Tag Archives: 教会

‘The Da Vinci Code mural’ at ‘Cocteau Chapel’ @ China Town

ジャン・コクトーが描いた壁画のあるNotre Dame de France(ノートルダム・ド・フランス)教会のことを知ったのは最近のこと。ロンドンの住人の間でもほとんど知られていないフランス系の小さな教会のことが、日本のガイドブックに載っていたと、ロンドンに旅行に来ていた旧友が教えてくれたのだ。思うと、偶然が重なって、この教会に行き着いた。春にコート・ダジュールを旅行した際、マントンコクトー・ミュージアムと、コクトーが1957年に壁画を描いた、ヴィルフランシュ=シュル=メールにあるサン=ピエール礼拝堂を訪れたのが最初。その後、何年も前に友人に譲ってもらったのに開かずにいた、ダン・ブラウンダ・ヴィンチ・コードを何故か読み始めたのだが、ダ・ヴィンチ・コードで、コクトーがシオン修道会歴代総長の一人として取り上げられ、このロンドンのノートルダム・ド・フランス教会が一時舞台となっていたことは、全然知らなかった。そして、20年以上ぶりに会う友人からの情報。特段、コクトーファンでもないのだが、この数ヶ月の間にコクトー関連の出来事を幾つも経験したことに、少し驚いている。

この「コクトー・チャペル」は、チャイナタウンとレスタースクエアの間の小さな通り、知る人ぞ知るPrince Charles Cinemaのすぐ側にある。中に入ると、多くの男性が頭を垂れて座っている。最初、なんて信心深い人たちだろうと思ったのだが、よく見ると場所柄か、ホームレスか酔っ払いが、入場無料の教会で居眠りしていただけだった。

ロンドン駐在のフランス文化アドバイザーに請われて、コクトーが教会内に壁画を描きにロンドンにやってきたのは、1959年11月。戦時中の爆撃による教会の修復工事中に、たったの9日で壁画を完成させたそうだ。聖母マリアに捧げたという壁画は、受胎告知キリスト磔刑被昇天の3枚のパネルで構成され、入口正面のメインの祭壇ではなく、左側の防護用ガラスに覆われた小さなスペースにある。中程にあるキリスト降誕を描いたモザイクはコクトーの作品ではなく、ロシア人アーティストのBoris Anrepのもの。コクトーがアルファベットの「M」を配したパネルでモザイクを覆ってしまったため、2003年のクリーニングの最中に再発見されるまで、教会自身もその存在を何故か知らなかったという。残念なことに、現在「M」パネルは祭壇から外され、物置のような近くのスペースに飾られている。

防護ガラス越しではかなり見にくいのだけれど、近年いたずら書きされ修復せざるをえなかったことを考えると、仕方がないのかもしれない。黒い太陽の周りに光の輪が加えられ、コクトーの署名の下に、自身の署名かどうか分からないが「T_A*」と書かれていたそうだ。幸い表面に埃がたまっていたため、最悪の事態は逃れ、昨年修復が終わった。

コクトーの壁画には、通常カルトのシンボルである黒い太陽や青いバラなど、通常の教会では使われないシンボルやサインが描かれている。また、レオナルド・ダ・ヴィンチの最後の晩餐の中で、キリストの腕とキリストの横にいる人物(ヨハネというのが通説だが、マグダラのマリアとの説も)が「M」を形作っているように見えること、そしてMがマグダラのマリアの暗示しているようにもとれることなど、ダ・ビンチコードを読んだ後では、全てが謎めいているように思える。そのため、コクトーの壁画への落書きが、シオン修道会または、敵対するオプス・デイのメンバーだとする陰謀説も根強い。

何を言っているかさっぱり分からないと言う方、ダ・ヴィンチ・コードを読んで、その後West End Extraの記事が取り上げている陰謀説を読むと、色々想像が膨らんで面白いですよ。

→コクトーの壁画の詳細と落書きされた様子はInternational Timesサイト
I happened to know about this mural with coloured line drawing by Jean Cocteau in a small church of Notre Dame de France, from my friend from Japan visiting London. Several things related to Cocteau that I’ve experienced in few months are pure coincidences to me. First, I went to Côte d’Azur in Spring and visited Cocteau Museum in Menton as well as Chapelle Saint-Pierre (Saint Peter’s Chapel) in Villefranche-sur-mer, restored and decorated by Cocteau in 1957. After the trip, I started to read Dan Brown‘s famous The Da Vinci Code, many years after a friend of mine gave it to me, without knowing Cocteau is mentioned in the novel as one of the Grand Masters of Priory of Sion and his mural at “Cocteau Chapel” in London. Then my friend whom I haven’t met over 20 years told me about the chapel.

“Cocteau Chapel” is located on a quiet side street between China Town and Leicester Square, next to the Prince Charles Cinema. When I entered the chapel, I saw quite a lot of people sitting with their heads down on church chairs. I thought how religious they were, but I was wrong. They were probably homeless or drunk, just getting a sleep in a church with free entrance.

Cocteau came to London to paint the murals in Our Lady’s chapel with a request by France’s cultural adviser in London, during a restoration of the church due to wartime bomb damage. He finished this work just 9 days in November 1959. Cocteau’s mural is not behind the mail altar, but in a small corner on the left, protected by glass windows. The murals, dedicated to the Virgin Mary, are consist of 3 panels: the Annunciation, the Crucifixion and the Assumption. Mosaic of the Nativity on the altar is not by Cocteau, but by the Russian artist Boris Anrep. Cocteau covered the mosaic with his ‘M’ panel, and the Church didn’t know about the mosaic for some reason, and rediscovered it in a 2003 cleaning operation. Now Cocteau’s panel was removed for the respect to Anrep, and is hung nearby space, sadly surrounded by some junks.

I couldn’t see the mural well through the protecting glasses, but probably it is necessary as the mural had to go through restoration due to the recent vandalism: someone painted a light circle around the black sun, and added “T_A*” under Cocteau’s signature. Luckily the dust accumulated on the surface protected the mural from total destruction.

This Cocteau’s mural include some unusual symbols and signs, and stir  speculation of its meaning, such as the blue rose at the bottom of the crosswhich is a well-known occult symbol as is the black sun. ‘M’ altar panel may refers to Leonardo da Vinci’s Last Supper with M-shape made by the arms of Jesus and the figure on his right, or initial of Mary Magdalene. The vandalism over the mural also caused conspiracy theories suspecting that it was done by a member of Priory of Sion or Opus Dei.

You don’t know what I am talking about? It is too complicated to explain here, so if you are interested, please read The Da Vinci Code and then the West End Extra’s article about conspiracy theories.

→Also see International Times website for detailed descriptions of the mural and photos before the restoration.

コクトーの自画像(右下)/ Cocteau’s Self-Portrait (bottom right)

Advertisements

One Sunny Day in Greenwich

5月も終わり近いというのに季節が逆行、寒くて曇り空ばかりの日が続くロンドン。ちょっと古い話になるけれど、春らしい日が続いた約2週間前のある日、ロンドン南東部のグリニッジに足を伸ばした。グリニッジ平均時の基準都市として名前は知っていたけれど、長年ロンドンに住んでいるにも関わらず、この世界遺産となっている街に行ったのは恥ずかしながらこれが初めて。あいにく午後遅く着いたので、有名なグリニッジ天文台カティーサーク号等中には入れず、周囲の散策だけで終わってしまった(恥)。見所全て説明すると長ったらしくなるので、詳細はリンクをクリックして、Wikipediaを参照してください。

It is almost the end of May, but it has been cold and cloudy in London these days. Where is the spring sun?! About two weeks ago, the city had experienced brief moment of sun and warm days, so we went to Greenwich, South East London. I know the name of the town since I studied Greenwich Mean Time at school, but we’d never been there during all these years of living in London, and incredibly this was the first time for us to visit this World Heritage Site (I know it’s a shame). Unfortunately we couldn’t go inside of the historical monuments such as Cutty Sark and Royal Observatory, as we arrived late afternoon, but just walked around the Greenwich Park. Another embarrassment… It would be too long if I explain all the places of interest, so please click a link and check Wikipedia for more details.

現存する唯一のティークリッパー船、カティーサーク号。中国からイギリスへ紅茶を運ぶのに使われた。保存のため大規模な修理と整備を行っていた2007年に火災が起き作業に遅れが出たが、2012年4月に一般公開が再開された(詳細)。

Cutty Sark, a British tea clipper ship that carried tea from China to UK. The ship was badly damaged by fire in 2007 while undergoing conservation, but the vessel has been restored and was reopened to the public in April 2012.

グリニッジ子午線(経度0度)における平均太陽時mean solar time)を指すグリニッジ平均時を定めたグリニッジ天文台1990年にケンブリッジに観測機関が移転した後は、National Maritime Museum(国立海事博物館)の一部として、天文観測や航海用具などを展示している。

Royal Observatory, known as the location of the prime meridian. After the observatory moved to Cambridge in 1990, a part of the buildings is used as a museum of astronomical and navigational tools, which is part of the National Maritime Museum.

経度の基準(0度)を示す、昔のグリニッジ子午線

Old Prime Meridian line, indicating longitude 0°

グリニッジ天文台の門に取付けられた、24時間時計のShepherd gate clockと、ヤードフィートなどイギリスで使われている長さの単位の指標

The Shepherd gate 24-hour clock and standard lengths on the wall of the Royal Observatory

グリニッジ・パークの丘からの風景。カナリー・ワーフO2アリーナが見渡せる

View from a hill in Greenwich Park, overlooking Canary Wharf and O2 Arena

Greenwich Hospital(グリニッジ病院)として使われていた、Old Royal Naval College旧王立海軍大学)(写真上3枚)

Old Royal Naval College, formerly Greenwich Hospital (3 photos above)

Queen Mary Court内のチャペル(写真上2枚)

Chapel, housed in the Queen Mary Court (2 photos above)

Kahaila Café @ Brick Lane

ブリック・レーンに今年6月末にオープンしたカフェ・Kahaila Café。最初に通りがかった時は、その名前からハワイアン・カフェか何かかな?と思ったけれど、違った。「Kahaila(カヒラと発音)」は、ヘブライ語でコミュニティを意味する語「Kahila」に、同じくヘブライ語「Chaim(生活・生存の意。時にhaiと綴られる)」の「hai」をかけあわせた、オーナーの造語。ヘブライ語が語源でも、ジューイッシュ・カフェでもない。なんと、このカフェのオーナーは、「Life Church」というキリスト教系の教会で、様々な活動やイベントを催す場としてのハイクオリティなカフェを通じて、ブリック・レーン界隈の信者たちが互いに交流できるコミュニティを作る事が目的なのだという。

でも、キリスト教信者じゃなくてもご安心を。カフェには宗教色が一切ないし(実際教会運営のカフェだなんて思いもしなかった)、誰もあなたを改宗しようと近づいてきたりしない。明るくて広くて居心地の良い空間で、ただ座ってリラックスして、ここの美味しいサンドイッチやケーキを楽しんで。

This is Kahaila Café on Brick Lane, opened late June this year. When I passed by in front of it, I thought it was Hawaiian café or something, because of its name. But it’s not. ‘Kahaila (pronounced Ka-hi-la)’ is coined with the hebrew word ‘Kahila (community)’ and another hebrew word ‘Chaim (living or life)’, sometimes spelt ‘hai’ which is placed it in the middle of ‘Kahila’. Is this Jewish café, then? No either. The owner of the café is a unconventional Christian church called Life Church, aiming to to be a missional community that reaches out to the young people who congregate in the area of Brick Lane, through running a high quality cafe that hosts a diverse programme of activities to develop community.

However, don’t worry even if you are a non-church gower, non-Christian or even an atheist – nothing religious in the café (no cross, no Jesus Christ etc) – in fact, I was surprised to know that the place is owned by the church. And nobody bothers to convert you. Just sit down, relax and enjoy delicious good-quality sandwiches and cakes in this friendly & spacious café with cozy and laid-back atmosphere.

生ハム,モッツァレラ、ルッコラのサンドイッチとサラミ,ブリー・チーズ、トマトのサンドイッチ(各£4.00)

Parma ham, mozzarella & rocket sandwich and salami, brie & tomato sandwich (£4.00 each)

Italian Deli in Clerkenwell Road 1: Terroni of Clerkenwell

昔イタリアからの移民が多く住んでいたロンドンの「リトル・イタリー」、Clerkenwell(クラーケンウェル)。イタリア統一の功労者、ジュゼッペ・マッツィーニも、イギリスに亡命していた頃、この辺りに住んでいたらしい(詳細)。イギリス最古のイタリアン・カソリック教会・St Peter’s Italian Churchなど、このエリアには今でもその頃の名残があるのだが、Clerkenwell Road沿いにイタリアン・デリが2軒あるので、今日明日と一軒ずつ紹介します。

最初は、St Peter’s Italian Churchの横にある、1878年オープンのイギリス最古のイタリア食料品店・Terroni of Clerkenwell。以前はTerroni & Sons、またはL Terroni & Sons、はたまたLuigi Terroni & Sonsという名前だったのだが、現在、表にはTerroni of Clerkenwellとある。ちなみにMいわく、イタリア語で「terroni(terroneの複数形。農民の意)」は、南イタリア人に対する侮蔑の言葉らしい(失礼に当たるといけないので、英語では書かない)。2007年に一度閉店していて(噂では、家主である教会と何か問題があったらしい)、4年以上たった今年2月に再オープン。綺麗に改装され、スペースも倍増した。

入って右手はパスタやオリーブオイル、トマト缶などの食料品売り場。奥は、ハムやチーズ、ケーキなどを売るデリカウンター、手頃な物から高級品まで多くのイタリアワインが並ぶ大きな棚、そしてパニーニやケーキ、コーヒーなどが頂ける、明るくゆったりしたイートイン・コーナーもある。今後、ラザーニャやパスタなど、温かい食べ物もメニューに入れる予定とのこと。

→詳しくは、ロンドン在住イタリア人のこの方のブログ(英語)で。

Terroni of Clerkenwell
138 Clerkenwell Road, Clerkenwell, London EC1R 5DL
tel: 020 7837 1712

 

Clerkenwell is known as London’s ‘little Italy’, where was a huge influx of Italians  in search of work from the early 19th century. Giuseppe Mazzini, who was one of the most important figure in unification of Italy, also lived in this neighborhood during his political asylum in UK (more info). There is the UK’s oldest Italian church, St Peter’s Italian Church, in the heart of Clerkenwell, and still some Italian feel is in the area. There are two Italian delicatessens on Clerkenwell Road, so I introduce one today and another tomorrow.

The first one is the oldest Italian deli in UK, opened in 1878, next to St Peter’s church. I remember it was called Terroni & Sons, L Terroni & Sons, or Luigi Terroni & Sons or whatever, but now you can read “Terroni of Clerkenwell” on its storefront. It closed its door once in August 2007 (it is rumored that there was some trouble with the church, the landlord), and after more than 4 years, beautifully refurbished and reopened with the doubled space.

There is a food corner with pasta, tomato cans, olive oils and other essentials on the right, and on the left, a deli counter with ham, cheese, and dolce, as well as large shelves with a sizable selection of affordable to expensive Italian wines. There is also a relaxing eat-in space with British and Italian newspapers. It is said that they’ll soon start to make hot food like lasagne and pasta. Can’t wait to try their new menu!

→ more details: “Shitty country”? MA ANCHE NO! blog

Laystall Streetにあるュゼッペ・マッツィーニを記念した 飾り板  / A plaque of Giuseppe Mazzini on Laystall Street

“Treasures of Heaven” Exhibition @ British Museum

Vodpod videos no longer available.

中世キリスト教の重要美術品を集めた大英博物館の新しい展覧会「Treasures of Heaven: saints, relics and devotion in medieval Europe」(6月23日〜10月9日)が先週始まった。大英博物館のコレクションに加え、バチカン、ヨーロッパの教会の宝庫、アメリカやヨーロッパの美術館など40以上の団体から集められた、キリストや聖人、殉教者の遺物を納めた聖骨箱など、150以上もの貴重な美術品が展示されている(展示品写真)。大英博物館によると、イギリスでまとまった数の宗教美術品が一堂に見られるのは、イコンの破壊が広く行われた16世紀の宗教改革の時以来だそう。

展示されている主な遺品は、Crown of Thorns(キリストのかぶせられた荊冠)の一部だとされる3本の刺、十字架の一部、聖ブラシウスの足(写真)、聖母マリアの母乳、聖ヨハネの髪の毛、最も古いものの一つであるキリストの自印聖像など。それらが納められている、銀や金細工の施された聖骨箱の素晴らしいこと。後期ローマ帝国時代に始まり約1000年に渡る中世に作られたこれらの美術品は、それ以降の時代の精巧さに比べて少し荒削りだったりするけれど、深い信仰心と職人たちの情熱が伝わってくる。ドーム(クーポラ)を模した少し薄暗い展示室も雰囲気満点。静謐な心持ちになれる。

British Museum‘s new exhibition, just started last week, is “Treasures of Heaven: saints, relics and devotion in medieval Europe” (June 23 to October 9), featuring over 150 sacred treasures of the medieval age. In addition to the British Museum’s own pre-eminent collection, the important relics of Christ and the saints and other artifacts were drawn from more than 40 institutions including the Vatican, European church treasuries, museums from the USA and Europe (photographs of treasures). British Museum website says that religious treasures have not been seen in significant numbers in the UK since the Reformation in the 16th century, when iconoclasm was widely observed throughout England.

Relics featured in the exhibition include three thorns thought to be from the Crown of Thorns, fragments of the True Cross, the foot of St Blaise (photo), the breast milk of the Virgin Mary, the hair of St John the Evangelist, and the Mandylion of Edessa (one of the earliest known likenesses of Jesus). How graceful and exquisite the ornate reliquaries containing those relics are! Those religious treasures, produced during Middle Ages which started from the late Roman period and lasted 1000 years, are not necessarily as elaborate or fancy as those of the later periods, but you can feel strong faith and passion of the craftsmen of the age. The dome-shaped dark exhibition room, is solemn and serene, and make everyone feel calm and peaceful.

The Bathhouse Café/Restaurant/Bar @ Bishopsgate Churchyard

昨日、NOWに行った後、食後のお茶(Mはエスプレッソ)をするカフェを探していて偶然見つけた「The Bathhouse」。「バスハウス」という名前から推測できるように、Bathhouseは、ビクトリア朝時代の1894〜95年に建てられたトルコ式浴場(詳細はここから)を、カフェ/レストラン/バーに改装したもの。どうりで、装飾やディテールがエキゾチックだと思った。1階のカフェは、アンティークの家具で飾られ、昔懐かしいレコードプレーヤーから古い音楽が流れている。極小の店ながら、居心地がいい。入った事はないけれど、レストランはもっと豪奢で異国情緒溢れる感じ(写真はウェブギャラリーのThe Bathhouseをクリック)。メニューを見ると、ブリティッシュ/ヨーロピアン料理を出すお店みたい。

隣は、オフィスビルに囲まれた、英国国教会に属する小さな教会、St Botolph-without-Bishopsgate。敷地内の芝生の上やベンチには、仕事の合間に一息する人たちや日向ぼっこする若者たち。スーツ姿のビジネスマンたちが行き交う、喧噪溢れるビジネス街・シティの小さなオアシスだ。こんな場所がシティにあるなんて知らなかった。

After we ate at NOW yesterday, we happened to find the Bathhouse while we were looking for a café. The Bathhouse is a café/restaurant/bar, sitting in an old Victorian Turkish Bathhouse built in 1894-95, as its name suggests (more details are here) – that’s why its exterior and details are sort of exotic. Ultra small but comfy café space on the ground floor is filled with antique furniture and nostalgic songs are coming out of an good old record player. I haven’t seen actually but the restaurant, offering British/European dishes, looks magnificent with impressive oriental decor (click “The Bathhouse” on their web gallery for photos).

Next to the Bathhouse is an small Anglican church, St Botolph-without-Bishopsgate. Surrounded by office buildings, people were taking a break or sunbathing in the surprisingly quite church courtyard – it is a small oasis in the busy and bustling City.

Enhanced by Zemanta