Tag Archives: 全国紙

The Independent Newspaper Now is on a Hand of a Former KGB Officer

本日、発行から間がない歴史の浅い新聞の一つで、全国紙の中で最も発行部数が少ない高級日刊紙「インディペンデント」が、旧ソ連国家保安委員会(KGB)の元エージェントで、ロシアのオリガルヒの一人であるアレクサンドル・レベジェフ(Alexander Lebedev)氏に、1ポンドで買収されることになった。現オーナーであるアイルランドのIndependent News & Media(INM)社によると、2009年は3100万ユーロ(277万ポンド)の損失(税引き前)を計上しており、1989年には40万部以上を誇った発行部数も、 2010年2月には18万3547部に減少、昨年に比べて10.88%減となっていた。契約によると、レベジェフ氏が将来発生する可能性のあるリスクを負う代わりに、INM社は、今後10カ月間にわたり、同氏に925万ポンドを支払うとしている。レベジェフ氏は、2009年1月にも、経営不振に陥っていたロンドンの夕刊紙「イブニング・スタンダード」を1ポンドで買収しているが、その後イブニング・スタンダード紙は無料化され、発行部数も3倍になった。インディペンデント紙も無料化されるのではと言う憶測もあるが、レベジェフ氏のスポークスマンによると、現時点では何も決まっていないそうだ。

1986年に、デイリー・テレグラフ紙の元記者3人によって設立されたインディペンデント紙は、政治的にはリベラル左派で、環境保護を支持し、移民制限には反対、またイラク戦争やテロとの戦いにおいて、イギリスやアメリカの外交方針に批判的という立場を取っている。2003年から徐々に、紙面サイズを縮小したコンパクト判にフォーマット変更したり、2005年には洗練されたレイアウトに刷新したけれど、不況の影響もあり、経営難を脱出できなかった。

Mは、インディペンデント紙は理想主義的で非現実すぎると、嫌っているが、私は一時期、土曜日版にある、懸賞付きのSuper Sudoku(縦横16マスの大きな数独)に凝ったことがあって、この為だけに土曜日版を買っていたのだけれど、経営不振のせいからなのか、だんだん賞品がみすぼらしくなってきて、そのうちに熱が冷めて買うのを止めてしまった。1年ぐらいはやっていたかな?その間、加盟シアターで使えるシアター券£50、本2冊(興味ない本だったけれど)と計三回当選し、数独の腕前もかなり上がった。でもMは、私の数独中毒のせいで、面白くもないインディペンデント紙を買うはめになる上、私があんまり熱中して口もきかなくなるので、文句ばかり言ってたけれど。

The one of the youngest and smallest-selling national newspaper, the Independent has been sold to former KGB agent and on of the Russian oligarchs, Alexander Lebedev for £1, from Irish publisher Independent News & Media (INM). INM has reported a pre-tax loss of €31m (£27.7m) in 2009. The paper had a daily circulation of 183,547 copies in February 2010, down from a circulation of over 400,000 in 1989, and 10.88% from the previous year. INM agreed to pay Lebedev £9.25m over the next 10 months to take on the future liabilities of the loss-making newspapers. Lebedev also bought the London Evening Standard last year for £1, and made its distribution tripled by making the paper free of charge. There is a speculation that the Independent will be free as well, but there is no decision as to whether it’s free or not, according to Lebedev spokesman.

Founded in 1986 by three former Daily Telegraph journalists, the Independent takes center-left / liberal political stance. The paper has also taken strong positions on environmental issues and against the restriction of mass immigration. It has been critical of 2003 Invasion of Iraq, and US and UK foreign policy related to the War on Terrorism. The Independent changed its format from broadsheet to ‘compact’ version from September 2003, and redesigned its layout in 2005. However, this couldn’t help the paper to get out of its financial trouble, due to the recession and reduced income from advertising.

M criticizes the Independent’s political position as too idealistic and too unrealistic. I am not a big fan of the Independent either, but I was addicted to the “Prize Super Sudoku” with 16×16 boxes on the Saturday Independent, and I bought the Independent only for the Super Sudoku for a while. I don’t know if it is due to its financial problem or some other reason, but the prize had been downgraded by time, and I lost my passion and stopped buying the paper. I had been doing it for about a year maybe, and I improved my Sudoku skills and won three prizes,  £50 theater token and two books that I was not interested in and gave to my friends. During my addiction, M complained every Saturday as he had to read the Independent and I was so into it and stopped talking to him every time I started to play it.

Reblog this post [with Zemanta]
Advertisements

The Times London Underground Poster / Ad Campaign

The Times Underground Poster

今日、地下鉄の駅で見た、The Times(タイムズ)紙のポスター。Mが愛読しているイギリスの新聞で、写真を効果的に使った広告キャンペーンを行っている。2008年9月、ダウニング街10番地の黒いドアの前で笑顔で手を振っている当時民主党候補だったオバマや水着姿の少年等、写真のみで広告主の名前が入っていないミステリアスなポスターが、70のロンドンの地下鉄の駅に出現。色々な憶測を生んだ。その翌週、同じ写真だが今度は「The Times」の名前入りのポスターが張り出され、その謎が明かされた。という鳴り物入りで始まったこの広告、その後も次々と写真を変えながら続いており、新しい広告を見つけるのが楽しみになっている。最近、読者に現在の社会問題を考えるきっかけを作る、新しい広告キャンペーン”Be part of the times‘の第2段階が始まった。

The photo above is a British newspaper ‘The Times‘ poster I saw at the London Tube station. The Times, M’s favorite paper, has been doing this striking ad campaigns since last year. In September 2008, several variety of mysterious posters with no brand name but only images, such as then Democratic presidential candidate Obama standing in front of number 10 Downing Street and boy in bathing suits, appeared at 70 London underground stations. These posters without any message or explanation stirred speculations among Londoners. Then on the following week, the same images with ‘The Times’ reappeared across the images and the mystery was solved. This ad campaigns are still going on with new images, and it gives me an additional joy to look for a new version of the ads. Recently the Times has launched the second phase of a poster initiative that invites consumers to think again about current issues as it invites them to “Be part of the times‘.

The Times Newspaper AdThe Times Newspaper Ad

イギリスの新聞(全国紙)は、階級社会を反映し、Quality Press(クオリティ・プレス)と呼ばれる、中・上流階級や知的階層向けの高級紙と、Tabloids(タブロイド)と呼ばれる中流階級・労働者階級向けの大衆紙に分かれている。階級人口を反映してか、大衆紙の売上げは高級紙を圧倒的に上回っている。例えば、イギリスの新聞最大発行部数300万部を超えるThe Sun(サン)に比べ、高級紙最高部数を誇るThe Daily Telegraph(デイリー・テレグラフ )でも90万部以下である。硬派の記事が主流の高級紙に比べ、大衆紙はゴシップ・スポーツ・お色気満載で、日本のスポーツ新聞のような感じ。でも、ルパート・マードックがタイムズを買収して以来、読者離れを防ぐため、高級紙も柔らかい記事を載せるようになった。

高級紙は伝統的に大判の新聞紙を使用していたのでBroadsheets(ブロードシート)とも呼ばれるが、近年は利便性を考慮し、タイムズとインディペンデントが小型化。ガーディアンはそれより少し大きなBerliner(ベルリナー)と呼ばれるサイズを採用している。高級紙と呼ばれるのは以下の5紙。政治的スタンスは、下記の順で保守派/右寄り→左寄りとなる。発行部数はテレグラフ>タイムズ>ガーディアン>インディペンデント>ファイナンシャル・タイムズの順。

大衆紙は以下の通り。政治的スタンスは、下記の順で保守派/右寄り→左寄り。発行部数はサン>デイリー・メール>デイリー・ミラー>デイリー・エクスプレスの順。

<中級紙>

  • デイリー・エクスプレス (Daily Express / Sunday Express)
  • デイリー・メール (Daily Mail / Mail on Sunday)

<タブロイド>

少し古いけれど、無料の日本語のイギリス生活情報週刊誌「ニュースダイジェスト」の2006年3月30日付の記事で、イギリスの新聞について詳しく解説されているので、ご興味のある方はこちらのリンクをご参照ください。

Reflecting British class system, UK national newspapers could be split into serious-minded newspapers, usually referred to as quality press or broadsheets, and less serious newspapers, known for their small size as tabloids or the popular press. The readers of quality press are typically middle/upper class and intellectuals, and normally working class readers choose tabloids. The circulation of popular press are much higher than quality press – The Sun, the biggest newspaper in UK, boasts around 3 million circulation in compare to the top quality press The Daily Telegraph with less than 0.9 million readers. In compare to quality press with serious topics, tabloids are full of gossips, sports and half-naked women. However, recently quality press start to catch up with popular press and talk more casual articles, trying to keep their readers.

The quality press are known as broadsheets due to their traditionally large size, but considerations of convenience of reading, The Independent and The Times switched to a compact format, and The Guardian adapted a Berliner format, slightly larger than a compact. These are five quality press in UK. Their political stances are conservative/right → left from the top. The circulations: The Daily Telegraph > The Times > The Guardian > The Independent > Financial Times.

Major popular press are listed below. Their political stances are conservative/right → left from the top. The circulations: The Sun > Daily mail > Daily Mirror > Daily Express.

Middle-Market Newspapers

Tabloid Newspapers

Reblog this post [with Zemanta]