Tag Archives: ロン・アラッド

Summer Exhibition 2013 @ Royal Academy of Arts

年間パスを持っている友人と一緒に、ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ(RA)で現在開催中のSummer Exhibition 2013展(6月10日〜8月18日)を見に行った。

1764年にスタートし、245年もの歴史を持つRAのSummer Exhibitionは、世界最大の公募展。有名無名のアーティストたちの、絵画、プリント、写真、彫刻、建築模型、映像など様々なカテゴリーの作品1270点が展示されている。応募要件(2013年時点)は、生存するアーティストなら誰でも、1作品につき£25払って2点まで応募出来る(RA ウェブサイト)。約5000人のアーティストの作品約1万点の中から委員会によって選ばれた約1000点の他に、80人のAcademiciansと呼ばれるRA会員の作品(一人6点まで)が加わる。大多数の作品は販売されており、アカデミーが販売価格の30%を受け取る仕組みで、その利益はアカデミーに通う学生たちのために使われるそう。値段はリーズナブルなものから高価なものまで様々で、数多く製作されたプリント作品などは、安価で手に入る物も。

→ Summer Showの詳細: makingamark.blogspot.co.uk

→ 写真: Guardian

Grayson Perry(グレイソン・ペリー。1部屋まるまる、彼のタペストリー作品シリーズ「The Vanity of Small Differences」6点のために使用されている)、Tracy Emin(トレイシー・エミン)、Frank Auerbach(フランク・アウエルバッハ)、Michael Craig-Martin(マイケル・クレイグ=マーティン)、アニッシュ・カプーアRon Aradロン・アラッド)、アンゼルム・キーファー、 アレックス・カッツなど、有名アーティストの作品も、公募作品に混じって展示されている。展示作品の横には通し番号のみ、アーティスト名やタイトル、値段など一切書かれていないので、興味があれば、その番号を頼りにガイドブックを参照。

展覧会は玉石混淆、気に入った作品も??と思うような作品も。でもアートの価値は見る人によって決まるから当然のこと。価格やアーティスト名が書かれていないから、先入観を持たずに鑑賞できるのも面白い。無名アーティストの中から将来大物になりそうな人を予想したり、「ウォーリーをさがせ!」じゃないけれど、有名アーティストの作品を探したりするのも一興。

I went to see the Royal Academy of Arts (RA) annual Summer Exhibition 2013 (Jun 10 – Aug 18) with my friend who has the annual membership.

The Summer Exhibition has 245 years history since 1764, and is the world’s largest open-submission exhibition. This year, it displays 1,270 works by emerging and established artists in different categories, including painting, printmaking, photography, sculpture, architectural models and film. As of year 2013, any artist (living, known or unknown) can submit up to two works with £25.00 fee per work (RA website). Around 1,000 works are selected by the committee from more than 10,000 entries from some 5,000 artists, and in addition to those work, all 80 Academicians are entitled to exhibit up to six works. The majority of works are for sale (prices are diverse, from affordable to ridiculous), and the Academy receives 30% of the price to help their students.

→ more details & facts of the Summer Show: makingamark.blogspot.co.uk

→ photos: Guardian

There is no artist’s name and title but only reference numbers on the exhibition walls, so you have to look up the yellow guidebook with the number for the artist, the title, and the price. Works by unknown artists are displayed side by side of the leading artists, such as Grayson Perry (one room is dedicated to his series of six tapestries The Vanity of Small Differences), Tracy EminFrank AuerbachMichael Craig-MartinAnish KapoorRon AradAnselm Kiefer, and Alex Katz.

There are works I like and dislike – value of the art is up to the eyes of the beholder. But it is fun to see a variety of works in one place, and guess who will be the next big things among emerging artists, and which works are of the famous ones and whose.

Summer Exhibitionの期間中、RAの建物・Burlington House全面にかけられた、El Anatsuiの作品「TSIATSIA – searching for connection。縦横15m x 23mという巨大なこの作品は、アルミのボトルキャップ、印刷版、屋根板などを使用して製作された。

El Anatsui’s “TSIATSIA – searching for connection, decorating the the façade of Burlington House  for the duration of the Summer Exhibition.  This 15m x 23m wall-hanging sculpture is created from aluminium bottle-tops, printing plates and roofing sheets, and other materials.

Advertisements

“Design” Auction @ Phillips de Pury & Company

9月28日に、現代アートやフォトグラフィー、20〜21世紀のデザイン、アート、ジュエリー類を手がけるオークションハウス、Phillips de Pury & Companyで行われた「Design」オークションに行ってきた。オークションは初参加。ドレスアップした紳士・淑女ばかりで、浮いてしまうんじゃないかとドキドキして行ったけれど、フィリップ・スタルクルイ・ゴーストの椅子が並べられた、スタイリッシュなオークション・スペースには、意外と若い人も多く、ちょっと安心。

オークションが始まる前に、競売にかけられる品物が展示されている、ギャラリースペースを見て回る(写真下2点)。このオークションは、ル・コルビュジェジャン・プルーヴェアルヴァ・アールトエットレ・ソットサス等モダン・デザインの巨匠から、マーク・ニューソンロン・アラッドなど現代で活躍するデザイナーまで、家具やインテリア作品100点以上が競売にかけられた。倉俣史朗硝子の椅子(£39,650で落札)や柳宗理バタフライ・スツール2点(£5,000で落札)といった日本人の作品数点も。また、ヴィクトリア&アルバート博物館で開催された「1:1 – Architects Build Small Spaces」展の展示品3点(藤森照信作「Beetle’s House」£9,375、RURAL STUDIOWoodshedHELEN & HARD ARCHITECTS「Ratatosk)も出品された。

フランス語訛りの競売人が、後ろのスクリーンに映し出された商品を紹介すると、買い手が値段を提示、イギリス・ポンドをはじめ、アメリカ・ドル、ユーロ、スイス・フラン、円、ロシア・ルーブル、中国元で表示された、刻々と変わる現在価格がスクリーン上に表示される。買い手は主に、横の電話付きカウンターに陣取った業界の人たちだけれど、会場(事前登録が必要)やインターネット、電話からも入札が入る。最安落札価格は陶器の器£1,000、最高価格がFRANCOIS-XAVIER LALANNE作の蛇の形をしたカーペット「Unique ‘Le Serpent’ carpet」で£94,850。ちょっと頑張れば手に入れられるような値段のものもあったけれど、1時間半以上続いたオークションの間ずっと数字を見ていると、値段の感覚がなくなって、何でも買えるような気分になってくるから、私みたいなずぶ素人は、こんなオークションには気軽に手を出さない方がいいんだろうな。

I went to see the “Design” auction on Sept 28 at Phillips de Pury & Company, an auction house specializing in contemporary art, photography, 20-21st century design, art and jewelry. It was my first auction house experience, and I was nervous before I stepped in the auction room, thinking that this kind of auction was filled with well-dressed ladies and gentlemen and I might not fit in. But surprisingly there were many young people sitting on Phillip Stark‘s Louis Ghost Chairs in the auction space and this made me feel more relaxed.

Before the auction started, I walked around the gallery space exhibiting lots that were going to be sold in the auction (two photos below). The list of the lots included the works from modernist design maestros such as Le Corbusier, Jean Prouvé, Alvar Aalto, Ettore Sottsass and Gio Ponti to present-day designers such as Marc Newson and Ron Arad, as well as several Japanese designers works (ex. Glass Chair by Shiro Kuramata, sold at £39,650, and Two ‘Butterfly’ stools by Sori Yanagi, sold at £5,000). There were also three museum works from “1:1 – Architects Build Small Spaces” at Victoria and Albert Museum; “Beetle’s House” by Terunobu Fujimori, sold at £9,375, “Woodshed” by Rural Studio, and “Ratatosk” by Helen & Hard Architects.

When an auctioneer with French accent introduced a lot projected on a screen, prices in GBP, USD, Euro, CHF, JPY, RUB, and CNY appeared as buyers bids came in and the numbers changed constantly until the price was finalized. Bidders were mainly the professionals occupied a side counter equipped with phone lines, but also people sitting in the auction room who registered in advance and others on the internet and over the phone. The cheapest sale price at the auction was ceramic bowl by John Ward at £1,000, and most expensive piece was snake-shaped “Unique ‘Le Serpent’ carpet” by Francois-Xavier Lalanne at £94,850. There were some pieces that I could afford if I saved up for it, but I lost the sense of money after watching those ever-changing numbers for over 1 hour and half, and it would be dangerous for an amateur like me to involve in the ‘magic’ world of auction.

Enhanced by Zemanta