Tag Archives: 出口

“Please Do Give ‘Drugs’ to the Beggars” @ Old Street Station

これは、オールドストリート駅の出口で見かけたサイン。イズリントン区によって書かれたこのサインは、元々「PLEASE DO NOT GIVE TO THE BEGGARS(ホームレスにお金をあげないでください)」だったのが、数日後に何者かの手で「PLEASE DO GIVE TO THE BEGGARS(ホームレスにお金をあげてください)」に変えられ(St John Street News website)、その後上のように「PLEASE DO GIVE DRUGS TO THE BEGGARS(ホームレスに麻薬をあげてください)」となったようだ。オールドストリート駅には合計8つの出口があり、その全てに書かれてるかどうか分からないけれど、flickrユーザーのStephen*Iliffeがアップしている、「PLEASE DO NOT GIVE DRUGS TO THE BEGGARS(ホームレスに麻薬をあげないでください)」の美しい白黒写真は、私が見たのと同じものだろうか?

警察によると、オールドストリート駅の物乞いはここ数年来の問題だったという。そのため、これらのサインとともに警察官の見回りを増やし、出口辺りに座ってお金を無心していたホームレス達は、駅から追い出されることとなった。イズリントンのホームページでは、ホームレスに直接お金を渡すのではなく、ホームレスのためのチャリティー団体に寄付して欲しいという。実際、ホームレスの慈善団体・Thames Reachによると、80%ものホームレスが、もらったお金は麻薬類購入に使っていると認めているそうだ。

This is the sign I found at one of the exits at Old Street Station. Originally it was painted as “‘PLEASE DO NOT GIVE TO THE BEGGARS” by Islington Council, but few days later the sign were altered as “PLEASE DO GIVE TO THE BEGGARS”, according to St John Street News website, but now changed again sarcastically “PLEASE DO GIVE DRUGS TO THE BEGGARS,” as you see above. I am not sure if the signs painted on the ground of all eight exits, but I found one flickr user, Stephen*Iliffe, posted an artistic photo of the altered version, “PLEASE DO NOT GIVE DRUGS TO THE BEGGARS.”

According to the police, begging at Old Street station has been a problem for years, and beggars were forced to leave the station after this painting had been made and  increased police presence at the station. On their homepage, the Islington council asks people to not give to beggars, but make a donation to local homeless charities instead. Homelessness charity Thames Reach suggests that estimate 80% of people begging do so to support a drug habit (Guardian).

Advertisements

Doug Patterson’s Artworks @ Bank Station Exits

先日、Bank(バンク)駅を出る時にふと気づいたイラスト。アーティストのDoug Patterson(ダグ・パターソン)が1995年に、London Underground(ロンドン地下鉄)のコミッションで、各出口周辺の光景を描いたもので、各出口で違った作品が見られる。「バンク」駅の名の元になったBank of England(イングランド銀行)をはじめ、エナメル板に描かれた線画イラストは、ロンドン名物のバスだけが赤く着色されている。ダグ・パターソンは1997年にも、ホワイトチャペル駅のプラットフォームにアート作品を描いているが(Flickr写真)、原色を多用したホワイトチャペル駅の作品より、バンク駅の作品の方が落ち着いていて、私はこちらの方が好きだ。

取りあえず目についた6点は写真に撮ったけれど、バンク駅は、地下鉄3路線とドックランズ・ライト・レイルウェイが乗り入れる大きな駅だけに、他にももっと作品があったのかもしれない。ネットで探してみたけれど、詳しい情報は見つけられなくて残念。

I found these drawings at exits of the Bank station. These are artworks by Doug Patterson, commissioned by London Underground in 1995, portraying scenery around each exit, including the Bank of England from which the name ‘Bank’ came. I really like these black line drawings on enamel panels with red only on London’s famous red buses. Doug Patterson also created platform artworks at the Whitechapel stationFlickr images) as well in 1997, but in compare to the Whtechapel’s with too many colors, I prefer the more modest ones at the Bank station.

I took six pictures of what I could find, but the Bank station is quite a big station, interlinking three tube lines and Docklands Light Railway, and I might have missed few. I went on the internet but I could find more information about the artworks…