Tag Archives: 映像作品

Patrick Keiller: The Robinson Institute / Tate Britain Commission 2012

Duveen galleriesに設置される、テートの収蔵品に呼応した作品創りをアーティストに依頼するアート・プロジェクト・Tate Britain Commissionの今年の作品は、アーティストで映像作家のPatrick Keiller(パトリック・キーラー)のインスタレーション「The Robinson Institute(3月27日〜10月14日)」。

30年以上に渡り、キーラーはイギリスの都会と田舎のランドスケープの映像に、文学的逸話、歴史的エピソード、時事問題、経済批評などに突飛なユーモアを交えたナレーションを加えた様々な映像作品を創り続けている。このインスタレーションは、イギリス各地を彷徨い歩くRobinson(ロビンソン)という名の架空の人物との偶然の出会いを古い映画撮影機で撮影した、キーラーの代表作品シリーズにインスピレーションを得たという。

イギリスの風景、政治、経済、歴史を考察するというこの「The Robinson Institute」は、時に超現実的でバラエティに富んだ、数世紀に渡る120以上の作品を集めている。ロビンソンのイメージは、主にテートのコレクションから選ばれた作品や、歴史家、地理学者、地図製作者、地質学者の研究と共に見ることが出来る。7部に分かれたインスタレーションでは、ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーアンディ・ウォーホルアンドレアス・グルスキージャクソン・ポロックデニス・オッペンハイムといった、内外の著名アーティストの作品の横に、1795年にヨークシャー州に落ちた隕石や、政府の修正法案、ビアトリクス・ポターの作品、SF映画「宇宙からの侵略生物(Quatermass 2)」の映像など、ちょっと趣向の変わった作品が並んでいる。

作品自体や作品のチョイスは面白いけれど、同じパートにある作品同士の繋がりとその意味が、外国人である私にはよくわからなかった。各パートに、イギリス人知識人でなくても、誰でも分かる説明があればいいのに、と思う。

Artist and independent film-maker Patrick Keiller created an unique installation called “The Robinson Institute” (Mar 27  –  Oct 14) at the Duveen galleries for Tate Britain Commission 2012, an art project which invites an artist to develop a new work in response to the Tate Collection.

Over the past 30 years Patrick Keiller has developed a range of films which combine expressionless images of British landscape, rural and urban, with a narration which draws together wide-ranging literary anecdotes, historical episodes, current affairs, economic critique and offbeat humour. “The Robinson Institute” is inspired by Keiller’s best known films in which his fictional creation – an elusive scholar named Robinson – wanders the English landscape and records his chance encounters on an old cine camera.

The exhibition is the reflection of the British landscape, politics, economics and history and it brings together more than 120 diverse and often surreal artworks and objects from across several centuries. Robinson’s images are shown alongside other artworks, mainly from the Tate’s own collections, as well as works by historians, geographers, cartographers and geologists. The seven-part installation includes renown international artists such as JMW Turner, Andy WarholAndreas Gursky, Jackson Pollock and Dennis Oppenheim, together with unusual objects such as meteorite that fell in Yorkshire in 1795 and a parliamentary amendment, as well as Beatrix Potter and clips from the Hammer’s sci-fi horror Quatermass 2.

Individual works are impressive and the choice of works are interesting, but it is not easy to understand the connection between each work and messages behind, for me as a foreigner who don’t know about UK fully. I wish there were an explanation at each part of the installation that helps me understand what it is about (or did I miss it??).

Rosalind Nashashibi @ ICA

9月10日から11月1日までICAで開催中の、「Rosalind Nashashibi(ロザリンド・ナシャシビ)」展を見た。パレスチナ系英国人のロザリンド・ナシャシビはロンドン生まれ。スコットランドのGlasgow School of Artでアートを学び、主に都市の日常生活をテーマにした映像作品で知られる。この展覧会では、過去4年間に撮影された16mm作品の他、写真も展示されている。以下は、私のお気に入りの2作品。

We went to see “Rosalind Nashashibi” exhibition (Sep 10 – Nov 1) at ICA. Palestinian-British artist Nashashibi was born in London and studied at the Glasgow School of Art. Much of her work consists of films of everyday life in urban environments. The exhibition presents 16mm films from the last four years as well as examples of her photographic works. Here is my favorite two works of hers.

Vodpod videos no longer available.

「The Prisoner」は2008年の作品。ブルータリズム建築様式のロンドンのサウス・バンク・センターを歩く女性をカメラが追いかける。2つのスクリーンに投影されたこの作品は、同じ映像ながら左と右の画面で6秒間のずれがあり、それが緊迫感とストーカー的なスリルを倍増させ、見る者を魅了する。

‘The Prisoner’ (2008) is a double-projection film work. The camera follows a woman around the brutalist architectural landscape of Southbank Centre in London. Nashashibi projects the same images side by side but creates a six-second time lag between the left and right screens.The delay doubles the senses of tension and thrill, and fascinates the viewers.

Vodpod videos no longer available.

Eyeballing」(2005)は、ニューヨークの警察署前で出入りする警察官の映像と、コンセントや消火栓、ショップ・ウィンドウ等、街で偶然発見した「人の顔」を想像させるオブジェクトの映像を交互に映し出す。時に鋭い目線で相手を吟味する警察官と、間の抜けた「顔」のオブジェの対比が面白い。

Eyeballing‘ (2005) juxtaposes scenes of New York policemen with the serendipitous ‘faces’, such as electric sockets, fire hydrants and shop windows, that Nashasibi finds in the city. The contrast between the tough looking policemen scrutinizing around and foolish-look soulless static ‘faces’ was pretty intriguing.

Reblog this post [with Zemanta]