Tag Archives: ヴィクトリア&アルバート博物館

Heatherwick Studio: Designing the Extraordinary @ V&A

ヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)で開催中の「Heatherwick Studio: Designing the Extraordinary」展(5月31日〜9月30日)は、ロンドンを拠点とするデザイン&建築事務所Heatherwick Studio(ヘザーウィック・スタジオ)の初の大規模展。V&AのBritish design展の関連イベントで、オリンピック前後に開催される文化イベント・London 2012 Festivalの一環でもある。

Heatherwick Studioは、革新的技術と素材を用いた公共記念建造物や3次元作品で有名なイギリス人インダストリアル・デザイナー、Thomas Heatherwickトーマス・ヘザーウィック)が1994年に設立した。かのサー・テレンス・コンランがヘザーウィックを「Leonardo da Vinci of our times(現代のレオナルド・ダ・ビンチ)」呼んだそうだが、ちょっとそれは大げさとしても、彼の作品は創造性に富み、見ていて楽しい。ただ展示室であるporter gallery(ポーター・ギャラリー)は狭すぎて、展示品は模型や写真が多いにしても、彼の作品の型破りなスケールが表現しきれていない気がする。

→ 写真参考サイト: BBC news

V&A’s “Heatherwick Studio: Designing the Extraordinary” (May 31 – September 30) is the first major solo exhibition of the work of Heatherwick Studio. It is a part of a season of events celebrating British design at the V&A and also the London 2012 Festival, a series of cultural events taken place around London Olympic 2012.

Heatherwick Studio is a London-based design and architecture studio, founded in 1994 by Thomas Heatherwick, who is an English industrial designer known for innovative use of engineering and materials in public monuments and sculptures. It is said that Sir Terence Conran called Heatherwick as the “Leonardo da Vinci of our times”. It is a bit of an exaggeration, but his works are creative and fun. The  porter gallery where the exhibition is taken place, is too small for his large scale works, even for its prototype and photos, and a bit claustrophobic.

→ more photos: BBC news

Cromwell Roadに面した博物館の入口に設置された、白く塗られ逆さまに吊り下げられたロード・コーンのインスタレーション / Traffic Cone Installation with upside-down traffic cones painted white at V&A entrance on Cromwell Road

ロンドン名物として親しまれたRoutemasterルートマスター)の特徴である、開放式後部プラットフォームを備えた新しい二階建てバス、「ニュー・バス・フォー・ロンドン」。現在数台が38番ルートを運行中。

New Bus for London‘, incorporating an open platform which is a feature of the iconic Routemaster. Currently it is operating only on No.38 route (not all of them).

先端に種子が入った6万本のアクリル樹脂の針が突き出た、上海国際博覧会のイギリス館「Seed Cathedral(種の大聖堂)」/ British national pavilion “Seed Cathedral” at the 2010 Shanghai World Expo

「Spun(スパン)」チェアー(2012)。博物館の中庭でトライできる。バランスを保つのがなかなか難しい / ‘Spun’ chairs  (2012). Public can try them in V&A’s courtyard. It is quite difficult to keep a balance

Advertisements

Queeen Elizabeth II by Cecil Beaton: A Diamond Jubilee Celebration @ V&A

先日のエリザベス女王の即位60周年・Diamond Jubilee(ダイアモンド・ジュビリー)に伴い、「Queeen Elizabeth II by Cecil Beaton: A Diamond Jubilee Celebration」展が本日よりヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)で始まった(〜4月22日)。この展覧会では、王室写真家であったセシル・ビートンが1939〜68年の間に撮影したエリザベス女王の写真、ビートンの日記や手紙など、1万8千点に及ぶV&Aコレクションの中からより選られた、滅多に目に触れない貴重な写真を含む計100点(うち写真60点)が展示されている。

ビートンは、エリザベス女王の母であるQueen Motherを撮影していた縁で、クイーン・マザーによって女王に推薦され、1942年から約30年間に渡り、戴冠式を含む様々な機会に女王の写真を撮影した。しかし1960年に女王の妹・マーガレット王女と結婚したスノードン伯爵アンソニー・アームストロング=ジョーンズが王室写真家に就任、そのキャリアは70年代後半に終わった。

以前ハリウッドやファッション業界で約20年働いたビートンは、王室メンバーをより良く見せるために写真に修正を加えていたそうだ。これらのポートレートは、外国に王室のイメージを高める目的で撮影されるものだから、それも理解できる。

展覧会は、装飾を施した背景にクイーン・マザーや少女時代のエリザベス王女を撮影したビートンの初期の作品(彼は舞台デザイナーでもあった)に始まって、4人の子供たちや夫との家族写真や女王としての公式写真など、時系列で並べられている。第二次世界大戦中に爆撃によってダメージを受けたバッキンガム宮殿のコンタクトプリントなど、珍しい物も。ハイライトは1953年の戴冠式で、貴重なカラー写真や儀式の映像と共に専用の展示室に展示されている。最後は、David Bailey(デーヴィッド・ベイリー)やアーヴィング・ペン等の写真家によって撮影された、ビートン自身の写真で締めくくられている。

数部屋だけの小粒な展覧会だが、その洗練され美しい写真(修正を施されているにしろ)から、王女、女王、そして母と、それぞれの人生のステージにおけるエリザベス女王の異なった表情が垣間みれる、素敵な展覧会だと思う。

Corresponding to the Queen’s Diamond Jubilee the day before yesterday, V&A’s new exhibition “Queeen Elizabeth II by Cecil Beaton: A Diamond Jubilee Celebration” started today (until April 22). This exhibition displays a collection of portraits of the Queen, taken by photographer Cecil Beaton from 1939 to 1968, as well as film clips, Beaton’s diaries and letters. 100 images (of 60 are photographs) are chosen out of almost 18,000 in the V&A collection, including a number of photographs rarely seen.

Beaton initially photographed the Queen Mother, who recommended him to her daughter. He had a 30-year relationship with the Queen since 1942, and photographed her on numerous occasions including the Coronation. However, his career as a royal photographer ended in the late 70s, when the job was taken by Antony Armstrong-Jones (later Lord Snowdon), who married the Queen’s sister, Princess Margaret in 1960.

Beaton, who had worked in Hollywood and in fashion for 20 years previously, used the touching-up skills to make the royals look their best – because the main objective of royal portraits is to promote the royal family around the world.

The exhibition starts with Beaton’s early works of the Queen Mother and the sweet images of the teenage Princess in glittering theatrical backgrounds (he was a theatre set designer as well), and then goes on in a chronological order; tender portraits with her four children and her husband and later minimalistic official portraits, as well as glittering photographs of the Coronation in 1953 including rare colour footage as well as ceremonial film, which is the highlight of the exhibition. The collection also includes never-before-seen contact sheets of scenes such as wartime bomb damage at Buckingham Palace. The exhibition concludes with a small display of images of Beaton, taken by other photographers including David Bailey and Irving Penn.

This is a small exhibition with few rooms, but those images are beautiful and elegant (though touched up a bit), and shows us intimate portraits of the Queen in different phase of her life as princess, queen and mother.

London Design Festival 2011 @ V&A

インタレーション作品「Timber Wave」の他、London Design Festival 2011(ロンドン・デザイン・フェスティバル)に関連して、ヴィクトリア&アルバート博物館V&A)に設置された作品の一部。館内いろいろなところに、常設展示に紛れて置かれているので、他の展示品を鑑賞しながら探してみては。館内は広いので、かなり歩くので歩きやすい靴で。

デザイン・フェスティバルに関係ありませんが、明日から2週間、ブログをお休みします。See you  in two weeks!

Some of V&A‘s London Design Festival 2011 displays & installations, other than “Timber Wave“. These works are located several different location in the vast museum, in between the permanent collections. It would be a good cultural hiking route, so be prepare with comfortable walking shoes!

It’s nothing to do with Design Festival, but I will take a break from blog for 2 weeks. See you in two weeks!

‘Textile Field’ by Ronan and Erwan Bouroullec, in collaboration with Kvadrat

‘Beyond the Valley: an interactive print journey’

BLOOM Table Lamp designed by Patrick Jouin for Industrial Revolution 2.0: How the Material World Will Newly Materialize

A Pylon for the Future

AL_A “Timber Wave”: London Design Festival @ V&A

9月17日から25日まで、毎年恒例のLondon Design Festival 2011(ロンドン・デザイン・フェスティバル)が開催中。ロンドンのあちこちに点在する、美術館、デザイン事務所、ショップ、ギャラリーなどの参加施設の前に立てられた、フェスティバルのアイコンである赤い立て看板を、よく目にする。フェスティバルに参加しているヴィクトリア&アルバート博物館V&A)でも期間中、インスタレーションやトーク、ワークショップなどのスペシャルイベントが行われている(詳細はV&Aウェブサイトで)。

V&Aの見所は、Cromwell Road(クロムウェル・ロード)側入口に設置された、Amanda Levete Architects and Arupによる巨大インスタレーション作品「Timber Wave(木の波)」(9月17日〜10月15日)。通常家具作りに使われるラミネート技術をアメリカンオークに施し作り上げた、12mもの高さの格子模様の立体的な螺旋は圧巻。木とは思えないしなやかさと木独特の生命力が感じられる。

London Design Festival 2011 came back to the city – from September 17 to 25, you see a festval’s icon, red signboard in front of the participating organizations such as museums, design firms, shops, and galleries, all over London. Victoria & Albert Museum is also a part of the festival and visitors can enjoy commissioned installations and displays as well as special events, talks and workshops throughout the period (details are at V&A website).

A gigantic installation of ‘Timber Wave‘ by Amanda Levete Architects and Arup (September 17 – October 15) at the Cromwell Road entrance is one of the highlight at the V&A festival program. The three-dimensional latticework spiral is made of American red oak, using lamination techniques normally used in furniture making, and applied to create a piece 12m high. It has un-treelike flexibility and treelike vitality – spectacular.

Christmas Cards by Victoria & Albert Museum

クリスマスまで、あと10日ほど。私達もようやく重い腰を上げ、嫌々ながらもクリスマスカードを書きはじめた。今年は、V&A(ヴィクトリア&アルバート博物館オリジナルの「Winter Trees」(£7.50)と「London Design Festival」(£7.50)を購入。

「Winter Trees」(写真上右)は、18世紀に活躍したイギリス人テキスタイル・デザイナーのAnna Maria Garthwaiteの切り絵(右端下)と、日系アメリカ人彫刻家のシンキチ・タジリの壁紙「Louisiana(1955)」をモチーフにした、各6枚・計12枚セット。クラシックな図案に、落ち着いた色調が素敵。年配の親戚向けに使った。

打って変わって「London Design Festival」(写真左)は、赤・白・黒の3色を使った、明るくてインパクトのあるカード4種各3枚入り。London Design FestivalとV&Aが行ったコンペティションで選ばれたデザインを採用している。友達向けに使用。タイトルとデザイナーは、以下の通り(左上から時計回り)。

  • 「12 Days of Christmas(クリスマスの12日間)」by Dave Burdon
  • 「Why Santa Got Stuck Up The Chimney(サンタは煙突の中で動けなくなってしまった訳)」by Maxine Stinton
  • 「St Paul’s(セント・ポール大聖堂)」by Metropolitan Mouse
  • 「Reindeer and Rabbit(トナカイとうさぎ)」by Kate McLelland

It’s only 10 days to go til Christmas, and we reluctantly started to write Christmas cards at last. This year, we bought two original V&A sets of cards; “Winter Trees” and “London Design Festival” (£7.50 each).

‘Winter Trees’ (right in the photo) contains 12 cards, 6 each in two designs: Papercut by 18-century English textile designer Anna Maria Garthwaite and ‘Louisiana (1955)’ wallpaper by Dutch-American sculptor Shinkichi Tajiri. Its classic designs with calm and serene colors are perfect for elder family and relatives.

“London Design Festival” on contrary is with four vivid and vibrant designs and simple tricolor of red, white and black. This pack of 12 cards (3 each) is the result of a competition organised by the V&A and London Design Festival. We used them for friends. Design titles and designers are as follows (clockwise from top left).
  • ’12 Days of Christmas’ by Dave Burdon.
  • ‘Why Santa Got Stuck Up The Chimney’ by Maxine Stinton.
  • ‘St Paul’s’ by Metropolitan Mouse.
  • ‘Reindeer and Rabbit’ by Kate McLelland.
Enhanced by Zemanta

“Design” Auction @ Phillips de Pury & Company

9月28日に、現代アートやフォトグラフィー、20〜21世紀のデザイン、アート、ジュエリー類を手がけるオークションハウス、Phillips de Pury & Companyで行われた「Design」オークションに行ってきた。オークションは初参加。ドレスアップした紳士・淑女ばかりで、浮いてしまうんじゃないかとドキドキして行ったけれど、フィリップ・スタルクルイ・ゴーストの椅子が並べられた、スタイリッシュなオークション・スペースには、意外と若い人も多く、ちょっと安心。

オークションが始まる前に、競売にかけられる品物が展示されている、ギャラリースペースを見て回る(写真下2点)。このオークションは、ル・コルビュジェジャン・プルーヴェアルヴァ・アールトエットレ・ソットサス等モダン・デザインの巨匠から、マーク・ニューソンロン・アラッドなど現代で活躍するデザイナーまで、家具やインテリア作品100点以上が競売にかけられた。倉俣史朗硝子の椅子(£39,650で落札)や柳宗理バタフライ・スツール2点(£5,000で落札)といった日本人の作品数点も。また、ヴィクトリア&アルバート博物館で開催された「1:1 – Architects Build Small Spaces」展の展示品3点(藤森照信作「Beetle’s House」£9,375、RURAL STUDIOWoodshedHELEN & HARD ARCHITECTS「Ratatosk)も出品された。

フランス語訛りの競売人が、後ろのスクリーンに映し出された商品を紹介すると、買い手が値段を提示、イギリス・ポンドをはじめ、アメリカ・ドル、ユーロ、スイス・フラン、円、ロシア・ルーブル、中国元で表示された、刻々と変わる現在価格がスクリーン上に表示される。買い手は主に、横の電話付きカウンターに陣取った業界の人たちだけれど、会場(事前登録が必要)やインターネット、電話からも入札が入る。最安落札価格は陶器の器£1,000、最高価格がFRANCOIS-XAVIER LALANNE作の蛇の形をしたカーペット「Unique ‘Le Serpent’ carpet」で£94,850。ちょっと頑張れば手に入れられるような値段のものもあったけれど、1時間半以上続いたオークションの間ずっと数字を見ていると、値段の感覚がなくなって、何でも買えるような気分になってくるから、私みたいなずぶ素人は、こんなオークションには気軽に手を出さない方がいいんだろうな。

I went to see the “Design” auction on Sept 28 at Phillips de Pury & Company, an auction house specializing in contemporary art, photography, 20-21st century design, art and jewelry. It was my first auction house experience, and I was nervous before I stepped in the auction room, thinking that this kind of auction was filled with well-dressed ladies and gentlemen and I might not fit in. But surprisingly there were many young people sitting on Phillip Stark‘s Louis Ghost Chairs in the auction space and this made me feel more relaxed.

Before the auction started, I walked around the gallery space exhibiting lots that were going to be sold in the auction (two photos below). The list of the lots included the works from modernist design maestros such as Le Corbusier, Jean Prouvé, Alvar Aalto, Ettore Sottsass and Gio Ponti to present-day designers such as Marc Newson and Ron Arad, as well as several Japanese designers works (ex. Glass Chair by Shiro Kuramata, sold at £39,650, and Two ‘Butterfly’ stools by Sori Yanagi, sold at £5,000). There were also three museum works from “1:1 – Architects Build Small Spaces” at Victoria and Albert Museum; “Beetle’s House” by Terunobu Fujimori, sold at £9,375, “Woodshed” by Rural Studio, and “Ratatosk” by Helen & Hard Architects.

When an auctioneer with French accent introduced a lot projected on a screen, prices in GBP, USD, Euro, CHF, JPY, RUB, and CNY appeared as buyers bids came in and the numbers changed constantly until the price was finalized. Bidders were mainly the professionals occupied a side counter equipped with phone lines, but also people sitting in the auction room who registered in advance and others on the internet and over the phone. The cheapest sale price at the auction was ceramic bowl by John Ward at £1,000, and most expensive piece was snake-shaped “Unique ‘Le Serpent’ carpet” by Francois-Xavier Lalanne at £94,850. There were some pieces that I could afford if I saved up for it, but I lost the sense of money after watching those ever-changing numbers for over 1 hour and half, and it would be dangerous for an amateur like me to involve in the ‘magic’ world of auction.

Enhanced by Zemanta

Decode: Digital Design Sensations @ V&A

ヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)で8日から始まった、Decode: Digital Design Sensations(〜2010年4月11日)。デジタルアーツ複合組織で、クロスメディアの製作会社であるonedotzero(ワン・ドット・ゼロ)と共同企画された「Decode(解読)」は、Daniel Brown(ダニエル・ブラウン)、 Golan Levinゴラン・レヴィン)、 Daniel Rozin(ダニエル・ローズィン)、 Troika(トロイカ)、 Karsten Schmidtカーステン・シュミット)など、国際的に有名なアーティストやデザイナーの、小さなスクリーンのグラフィック作品から大規模なインタラクティブ・インスタレーションまで、最新のデジタルアートやインタラクティブ・デザインを展示。作品は、コンピュータのコードを使って創り出された「Code(コード)」、ビジターの動きや仕草に反応して変化する「Interactivity(インタラクティブな双方向的コミュニケーション)」、そして最新のテクノロジーや日常生活のコミュニケーションで使われるネットワークシステム(インターネットやメール等)を利用した「Network(ネットワーク)」の3つのテーマに分かれている。

現代のテクノロジーを駆使した作品を集めたこの「Decode」は、先週のオープンした何百年も前の美術品のコレクションであるMedieval & Renaissance Galleriesと対照的だ。まあ好き嫌いはあるとしても、私は結構好き。「Network」の作品はずっと見ていたら頭がクラクラしそうなものもあるし、「Code」はカラフルすぎたり、コンピュータオタクが気合い入れて作りました的な作品が多いけれど(でもTroikaDigital Zoetrope/デジタル式回転のぞき絵は好き)、「Interactivity」の作品はかなり楽しめる。大の大人が前で飛んだり跳ねたり、カメラの前で変な顔をしたり、人を見ているだけでも面白い。私のお気に入りは、前にいる人のシルエットが映るダニエル・ローズィンの「Weave Mirror(編まれた鏡)」(後ろついているたくさんのワイヤも見えるようになっている)や、先っぽについた電球が花のように見えるDaan Roosegaardeダーン・ローズガールデ)の「Duneです

New exhibition of Victoria & Albert Museum, Decode: Digital Design Sensations (Dec 8.09 – Apr 11.10). Curated in collaboration with leading digital arts organization onedotzero, Decode displays the latest developments in digital art and interactive design, from small screen graphics to large-scale interactive installations, by prominent international artists and designers such as Daniel Brown, Golan Levin, Daniel Rozin, Troika and Karsten Schmidt. The exhibition explores three themes: Code presents pieces that use computer code to create new designs; Interactivity shows works that are directly influenced by the viewer and visitors can interact with the displays; and Network focuses on works made by means of advanced technologies and ‘networks’, everyday communications such as internet and e-mails.

This exhibition which is dedicated to modern technology makes a big contrast with last week’s opening of new Medieval & Renaissance Galleries. You may like or not, I was quite impressed: some works in the Network section made me dizzy with lines, dots and stuffs, and the Code themed pieces were too colorful and geeky (Digital Zoetrope by Troika is pretty cool, though), but the Interactivity part was pretty fun. I also enjoyed looking at grown-up adults jumping up and down or making funny face in front of the camera. My favorite works are Weave Mirror by Daniel Rozin; silhouettes of the people in front of it reflects on weaved shiny plates – you can see hundreds of wires on the back of it,  and Dune by Daan Roosegaarde, which looks like a lot of flowers gleaming in the dark – very superb.

Vodpod videos no longer available.

Reblog this post [with Zemanta]