Tag Archives: 博物館

Beyond El Dorado: Power and Gold in Ancient Columbia @ British Museum

大英博物館で開催中の「Beyond El Dorado」展(10月17日〜翌年3月23日)を観に行った。普段は行かない種類の展覧会なのだが、たまたまチケットをもらったのだ。

スペイン語で「金箔をかぶせた」または「黄金の人」を意味するエル・ドラードは、全身に金粉を塗り、コロンビアのグアタビータ湖に飛び込む儀式を行っていたMuisca(ムイスカ)族の長の名前で、アンデスの奥地に存在するとされた黄金郷・エル・ドラード伝説の基となった。コロンビアの首都・ボゴタにあるMuseo del Oro(金博物館)と共に企画したこの展覧会では、金のみならず、グアタビータ湖周辺から発掘された陶器や石の遺物など、Museo del Oroから約200点、大英博物館のコレクション約100点を展示。16世紀のスペインのコンキスタドールの到来以前の、古代コロンビアの豊かで多様な文化を紹介する。

ヨーロッパと違い、古代コロンビアでは、金は金銭的価値はなく、支配者達が自らの権力を誇示するための象徴的また霊的な意味を持っていた。儀式の道具、装飾品、象徴としての動物のオブジェ、楽器等の展示品からは、高度で複雑な金細工の技法や技能を持っており、それぞれの部族によってデザインや技術が少しずつ違っていることが見て取れる。今までコロンビアの伝統的工芸品や遺物を見たことがないので興味深く見て回ったが、正直、ジメジメして薄暗い11月のロンドンより、本場コロンビアで見たかったかも。

それより、同時開催中の日本の春画を集めたShunga展の衝撃的なポスターに目を奪われる。日本でも巡回展を開催するという企画もあったようだが、あまりの生々しさに、本場・日本では受け入れる勇気のある美術館・博物館がなかったらしい。

I went to see “Beyond El Dorado” exhibition at British Museum. I rarely go this kind of exhibition, but I got a free ticket. That’s the reason.

El Dorado, ‘the gilded or golden one’ in Spanish, is the name of a Muisca tribal chief who covered himself with gold dust and, as an initiation rite, dived into the Guatavita Lake in Columbia. It became the name of a legendary “Lost City of Gold.” Organised with Museo del Oro (museum of gold) in Bogotá, this exhibition features over 200 objects from Museo del Oro and around 100 from the British Museum’s collection, not only objects made of gold but also of ceramic and other materials excavated near the lakes, and explores the rich and diverse cultures of ancient Colombia before the Spanish arrivals in the 16th centry.

Unlike in Europe, gold was not valued as currency in pre-Hispanic Colombia but it had symbolic and spiritual meaning for the elite to claim their power, both in life and in death. Tools for rituals, ornaments, animal objects (each animal represents different meaning), and musical instruments etc. – those artifacts show us the advanced goldworking techniques and complex craftsmanship, which were different in techniques and designs across the tribes. I’ve never seen those ancient artifacts from Columbia and I enjoyed learning something new, but I prefer to see them in Columbia, not in London especially during the wet and dark November.

I would think people are more distracted by concurrent Shunga exhibition, and you know why. There was a plan to bring the exhibition to Japan, but I read that no museum was courageous enough to host it because of its explicit portrayal of sex. What a shame!


Advertisements

Museum of Brands, Packaging and Advertising @ Notting Hill

ノッティング・ヒルにあるMuseum of Brands, Packaging and Advertising(ブランド・パッケージ・広告博物館)に行った。この博物館には、ビクトリア朝から現代まで、Robert Opie Collection(ロバート・オピー・コレクション)所蔵の日用品や食料品等1万2,000点以上の品物が展示されている。

オピー氏は、16歳だった1963年に、タバコやコーンフレークの箱など様々な商品パッケージの収集を始めた。現在そのコレクションはパッケージのみならず、瓶、ラベル、広告やプロモーション用品、おもちゃやゲーム、旅行、交通、レジャー、娯楽に関するアイテム、漫画、雑誌、新聞、土産物、ポストカード、歌詞カード、ポスター、パンフレット等々、日常生活に存在するありとあらゆるもの50万点以上と膨大な数になるそう。時系列になっている展示室に並べられたこれらの品々から、イギリスの消費生活とその変遷が垣間みられる。

私のような外国人をもノスタルジーを感じさせる、非常に興味深いコレクションだけれど、とにかく狭い。こんなにたくさんの品々が、小さく薄暗い部屋にぎゅうぎゅうに詰められているのは、本当に残念。もっと明るく広々としたスペースで、1点1点じっくり眺めたいと思う。

I went to the Museum of Brands, Packaging and Advertising in Notting Hill. This tiny museum features over 12,000 original household products and food package, from Victorian times to the present day, from the Robert Opie Collection.

Mr. Opie started to gather contemporary packaging from cereal boxes to cigarette packs, when he was 16 in 1963. Since then the collection has expanded and now  contains over 500,000 items – not only packaging but also anything seen in everyday life; bottles, labels, signs, promotional and advertising material as well as toys, games, travel, transport, leisure, entertainment, comics magazines, newspapers, souvenirs, and ephemera such as postcards, song sheets, posters and brochures. By walking thorough the exhibition rooms in chronological order, you can observe daily life in Britain and its change over decades.

Impressive collection that make even a foreigner like me nostalgic, but the museum is so stuffy – too much things in such a tiny and dark space. I felt a bit dizzy and claustrophobic at the end… I wish I can see those items up close in more relaxing and generous space!

エリザベス女王のダイアモンド・ジュビリー(戴冠60周年)記念商品の数々 / Queen’s Diamond Jubilee products

Art by Animals Exhibition @ Grant Museum of Zoology, University College London

Vodpod videos no longer available.

世界各地の動物園にいるゾウ、オランウータン、ゴリラ、チンパンジーが描いた絵を展示するユニークな展覧会が、2月1日からユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンGrant Museum of Zoology(グラント動物学博物館)で始まった(開館:月〜金曜の午後1〜3時/入場料無料/3月9日まで)。これは、違う種の動物の絵画を集めた、恐らく世界初の展覧会だという。

類人猿の絵は、よく2〜3歳児の「scribble stage(落書き、殴り書きの段階)」に例えられるが、博物館のマネジャーによると、類人猿は写実的描写もでき、そのアートは創造性に富み、同じ技法を使った人間の抽象画と区別できないほどだという。それに比べ、訓練をされたゾウは、いつも同じものしか描けないが、木や花とはっきり分かるような具体的な絵を描くことができるそうだ。

猿の描いた絵画は17世紀のヨーロッパのアートに見ることができるが、それ以前にも存在していた可能性もあるそうだ。1950年代中頃から、動物園はアートや絵画を動物たちのレジャー活動に使ったり、その絵を売って資金を集めたりするようになった。その動物たちによるアートの人気は、抽象表現主義の台頭と時期が重なり、その類似性も指摘されている。

動物には「アート」と言う概念はおろか、アートを創っているという意識もないから、動物たちの作品をアートと呼ぶか議論のあるところだろうが、これらの自由で溌剌とした作品たちは、人間の創った数多の所謂「アート」に比べ、見劣りはしないし、何より見ていて楽しい。

→参照:BBC / Daily Mail

An unique exhibition displaying paintings created by elephants, orangutans, gorillas and chimpanzees in zoos across the world, has opened on February 1st in Grant Museum of Zoology at University College of London (Opening: Mon-Fri 1-3pm/free entrance/until March 9th). It is believed to be the first/one of the first exhibition to showcase paintings by different species.

Often ape art is compared to that of 2-3 year-old children in the ‘scribble stage’. According to the manager of the museum, art produced by apes is creative and can make images, and is almost undistinguishable from abstract art by humans that use similar techniques. On the other hand, elephants are trained to always paint the same thing and produce images that clearly resemble trees and flowers.

Images of monkeys painting date back at least to the 17th Century in European art. Since the mid-50s, zoos have used art and painting as a leisure activity for animals, as well as selling the pieces to raise funds, and the rise in popularity of animal art coincided with the abstract expressionist art movement.

Are these art? Obviously these animals don’t have a concept of art and are not aware of making ‘art’, but certainly these free-spirited paintings are cheerful and interesting to look at, even in compare to thousands of human ‘arts’ out there.

→reference:BBC / Daily Mail

Castles in Kent: Leeds Castle

ロンドンの南東に位置するケント州は、一番端のドーバーマーゲートでも車で2時間弱と、ロンドンからの日帰りや短期旅行にぴったりの場所。英仏海峡トンネルを渡ってやってくるヨーロッパ人も多く、私たちが訪れた時も、駐車場には、オランダやドイツ、ベルギーナンバーの車がたくさん停まっていた。お隣の国なのに、意外にフランス人は少ない。恐らくこの肌寒いイギリスじゃなく、どこかのビーチで寝転がって、肌でも焼いているのかな。

今回の小旅行の最初の訪問地は、イングランドで最も美しい明媚なお城の一つで、「loveliest castle in the world(世界で最も美しいお城)」とも称されるLeeds Castle(リーズ城)。湖に浮かぶ2つの島にまたがるこのお城は紀元1119年に建立、多くの王室や貴族の住まいとして、また要塞、刑務所、病後療養所としても使用された。最後の私的所有者であったLady Baillieレディ・ベイリー)は、1926年にリーズ城を購入したのち、インテリアを全面的に改装し、優雅なお屋敷に生まれ変わらせた。

敷地内はお城や庭園の他、お城が一望できるレストランやカフェ、ショップ、世界中から集められた100種以上の鳥が見られる飼鳥園、洞窟のあるmaze(迷路庭園)、イギリス唯一の犬の首輪博物館、子供の遊び場、ワイン用ブドウ園、果てはゴルフコースまである。ただ、ゴルフコースがお城のすぐ横にあるのはいただけない。また湖上からお城を眺められるBlack Swan(黒鳥:このお城のシンボルでもある)フェリーボートや、入口からお城を結ぶElsie(エルシー)castle trainもあり、いようと思えば一日中いられるほど盛りだくさんなだけに入場料も高く、大人一人 £18.50なり。私たちはお城と庭園以外は興味がないけれど、手入れの行き届いたこの美しいお城は高額の入場料に値する。

Kent is a county situated in southeast of London. To reach the furthest towns such as Dover and Margate takes less than two hours from central London, and it is perfect place for a day excursion and a short trip for Londoners. There are also many European tourists coming through Channel Tunnel, and we saw many cars from Netherlands, Germany and Belgium around there. Not many from closest neighbor France – probably French would prefer lying down on the beach and getting tan to going around chilly and cloudy British isle.

The first stop for our trip this time is the Leeds Castle, setting on two islands and one of England’s most picturesque castles, often described as the ‘loveliest castle in the world.’ Dating back to 1119,  it has been home to royalty and nobles, as well as being used as a garrison, a prison, and a convalescent home. The last private owner of the castle was Lady Baillie, who purchased it in 1926 and refurbished its interior to transform the castle into an elegant country residence. She generously opened this gorgeous residence to the public in 1976.

Other than the magnificent castle and beautiful garden, the castle grounds have many other attractions, though some of which are not of our interests: a restaurant, kiosks and souvenir shops; an aviary housing over 100 species of birds from all over the world; a maze with a grotto; UK’s only museum of dog collars; kids’ playgrounds; its own vineyard; and even a golf course, though it is ugly to see it right next to the castle. There are also the Black Swan (a symbol of this castle) ferry boat and the ‘Elsie’ castle train that connects the main entrance and the castle, for alternative ways to explore the estate. All these attractions don’t come cheap – £18.50@adult. We are only interested in the castle and garden,but it is worth to pay up the high price to see this beautiful castle and its estate well taken care of.

The Cult of Beauty: The Aesthetic Movement 1860-1900 @ V&A

Vodpod videos no longer available.

4月2日より、V&A(ヴィクトリア&アルバート博物館)で「The Cult of Beauty: The Aesthetic Movement 1860-1900(美の礼賛:耽美主義運動 1860~1900年」展が始まった(〜7月17日)。

展覧会は、イギリスで1860年から1890年頃に花開いた、アートやデザインにおける耽美主義の発展を、「The search for new beauty 1860s(新しい美の模索)」「Art for Art’s Sake 1870s-1880s(芸術のためのアート)」「Beautiful people and Aesthetic houses 1870s-1880s(美しい人々と美的住宅)」「Late-flowering beauty 1880s-1890s(後期に花開いた美)」の4部に分け、時系列で展示。オスカー・ワイルドウィリアム・モリスジェームズ・マクニール・ホイッスラーダンテ・ゲイブリエル・ロセッティエドワード・バーン=ジョーンズフレデリック・レイトンなど、当時一世を風靡した芸術家たちの絵画、印刷物、ドローイングをはじめ、インテリア・デザインや肖像画、写真、衣装、宝石等の装飾美術など、多岐に渡る250点以上もの作品が一堂に会する。孔雀や花のモチーフで彩られた展示室の壁や美しいクラシック書体を使ったタイトルデザインなど、ヴィクトリア&アルバート博物館らしい絢爛豪華な展示デザインも必見。

大英帝国絶頂期で、産業革命による経済発展を享受したヴィクトリア朝時代は、上流階級のものであった芸術が新興の中流階級にも普及。それまでの文化観念や道徳観の変化を反映した、イギリス芸術の黄金期だった。パリにおけるアバンギャルドに刺激されて興ったイギリス耽美主義は、醜いものや物質主義からの解放を目指し、新しい美の形として「Art for Art’s Sake(芸術のための芸術)」を標榜、純粋に美しいものだけを追い求めた。ロセッティやウィスラーなどによる女性画は、ビクトリア時代に理想とされた控えめな美と対照的に、必ずしも美しいとは言えない女性たちをモデルに、自由奔放な新しい美を描いている。古代ギリシャや中国や日本などの影響を受けた、エキゾチシズム漂うインテリアやデザインは、時に過剰とも思えるけれど、人は「美しい生活」を送るべきだと、デザインを日常生活にまで浸透させた功績は大きい。これらの作品は、今の時代においては目新しさは全くないけれど、全く違った芸術感、価値観を提起した耽美主義に、当時の人々が熱狂したのが分かる気がする。

V&A‘s new exhibition, “The Cult of Beauty: The Aesthetic Movement 1860-1900” started from April 2, till July 17.

The exhibition is devided in four chronological sections, charting the development of the Aesthetic Movement in art and design: “The search for new beauty 1860s,” “Art for Art’s Sake 1870s-1880s,” “Beautiful people and Aesthetic houses 1870s-1880s” and “Late-flowering beauty 1880s-1890s.” As well as paintings, prints and drawings, the show includes over 250 examples of all the ‘artistic’ decorative arts, together with designs and photographs, portraits, fashionable dress and jewellery, created by star artists of the movement such as Oscar WildeJames McNeill WhistlerDante Gabriel RossettiEdward Burne-JonesFrederic Leighton, and William Morris. Another thing worth seeing is the V&A’s gorgeous exhibition design with peacock and flower motifs and beautiful classic typefaces on the walls of the exhibition rooms, in perfect harmony with the collection.

Victorian era was the period when British people enjoyed prosperity from industrial revolution and the height of British Empire. It was also the golden age of the British art, which became available to emerging middle class, not only for aristocracy. Inspired by Avant-garde in Paris with the desire to escape the ugliness and materialism of the age, Aestheticism pursued the new kind of art , freed from outworn cultural ideas and moral codes. The movement believed in ‘Art for Art’s Sake’ – art had to just look beautiful. Painters like Rossetti and Whistler used models who were not necessarily beautiful or at odds with Victorial ideals of reserved femininity, and created new and unconventional types of female beauty. The exotic design of furniture and decorative arts influenced by ancient Greek, China and Japan are often considered too much, but introducing design into everyday life with the concept that “people should live beautiful life” was the pioneer of modern design, and we owe them for that. All the collection doesn’t make much sense in the 21st century, but I understand why people of that time were so excited by the Aesthetic movement which brought them a completely new values in art and design.

**********

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information

Design for Japan

Fashion Relief by Vogue.com

‘Street Museum’ Mobile app by The Museum of London

今日のBBCニュースで取り上げられていた、Museum of London(ロンドン博物館)のiphone用無料アプリ「Street Museum」をダウンロードした。Museum of Londonは、60年代から70年代にかけて、シティ・オブ・ロンドンの爆撃で破壊されたエリアを再開発したバービカン・センターの一部で、先史時代から現代に至るまでのロンドンの歴史を展示している。

Street Museumは、ロンドンの歴史を物語る写真や絵画のオンライン・カタログ。1666年のロンドン大火からカーナビー・ストリートに代表される1960年代のスウィンギング・ロンドンまで、博物館所蔵の何百枚もの写真や絵画にアクセス、ロンドンの日常の街角や歴史的出来事を垣間みることができる。

使い方は簡単。アプリを開くと出てくる地図でお目当ての場所を見つけるか、携帯端末に内蔵されているGPSで近場にあるイメージを探し、地図上にあるピンをタップするか、「3D View」ボタンをタップし、カメラを見たい場所に掲げると、その場所の古いイメージが出てくる。そして、そのイメージをタップすれば、その場所の歴史的トリビアを読むことができる。

既に、10万人がこのアプリをダウンロードしたそうだが、今日のBBCニュースで取り上げられたので、さらにダウンロード数は増えるだろうな。

I downloaded a free iphone app ‘Street Museum‘, created by the Museum of London, after I saw the BBC News picked it up today. The Museum of London documents the history of London from the Prehistoric to the present day. It is located close to the Barbican Centre, as part of the Barbican complex of buildings created in the 1960s and 70s as an innovative approach to re-development within a WWII bomb damaged area of the City.

‘Street Museum’ is an online catalogue of photos and paintings from London’s history. From the Great Fire of 1666 to the swinging sixties, you can have an access to hundreds of images from the museum collections that showcase both everyday and momentous occasions in London’s history.

It is easy to use – select a destination from the map or use your GPS to locate an image near you. Or press ‘3D View’ and hold up your camera to the present-day location, and the old image of the same place appear on your screen. Then tap the old image for historical facts.

Already 100,000 people have downloaded this app, and after today’s BBC news coverage, many more will probably download it.

Vodpod videos no longer available.

Enhanced by Zemanta

Modernist T-Towels: Kensal Green and Trellick Tower

コヴェント・ガーデンにあるLondon Transport Museum(交通博物館)で買った、「People Will Always Need Plates」のModernist T-Towelsティー・タオル)。デザインが素敵なので買ったから、お皿拭きには使わない。イギリス製でコットン100%のこのティー・タオルは、スクリーン印刷の鮮やかなカラーで、Trellick Towerトレリック・タワー)とKensal Green(ケンサル・グリーン)の街並がデザインされている。ほかの図柄も欲しかったのだけれど、9種類あるモダニスト・デザインコレクションのうち、この2種類しか売っていなかった。ノッティング・ヒルの北にあるトレリック・タワーは、1972年に完成したロンドンを代表するモダン建築で、建築家・Ernő Goldfinger(エルノ・ゴールドフィンガー)によって設計された、ブルータリズム様式の公共住宅。ロンドン北西部に位置するケンサル・グリーンは、これと言った特徴のあるエリアではないけれど、クイーンのフレディ・マーキュリーが火葬された場所で、著名人が多く眠るKensal Green Cemeteryがある。

I bought these Modernist T-Towels (Tea Towels) by People Will Always Need Plates at London Transport Museum in Covent Garden. The 100% cotton tea towels is proudly made in UK, and feature Trellick Tower and houses in Kensal Green in rich screen-printed colours. I got them for its design, so I won’t use them for drying dishes. I wanted to buy other design as well, but the shop had only these two design among 9 modernist design collection. Trellick Tower is a 31-storey block of public housing in north of Notting Hill, designed in the Brutalist style by architect Ernő Goldfinger and completed in 1972. Kensal Green on northwest London is not exciting area, but there is the Kensal Green Cemetery which is one of the finest Cemeteries in London and is known that Queen’s Freddie Mercury was cremated there.

ロンドンの交通の歴史を物語る、London Transport Museum。2005年からの改修工事の後、2007年11月にリニューアルオープンしたコヴェント・ガーデンの博物館のほかに、Acton(アクトン)にある Depot(倉庫)にもコレクションを展示している。ここのショップがなかなか、センスの良い品揃えを誇っている。買い物袋のデザインもモダンで、これを手に入れるために買い物したくなる。オンライン・ショップもあって、海外発送もしてくれる。コヴェント・ガーデンのど真ん中にあって交通の便もいいし、ロンドンに数多あるチープな店で粗悪品を買うぐらいなら、ロンドン土産はぜひここで。

London Transport Museum conserves and explains London’s transport heritage. The main museum in Covent Garden was reopened in November 2007 after two years of refurbishment. Its Acton Depot also holds the majority of the Museum’s collections which are not on display in the museum. The museum shop has a good selection of products, and its modern and stylish shopping bags is another reason to shop there. The museum has an online shop as well and delivers to worldwide (→details). The museum is located in the heart of Covent Garden, so grab London’s souvenirs there, rather than shopping trashes at cheap and ugly stores around London.

Reblog this post [with Zemanta]