Tag Archives: 宗教

Art under Attack: Histories of British Iconoclasm @ Tate Britain

テートブリテンのArt under Attack: Histories of British Iconoclasm展(10月2日〜2014年1月5日)は、16世紀に始まったイコノクラスム(宗教的聖像やシンボル、遺物等の破壊を伴う聖像破壊運動)から現代にかけて、イギリスにおける芸術への攻撃の歴史を紹介する展覧会。時系列に、宗教・政治・Aesthetics(美的観点)3つのセクションに分かれており、攻撃された絵画や彫刻、写真、書物等の展示を通じ、破壊に至った背景や理由を探求する。

宗教のセクションでは、ヘンリー8世の命により、16〜17世紀にかけて政府が強行したDissolution of the Monasteries修道院解散)に始まり、宗教改革、偶像崇拝を恐れる支配者や清教徒による宗教芸術への攻撃の様子が、頭部を切断されたキリスト像や砕かれたステンドグラス、キリストや聖人の顔がくりぬかれた時祷書などから見て取れる。私たちはイギリスのあちこちにある修道院の遺跡を見て回るのが好きなのだが、廃墟となった修道院には、こういった歴史的背景があったのだ。

政変期における政治的価値観の変化に誘発される政治的イコノクラスムのセクションでは、先の施政者や英雄の像や記念碑の破壊と共に、急進的婦人参政権論者(写真下2番目)による美術館やギャラリー収蔵品への攻撃を紹介する。

芸術への攻撃は、作品や作品の表現内容への不満が動機となることがあるが、最後のセクションでは、メディアでの言論攻撃や個人による破壊行為にさらされたテート収蔵品3点の他、見る者に破壊の様子を体験させるAuto-destructive art オート・ディストラクティブ・アート)や、変容や解体、破壊を表現した作品など、既存のアートを否定するアーティスト側からのアプローチに焦点を当てている。

展覧会のコンセプトはユニークで面白いが、テーマの違うセクションに分かれているせいか、展示自体は中途半端な印象。特に最後のセクションは、先の2セクションと違って、アーティスト自らの行為を取り上げており、全く違う展覧会を見ているよう。ちょっとピンぼけしてしまった感が否めないかな。

展覧会の様子(写真):Dow Jones Architects

Tate Britain’s Art under Attack: Histories of British Iconoclasm (Oct 2 – Jan 5, 2014) is an exhibition exploring the history of Iconoclasm (defined as deliberate destruction of icons, symbols or monuments) and attacks on art in Britain from the 16th century to now. The exhibition examines the movements and causes which have led to assaults on art through objects, paintings, sculpture and archival material in three chronological sections: Religion, Politics and Aesthetics.

The Religion sections presents from state-administered iconoclasm under Henry VIII including the Dissolution of the Monasteries during 16th and 17th centuries to attacks on religious art that began with the Reformation and by later rulers and Puritan reformers who feared idolatry. You can see destructive acts on religion and religious art such as statues of Christ decapitated, smashed stained glass, fragments of the rood screen and a defaced book of hours. Dissolution was a tragic incident to British religious communities, but I fascinated by monastery ruins I have seen throughout the countries.

Political iconoclasm encompasses the examples of attacks on symbols of authority during periods of political change, such as breaking statues and monuments, and attacks on paintings in museums and galleries by the militant Suffragettes (second photo below).

Attacks on art can be motivated by unhappiness with the artwork or the ideas it represents. Aesthetics section explores Tate works subjected to verbal attacks in the press and to physical attacks by individuals, as well as destruction on art by artists themselves, such as Auto-destructive art movement and transformational practices applied by artists.

Concept of the exhibition is unique and fascinating, but overall, the show itself seems a bit superficial to me and the issues are not examined in depth – probably because it consists of three different sections. Especially the last section focused on different perspective from the first two with which I enjoyed, and I felt like seeing two different shows. A bit out of focus.

More photos of exhibition : Dow Jones Architects

キリストや聖人がくり抜かれた、カンタベリー大聖堂のステンドグラス(左:がくり抜かれる前で、右がくり抜かれた後)

The missing figures in Canterbury’s stained glass

婦人参政権論者たちの監視用写真(ナショナル・ポートレート・ギャラリー収蔵)

‘Surveillance Photograph of Militant Suffragettes’ by Criminal Record Office (National Portrait Gallery)

Chair 1969 by Allen Jones

1980年代に国際女性デーの日に攻撃にあった、テート所蔵品・Allen Jones作「Chair(1969)」

Allen Jones’s Chair 1969, damaged on International Women’s Day in the 1980s

Advertisements

Mira Schendel @ Tate Modern



テートモダンで開催中のMira Schendel展(9月25日〜2014年1月19日)は、20世紀のブラジルアート界における最も重要なアーティストの一人で、ヨーロッパのモダニズムをブラジルで再構築した、Mira Schendel(ミラ・シェンデル)の回顧展。1950年代の初期の作品から1987年の最期のシリーズ作品まで、250以上の絵画、ドローイング、彫刻作品が集められている。

1919年にチューリッヒでユダヤ系の両親の元に生まれたシェンデルは、イタリアでカトリック教徒として育てられた。この経験が、後のアート制作における精神的かつ哲学的アプローチに繋がっている。1938年、イタリアでユダヤ人を排斥する法律が成立したことに伴い、イタリア国籍を剥奪され、大学を去ることになったシェンデルは、ユーゴスラビアを経て1949年にブラジルに移住、アーティストとしてのスタートを切る。またインテリのグループに参加、哲学者や精神科医等と交流することによって、美的感覚や哲学についての関心を深めた。初期の頃は、生活のためにグラフィックデザイナーとして働き、本の表紙やポスター、イラストレーション等も手がけている。

シェンデルは多作で多面性を持つアーティストとして知られる。独学で、ジョルジョ・モランディジョルジョ・デ・キリコパウル・クレーなどの作品から静物画、非対称性、建築的構成を学び、彼女の作品には、レトリスムカラーフィールド・ペインティングミニマル・アートコンセプチュアル・アートの要素が見られ、ブラジルのアバンギャルドに衝撃を与えたConcrete art具体芸術)やNeo-concre art(新具体芸術)運動に貢献したが、特定のアートムーブメントには属さなかった。生涯、ブラジルやヨーロッパの詩人や哲学者、神学者たちと交流を続け、宗教や哲学の問題や、物質的・文化的・言語学的置換を作品の重要なテーマとした。また、東洋の宇宙観や中国の水墨画からも影響を受け、水墨画風の作品も制作している。

言葉やイメージの組み合わせ、空間や時間を象徴するらせん形のモチーフ、半透明のライスペーパーの使用などに代表されるシェンデルの作品は、繊細で静謐、そして奥が深い。ブラジル以外ではあまり知られていないのが意外だ。

Mira Schendel exhibition at Tate Modern (Sep 25 – Jan 19, 2014) is a major retrospective of one of the most significant and influential Brazilian artists of the 20th century, Mira Schendel, who reinvented European Modernism in Brazil. The show features more than 250 paintings, drawings and sculptures, from her early paintings during the 1950s to her last series in 1987.

Schendel was born in Zurich in 1919 to parents of Jewish heritage, but grew up in Italy as a Catholic, and this experience contributed to her profoundly spiritual and philosophical approach to her art making. In 1938, she was stripped of her Italian nationality and forced to leave university when anti-Semitic laws were introduced in Italy. After fleeing to Yugosalvia and then Brazil in 1949, she began her career as an artist. She joined an intellectual circle and there explored ideas concerning aesthetics and philosophy. She also worked as a graphic designer, producing book covers, posters and illustrations to make a living at her early career.

Schendel was a prolific and complex artist. Largely self taught, she drew inspiration for her still-lifes, interiors and asymmetrical, architectonic compositions from artists such as Giorgio Morandi, Giorgio de Chirico and Paul Klee. Her works contain elements of Lettrism, Color Field paintingMinimalism and early Conceptual art, but she was never associated with a single movement while having contributed to the Concrete art and Neo-concre art movements that stormed the Brazilian avant-garde. In life, Schendel was an keen reader and continued correspondence with poets, philosophers and theologians throughout Brazil and Europe, and as a result, physical, cultural and linguistic displacement are key themes in her work, together with issues of religion and philosophy. She was also influenced by Far Eastern cosmovision and created works inspired by Chinese painting.

Schendel’s work, characterized by such as combining word and image, using spiral motifs which signify an image and an investigation of space and time, or applying on semi-transparent rice papers, and is rather quiet and delicate yet profound. It is surprising that she is little known outside Brazil!

言葉や詩を探求したシリーズ作品・Graphic Objects。1968年のヴェネツィア・ビエンナーレにお目見えした。

Graphic Objects, a collection that explores language and poetry, first shown at the 1968 Venice Biennale

Still Waves of Probability, 1969

60年代のグラフィックデザイン作品。50年近くも前と思えないモダンさ。

Schendel’s graphic design work in 60s is still amazingly fashionable and modern in present time

Figures & Fictions: Contemporary South African Photography @ V&A

V&Aで4月12日から7月17日まで開催中の「Figures & Fictions: Contemporary South African Photography」を観た。この展覧会では、南アフリカに住み、活動を続ける17人の写真家によって、写真文化が花開いたアパルトヘイト終了後の2000年から2010年に撮影された作品を展示されている。

悪名高いアパルトヘイトが導入された国民党の支配下の1948年から1994年の間、写真は国家によって人種分類を管理するために利用されたが、同時に人種差別法と人種隔離政策下の人々の生活や抵抗の記録としても使われた。現代の南アフリカ人写真家は、新しく生まれ変わった南アフリカ、高い犯罪率と大きな貧富の差を内在しつつも、経済発展と強まる政治的パワーを享受する、民主的で多様な文化を持つこの国に生きる人々を写し出している。Figures & Fiction展に展示されている作品は、階級、政治、人種やジェンダー・アイデンティティ、日常生活、家族、ファッション、宗教、旧植民地としての歴史、そして弱まったとは言え未だに存在する過去の権力(=金持ちエリート白人)など、様々な観点から現代南アフリカの姿を描きだす。

カリスマ的なネルソン・マンデラを筆頭に、自由と平等を求め、少数派の白人による抑圧と戦う多数派の黒人たちといった、ステレオタイプのイメージとは全く違った、変化の途上にある現代南アフリカの息吹を感じられる、カラフルで興味深い展覧会。

I saw an exhibition “Figures & Fictions: Contemporary South African Photography” (April 12 – July 17) at V&A. The exhibition presents the work of 17 South African photographers who live and work in the country and the photographs on display were taken between 2000 and 2010 in post- apartheid period, when vibrant and sophisticated photographic culture has emerged.

Under National Party rule from 1948 to 94 and the implementation of notorious racial segregation, photography was used by the State to manage racial classification, but also served to document resistance and record the lives of people under racial laws and social segregation. The post-Apartheid photographers depict people in ‘new’ South Africa; culturally diverse, and vibrant democratic country with emerging economic and political power, yet facing high crime rate and big gap between rich and poor. The photographs on display addresses the variety of issues that post-Apartheid South Africa facing; class, politics, racial and gender identities, everyday life of people, family, fashion, religion, colonial history, and less dominant yet still existing ‘old power’ in the society.

Colourful and interesting exhibition that you can feel vibe of modern South African in transition. Forget about stereotypical image of the country where majority black South African led by charismatic Nelson Mandela, fighting with unreasonable oppression for freedom and equality!

**********

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information

Dispatches: Post Office Undercover @ Channel 4

チャンネル4のドキュメンタリー・シリーズ、「Dispatches: Post Office Undercover」を見た。Dispatches(ディスパッチズ)は、1987年から続く、時事や社会、政治、健康、宗教等幅広い問題を取り扱う硬派番組で、潜入取材を中心とする。BBCPanorama(パノラマ)も同様の番組だが、30分の放送時間のPanoramaに対し、Dispatchesは1時間なので、より深く題材を掘り下げた考察をしていると思う。

最近はあんまり行っていないけれど、郵便局にはよくお世話になっているので、郵便ネタには非常に興味がある。2004年、05年にも同様の番組があり、郵便物抜き取り等のロイヤルメール内にはびこる問題を暴きだし、その後の調査でロイヤルメールは1000億ポンドの罰金を課された。「Post Office Undercover」では、また2人のリポーターを派遣社員として送り込み、Royal Mail(ロイヤルメール)の主張する「システムの近代化とサービス向上」の成果のほどを探っている。結果は。。。5年前と同じ。充分に訓練されていない派遣スタッフ、故障だらけの配達用トローリー、建物に入る際の不十分なIDチェックとセキュリティの不備、郵便物の盗難、市民の破損や配達の遅れ、サービスの悪さへの怒り、自動仕分けシステム等近代化の遅れ、スタッフのマネジャーや待遇に対する不満とその結果としての職務怠慢、そしてこロイヤルメールの言い訳と番組への逆ギレ等々。13億ポンドをかけたと言われる近代化はどこにも見えず、郵政の専門家も事態の深刻さに警鐘を鳴らしている。

この番組に先立ち、タイムズ紙でも、ロイヤルメールに関する面白い記事を見つけた。タイムズのチームは、宝くじ入り(£1相当)の100通のバースデーカードを全国の宛先に送り、どのぐらいの確率で配達され、配達までにどのぐらい時間がかかるか、そして宝くじはちゃんと封筒に入ったままかを調べる実験を行った。半分はファーストクラスで、そして半分はセカンドクラスで発送(郵便に関する詳細は過去エントリー参照)。そして半分は糊付して、半分は開封したまま封入口を中にたくし込んである。その結果は、宝くじ入りで届いたのが93通、3通は未達だった。92%のファーストクラス扱いは翌日着、98%セカンドクラス扱いは2日以内に配達先に到着した。私は、イギリスでこの数字は上出来だと思うのだが、タイムズ紙の記者は「Royal Mail can no longer be trusted(ロイヤルメールはもはや信用できない)」と手厳しい。ロイヤルメールには、1日5000件の苦情が届くそうだ。私も過去に数回行方不明になった手紙・小包がある。ロイヤルメールの経営陣も、組合との対決が怖くて(イギリスでは組合は非常に力を持っている)、事態改善には及び腰だと言う。

大多数のPosties(郵便局員の愛称)は真面目に、責任を持ってやっているのだろうけれど、これだけ大所帯になると、少数のBad apple(腐ったリンゴ)が混じってしまうのは仕方がない(ロンドン等の大都市では特に)。それよりも、番組を見ていて気づいたのは、マネジャーや経営陣に対する局員の強い不信感とモラルの低さ。自分の職業へのプライドも、ロイヤルメールへの忠誠心も全く感じられない。クリスマス前のスト騒ぎは経営側・組合側の合意の上、解決したとされているけれど、局員の待遇への不満は依然として強く、わざと手抜きをして職務に大きな支障をきたした。BrixtonとTootingという、ロンドンのあまり良いエリアとは言えない場所ではあるのだけれど、ロイヤルメールが職員のモチベーションを上げることができないのが一番の問題ではないかと思う。国民的人気の、Postman Pat(ポストマン・パット:ポンキッキーズのコーナードラマで放映)の良き伝統はどうなってしまったのだろう?

I saw Channel 4‘sDispatches: Post Office Undercover” today.  Dispatches is the current affairs documentary series, started in 1987. The program covers issues such as British society, politics, health, religion, environment, and international current affairs, usually featuring an undercover journalist in an organisation. BBC‘s Panorama is the same kind of documentary series, but the running time of Panorama is just 30 minutes, and Dispatches can dig an issue deeper as it is an one-hour program.

Though I don’t go to a post office as often recently, I go there quite often and am quite interested in the post office related topic. Dispatches went undercover to investigate the Royal Mail, to reveal some problems such as stealing of mails etc in 2004 and 2005, resulting in an enquiry by the postal regulator, followed by a fine of almost £10 million. The program sent two reporters go undercover again to find out if the Royal Mail has delivered on claims that it is modernising and improving its service. The result is… no improvement from 5 years ago; poorly trained agency workers, damaged and defective equipment, inadequate ID check and security, theft from the letters and packages, angry members of the public who have experienced damaged mail, delays and poor service, lack of modernization like automated sorting system, workers’ frustration against pay and working times and the management, sabotage of work as a result,  and the Royal Mail’s same old excuse and criticism against Channel 4 . The claimed modernization costing £1.3 billion is nowhere to be seen, and postal experts raise the alarm against the Royal Mail.

I found an interesting article on the Times few days ago, related to this program. The Times Money team sent 100 birthday cards with a National Lottery scratchcard worth £1 to the addresses across the country, to discover how many of them would arrive, how long they would take, and if any of the scratchcards would go missing: half of the cards 1st-class, and the rest 2nd-second class (see more details in my past entry about the mail service), and half of the envelopes were sealed and half were left unsealed but with the sleeve firmly tucked in. The result is: 93 arrived with their scratchcards and 3 letters did not arrive. 92% 1st class mails arrived the next day, and 98% 2nd class arrived within 2 days. I thought the number is not bad at all as of UK service, but the Times journalist harshly conclude as “Royal Mail can no longer be trusted.” The Royal mail receives 5,000 complaints everyday, according to the Times, and I have experienced missing mails several times in the past.Insiders at Royal Mail say that management’s failure to act is in part rooted in a fear of implementing any measures that might be perceived as unfairly targeting the innocent majority of staff.

Of course, most of the posties do their job seriously with sense of responsibility, but there is no way that few bad apple comes into the large corporation like the Royal Mail (especially in big cities like London). But the most striking issue I find in the program is the strong mistrust among workers against the management, and their lack of motivation. There is no sense of pride to be a postal worker or loyalty to the Royal Mail. Although the postal strike threat before the Christmas was avoided by the agreement between the management and the unions, the frustrated workers failed to met up their job and caused major delays in delivery during the busy season. The post offices where the two journalists went undercover are in Brixton and Tooting, where are not the best areas of London, but I think the biggest problem is the Royal Mail’s lack of leadership to raise the motivation among the workers. Where is the good old proud postmen, like Postman Pat??

Reblog this post [with Zemanta]

Handel’s Messiah @ English National Opera

English National Opera(イングリッシュ・ナショナル・オペラ/ENO)で、ヘンデルメサイアMessiah)を観た。イエス・キリストの生涯を描いたオラトリオの名作・メサイアは、もともとオペラの楽曲ではないのだが、気鋭の演出家・Deborah Warner(デボラ・ワーナー)によって、現代社会を舞台に、ダンスを取り入れたユニークなオペラ作品に仕上がった。衣装も小物も現代風、時折舞台後方のスクリーンに宗教画が映されたり、キリスト教の儀式に使われる小道具が劇中に出てくる程度で、キリストの物語にも関わらず宗教色は強くない。ティーンエイジャーの妊娠はマリアの処女懐胎、天使が羊飼いにキリスト降誕を告げる場面は、お遊戯会で子供たちがその場面を演じる形に、キリストの刑シーンは、若者の喧嘩に変えるなど、原作と繋がりを持たせようとしているが、ちょっと無理があるかも。キリスト教の学校に行っていたので、ある程度の知識はあるのだが、舞台上で起こってることと音楽とどう繋がりがあるのか分からず、後でタイムズ紙のレビューを読んで、ああそういうことだったのかと得心した。

問題は、子役たち。6歳の男の子が常に舞台に出て来て歩き回ったり、握手して回ったりと、彼のせいではないのだが、ちょろちょろされると気が散る。また、学芸会のシーンでは、ウィーン少年合唱団の少年のように澄んだ歌声のソロはとても良かったけれど、それ以外はガキどもが飛んだり跳ねたりしていたり、その姿を親がカメラやビデオカメラを手に撮影しまくったりと、かなり目障りだった。メサイアでは、オペラ歌手以外に、ダンサーを含む44人ものエキストラが使われていたという。セットを出し入れしたり、ただ単に立っていたり寝転がってるだけの人もいて、山も枯れ木のにぎわいじゃないけれど、たくさん人を配置すればいいってものでもないような気がするのだが。

でも、ヘンデルやバロック音楽が好きなので、音楽は楽しめた。ヘンデルを得意とする指揮者のLaurence Cummings(ローレンス・カミングス)率いるオーケストラの演奏はそつがなかったし、ソプラノ、アルトの女性歌手たちの声も素晴らしかった。また、スクリーンに投影された現代社会を表わすビデオ映像(人々がエレベーターを行ったり来たりする場面や工事用クレーンのシルエットなど)や、最終パートで舞台一面に並べられた透明な棺桶など、Tom Pye(トム・パイ)が担当したシンプルでモダンな舞台デザインも、なかなか上出来。今回、イブニング・スタンダード紙割引で、何と£71の席が£10になったので、充分観に行った価値はあった。でもこれが定価だったら、ちょっともったいないと思うかも。

We saw Handel‘s Messiah at the English National Opera (ENO). Messiah was not written for opera, but the director Deborah Warner transforms this oratorio masterpiece into an unique opera work, setting in modern urban life and taking in dance elements. The opera seems to reduce religion to a minimum – costumes and stage sets are modern, except the religious arts occasionally projected on screens and some ceremonial objects used in some scenes. The director tries to make a connection between the original story and this opera, but the attempt unfortunately doesn’t not really work well and quite cheesy: the Virgin Birth becomes teenage pregnancy, the meeting of shepherds and angels is turned into a school nativity play, and Christ’s scourging and Crucifixion translate into a fight among youths. I went to a Protestant school and know a bit about the life of Jesus Christ, but I barely understood the relationship between the music and what was going on on the stage. I figured out the meaning of some scenes after I came back home and read the review by the Times.

The biggest problem for me was the kids in the opera – I know it is not their fault but it was just annoying. A 6 year-old boy was almost always on the stage, walking around, running or sitting down, and it was very distracting. The scene of school play was really irritating as well, except a song by a boy with beautiful clear voice: the kids jumped up and down and the parents took a pictures or filmed with camcorders. It is reported that the opera uses 44 extras other than singers, including dancers. Some people just stand up or lie down – is it really necessary to put useless people on the stage??

However I I like Handel and Baroque music and enjoyed the music a lot: the Handel specialist conductor Laurence Cummings led the orchestra beautifully and voices of the two female soprano and alto singers were truly graceful. The modern and simple stage sets designed by Tom Pye were interesting, such as video footage of modern society (people going up and down on an elevator, or silhouettes of moving cranes) and transparent coffins placed all over the stage at the final part. We got a ticket, original price of £71 for only £10 with Evening Standard promotion – so it was really worth going. But I  would be upset if I paid £71 for the opera…

Reblog this post [with Zemanta]