Tag Archives: ヴィクトリア朝

The Attendant Café @ Foley Street, Fitzrovia

The Attendantは、1890年頃に建てられた男性用公衆便所という、飲食店では考えられないロケーションに今年2月にオープンした、ユニークなカフェ。1960年代から50年以上、使われないで放置されていたものを、10万ポンドと2年という歳月をかけて計画・改築、徹底的に清掃を行い完璧に清潔にしたという。昔の管理人部屋はキッチンとして生まれ変わったが、鋳鉄製の凝った外観、ヴィクトリア朝時代のフロアタイル、またカウンターブースに改造されたDoulton & Co社製のポーセリン便器など、オリジナルの特徴も残している。

→before&afterの写真:Daily Mail

このカフェは、提供するフードやドリンクの品質にも注意を払う。ミシュラン星付きのレストラン・Pollen Street Socialで働いていたというシェフが、青果卸売市場のNew Covent Garden Marketや、Ivy House Farmなど厳選された業者から仕入れた高品質の食材を使い、腕を振るう。コーヒーはCaravan Roasteryの豆を使用。バリスタの一人に見覚えがあると思ったら、オールドストリートのカフェ・Salvation Janeで以前働いていた人だった。

元公衆便所(しかも男性用)と思うと、ちょっと生理的には微妙なところだが、雰囲気はいい。小さなお店だから混んでいる時間は席取りが難しそう。ミシュラン星レストラン出身のシェフの作った「グルメ」サンドイッチもこだわりのコーヒーも、取り立てて美味しいと言う訳じゃないけれど許容範囲。しかし私的に問題なのは、店内にトイレがないこと。このカフェに行こうと思っている方(特に女性)はご注意を。元トイレにトイレがないなんて趣味の悪い冗談みたい。この事に気付いたのが、フラット・ホワイトを飲み終えてほっこりしていた時。Mはまだ食事中だったので、一旦外に出て他のカフェを探し、トイレを使わせてもらうために再び飲み物を買う羽目になった。小さかろうが場所がなかろうが、利尿作用のあるのコーヒーや紅茶を出すお店で、トイレがないのは信条的に許せない。考えてみたら、スタッフ用トイレはある筈だから、お客にも開放すべきじゃないかと思う。しかしロンドンには、この手の「お客様は神様」と考えないカフェが多い。そして私はそんな傲慢なカフェには、どんなにお洒落でも美味しくても、基本行かないことに決めている。

The Attendant café is housed in an unlikely location for eateries – a toilet. Built around 1890, this former men’s public toilet had been abandoned since the 1960s for more than 50 years, before this tiny café opened in February this year. After two-years of planning and £100,000 restoration, the place was jet-washed and now is thoroughly ‘clean’. The old attendant’s office has become a kitchen. They have kept some original features such as the cast-iron exterior, Victorian floor tiles, Doulton & Co porcelain urinals converted into sitting booths.

→before&after photos: Daily Mail

In addition to its unique history and appearance, the café also care about the quality of food. Their sandwiches are created by a chef who previously worked at Michelin-star Pollen Street Social, using quality produce from New Covent Garden Market and carefully selected producers such as the Ivy House Farm. They buy their coffee beans from Caravan Roastery. We spotted one of the baristas who used to work at Salvation Jane, an Old Street venue for good coffee. 

The Attendant certainly has a character. Their michelin-level ‘gourmet’ sandwich was OK as well as their coffee, but not exceptional. But that’s not a problem. My problem was there is no toilet!! This is a warning for a potential customer, especially ladies. It is a bad joke – a toilet without toilet.  I realised it after I had my flat white, and had to go out and looked for another café, buying another drink to use their toilet. Coffees and teas are stimulant, and I have a strong belief that all cafés for eat-in should have a toilet, no matter how small it is. There should be one for staffs, so why don’t they share with customers?! In fact, there are so many cafés  in London that don’t offer a toilet to their customers, and I refuse to go to this arrongant café without toilet.

National Trust: Hughenden @ High Wycombe, Buckinghamshire

1500エーカーもの緑地に囲まれた赤煉瓦造りのHughenden Manor(ヒューエンデン)は、バッキンガムシャーHigh Wycombeにある、ヴィクトリア朝時代の邸宅。1848〜1881年まで、ベンジャミン・ディズレーリ元首相が別荘として使用していたことで知られる。この間ディズレーリ夫妻は、ヒューエンデンとロンドンにあるいくつかの家を行き来していた。

現在の建物は、18世紀後半に建てられたが、1862年にディズレーリが大幅に改装した。部屋のインテリアや装飾は、ディズレーリ夫妻が住んでいた当時のもので、家族の肖像画や家具、小説家でもあったディズレーリの著作本など、多くの所有物が残されている。

第二次世界大戦中、ヒューエンデンは、コードネーム「Hillside」と呼ばれた秘密基地として、イギリス空軍のスタッフたちがドイツ国土の航空写真を分析し、有名なチャスタイズ作戦を含む数々の爆撃作戦のための地図を作成していた。このため、ヒューエンデンは、ヒトラーの攻撃目標リストの最優先ターゲットの1つだったという。屋敷地下の「Second World War room」では、当時の資料や人々の証言などが展示されている。

Hughenden Manor is a red brick Victorian mansion surrounded by 1500-acre park and woodlands, located in High WycombeBuckinghamshire. It was the country house of the Prime Minister Benjamin Disraeli from 1848 to 1881. He and his wife Mary Anne Disraeli, alternated between Hughenden and several homes in London.

The present house was built towards the end of the 18th century, but the Disraelis had the house remodelled in 1862. The house is decorated as it might have been at the time it was occupied by Disraeli, and contains a collection of memorabilia including family portraits, their own furnishings, a library containing about 4000 books, including a collection of Disraeli’s novels.

During the Second World War, Hughenden was used as a secret intelligence base code-named “Hillside”, and the UK Air Ministry staff analysed aerial photography of Germany and created maps for bombing missions, including the famous “Dambusters” raid. This is the reason why Hughenden was at the top of Hitler’s hit list. You can see their Second World War room in the cellars, with interactive exhibits and eye-witness accounts.

ベルリン会議の資料や地図などが展示された書斎

Disraeli’s office, filled with documentations of Congress of Berlin

メリー・アン夫人は、明るい色、特に青やゴールドを好み、応接間や寝室にこれらの色が使われている。

Mary Anne Disraeli adored bright colours, especially blue and gold. These colours can be seen in the drawing room and bedroom.

防空壕のレプリカ / Replica air-raid shelter

第二次世界大戦中の地図作製の様子を展示した「Ice House(=氷室)Bunker(掩蔽壕)」

“Ice House Bunker” with WWII map makers exhibition

The Cult of Beauty: The Aesthetic Movement 1860-1900 @ V&A

Vodpod videos no longer available.

4月2日より、V&A(ヴィクトリア&アルバート博物館)で「The Cult of Beauty: The Aesthetic Movement 1860-1900(美の礼賛:耽美主義運動 1860~1900年」展が始まった(〜7月17日)。

展覧会は、イギリスで1860年から1890年頃に花開いた、アートやデザインにおける耽美主義の発展を、「The search for new beauty 1860s(新しい美の模索)」「Art for Art’s Sake 1870s-1880s(芸術のためのアート)」「Beautiful people and Aesthetic houses 1870s-1880s(美しい人々と美的住宅)」「Late-flowering beauty 1880s-1890s(後期に花開いた美)」の4部に分け、時系列で展示。オスカー・ワイルドウィリアム・モリスジェームズ・マクニール・ホイッスラーダンテ・ゲイブリエル・ロセッティエドワード・バーン=ジョーンズフレデリック・レイトンなど、当時一世を風靡した芸術家たちの絵画、印刷物、ドローイングをはじめ、インテリア・デザインや肖像画、写真、衣装、宝石等の装飾美術など、多岐に渡る250点以上もの作品が一堂に会する。孔雀や花のモチーフで彩られた展示室の壁や美しいクラシック書体を使ったタイトルデザインなど、ヴィクトリア&アルバート博物館らしい絢爛豪華な展示デザインも必見。

大英帝国絶頂期で、産業革命による経済発展を享受したヴィクトリア朝時代は、上流階級のものであった芸術が新興の中流階級にも普及。それまでの文化観念や道徳観の変化を反映した、イギリス芸術の黄金期だった。パリにおけるアバンギャルドに刺激されて興ったイギリス耽美主義は、醜いものや物質主義からの解放を目指し、新しい美の形として「Art for Art’s Sake(芸術のための芸術)」を標榜、純粋に美しいものだけを追い求めた。ロセッティやウィスラーなどによる女性画は、ビクトリア時代に理想とされた控えめな美と対照的に、必ずしも美しいとは言えない女性たちをモデルに、自由奔放な新しい美を描いている。古代ギリシャや中国や日本などの影響を受けた、エキゾチシズム漂うインテリアやデザインは、時に過剰とも思えるけれど、人は「美しい生活」を送るべきだと、デザインを日常生活にまで浸透させた功績は大きい。これらの作品は、今の時代においては目新しさは全くないけれど、全く違った芸術感、価値観を提起した耽美主義に、当時の人々が熱狂したのが分かる気がする。

V&A‘s new exhibition, “The Cult of Beauty: The Aesthetic Movement 1860-1900” started from April 2, till July 17.

The exhibition is devided in four chronological sections, charting the development of the Aesthetic Movement in art and design: “The search for new beauty 1860s,” “Art for Art’s Sake 1870s-1880s,” “Beautiful people and Aesthetic houses 1870s-1880s” and “Late-flowering beauty 1880s-1890s.” As well as paintings, prints and drawings, the show includes over 250 examples of all the ‘artistic’ decorative arts, together with designs and photographs, portraits, fashionable dress and jewellery, created by star artists of the movement such as Oscar WildeJames McNeill WhistlerDante Gabriel RossettiEdward Burne-JonesFrederic Leighton, and William Morris. Another thing worth seeing is the V&A’s gorgeous exhibition design with peacock and flower motifs and beautiful classic typefaces on the walls of the exhibition rooms, in perfect harmony with the collection.

Victorian era was the period when British people enjoyed prosperity from industrial revolution and the height of British Empire. It was also the golden age of the British art, which became available to emerging middle class, not only for aristocracy. Inspired by Avant-garde in Paris with the desire to escape the ugliness and materialism of the age, Aestheticism pursued the new kind of art , freed from outworn cultural ideas and moral codes. The movement believed in ‘Art for Art’s Sake’ – art had to just look beautiful. Painters like Rossetti and Whistler used models who were not necessarily beautiful or at odds with Victorial ideals of reserved femininity, and created new and unconventional types of female beauty. The exotic design of furniture and decorative arts influenced by ancient Greek, China and Japan are often considered too much, but introducing design into everyday life with the concept that “people should live beautiful life” was the pioneer of modern design, and we owe them for that. All the collection doesn’t make much sense in the 21st century, but I understand why people of that time were so excited by the Aesthetic movement which brought them a completely new values in art and design.

**********

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information

Design for Japan

Fashion Relief by Vogue.com

Elizabeth Garrett Anderson Memorial Project @ University College Hospital

先日、検査のために、UCLH(University College Hospital/ロンドン大学病院)に行ってきた。検査が行われたUniversity College Hospital Elizabeth Garrett Anderson Wingは、7000万ポンドをかけた改装の末、2008年11年にオープンした、産婦人科病棟。病棟に冠されているElizabeth Garrett Andersonエリザベス・ギャレット・アンダーソン)は、まだ医学学校が女性に門戸を開いていなかったヴィクトリア朝時代のイギリスで、医師の資格を得た初めての女性で、1870年代に女性のための病院 New Hospital for Women(1918年にElizabeth Garrett Anderson Hospitalと改名)を、ロンドンに設立した。

その病棟の中に飾られていたアート作品が目についたので、ググって調べてみた。これはマルチメディア・アーティスト、Carl Jaycock(カール・ジェイコック)の「Elizabeth Garrett Anderson Memorial Project」という作品で、病棟で働く1000人以上の全てのスタッフのイメージをデジタル処理してモザイク状に組み合わせ、病院の創設者のエリザベス・ギャレット・アンダーソンのイメージを浮かび上がらせたもの。遠くから見るとアンダーソンの姿が、近寄って見ると無数のスタッフの顔が見て取れる。色合いもレトロでいてモダンに仕上がっており、某お菓子のように1粒で2度美味しい、巧妙でよく出来た作品だと思う。

I went to UCLH (University College Hospital) the other day for medical check-up. University College Hospital Elizabeth Garrett Anderson Wing, where I took the test, is the hospital that offers women’s health services, and it opened in November 2008 after the £70 million refurbishment. Elizabeth Garrett Anderson was the first woman to gain a medical qualification in Britain when British medical schools closed their door to women, and set up the New Hospital for Women (later renamed the Elizabeth Garrett Anderson Hospital in 1918)  in London in 1870s.

I found interesting artworks at the hospital, and googled it after I came back. “Elizabeth Garrett Anderson Memorial Project” is an art memorial project created by a multimedia visionary artist Carl Jaycock. He created a digital mosaic artwork for main entrance and wards, combining all the 1000s staff and references to its Victorian founder Elizabeth Garrett Anderson. The colors used in the works feel retro but modern at the same time. You see Anderson from far, and spot hundreds of tiny portraits of the staff when you get closer – very clever & well done.

Enhanced by Zemanta

St. Pancras International Railway Station & Southeastern HS1 Train Service

30年来という寒い冬がようやく終わりを告げ、春らしい気候になってきたので、イングランド南東部ケント州にある、英国国教会の総本山・カンタベリーに日帰りで行ってきた。カンタベリーへは、2009年12月に、セント・パンクラス駅St. Pancras International)とケント州を結ぶ、サウスイースタン鉄道の高速列車・Javelin Trainの完全運行が始まった(記事参照)ので、ロンドンから直行で57分で行けるようになった。以前のガイドブックによると、ビクトリア駅から1時間半かかっていたそうなので、かなりの時間の短縮になる。

1868年にオープンしたセント・パンクラス駅は、セントパンクラス・チャンバーズと呼ばれる、お城か宮殿を思わせる威風堂々としたヴィクトリア朝ネオ・ゴシック建築が特徴。2000年代に大がかりな拡張・改修工事が行われ、2007年11月にイギリスの高速新線HS1 (CTRL) の開業にともない、ユーロスターの発着駅がウォータールー駅からセント・パンクラス駅に移管、2007年11月14日に、エリザベス女王を迎えて記念式典が行われた。ユーロスター以外にも、イングランド中東部へ向かうイースト・ミッドランズ・トレインズ(East Midlands Trains)、ロンドンを南北に貫通して南部のブライトンと北はベッドフォードを結ぶファースト・キャピタル・コネクトFirst Capital Connect)のテムズリンク系統、そしてサウスイースタンSoutheastern)と、3つのナショナル・レール網の列車が発着する。私の家からは、セント・パンクラス駅が最寄りのロンドンの主要駅の1つなので、旅行時のアクセスもずいぶん便利になった。ちなみに、サウスイースタンのプラットホームは、ビクトリア朝の建物の後ろに新築されたガラス張りの建物内にある(写真2枚目)。

クラス395電車(British Rail Class 395)と呼ばれるJavelin Trainは、日本の車両メーカー(日立製作所)が初めて製作したヨーロッパの高速鉄道車両で、最高時速140マイル(225km)と、イギリスで最速。2012年に開催予定のロンドン・オリンピックに向けて運行される、オリンピックジャベリン(Olympic Javelin)にも使用される予定だ。この高速電車の開通で、ケント州からロンドンへの通勤時間が大幅に短縮されるので、住宅価格が安くて自然も多く、フランスへのアクセスも容易な、ケント州へ移り住む人が増えると予想されている。ただ問題は、ヨーッロッパ諸国より平均50%も割高と言われる、ヨーロッパ一高いとされる列車料金(BBC記事参照)。カンタベリーへは、オフピーク料金日帰り往復+高速新線HS1利用料(Off-Peak Day Return)で£27.90、通常日帰り料金で£31.50。イギリスの列車運賃は、オフピーク料金、日帰りまたは1ヶ月有効かなどで値段が変わり、混雑時間外で利用可能のオフピーク料金も、いつがオフピークになるかはその路線によって違うなど、ややこしいことこの上ない。片道料金はかなり割高になる(カンタベリー行き片道料金で£27.80、往復料金とたった10ペンスの違い)ので、旅行の際は往復切符を買った方が断然お得。列車の時刻や料金はナショナル・レールのウェブサイトで検索できる。

After the coldest winter in 30 years and finally the spring seems to have come to London – so I made a day-trip to Canterbury in Kent in South East England the other day. High-speed rail service HS1 (High Speed 1) by Southeastern, connecting London and Kent, opened for business in December 2009 (see more in Mailonline article). It used to take about an hour and half from Victoria station to Canterbury by train, according to the old guidebook, but now it takes only 57 minutes with a direct service – a big slash of the journey time.

Opened in 1868, St Pancras railway station, also known as St Pancras International, looks like a grand palace or castle with its impressive Victorian gothic architecture called St.Pancras chambers. The complex was renovated and expanded during the 2000s and reopened on November 14, 2007, with a ceremony attended by the Queen. Eurostar services was transferred from Waterloo on the same day, with a completion of Channel Tunnel Rail Link (CTRL). Other than Eurostar service, there are also four National Rail network services from St Pancras station; East Midlands Trains that ran services to the North of England, First Capital Connect that provides train services from Bedford and Luton through London and down to Brighton, and Southeastern high speed train service. St.Pancras is one of the most convenient railway station from us and travel to outside London is much easier now. Southeastern trains leave from the platforms in the new glass building behind the historic structure (see in the second photo).

Javelin or British Rail Class 395 trains is the Britain’s first 140mph (225km/h maximum speed) train, built in Japan. Class 395 trains will be used to provide the Javelin shuttle service for visitors to the Olympic Games’ main venue in Stratford during the 2012 Summer Olympics as well. It’s now far quicker to travel into central London from Kent with HS1 train service, and many Londoners are keen to make the move to Kent, where is lot greener, has easy access to France with Eurostar, and most of all, the house prices are much cheaper. The only setback could be the costly train fares to London – ticket prices went up by around 20% with HS1. For example, Off-Peak Day Return to Canterbury costs £27.90, and Anytime Day Return is £31.50.

On average, UK train fares are 50% higher than other European countries (see details in BBC article). It is also quite complicated to figure out a ticket pric,e as there are so many different prices; off-peak single/return (off-peak time varies depending on a route), Anytime single/return, including/excluding HS1 service, First class/standard, same day travel or return within 1 month, etc, etc. One way ticket is usually much more expensive than a return ticket – for example, Cheapest Standard Single to Canterbury is £27.80, on the other hand, Off-Peak Day Return is £27.90 – just 10p more than one way ticket. You can search train time and fares on the National Rail Website.

Reblog this post [with Zemanta]