Tag Archives: 写真家

The Sky Arts Street Galleries: Rankin

芸術・アート専門チャンネルSky Artsが、イギリス人の人気写真家・Rankinと組み、イギリスの6都市(ロンドン、マンチェスター、バーミンガム、エジンバラ、ニューキャッスル、リバプール)の街角を屋外アートギャラリーに変えるというプロジェクト「Sky Arts Street Galleries」が8月16日から始まった。

Rankinは、ファッションやポートレートを手がける写真家で、ケイト・モスやマドンナなどのセレブから、エリザベス女王やブレア元首相など著名人を撮影したポートレート写真で有名。また彼の写真は、ナイキやコカ・コーラ、ロレアルなど大手企業の広告にも使われている。慈善活動も行っており、女性の地位向上を目指す「Women’s Aid」の広報キャンペーンに参加したり、昨年開催した「Rankin Liveランキン・ライブ)」では、22年間の活動をまとめた回顧展とともに、1000人の一般人を撮影したポートレート写真を展示、その被写体は£50でそのポートレートを受け取り、その収益は全てOxfamオックスファム)に寄贈された。

Sky ArtsはRankinにStreet Galleriesプロジェクトの作品づくりを委託。モダン・アート(写真最上)クラシック音楽(写真上から2枚目)、デザイン(写真3枚目左)、文学など様々なアートの形を表現した、Rankinの16枚の作品は、ロンドンでは、Tottenham Court Road(トッテナムコートロード)沿いのビルボード、ポスター、バス停、電話ボックスなど様々な場所で、目にする事ができる。

Art-oriented television channels, Sky Arts has launched the “Sky Arts Street Galleries” on August 16th, a new project that will transform the streets of the six UK cities (London, Manchester, Birmingham, Edinburgh, Newcastle and Liverpool) to an outdoor art gallery, in association with popular British portrait and fashion photographer, Rankin.

Rankin is world famous for his iconic images from A-list celebrities such as Kate Moss and Madonna to Queen Elizabeth and former prime minister Tony Blair. He also has shot some world-renowned campaigns including Nike, Coca Cola and L’Oreal. He also involves in some charity activities. He has donated his services to publicity campaigns for the charitable organization “Women’s Aid“. Last year, he produced “Rankin Live“, where he brought the retrospective of the last 22 years of his photographic work, together with the portraits of 1,000 British public. Each person who took part received a print of their portrait for £50, and all the profits were donated to Oxfam.

Sky Arts commissioned Rankin to produce sixteen images, each representing a different form of art such as modern art (the top photo), classical music (the second photo), design (left on the third photo), literature and so on. You can see his works at billboard, poster, bus stop, phone box and advertising space, all on Tottenham Court Road.

Enhanced by Zemanta

Exposed: Voyeurism, Surveillance and the Camera @ Tate Modern

テート・モダンで5月28日から始まった「Exposed: Voyeurism, Surveillance and the Camera」展(〜10月3日)に行ってきた。日本語で、「公共の目にさらされた/暴かれた:覗き、監視、そしてカメラ」と題されたこの展覧会では、19世紀後半から現在までに撮影された、被写体の許可を得ていないか被写体がカメラに気づいていない、250枚以上の写真を展示。ウィージーウォーカー・エバンスポール・ストランドナン・ゴールディンロバート・フランクアンリ・カルティエ=ブレッソンハリー・キャラハン、日本人では吉行耕平横溝静、そしてパパラッチなど、有名無名の写真家やアーティスト、写真報道家の手による作品は、隠しカメラやスパイカメラで撮られたもの、被写体に気づかれないように撮影されたもの、セレブや有名人の写真、覗き行為を思わせるエロティックな作品、マフィアによる殺人や自殺、戦争等暴力的なシーンを捉えたもの、航空写真や衛星写真、他人やアーティスト自身の私生活を記録した映像、そして24時間人々の動きを記録する監視カメラによる映像など、多岐に渡る。自分が被写体になっているかも分からず、守られていると思っているプライバシーは実は強固ではない。 見る者をなんとなく無防備な気分にさせ、不安に陥れる。CCTV(監視カメラ)の設置率が人口比で世界一で、「1984年」を著したジョージ・オーウェルを輩出した、プライバシーの侵害に敏感なイギリスらしい展覧会だ。

英メディアの評判はいい。テレグラフ紙、ガーディアン紙は4つ星をつけている。でも、どれもどこかで見たような写真ばかりで、あまり目新しさはない。何故だろう?と考えると、今日のメディアやインターネットでは、この程度のショッキングな写真は日々目にする。刺激に慣れすぎてしまっていて、撮影当時は衝撃的だったろう写真も「この程度」と思ってしまう自分がちょっと怖くなる。

写真をもっと見たい方はBBCウェブサイトで。

We went to Tate Modern‘s new exhibition, “Exposed: Voyeurism, Surveillance and the Camera“, just started on May 28 and runs until October 3. The exhibition features over 250 images by photographers, artists and photojournalists captured on film, not always with the subjects’ knowledge, from the late 19th century to the present day, including work by living or deceased, amateur or professional, known and unknown photographers such as Weegee, Walker Evans, Paul Strand, Robert Frank, Henri Cartier-Bresson, Garry Winogrand, Harry CallahanJonathan Olley, and Nan Goldin as well as Paparazzi shots and footage from non-human devices such as surveillance cameras and CCTV. Subjects varies from pictures taken by the ‘unseen’ photographers using hidden cameras and devices such as the lateral viewfinder, photos of celebrity and public figures, sexual or erotic ‘peeping Tom’ images, violent scenes such as Mafia murder, suicide and wars, aerial and satellite photos, records of private lives of artists or others, and CCTV footage that always keep watching people. The exhibition makes us feel insecure and vulnerable – we are all been watched more or less and your privacy is fragile. A perfect exhibition for the UK, where there are reportedly more cameras per person than in any other country in the world, and the country where the novel ‘Nineteen Eighty-Four‘ was written by George Orwell.

The reputation of the exhibition is quite good – the Telegraph and the Guardian both give four-star rating. However, I was not so impressed. I thought about why, and realize that nowadays these ‘shocking’ photos are out there on media and internet everyday, and probably I got used to it. It is a bit scared to think that I become numb with images once considered horrifying or outrageous…

More photos at BBC website.

Reblog this post [with Zemanta]