Tag Archives: 宗教芸術

Frieze Masters 2013 @ Regent’s Park

Frieze Londonと同時期に同じくリージェンツ・パーク内で開催されていたFrieze Mastersは、同じ主催者が企画した歴史的アートや古典芸術のアートフェアで、去年から始まった。130の参加ギャラリーのうち、106がメインセクションにブースを構え、残り24は、1つのギャラリーが1人の20世紀アーティストを扱うというコンセプトのSpotlightセクションに出展。古代や中世の作品、ブリューゲルやベラスケスといった巨匠の作品から、フランシス・ベーコン、アレクサンダー・カルダー、パブロ・ピカソ、ジャクソン・ポラック等、20世紀アートまで、幅広いタイプの作品が一堂に会した。

残念ながら閉館ギリギリに行ったので、じっくり観察する暇はなかったが、人が多くてごちゃごちゃした感のあるFrieze Londonに比べ、こちらの方が広々としていて落ち着いた雰囲気。終わる間際で人が少なかったせいもあるけれど、時に挑戦的・刺激的でもあるコンテンポラリーアートと比べ、古典芸術や宗教芸術など扱う作品の性質の違いもあるだろう。

Coinciding with and within walking distance of Frieze London, Frieze Masters is the fair for historical art organised by Frieze and started from last year. This year, 130 world’s leading galleries participated, 106 in the main section and 24 in the Spotlight section dedicated to solo presentations of artists of the 20th century. The fair brought different types of art, ranging from the ancient & medieval era and old masters such as Breughel and Velázquez through to art of the 20th century including works by Francis Bacon, Alexander Calder, Pablo Picasso and Jackson Pollock.

Unfortunately I went the pavillion just before the closing time and I didn’t have much time to observe carefully. But in general, in compare to busy and rather chaotic Frieze London, Frieze Masters was more tranquil and serene, not only because there were less people before closing but also due to its unprovoked nature of historical and religious art.

Work by Richard Long in the section of Spotlight, that is dedicated to solo presentations of artists working throughout he 20th century.

ロンドンで人気のポッシュなジャパニーズ・レストラン、UMUのダイニングスペース / London’s popular posh Japanese restaurant UMU had their dining space

Advertisements

Baroque 1620-1800 @ Victoria & Albert Museum

Baroque 1620-1800Baroque 1620-1800

Baroque 1620-1800: Style in the Age of Magnificence」は、ヴィクトリア&アルバート博物館の春の注目の展覧会だ。パリ・ローマで花開いたバロックは、世界に影響を与えた最初のスタイルで、ヨーロッパの帝国主義とローマ・カトリック教会の拡大によって、ヨーロッパをはじめ、植民地のラテン・アメリカ、アフリカ、南アジアに広まった。展覧会は、絵画、彫刻、建築、インテリア、庭園、宗教芸術等、現地文化と融合し、富と力の極端な象徴として作られた、バロックの様々な形態の作品を展示している。バロック形式がデザインされた、深紅の壁紙で装飾された薄暗い展示室は、きらびやかで華美な作品とマッチ、ミステリアスな雰囲気を醸し出し、まるで17世紀にタイムスリップしたかのような気分にさせてくれる。展覧会は2009年4月4日〜7月19日まで開催中。

Baroque 1620-1800: Style in the Age of Magnificence‘ is a Victoria & Albert Museum‘s major spring exhibition. Baroque, flourished in Paris and Rome, is the first global style which spread throughout Europe, colonial Latin America, Africa, and South Asia, in the period of expanding European empires and growing power of the Roman Catholic Church. The exhibition presents various works, which is extreme displays of wealth and power of the rulers, in the form of painting, sculpture to architecture, interior decoration, garden, religious arts and theater costumes, in local tastes of adapted countries. Deep red wall paper with Baroque design in the dark exhibition rooms matches to glittering and dramatic works and creates a mysterious mood, as if I was time-tripping to the 17 century. The exhibition runs from 4 April to 19 July, 2009.

Reblog this post [with Zemanta]