Tag Archives:

Hitchcock Sculpture @ Gainsborough Studios

Cortadoの入居しているGainsborough Studiosは、ゴーモン=ブリティッシュ・ピクチャーの姉妹会社で、かのアルフレッド・ヒッチコックも作品を撮影したという映画会社・Gainsborough Pictures(ゲインズボロ映画)の撮影スタジオがあった場所。建物自体は、Great Northern & City Railwayというムーアゲート駅フィンズベリー・パーク駅を結ぶ鉄道のための発電所として1900年頃に建てられ、後に改装され、1924〜1951年の間、映画撮影スタジオとして使われていた。スタジオは2002年に取り壊され、2004年に居住用アパートに生まれ変わった。

往年の映画スタジオを記念して、アパートの中庭には、巨大なヒッチコックの頭像がでーんと置かれているのだが(BBC)、私の目には、どう見ても仏様にしか見えない。。。

Gainsborough Studios where Cortado is housed, is used be a film studio of Gainsborough Pictures, which was a sister company to the Gaumont British and where Alfred Hitchcock made his first films. Built as a power station for the Great Northern & City Railway in about 1900, it was later converted to movie studios which had been active between 1924 and 1951. Then the studios were demolished in 2002, and residential flats were built on the site in 2004.

Commemorating this former film studios, the gigantic head of Hitchcock is placed in the courtyard of the complex (BBC). But to my eyes, this looks more like grumpy Buddha, rather than Hitchcock…

Advertisements

Sheep’s Gate @ 21 New Street, EC2

リバプールストリート駅近くのDevonshire SQに最近できたPlanet Organicに行く途中のNew Street 21番地で、この白い羊の像を戴いた門を発見した。どうして羊なのか、インターネットで調べてみても手がかりなし。収穫は1963年当時の門を撮影した古い写真1枚のみ。いつかわからないが、後年お化粧直しが施されたようだ。現在、この番地にある建物には、City of London Policeロンドン市警察)や様々な会社のオフィスが入居している。

When I was going to the new Planet Organic in Devonshire SQ near Liverpool Street station, I happened to find this statue of white sheep on the top of the gate on 21 New Street. I looked up online for an episode of the sheep, but couldn’t find any, except one old photo of the gate back in 1963. The gate has had a makeover, and now the City of London Police and some business firms are the tenants of the property behind the gate.

Black Dog Campaign by SANE @ One New Change

One New Changeの1階で見かけた、頭やお尻、そして着ているコートにたくさんのキスマークのついた黒犬の像。これは、メンタルヘルスのチャリティ団体・SANEが、うつ病やメンタルヘルスへの認識を高めるため、「Black Dog Campaign(黒犬キャンペーン)」の一環としてロンドン各地に設置した40体の黒犬の一つ。団体の設立25周年の年に合わせ、昨年7月から今年7月まで行われるこのキャンペーンは、精神疾患の持つネガティブなイメージを払拭し、身体疾患のように誰でもかかる可能性のある病気として一般に認知されることを目的とし、スティーヴン・フライレイ・デイヴィスなど、自らも精神疾患に悩むセレブなどもサポートしている。

ローマ時代の詩人・ホラティウスによって最初に記されてから、古代から現代に至るまで、黒犬はうつの隠喩として使われており、第二次大戦時の首相・ウィンストン・チャーチルも自らの陰鬱な気分を「黒犬」で表したという。これらの黒犬像は、セレブやアーティスト、一般人がデザインした各々違ったデザインのコートをまとい、首には「collar of hope(希望の首輪)」と呼ばれるSANEのメンタルヘルス・ヘルプラインの情報が記された首輪を着けている。上の写真のキスマーク入りコートは、昔ボンドガールを演じた女優で、最近ではグルカ兵の権利保護を目指したGurkha Justice Campaignで有名な人権運動家・Joanna Lumleyジョアンナ・ラムレイ)がデザインしたもの。

キャンペーンは「black dog parade(黒犬パレード)」で幕を閉じ、その後犬たちは、メンタルヘルスへの資金集めのためにオークションにかけられる予定。

I spotted this black dog statue, wearing coat with lots of ‘kisses’ (also on his head and buttock), on the ground floor in the One New Change shopping mall. This is one of the 40 black dog sculptures placed across London by mental health charity SANE, as a part of a “Black Dog Campaign” to raise awareness of depression and mental health, running throughout the organisation’s 25th anniversary year from July 2011-July 2012.  The goal of the campaign is to reduce the stigma surrounding mental illness and to normalise it to be perceived like any physical condition. The campaign is backed by celebrities including Stephen Fry, Ray Davies, Clive Anderson and Rory Bremner.

First coined by the Roman poet Horace, the metaphor of the “black dog” for depression has been used from ancient time to the present day, and is adopted by Winston Churchill to describe his darker mood. Each black dog wears a ‘coat’ designed by celebrities, artists and members of the public, along with a ‘collar of hope’ that gives details of SANE’s mental health helpline. The coat in the photo above is designed by Joanna Lumley, British actress and also known as human rights activist who recently involved in the Gurkha Justice Campaign.

The campaign will culminate in a ‘black dog parade’ this year before the dogs are put on auction to raise funds for mental health.

.