Tag Archives: 再開発

Bermondsey Street @ Southwark

ロンドンブリッジ駅程近くのBermondsey street(バーモンジー・ストリート)は、最近人気のエリアの一つ。昔の倉庫や工場など産業地帯の面影を残すこの通りには、Pizarroとその姉妹店のJoseZuccaなど、近年トレンディなレストランがオープンしている。

テムズ川に近いこのエリアは元々湿地帯で、Bermondsey Streetはその中を通る土手道として作られた。中世には、ロンドンの市場に近く交通の便も良いこの地域は、真水の潮流が皮をなめすのに適しているということで、皮革とその関連産業が盛んになった。しかし19世紀頭にはその繁栄にも陰りが。1836年にLondon & Greenwich railwayがBermondsey Streetの北側を貫き、Bermondseyに産業が興ると共に、貧困と人口過密をももたらした。下水の悪臭や劣悪な住環境、騒音公害はひどく、産業が地域から去った後1900年以降は地域人口が低下。その後行政による住環境の改善が始まった。

多くの産業施設は取り壊されたが、近年残った建物は改装され、ロフト風「live/work(職住兼用)」住宅に生まれ変わり、ロンドンの再開発エリアとして人気上昇(Guardian紙)。1950年代にCaledonian RoadからBermondsey Squareに移転して来たBermondsey Antiques market(毎金曜日開催)に通じる道でもあるBermondsey Streetは、アンティーク業者が通り沿いの元倉庫を使用している。

↓ 下の写真はBermondsey Streetの北から南の順番に並べています

Bermondsey street in Southwark is one of the emerging trendy zone in London  with old industrial feel. Hip restaurants and shops such as ZuccaPizarro and sister venue of Jose have opened in recent years on this street.

Situated close to the river Thames, the Bermondsey Street area was originally marshland, and Bermondsey Street was built up as a causeway crossing the marshy land. The leather industry and allied activities began to flourish in medieval times, as the area’s freshwater tidal streams was ideal for the tanners. It was also close to the London markets and had good transport links. But the decline began in the 19th century. In 1836, the London & Greenwich railway was built across the northern end of Bermondsey Street. The railway opened up Bermondsey to industry but also brought poverty and overcrowding to the area. Open sewers and poor quality housing were common, and the noise and smells were awful. Later Industries moved out, and by 1900 the population was declining. The local council began to act on improving the area’s living conditions.

Nowadays Survived industrial buildings have been converted to ‘live/work’ lofts, and is becoming one of the most chic areas to live for Londoners (the Guardian). Also many of the former warehouses are used by antique dealers, as the street leads to Bermondsey Antiques market which was moved to Bermondsey Square from Caledonian Road in the 1950s and is held every Friday.

↓ Below photos are in order from the North to the South.

以前なめし革業者が使っていたビル / Industrial buildings of ex-tanner

1950年から現在まで、イギリス国内外のファッションに焦点を当てたFashion and Textile Museum

Fashion and Textile Museum, focusing on British and international fashion, and textile design from 1950 to the present day

Holly and Lil pet shop

人気のスペイン人シェフ・Jose Pizarro経営のシェリー酒&タパスバー・Jose

Popular Sherry & Tapas bar Jose, owned by Jose Pizarro

2011年10月にオープンしたWhite Cubeギャラリー

White Cube gallery moved in on October 2011

2010年オープンの有名イタリアン・Zucca

Popular Italian restaurant Zucca from 2010

前出のJoseの姉妹店のスパニッシュレストラン・Pizarro

Spanish restaurant Pizarro, owned by Jose Pizarro and is a sister venue of Jose

1690年建立のSt Mary Magdalen教会。13世紀よりこの地にある。

The church of St Mary Magdalen completed in 1690 (although a church has been recorded on this site from the 13th Century)

ワイン、お花、チョコレートのお店・Cave

Cave, a specialist wine, flower and chocolate shop

Bermondsey Square HotelShortwave Cinema、アパートメント・コンプレックスに囲まれたBermondsey Square

Bermondsey Square, surrounded by Bermondsey Square HotelShortwave Cinema and apartments complex

The Filling Station (KXFS) @ King’s Cross

初めてこのThe Filling Station (KXFS)を見かけたのは夜だった。グリーンの大きなネオンサインと赤くライトアップされたファイバーグラスの壁が、まだ再開発途上で何もないこのエリアからKXFSを浮かび上がらせている光景は、幻想的で、不思議とノスタルジックを感じさせた。

キングスクロス駅の北、York Way(ヨークウェイ)とRegent’s Canal(リージェンツ運河)が交わる場所にある、古いガソリンスタンドを改装したKXFSは、期間限定のレストラン&イベントスペース。約2年後、この建物は再開発の一環で、住宅に生まれ変わるらしい。 →KXFSの詳細

KXFSは今年5月にオープン。中には、ハックニーにあるトレンディなレストラン・Bistrotheque(ビストロテーク)経営者の手による「Calexican(カリフォルニアの健康オタクが好む食材とメキシコ料理が融合した造語)」レストランのShrimpy’s(シュリンピーズ)と、6月〜9月限定営業の屋外バー(KXFS forecourt bar)がある。Shrimpy’sで食事したことはないけれど、9月末で営業が終了する前に、KXFS forecourt barのピッツァを是非紹介したいと思い、このブログを書いている。ここのピッツァは、イースト・ロンドンの幾つかのウィークエンド・マーケットに出店している、Home Slice Pizzaが作っている。メニューは週変わりの3種類のピッツァ(丸ごと£9.00 / スライス£3.00)しかない。飲み物はアルコールのみ、水道水の他はミネラルウォーターもコーヒーもない。支払いは何故かクレジットカードオンリーで、現金不可。スタッフは無愛想だし、全般的にサービスがいいとは言えないんだけれど、それでもここのピッツァ・マルゲリータは食べる価値あり。

The first time I saw The Filling Station (KXFS) was at night. With the light green large neon sign and fibreglass screen lit up in red, it stood out in the dark redevelopment area on construction, next to the Regent’s Canal in the north of King’s Cross station. It was beautiful and I felt nostalgic somehow.

KXFS, converted from old gas station adjacent to York Way and the Regent’s Canal, is a temporary restaurant and event space. It is said that this structure will remain for two years before the site is redeveloped for housing. →more details of KXFS

Opened in late May, KXFS houses cozy ‘Calexican‘ restaurant Shrimpy’s, created by people behind Bistrotheque in Hackney, as well as al-fresco KXFS forecourt bar which opens  from June until the end of September. I haven’t tried Shrimpy’s, but I wanted to tell how surprisingly good pizza at KXFS forecourt bar is, before the bar close down. The pizza is prepared by Home Slice Pizza who sells pizza on some weekend markets in East London. They have only 3 kinds of pizza (£9.00@whole / £3.00@slice). Topping changes each week) at KXFS. Overall service is not really great: they oddly accept only card and no cash (so as Shrimpy’s); they have only alcoholic drinks except tap water; and staffs were not really friendly. But even with those obstacles, I can’t resist their pizza Margherita! →information of forecourt bar

折々イベントも開催される屋外バーエリア。平日昼は人影もまばらだけれど、週末は昼夜問わずドリンクを楽しむ人で賑わう / Forecourt bar & event space. It is quiet on weekday, but is lively during weekend, day & night

マルゲリータ・ピッツァ£9.00。お皿ではなく段ボールのピザ箱で出てくる / Pizza Margherita £9.00. It is served in a cardboard box, not on a dish

奥にあるレストラン・Shrimpy’sは、カジュアルなバーエリアと違ってスマートな客が多い/ Shrimpy’s with a bit more posh clientele from casual forecourt bar

KXFSの隣はリージェンツ運河がゆったり流れる / Regent’s Canal next to KXFS

A Day in Cardiff, Wales

オリンピック女子サッカー準々決勝を見に行った際、せっかくの機会なのでカーディフに1泊し、翌日市内観光した。

人口約32万人のカーディフへは、ロンドン・パディントン駅から西へ電車で2時間ちょっと。カーディフは石炭の積み出し港として発展し、1955年にウェールズの首都となった。イギリスを構成する4つの「国(country)」のひとつであるウェールズは、ケルト系の文化・言語と強いアイデンティティを持つ。ウェールズでは、ウェールズ語が英語と並んで公用語とされ、道路標識や公文書は2言語で表記されている。中北部を中心に人口の21.7%(2004年調べ)がウェールズ語を話すことができるらしいが、カーディフ市内ではウェールズ語は文字では見るものの、全く耳にはしなかった。

When we went to see the Olympic women’s football quarter final in Cardiff, we stayed over night and enjoyed sightseeing the day after.

It takes just a little bit more than two hours to go to Cardiff by train from London Paddington station. Cardiff became prosper as a major port for the transport of coal in the early 19th century, and became the capital of Wales in 1955. Wales is one of the four ‘countries’ in UK, and it has retained a distinct cultural identity and is officially bilingual with English and Welsh. The Welsh Language Board indicated in 2004 that 21.7% of the population of Wales were able to speak the language, but I had never heard anybody speaking Welsh in Cardiff, though I saw the signage written in two languages.

カーディフの主な見所はカーディフ城とカーディフ・ベイ地区。市中心部にあるカーディフ城は、紀元1世紀に造られた古代ローマ人の砦に起源し、ノルマン征服後に再び要塞が築かれた。現在の建物は、19世紀に石炭の輸出で富を得た第3代ビュート侯が、建築家ウィリアム・バージェスに設計を依頼、ネオゴシック様式の外観を持ち、豪華絢爛なアラブルームやステンドグラスが美しいウィンタースモーキングルーム等、さまざまな意匠をこらした部屋が見学できる。

Major tourist attractions in Cardiff are Cardiff Castle and Cardiff Bay. Cardiff Castle is situated in the heart of the city centre. The castle is a medieval castle and Victorian architecture Gothic revival mansion, transformed from a Norman keep erected over a Roman fort. The castle substantially altered and extended during the Victorian period by John Crichton-Stuart, 3rd Marquess of Bute, and the architect William Burges.

豪華絢爛のアラブルーム / Gorgeous Arab Room

ウェールズのシンボルで、国旗にもあしらわれている赤い竜 / The red dragon (Y Ddraig Goch) , incorporated on Flag of Wales

カーディフ城の隣にある公園・Bute Parkの外壁には、熊やたぬきなど様々な動物の像があしらわれている / You can see statues of various animals on the walls of the Bute Park, next to the Cardiff Caslte

**********

カーディフ・ベイは石炭の積出港・旧波止波周辺地域を再開発した地区で、セーリングやウォータースポーツが楽しめる淡水湖や、アートセンター、ホテル、レストランなどが集まる新しい観光スポットになっている。中心部から10〜15分おきに出ているバス6番で約10〜15分ほど。

Cardiff Bay is the new tourist destination where old Cardiff docklands have been redeveloped in the last decade, and home to a large freshwater lake for sailing and water sports as well as restaurants and hotels. It is about 10-15 minutes by bus no.6, running every 10-15 minutes, from the city center.

Welsh National Opera(ウェールズ国立オペラ団)の本拠地で、バレエやダンス、ミュージカル、コメディなどが催される、Wales Millennium Centre(ウェールズ・ミレニアム・センター)。愛称「Armadillo(アルマジロ)」。正面には、センターがウェールズ出身の作曲家、カール・ジェンキンスに委託して作られた曲名「Creu Gwir Fel Gwydr O Ffwrnais Awen(ウェールズ語 / 英語では In These Stones Horizons Sing)」くりぬかれている。

Locally nicknamed “the Armadillo”, the Wales Millennium Centre is home to the Welsh National Opera and has hosted performances of opera, ballet, dance, comedy and musicals. On its facade, you can read “Creu Gwir Fel Gwydr O Ffwrnais Awen” in Welsh, or In These Stones Horizons Sing in English, which is the name of a work for chorus and orchestra composed by Welsh composer Karl Jenkins, which was commissioned for the opening of the Wales Millennium Centre.

1897年に建設されたPierheadは、Bute Dock Companyがあった建物 / The Pierhead, built in 1897, was formerly the headquarters of the Bute Dock Company.

1992年に再建された歴史的建造物のノルウェー教会は、現在コンサートや展覧会などを行うアートセンターとなっている。

The Norwegian Church Arts Centre, is a rescued historic wooden church that was rebuilt in 1992 and is as a venue for small concerts, art exhibitions, conferences, meetings and celebrations.

宿泊したPark Plaza Hotel Cardiffは、モダンで広々として居心地のいいホテルで、値段もそんなに高くない。目の前はナイトクラブが集まる通りだけれど、部屋はとても静かで、外の騒音は聞こえない。

Park Plaza Hotel Cardiff where we stayed was a modern and chic hotel with a moderate price and has spacious rooms. It is situated in front of the street with full of night clubs and bars, but the room was very quiet and we didn’t hear any noise from outside.