sure when, but probably October or November. There are some people and online community trying to save the pub, including londonist, but I am afraid if they can make it under a big wave of redevelopment sweeping the neighborhood. A dog, which I often see with his (or her?) owner at the pub when I walk by, will be sad if his beloved pub is gone (he is in the photo on the bottom of this blog)…

…By the way, it was only today that I learned that ‘pub’ came from ‘public house’!

Enhanced by Zemanta