Tag Archives: 屋敷

National Trust: Hughenden @ High Wycombe, Buckinghamshire

1500エーカーもの緑地に囲まれた赤煉瓦造りのHughenden Manor(ヒューエンデン)は、バッキンガムシャーHigh Wycombeにある、ヴィクトリア朝時代の邸宅。1848〜1881年まで、ベンジャミン・ディズレーリ元首相が別荘として使用していたことで知られる。この間ディズレーリ夫妻は、ヒューエンデンとロンドンにあるいくつかの家を行き来していた。

現在の建物は、18世紀後半に建てられたが、1862年にディズレーリが大幅に改装した。部屋のインテリアや装飾は、ディズレーリ夫妻が住んでいた当時のもので、家族の肖像画や家具、小説家でもあったディズレーリの著作本など、多くの所有物が残されている。

第二次世界大戦中、ヒューエンデンは、コードネーム「Hillside」と呼ばれた秘密基地として、イギリス空軍のスタッフたちがドイツ国土の航空写真を分析し、有名なチャスタイズ作戦を含む数々の爆撃作戦のための地図を作成していた。このため、ヒューエンデンは、ヒトラーの攻撃目標リストの最優先ターゲットの1つだったという。屋敷地下の「Second World War room」では、当時の資料や人々の証言などが展示されている。

Hughenden Manor is a red brick Victorian mansion surrounded by 1500-acre park and woodlands, located in High WycombeBuckinghamshire. It was the country house of the Prime Minister Benjamin Disraeli from 1848 to 1881. He and his wife Mary Anne Disraeli, alternated between Hughenden and several homes in London.

The present house was built towards the end of the 18th century, but the Disraelis had the house remodelled in 1862. The house is decorated as it might have been at the time it was occupied by Disraeli, and contains a collection of memorabilia including family portraits, their own furnishings, a library containing about 4000 books, including a collection of Disraeli’s novels.

During the Second World War, Hughenden was used as a secret intelligence base code-named “Hillside”, and the UK Air Ministry staff analysed aerial photography of Germany and created maps for bombing missions, including the famous “Dambusters” raid. This is the reason why Hughenden was at the top of Hitler’s hit list. You can see their Second World War room in the cellars, with interactive exhibits and eye-witness accounts.

ベルリン会議の資料や地図などが展示された書斎

Disraeli’s office, filled with documentations of Congress of Berlin

メリー・アン夫人は、明るい色、特に青やゴールドを好み、応接間や寝室にこれらの色が使われている。

Mary Anne Disraeli adored bright colours, especially blue and gold. These colours can be seen in the drawing room and bedroom.

防空壕のレプリカ / Replica air-raid shelter

第二次世界大戦中の地図作製の様子を展示した「Ice House(=氷室)Bunker(掩蔽壕)」

“Ice House Bunker” with WWII map makers exhibition

Advertisements

Manor House & Garden in Kent @ Penshurst Place

ロンドンの南東約50kmに位置するPenshurst Place(ペンスハースト・プレイス)は、1341年に完成した中世のお屋敷。かつてヘンリー8世が狩猟小屋として所有、1552年以降はSidney(シドニー)家の持ち物となり、16世紀エリザベス朝の詩人・フィリップ・シドニーもここで誕生した。このマナー・ハウスは、イングランドに残存する14世紀建造物の最も完全な例で、地元で採掘された砂岩で建てられた建物は、大きさの違うブロックを使用することによってできた斑模様が、砂岩に入った奥深い茶色の縞を強調している。写真上は、世界で最も豪華な部屋だと形容されるGreat hall(大広間)。

庭園は、最も古い私有庭園の一つで、エリザベス朝デザインの良い例とされ、多くの部分はエリザベス1世の時代と変わらぬ姿を残している。綺麗に手入れされたお庭では、3000本のバラや色とりどりの花々が咲き誇り、1マイル(約1.6km)に及ぶ長さのイチイの生け垣が続く。1554年のフィリップ・シドニーの洗礼時に植えたとされる樹齢1,000年の「Sidney’s Oak(シドニーのオーク)もいまだ健在。

敷地内の、1836年に作られた馬小屋の一部にある大工部屋を改装して作られたToy Museum(玩具博物館)には、世界から集められた古くてキッチュなおもちゃが展示され、小さいなりにも見応えあり。邸内とお庭をゆっくり観賞した後は、Garden Tea Roomの外の席で、お屋敷を眺めながらお茶をどうぞ。

Penshurst Place, situated in 32 miles (51 km) south east of London, is a medieval house completed in 1341. It was owned by Henry VIII as his hunting lodge, and has been the home of the Sidney family since 1552 and was the birthplace of the 16th century Elizabethan poet Sir Philip Sidney. The manor house is one of the the most complete example of 14th century architecture in England. The house is built of local sandstone and its rich brown streaks are enhanced by the use of different sized blocks to give a randomly mottled effect. The photo above is the great hall, which has been described as one of the world’s grandest rooms.

The garden, with one of the oldest private ownership, is a fine example of Elizabethan design, and much of the garden remains as it was in the reign of Queen Elizabeth I. It has over a mile of yew hedges, 3,000 roses, and 1,000-year old “Sidney’s Oak” – one of the 50 Great British Trees in the country and reputed to have been planted at the christening of Sir Philip Sidney in 1554.

The Toy museum, created out of an old carpenters’ workshop and is part of  a range of ‘Gothic’ stables of 1836, is small, but its antique toys collection from all over the world are worth to visit as well. After strolling around the estate, enjoy a cup of tea at the Garden Tea Room, overlooking the manor house.

イギリス国旗をデザインした庭園 / Garden with Union Jack motif

Castles in Kent: Sissinghurst Castle

イングランドで最も素晴らしい庭園の一つと言われる、Sissinghurst castle(シッシングハースト城)の庭園は、森や小川、そして400エーカーもの農地の中に建つ、テューダー様式の屋敷に付随する。ケントに建てられたれんが造りの大規模建築の先駆けのこの屋敷は、中心の塔と書斎を含む一部施設のみ現存している。

中世初期には堀に囲まれた石造りのマナー・ハウスが建てられたが、15世紀に新しい所有者・Baker(ベーカー)家によって建設された、れんが造りのマナー・ハウスが取って代わった。この大規模なマナー・ハウスは、付随する敷地に囲まれたフランスのシャトーと構造が似ており、この頃イングランド南東部のエリア・ Weald(ウェルド)で最も美しい屋敷と言われた。17世紀にベーカー家が没落した後、七年戦争の最中にフランス兵の捕虜収容所として使われたり、救貧院や敷地で働く使用人の家となったりしていたが、1930年に、外交官で歴史家であったハロルド・ニコルソンと詩人・作家のヴィタ・サックヴィル=ウェスト夫婦に買い取られた後、現在見られるような、20世紀中頃のイギリス庭園を代表する庭園に生まれ変わった。1967年よりNational Trustナショナル・トラスト)によって所有・管理されている。

私たちが訪れたときは、色や香り等テーマごとに植物が植えられた各庭園の花の盛りで、たくさんの人が花々を愛でながらゆっくり歩いたり、しょっちゅう立ち止まったりするので、歩くのもままならなかった。でも庭園の外の、広大な敷地をぐるっと歩いて回れる1マイル(約1.6キロ)の散歩道は人気も少なく、ケントの田舎の風景を満喫できる。またここのギフトショップは洗練された商品が揃っていてお薦め。

The Sissinghurst castle garden is said to be one of the best gardens in England. It is in the ruin of an Elizabethan house, set in the middle of its own woods, streams and 400 acres of farmland. Sissinghurst was one of the first large houses built of brick in Kent, but only the service range and the central tower survived today.

During the early middle ages a stone manor house surrounded by a moat was built on the land. It was replaced by a new brick manor house in the 15th century by a new owner, the Baker family. This Elizabethan house was known as one of the most magnificent houses in the Weald. The house was very similar to a French chateau, a large manor house surrounded by an accompanying estate.

After the Baker family collapsed in the 17th century, it was used as a prison camp for French prisoners or war during the Seven Years’ War, a Union Workhouse, and homes for farm labourers. In 1930, the castle was purchased by Harold Nicolson, the writer and diplomat, and Vita Sackville-West, poet, novelist and gardener, who created the garden which is a good example of the English garden of the mid-20th century. In 1967, the National Trust took over the whole estate.

The flowers in the gardens were in full bloom and there were army of people when we went. We could barely walk through each garden ‘room’ with different planting scheme, colour and scent, as people walked slow like a snail and stopped constantly while enjoying those beautiful flowers. But only few people took 1-mile circular walk within this huge estate outside the gardens, and it was really nice. We also love their gift shop with a variety of nice stuffs.

ケント各地で見られるoast(ホップ・麦芽などの乾燥がま)/ An oast with white tops – typical view in Kentish countryside.

Castles in Kent: Leeds Castle

ロンドンの南東に位置するケント州は、一番端のドーバーマーゲートでも車で2時間弱と、ロンドンからの日帰りや短期旅行にぴったりの場所。英仏海峡トンネルを渡ってやってくるヨーロッパ人も多く、私たちが訪れた時も、駐車場には、オランダやドイツ、ベルギーナンバーの車がたくさん停まっていた。お隣の国なのに、意外にフランス人は少ない。恐らくこの肌寒いイギリスじゃなく、どこかのビーチで寝転がって、肌でも焼いているのかな。

今回の小旅行の最初の訪問地は、イングランドで最も美しい明媚なお城の一つで、「loveliest castle in the world(世界で最も美しいお城)」とも称されるLeeds Castle(リーズ城)。湖に浮かぶ2つの島にまたがるこのお城は紀元1119年に建立、多くの王室や貴族の住まいとして、また要塞、刑務所、病後療養所としても使用された。最後の私的所有者であったLady Baillieレディ・ベイリー)は、1926年にリーズ城を購入したのち、インテリアを全面的に改装し、優雅なお屋敷に生まれ変わらせた。

敷地内はお城や庭園の他、お城が一望できるレストランやカフェ、ショップ、世界中から集められた100種以上の鳥が見られる飼鳥園、洞窟のあるmaze(迷路庭園)、イギリス唯一の犬の首輪博物館、子供の遊び場、ワイン用ブドウ園、果てはゴルフコースまである。ただ、ゴルフコースがお城のすぐ横にあるのはいただけない。また湖上からお城を眺められるBlack Swan(黒鳥:このお城のシンボルでもある)フェリーボートや、入口からお城を結ぶElsie(エルシー)castle trainもあり、いようと思えば一日中いられるほど盛りだくさんなだけに入場料も高く、大人一人 £18.50なり。私たちはお城と庭園以外は興味がないけれど、手入れの行き届いたこの美しいお城は高額の入場料に値する。

Kent is a county situated in southeast of London. To reach the furthest towns such as Dover and Margate takes less than two hours from central London, and it is perfect place for a day excursion and a short trip for Londoners. There are also many European tourists coming through Channel Tunnel, and we saw many cars from Netherlands, Germany and Belgium around there. Not many from closest neighbor France – probably French would prefer lying down on the beach and getting tan to going around chilly and cloudy British isle.

The first stop for our trip this time is the Leeds Castle, setting on two islands and one of England’s most picturesque castles, often described as the ‘loveliest castle in the world.’ Dating back to 1119,  it has been home to royalty and nobles, as well as being used as a garrison, a prison, and a convalescent home. The last private owner of the castle was Lady Baillie, who purchased it in 1926 and refurbished its interior to transform the castle into an elegant country residence. She generously opened this gorgeous residence to the public in 1976.

Other than the magnificent castle and beautiful garden, the castle grounds have many other attractions, though some of which are not of our interests: a restaurant, kiosks and souvenir shops; an aviary housing over 100 species of birds from all over the world; a maze with a grotto; UK’s only museum of dog collars; kids’ playgrounds; its own vineyard; and even a golf course, though it is ugly to see it right next to the castle. There are also the Black Swan (a symbol of this castle) ferry boat and the ‘Elsie’ castle train that connects the main entrance and the castle, for alternative ways to explore the estate. All these attractions don’t come cheap – £18.50@adult. We are only interested in the castle and garden,but it is worth to pay up the high price to see this beautiful castle and its estate well taken care of.