Tag Archives: 兵士

The Truth about Bloody Sunday Revealed

Vodpod videos no longer available.

1972年に北アイルランドのDerry(デリー)起こった「血の日曜日事件」の報告書「Saville Report(サヴィル白書)」が今日発表されたのを受け、デービッド・キャメロン首相は、下院において、英政府として正式に謝罪を行った。U2の1982年のヒット曲、ブラディ・サンデー(Sunday Bloody Sunday)でも歌われたこの事件は、1972年1月12日に、少数派のカトリック教徒が行った北アイルランド公民権運動のデモ行進中に、英軍が市民27人に発砲、14人が死亡したもの(そのうち7人はティーンエイジャーだった)。事件後すぐ行われたWidgery Tribunal(ウィッジェリー裁判)では、政府は発砲の正当性を主張、関与した兵士たちは無罪判決を受けたが、この裁判は事実を隠蔽するものだとの批判を浴びていた。その後、1998年にLord Saville of Newdigate(サヴィル卿)を委員長とする調査委員会が設置され、12年の歳月と1億9200万ポンドをかけて、5,000ページに及ぶ報告書が作成された。報告書は、挑発や何らかの脅威に対して発砲行為が行われたわけではなく、犠牲者のうち何人かは逃げるか負傷者を助けようとしていた、そして発砲は事前の警告なしになされたと断定。被害者の潔白を証明した。またこの件では、多くの兵士が嘘をついていたと非難した。キャメロン首相は、「軍の行為は正当化されず、また正当化も出来ない(unjustified and unjustifiable)」として、38年後の今日、軍の過ちを認めた。

真相を明らかにするのに何故こんなに時間がかかったのか。多額の税金がこの報告書に費やされた事も批判されている(イギリスのメディアは税金の無駄遣いには超敏感)。

イギリスはグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国と呼ばれるように、イングランドスコットランドウェールズ北アイルランドと4つの「国」で構成される。民族学的にも、イングランドはアングロ・サクソン、その他3国はケルト系で、独自の言語と強いアイデンティティを持つ。いろいろ複雑な事情があるのだろうが、EU内もボーダーレスになって結束も固まったことだし、いっそそれぞれ「国」として文字通り独立したら、争いも悪口もなくなって、すっきりすると思うんだけれど。

After 38 years of Bloody Sunday happened in 1972 in Derry, Northern Ireland, today the Saville Report was published and the Prime Minister David Cameron officially apologized in the House of Commons for the British army’s actions. As sung in U2’s 1982 hit “Sunday Bloody Sunday, this incident took place on January 30, 1972, and  twenty-six unarmed civil rights protesters or bystanders were shot by the British Army during a Northern Ireland Civil Rights Association march; 14 of them, 7 of them were teenagers, lost their lives as a result. Widgery Tribunal held just after the event, but it largely cleared the soldiers and British government and was criticized as a whitewash. In 1998, the Saville Inquiry chaired by Lord Saville of Newdigate established to review the events, and after spending 12 years and £192 million, the 5000-page report was finally made public today on June 15. The report determines that the unarmed protesters who died were innocent: there was no warning before the shooting and none of the casualties was posing a threat or doing anything that would justify the firing; some of those killed or injured were clearly fleeing or going to help those injured or dying; and many of the soldiers lied about their actions. The prime minister called that the actions of the Army were “unjustifiable and unjustified”, and said he was “deeply sorry” on behalf of the Government and the country.

Why it took so long to reveal the truth? It is also criticized that huge sum of public money has been spent for the investigation (British media tend to be very sensitive about public spending).

As the name of the country “The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland” suggests, UK consists of four ‘countries’; EnglandNorthern IrelandScotland and Wales. It is considered that England is the Anglo-Saxons, while other three countries are Celtic with their own languages and strong cultural identities. Things may not be so straightforward and is more complicated, but as EU becomes border-less and more united, why don’t these ‘countries’ become literally independent – so that they won’t fight nor talk bad about each other anymore!

Enhanced by Zemanta

Michael Rakowitz @ Tate Modern Level 2 Gallery

テート・モダンLevel 2 Gallery(テムズ川に面した入口の外にある)で22日に始まった展覧会「The worst condition is to pass under a sword which is not one’s own(最悪の状況は、自分のものではない刀の下を通り過ぎること)」。アメリカ人アーティスト・Michael Rakowitz(マイケル・ラコヴィッツ)が、サダム・フセイン政権下、彼が好んだジュール・ヴェルヌの小説や映画スター・ウォーズG.I.ジョーワールド・レスリング・フェデレーション(World Wrestling Federation)等の西欧のSFやファンタジーと、イラクのモニュメントや軍や科学活動のつながりを描き出している。

入口は、壁一面が、バグダッドの「Swords of Qādisiyyah/Hands of Victory(勝利の手)」モニュメント前で、米軍兵士や関係者がポーズを決める写真で、埋め尽くされている。次の部屋は、真ん中に日本の兜、第一次世界大戦のドイツ軍ガスマスク、ダース・ベイダーのヘルメット、サダム決死隊(フェダイン・サダム)のヘルメットが並んでウィンドーに飾られており、その周りには、スターウォーズや西洋文化がサダムやイラク軍に与えた影響を示す、手書きの文章が添えられた鉛筆画の展示。次の部屋には、Swords of Qādisiyyahをモチーフとした大型作品「Victory Arch (Strike the Empire Back Series) 」(1980年のスターウォーズのポスターに酷似)が鎮座。足元には、G.I.ジョーのパーツが埋め込まれた、透明のプラスチックでできたサダム決死隊のヘルメットが転がっている。

私はSFには興味がなく、ジュール・ヴェルヌも読んだことがないし、スター・ウォーズも観ていない。プロレスも、子供の頃父親が家のテレビを独占してみていたせいか、大嫌い。G.I.ジョーも、小さい頃に親しんだMに聞くまで知らなかった。伝えようとしていることは分かるけれど、なにぶん興味がない分野なのであんまり心に響かない。でも、アメコミっぽい彼の鉛筆書きのイラストは、なかなかいい味出している。

American artist, Michael Rakowitz‘s new exhibition at Tate Modern Level 2 Gallery (located outside of the entrance facing the Thames river), “The worst condition is to pass under a sword which is not one’s own” started on 22 January. This exhibition investigates the Sadam’s fascination with western science fiction and fantasy, including Star Wars, Jules Verne, World Wrestling Federation and GI Joe, and its influence on Iraqi military and scientific activities during the Saddam regime, according to Tate.

One wall at the entrance is covered with the photos of posing American soldiers and others, taken in front of Swords of Qādisiyyah (Hands of Victory) in Bagdad. In the next room, Fedayeen Saddam helmet together with Japanese samurai helmet, WWI German gas mask, Darth Vader mask are displayed in a show case in the center of the room, surrounded by Rakowitz’s pencil drawn illustrations with handwritten texts, representing the links between Iraq and modern Western culture. The third room hosts “Victory Arch (Strike the Empire Back Series) ” which is resemble to the Swords of Qādisiyyah monument and 1980 Star Wars poster, with Fedayeen helmets made of clear urethane plastic with colorful plastic GI Joe parts.

I am no fan of Si-Fi, and have never read Jules Verne or seen Star Wars. I hate professional wrestling, probably because my father always monopolized only one TV in the house, watching pro wrestling when I was a child. I’ve never heard of GI Joe until M told me about it – he used to play with it. I understand what he is trying to do, but it doesn’t impress me because of the subject matter I am not into – but I like his American comics-style pencil drawn illustrations.

Reblog this post [with Zemanta]