Tag Archives: 品質

Natural Bristle Cushion Brush by G B Kent & Sons

獣毛のブラシが髪にいいと何かで読んだので、John Lewisオンラインショップで、G B Kent & Sons(Kent Brushes:G.B. ケント)のヘアブラシを買った。1777年創業のG.B. ケント社は、ジョージ3世から9代の治世に渡って王室御用達証を得てきた、由緒あるブラシメーカー。製造過程の多くは手作業で、今も「メイド・イン・イングランド」にこだわるお手頃なブラシも生産しているが、伝統的技術を使い、職人が手作業で仕上げる100%ハンドメイド製品は、その品質・使い心地に高い評価を得ている。

ケント社は、bristle(ブリッスル:動物の硬い毛)を使ったブラシと、品質へのこだわりに定評がある。インドや中国の業者から最高品質の天然豚毛ブリッスルを仕入れ、柄に使用される木材は持続可能な森林から伐採された、美しさ、木目、色、加工しやすさを鑑みて厳選されたもの。そしてゴム製のクッションは柔らかさと強さ、デリケートな頭皮への心地良さと共に、何年もの使用に耐える耐久性を持つ。無理にひっぱることなく絡まった髪をやさしくとかすため、毛先は注意深く丸くされている。

会社の歴史や詳細

私が買ったものは高価な手作り製品ではなく、ミディアムサイズ(19.5cm x 5cm)の天然黒色ブリッスルのゴムクッション・ブラシ、CSFM(£25)。製品説明には、「ブリッスルは、髪を清潔にし、艶を与え、頭皮を刺激する」とある。そのカーブのかかった柄は持ちやすく、手にフィットする。弾力性に富むブリッスルは気持ちよく頭皮をマッサージするのだが、何せ剛毛・多毛の持ち主なので、頭のてっぺんから後頭部まではいいのだが、そこから下は表面しかブリッスルが届かない。確かにブラッシングすると艶は出るのだが、しすぎるとちょっと油っぽくなり、ブリッスルが届かない毛先の辺りは静電気が起こって髪がフワフワ浮いてしまう。このブラシは、毛質が細くて毛量の少ないイギリス人のために作られたものだからだろうか。ブリッスルの感触は心地良いし、いいブラシには違いないのだと思うが、残念ながら、どうも私の髪質には合わないらしい。。。

I bought a G B Kent & Sons‘ hairbrush on John Lewis online shop, as  I read that animal hair brush makes hair healthy and shine. Founded in 1777, G B Kent & Sons, also known as Kent Brushes, is a manufacturer of high quality brushes in England, and has been granted of Royal Warrants for nine reigns from George III. The company continues to retain the craftsmanship and produces some of their brushes by hand with traditional methods (100% handmade range), as well as more affordable ones. And those are still proudly “made in England”.

Kent are renowned for their bristle brushes and their passion for high quality. The bristle is sourced from the finest bristle merchants in India and China. Timbers are chosen from sustainable forests throughout the world, selected for their beauty, grain, colour and suitability to be shaped, drilled and polished. Rubber cushions are selected for softness and strength, comfortable for delicate scalps but strong enough to be durable and withstand years of use. Plastic quills have carefully rounded ends to tease their way through tangled hair without pulling or tugging.

more details of the company

What I bought was not an expensive handmade one, but a medium sized (19.5cm x 5cm) pure black natural bristle cushion brush CSFM (£25). The bristle cleans hair, promotes shine and stimulates the scalp, according to Kent’s description. Its curbed handle nicely fits my hand and is easy to grip. The bristle is hard enough to stimulate my scalp comfortably. However, my hair is too thick and too many, and the brush doesn’t go all the way from the back of my head to down the edge… I can brush only top and side of my head, but not the bottom of my hair. Probably the brush is made for British fine hair type… The brush does make my hair shinier, but brushing too much make my hair a bit too greasy and causes static electricity. It is nice looking brush and the bristle feels great, but it doesn’t really work out for my hair type…

Vodpod videos no longer available.

Advertisements

“Trash” Britannia Souvenir Shop @ Piccadilly Circus

クール・ブリタニアCool Britannia)は、20世紀の半ばから後半にかけて、イギリスの現代文化を描写するために使われたメディア用語で、イギリスの愛国歌「ルール・ブリタニア」(”Rule, Britannia”: ブリタニアよ世界を治めよ)をもじったもの。1967年に、ボンゾ・ドッグ・バンド(the Bonzo Dog Doo-Dah Band)の曲のタイトルとして、初めてこの言葉が使われたが、1990年代に再び使われるようになり大流行。トニー・ブレア首相(当時)率いる労働党政権が打ち出した、「第三の道/ニュー・レイバー」路線の初期の頃と密接に関連づけられている。90年代は経済も好調、社会が勢いづいていた時代で、ブラーオアシス等のブリット・ポップはヒットチャートを賑わし、ダミアン・ハーストやトレイシー・エミン等のヤング・ブリティッシュ・アーティスト(YBA)はアート界に新風を吹き込んだ。ジョン・ガリアーノアレキサンダー・マックイーン(今日のニュースで、自殺による死が報道された)等の若手ファッションデザイナーも、世界のメジャーなファッションショーで注目を浴びていた。かくいう私たちも、シンプルだけれど洗練されたイギリスのグラフィック・デザイン、そしてこの「クール・ブリタニア」のエネルギーにつられて、1997年にイギリスに引っ越してきたのだ。1997年に総選挙に勝利して、44歳で首相となったブレアは、このトレンドを政策にも取り込み、国家戦略として、「クールでかっこいい」イギリスを世界に売り込もうとした。

しかし!今日、ピカデリー・サーカスで、この言葉を冒涜する輩を発見した。それが、この「Cool Britannia」という土産物店。店の真ん中には、ルーフにイギリス国旗がルーフに描かれたミニ・クーパーが置かれ、ビーフィーターの格好をさせられたおじさんが、観光客と記念撮影している。店名から、イギリス・ブランドやスタイリッシュな商品を扱っていると思いきや、中は「クール」とはほど遠い、安物の中国製品で溢れ返っている。結構旅行者で賑わっていたのが悲しい。以前から思っていたのだが、ロンドンには、素敵な土産物屋さんが少なく、南アジア系の人たちが経営しているチープで粗悪品を売る土産物屋が氾濫している。それで、「Cool Britannia」を初めて見た時に、やっとまともな土産物屋ができたのかと思ったら、このざま。。。

ロンドンでお土産を買う時は、デパートか専門店、または美術館や博物館のミュージアム・ショップで。割高だけれど、品質もデザインも格段に上。もし予算に限りがあるなら、スーパーマーケットやドラッグストアで。素敵なパッケージのお手軽な商品が手に入ります。

Cool Britannia is a media term that was used during the mid-to-late 20th century to describe the contemporary British culture.  It is a pun on the title of the British patriotic song Rule, Britannia!, and the phrase “Cool Britannia” was first used in 1967 as a song title by the Bonzo Dog Doo Dah Band. The term was commonly used during the 1990s, when the country was enjoying growing economy and good vibes. Britpop groups such as Blur and Oasis hit the world’s charts, and Young British Artists (YBAs) like Damien Hirst and Tracey Emin created a new wave of unconventional contemporary art (although personally I don’t fancy them). Young fashion designers like John Galliano and Alexander McQueen (whose sudden death, possibly suicide was reported today) grabbed the spectator’s attention on catwalks around the world. M and I also attracted to the simple but stylish British Graphic Design and the energy of “Cool Britannia”, and decided to move to London. Cool Britannia was closely associated with the early years of “New Labour” under Tony Blair, who won the election in 1997 and became a prime minister. Blair tried to incorporate the trend in his policy and launched  the Creative Industries Task Force, intending to sell ‘Cool’ Britain to the world.

But!! Today I found a shop which completely misuse the concept of “Cool Britannia” in the center of Piccadilly Circus. In the middle of the shop, you see a Mini with British flag on its rooftop and a sad-looking man in Beefeater costume, being photographed by some tourists. You may get an impression that the shop carries full of cool British brands and hip products, but in fact there is full of cheap trash made in China. It is sad to see some tourists were shopping around quite happily. There are not many decent souvenir shops in London, but lots of South Asian (look like) owned shops selling cheap, bad quality and terrible designed goods. So when I saw the “Cool Britannia” shop at first, I thought finally I found a nice place to buy a souvenir….

When you want to buy a souvenir in London, ignore these trashy shops, and go to department stores, specialty stores, or museum shops – more costly, but much better quality and design. If you only have a small budget, go to supermarkets and drugstores. You can find products in nice packages with small price tags.

これが「クール・ブリタニア」ルック???あり得ません!

Is this “Cool Britannia” fashion??? Impossible!!

Reblog this post [with Zemanta]