Tag Archives: 展示

Dieter Rams Exhibition @ Design Museum

デザイン・ミュージアムで、3月9日まで開催中の「Dieter Rams」展を見てきた。ドイツ人プロダクトデザイナーであるDieter Rams(ディーター・ラムス)は、20世紀後半で最も影響力のあるインダストリアルデザイナーの一人に数えられる。ラムスは1955年に独・家電メーカーのブラウン社に入社。1961年にデザインのチーフ・デザイナーに就任し、1998年の定年まで40年以上に渡って500以上の製品をデザイン・監修した。シンプルだけれどもエレガントで、機能的な彼のデザインは、インダストリアルデザインにおける「機能主義」派に分類される。

この展覧会では、ラムスの手がけたブラウン社と家具メーカーのVitsœ社の製品とともに、アップル社や無印良品、深澤直人等、彼の影響を受けた、現代のデザインも展示されている。簡潔で無駄がなく、気をてらわないラムスのデザインは、時が経っても飽きがこないから、壊れるまで安心して使える。自己主張しすぎず、他の製品ともしっくりくる。これぞプロダクトデザインの鑑。展示スペースもすっきりとモダンにデザインされており、なかなか見応えのあるデザイン展だ。

I saw the Dieter Rams exhibition (until March 09) at the Design Museum. The German product designer Dieter Rams is one of the most influential industrial designers of the late 20th century. Rams joined the German consumer electronics manufacturer Braun in 1955, where he became chief of design in 1961. He had designed and supervised more than 500 products in over 40 years, until his retirement in 1998. His design, simple but elegant and functional, is categorized as the Functionalist school of industrial design. The exhibition presents Rams’ landmark designs for Braun and furniture manufacturer Vitsœ, as well as his influence on today’s design such as products by Apple and Muji.

Rams design is clean, straightforward, and enduring, so we can use it until it gets broken, without getting tired of it. It doesn’t scream out for an attention, and fits to anything, anywhere. This is a model product design. The exhibition space is well organized and nicely designed – it is worth a visit if you like modernism.

Reblog this post [with Zemanta]

New Medieval & Renaissance Galleries opens @ Victoria & Albert Museum

Vodpod videos no longer available.

7年もの年月と3170万ポンドをかけてようやく完成した、ヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)の新しいMedieval & Renaissance Galleries中世ヨーロッパルネサンス・ギャラリー)が今日12月2日にオープンした。私は、華やかでいて素朴なタッチの、この時代のアートが好きなので、このギャラリーのオープニングを楽しみにしていた。計10室のギャラリーには、ローマ帝国の没落からルネッサンス時代の終わりまで、紀元300年から1600年頃までの美術品約1800点を展示。繊細な彫刻や本等の小さなものから、教会の内部、ステンドグラスや階段等、イングランドで作られた美術品からスペイン、フランス、ドイツ、イタリア等の芸術品まで、幅広いコレクションからは、当時のヨーロッパの芸術と文化を垣間見ることができる。ゆっくり観ていると一日がつぶれそうな、見応えたっぷりのギャラリーだ。ルネサンス時代の芸術はよく知られているけれど、文化が停滞した「暗黒時代(the dark ages)」と呼ばれる中世にも、宗教美術等を中心に、素晴らしい芸術が存在していたのだなと感心。

The Victoria & Albert museum (V&A) opens its new Medieval & Renaissance Galleries today, after spending 7 years and £31.7m of cost. I was looking for its opening, as I like lavish but realistic and simple medieval art.  The 10 galleries occupying 2 floors are filled with more than 1,800 objects from AD300 to 1600; the fall of the Roman Empire to the end of the Renaissance period. From small objects like sculptures and books to large artifacts such as church interiors, stained glasses and staircases, a wide variety of the collection range from the objects from Spain, France, Germany and Italy, to abundant works of art made in England, and it tells the story of European art and culture of the periods. You can spend many hours just looking at these beautiful masterpieces in the gallery. Renaissance art is widely known but I was impressed that magnificent artworks and crafts, especially religious art, also existed during the middles ages, often called “the Dark Ages,” – a period of cultural decline.

9月頃、まだ工事中だったギャラリーを見学する機会があった。既にいくらか展示品が置いてあったものの、まだ足場や木枠がそこら中に置いてあって、こんなに素晴らしいギャラリーに仕上がるとは全然予想できなかった。さすがV&A、イギリスを代表する美術館の一つだけあって、素晴らしいギャラリーに仕上がっている。1,800もの美術品が置かれているのに、すっきりレイアウトされていて広々としており、心が落ち着く。他の多くのイギリスの美術館・博物館のように、このギャラリーも入場料無料。Heritage Lottery Fund(歴史的建造物等の国民的遺産を保護するための、宝くじ収益金)から£975万ポンドの援助があった他は、全て寄付金でまかなわれたそうだ。さすが、芸術や歴史的遺産の保護に熱心な国民性だけある。本当に素晴らしいギャラリーなので、中世やルネッサンス美術に興味がなくても、機会があればぜひ行ってみてください!

We had a chance to observe the galleries under construction in September. There were some works already there but there are wooden frames and construction materials all over, and I never thought it would be transformed to such a magnificent and elegant galleries. That’s V&A – everything they do is always impressive! It is amazingly spacious, though the galleries contain almost 2,000 artifacts, and truly tranquil. And the admission is absolutely free (though some amount of donation is suggested), as many other British museums and galleries! Other than £9.75m grant from the Heritage Lottery Fund, the cost of making the galleries was covered by donations. It is highly recommended to visit the gallery, no matter if you are interested in Medieval & Renaissance art or not – it is spectacular, and I liked it a lot!

Reblog this post [with Zemanta]

Design Real @ Serpentine Gallery

Design Real(デザイン・リアル)」は、サーペンタイン・ギャラリー初のデザインをテーマにした展覧会。ドイツ人プロダクト・デザイナーKonstantin Grcicコンスタンチン・グルチッチ)に展覧会のオーガナイズを依頼、この10年間に大量生産された、日常生活の中で使用されている、「リアル」で実用性のある、優れたデザインの製品43点が集められた。家具や家庭用品から技術的製品・産業機器までを網羅した展示品43点のうち、深澤直人加湿器安積伸メガフォン京セラのナイフDaiwaのルアー、タタメット、ヤマハのEZ-TP、三宅一生のA-POCの7点が日本の製品だ。

これらのアイテムの配置・展示方法も、グルチッチが担当。デザイナーらしい、ユニークな展示も特徴だ。通常の展覧会と異なり、展示品には、椅子、ベッド、ほうき等のカテゴリー以外、商品名を含めていっさい説明はない。展示品について知りたければ、無料展示ガイド(下の写真の「Design Real」と書いてある紙の裏)の作品リストの他、ベンチ代わりとなる砂袋が円形に積まれたギャラリー中央の部屋に設置されたアマゾン・キンドル(電子ブックリーダー)から、展覧会専用のウェブサイトwww.design-real.comにアクセスすれば、詳細を知ることができる。

普段見過ごしがちな、日常生活の中のデザインを取り上げるというコンセプトは、アート専門のギャラリーとしては画期的なのだろうが、デザイン・ミュージアムあたりが企画しそうな展覧会で、デザイン界では目新しいものではない。また43点と言う展示品数も、見終わった後にこれだけ?という感が否めず、大規模デザイン・ショップの方がより充実してるんじゃないかと思う。色々な種類の製品を一個一個展示するより、一つのカテゴリーに絞って、例えば、世界から良いデザインの椅子を一堂に集める、という企画の方が面白いんじゃないだろうか。ちょっと批判的になってしまったが、展覧会のウェブサイトは、よくできていると思う。白と黒のシンプルなデザインもスタイリッシュだし、知りたい製品をクリックすると、製品説明、会社説明、デザイン、歴史等、情報が盛りだくさんで、ゆっくり時間をかけて見てみたくなるウェブサイトに仕上がっている。

Design Real is the Serpentine Gallery’s first exhibition dedicated to design. The gallery invited German product designer Konstantin Grcic to curate this exhibition of contemporary product design. The exhibition presents a total of 43 ‘real’ items produced in the last decade: a wide range of mass-produced products that have a practical function in everyday life, from furniture and household products to technical and industrial innovations.

Grcic was also in charge of the gallery space and his unique exhibition style is worth to mention. There is no information about the product whatsoever except its category, such as chair, broom, and bed, – no product name, no explanation, nothing. If you want to know more than that, a piece of free exhibition information (printed “Design Real” in the photo below) can give you very basic information such as product name, designer, manufacturer, or you can access its dedicated internet site www.design-real.com via Amazon Kindles, sitting on the sandbags piling up in circle in the dark room in the center of the gallery.

The concept of exhibition, to focus on the design of everyday life objects maybe groundbreaking for an art gallery, but it is common project that place like Design Museum would plan or have planned already, and nothing new to the design world. Though Serpentine is a small gallery but still only 43 items barely fill up the space and we were like “that’s it??” after we saw everything –a large design shop may do a better job than this exhibition. Maybe they should have focused on one category instead of presenting so many categories of products: for example, to show 43 well-designed chairs from all over the world would be more impressing. However, I have to admit that their website is well-done – black and white simple but sophisticated interface design, and its abundant information about the items, manufacturers, designs, histories are well worth to take time to explore.

Reblog this post [with Zemanta]