Tag Archives: 映画館

Blue Jasmine @ Everyman Screen on the Green

ロンドン三部作であるMatch Pointマッチポイント)、Scoop (タロットカード殺人事件)、Cassandra’s Dreamウディ・アレンの夢と犯罪)、そしてVicky Cristina Barcelonaそれでも恋するバルセロナ)、Midnight in Parisミッドナイト・イン・パリ)、To Rome with Loveローマでアモーレ)と、近年ヨーロッパで映画を多く撮っていたウディ・アレンの最新作「Blue Jasmine」を見に行った。私はずっと、ウディ・アレンはアメリカ、特にニューヨークを舞台にした人間関係のしがらみを扱ったら天下一品だと思っていたが、Blue Jasmineはドンピシャ。久しぶりに彼の真骨頂を見た気がする。日本ではまだ未公開らしいが、あらすじは以下の通り。

リッチなビジネスマンの夫・Hal(アレック・ボールドウィン)とニューヨークで優雅な生活を送っていたJasmine(ケイト・ブランシェット)は、ある日何もかも失い、サンフランシスコの狭いアパート住むシングルマザーの妹・Ginger(サリー・ホーキンス)の元に転がり込んだ。ジャスミンは精神的に不安定で望まぬ暮らしぶりにうまく適応できず、精神安定剤とウォッカの助けで何とかこの苦境に耐えている。「負け犬(losers)」のような妹の元夫やボーイフレンドの下品さにも我慢できない。自分の洗練されたスタイルとテイストを活かしてインテリアデザイナーとして成功するという苦し紛れに思いいた夢をかなえるため、仕方なく歯科医の受付として働くが、そこでは医者のセクハラに遭う。そこに現れたのが、ジャスミンの美しさとエレガントさに一目惚れした外交官のDwight(ピーター・サースガード)。過去の栄光を取り戻す希望の星となるかと思えたが、彼女が自身の過去についてついた嘘が悲劇的な結末をもたらす。

この映画はコメディだ。可笑しいんだけれど、優しくて金持ちの夫と豪邸に住み、ニューヨークの社交界で華やかな生活を送っていた女性が家族も財産も全て失い、プライドだけが残った彼女にとって堪え難い「普通」の生活の中で精神を病んでいく姿が痛々しい。最初は鼻持ちならないと思ったけれど、それでも一縷の望みを頼りに必死に生きていこうとするジャスミンに最後は深い同情を覚える。そんなジャスミン役のケイト・ブランシェットの演技も素晴らしい。男性のウッディ・アレンが、自分の人生を守るために夫の違法行為に目をつぶったり小さな嘘をついたりする、女性の心の機微を見事に表現したのにも感心した。笑って泣ける、私的に5つ星のオススメ作品。

久しぶりに行ったエンジェルの映画館・Screen on the Green過去ブログ参照)は、今はEverymanというアートハウス系映画館の傘下となっていた。それに伴ってか、後ろ2列が居心地のいいソファー席になっていて、料金に2ポンド追加で家のリビングのように寛げる。後ろにはカフェ/バーもあり、コーヒーやワインを飲みながら映画を見ることも出来る。この映画館もお薦め。

Many of Woody Allen‘s recent films were shot in Europe, some of them in London such as Match Point, Scoop, and Cassandra’s Dream and others in Barcelona (Vicky Cristina Barcelona), Paris (Midnight in Paris)  and Rome (To Rome with Love). But I always think that he is a master when he portrays relationship issues among intellectuals and high society in New York, and his latest work, Blue Jasmine, is the one and the very best in recent years for me. Here is the synopsis.

After everything in her life falls to pieces, including her marriage to wealthy businessman Hal (Alec Baldwin), elegant New York socialite Jasmine (Cate Blanchett) moves into her sister Ginger’s (Sally Hawkins) modest apartment in San Francisco. Jasmine is in a fragile mental state and depends on anti-depressants and vodka. She doesn’t cope well with her undesired new life and still behaves like an aristocrat, and calls her sister’s boyfriend and ex-husband ‘losers’. She reluctantly works as the receptionist in a dentist’s office, with a improvised goal to study to be a successful interior designer with her sophisticated taste. One day, Jasmine meets Dwight (Peter Sarsgaard), a diplomat who is quickly smitten with her beauty, sophistication and style, and finds a hope to get back to high life. However, her lies about her past lead to another catastrophic blow to Jasmine.

This comedy-drama hilariously but painfully portrays fall of a woman who had everything but lost everything except her pride. I was annoyed with Jasmine’s arrogance at the beginning but gradually started to feel sympathy and to pity her. She is forced to live like an ‘ordinary’ people that causes her a nervous breakdown, but she tries to cope with hardship in her own way though a bit clumsy and bit unrealistic. Cate Blanchett did play the role perfectly, and I can’t think about any actress who can do better than her. Also I am impressed Woody Allen as a man, can perfectly describe woman’s nature – closing one eye on her husband’s infidelity and illegal activity or telling a ‘little’ lie to protect her own happiness. I give this film a 5-star.

I didn’t go to Angel’s cinema Screen on the Green (past blog) for a long time, and during the break, the cinema has become a part of Everyman Cinemas. Accordingly, comfy sofa seating called ‘Premier Seat’ is introduced at the last two rows, and there you can enjoy a film like you are in your living room, with extra £2.00. There is a café/bar at the back that serves you a refreshment at your own seat. The cinema is also recommended.

screen on the green screen on the green2

Advertisements

Grand Opening of Westfield Stratford City: the Biggest Shopping Centre in Europe

2012年オリンピック・パークの横に建設されていた、ヨーロッパ最大となるショッピングセンター、Westfield Stratford City(ウェストフィールド・ストラットフォード・シティ)が、今日オープンした。その初日には、開店特別割引を求めて1万人以上の人々が来店、何人かは一番乗りを目指して20時間も行列を作って待っていたそうだ。ロンドン市長ボリス・ジョンソンやオーストラリア資本のWestfield group関係者によるお決まりのテープカットで開店。オープニングイベントとして、元プッシーキャット・ドールズのリードシンガーでF1ドライバーのルイス・ハミルトンの彼女、ニコール・シャージンガーのパフォーマンスが行われた。→ 写真や詳細はこちら: Telegraph | Daily Mail | the Sun

Shepherd’s Bush(シェファーズ・ブッシュ)のWestfield London(オープン3年経ってもまだ行ったことがないけど)に続いて出来たこのショッピングセンター、総工費は約14.5億ポンド。サッカー場約25つ分の190万平方フィート(約17万6516平方メートル)の広さを誇り、John Lewis(ジョン・ルイス)やMarks and Spencer(マークス&スペンサー)の2大デパートを含む300以上のショップ、飲食店約70軒、ホテル3軒、14スクリーンある映画館、ボーリング場、そしてイギリス最大のカジノ(カジノがイギリスで合法だと知らなかった)がテナントとして入っている。まだオープンしていない店舗もちらほら見えるけれど、クリスマスまでには全て開店する予定。来年のオリンピックの大きな目玉の一つになると期待されている。このショッピングセンターの開店に伴い、店員1万人を含む約1万8000の仕事が創り出され、そのうち約20%の仕事は地元の失業者に割り当てられたそうだ。

この華々しい巨大ショッピングセンターのオープンは、IOCがどれだけ美辞麗句を並べ立てようが、オリンピックが大ビジネスであることを思い出させる。オリンピックを主催するには、何と言っても投資とお金が必要で、貧乏国には無理。その証拠に、2004年のホスト国ギリシャが巨額のローンを抱えて、破綻寸前のはご存知の通り。別に商業主義を批判している訳じゃないし、お金を出すならリターンを求めるのは仕方ないことだと思うけれど、オリンピズムなど白々しい理想論を掲げて、誤摩化さなくてもいいんじゃないかと思う。どうせ皆知ってるんだし。

The Europe’s biggest shopping centre, Westfield Stratford City located next to the 2012 Olympic park in east London, opened its door to the public today. Over 10,000 shoppers, some queued for up to 20 hours, flowed in the shopping centre to grab a bargain with Day One special discounts, and enjoyed a performance by Nicole Scherzinger, the former singer of the Pussycat Dolls and girlfriend of F-1 driver Lewis Hamilton, as well as less excited ceremony of cutting ribbon by London mayor Boris Johnson, together with gangs of the Australian Westfield group. It will be one of the big attraction for visitors to next summer’s Olympics. → See photos & details: TelegraphDaily Mail | the Sun

A sister mall of Westfield London in Shepherd’s Bush (I still haven’t never been after 3 years of opening!)this £1.45 billion & 1.9 million ft² (=about 25 football pitches!) shopping centre houses more than 300 stores, including John Lewis and Marks and Spencer occupying large areas of the mall,  70 restaurants, a 14-screen cinema, three hotels, a bowling alley and the UK’s largest casino (I didn’t know that casino is legal in UK). However, some retail spaces are still unopened but are expected to open before Christmas. It is estimated that the centre has created around 18,000 permanent jobs including 10,000 in shops, about 20% of which went to the local long-term unemployed.

This event is another reminder for me that the Olympic is all (at least big part of it, if not all) about business, no matter what idealistic and pompous words IOC uses. You need investment and money to host the Games and poor countries cannot afford to. And whoever pay for it wants share. Greece couldn’t afford it but hosted it with huge loans, and has gone bust. I am not complaining or rather understand the system, but I just don’t like hypocrisy to disguise the commercialism – everyone knows it already!

“Biutiful” @ Prince Charles Cinema, Leicester Square

先日、チャイナタウンの近くにあるPrince Charles Cinemaで、現在公開中の映画「Biutiful(ビューティフル)」を観た。Prince Charles Cinemaは、最新のハリウッド映画からカルト、アートハウス、古典まで、違う映画を週に10本以上上映する、「repertory cinema(レパートリー・シネマ)」と呼ばれる独立系映画館で、映画ファンの間でカルト的な人気を誇る。サウンド・オブ・ミュージックロッキー・ホラー・ショーなど、観衆が映画音楽に合わせて一緒に歌う「Singalonga Shows」や特別イベントなども行われる。現在地に移った1991年より低価格路線をとっていて、最近増設された上階スクリーンで上映される映画は£7.50(平日5時まで)/£9.50、地下上映分は£5.00(平日5時まで)/£6.00。年間£10で会員になるとさらにお得で、第1週目平日5時までの地下上映価格が何と£1.50!

We saw the movie “Biutiful” at the Prince Charles Cinema near Chinatown the other day. Prince Charles Cinema is a repertory cinema, showing a rotating program of cult, arthouse, and classic films alongside recent Hollywood releases, typically more than ten different films a week on two screens. The cinema has achieved a cult status amongst movie fans, and also hosts “Singalonga Shows”, screening of sing-a-long version such as The Sound of Music as well as The Rocky Horror Picture Show. The cinema has operated low ticket pricing policies since 1991 when it moved to the current location. Ticket prices for recently added second screen in the upper levels cost £7.50 (weekday before 5pm)/£9.50, and prices for cinema downstairs are £5.00(weekday before 5pm)/£6.00. Prices with £10 annual membership are even cheaper, starting from £1.50 for 1st weekday matinees downstairs!

Biutifulビューティフル)」は、アカデミー賞にもノミネートされた『バベル』を撮った、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の最新作で、スペイン・バルセロナを舞台に、がんに冒されたシングルファザーのウクスバルが、危険な闇世界を生きる中で、父親としての自分、家族、愛、スピリチュアリティ、犯罪、罪悪感、そして迫りくる死など、様々な葛藤を抱えてもがく姿を描くドラマ。ペネロペ・クルスの夫であるハビエル・バルデムが主人公のウクスバルを演じ、カンヌ映画祭主演男優賞を受賞した。

ウクスバルには明るい面と暗い面がある。二人の子供に対しては強くて愛情深い父で、アルコール中毒で情緒不安定な妻とは別れたあとも良い関係を維持しようともがく。ウクスバルは、実の兄と中国人犯罪組織のボスとともに、路上で不法に物品販売、時に麻薬取引まで行うアフリカ移民や、中国人移民への不法労働の手配など、闇取り引きで生計を立てている。彼のパートナーたちと違って、ウクスバルは搾取する不法移民たちにも、尊厳を持って対応する。そんなある日、自分が末期ガンに侵され、余命数週間と診断され、死の恐怖に直面しながらも、子供たちとの残された時間を大切にしようとするが、さまざまな困難が彼を襲う。

21グラムバベルにも共通する、イリャニトゥ監督独特の美しくも悲哀溢れる映像や、バルデムの熱演は素晴らしかったけれど、2時間22分もの上映時間の間、この重苦しい雰囲気に浸り続けるのはちょっと辛い。不法移民との関係が少し美化され過ぎという気もするし、折りにふれスクリーンに現れる亡霊?生霊?といった超常現象にも少し興ざめ。ちょっと期待外れだったかも。

Biutiful is the dark drama from Mexican director Alejandro González Iñárritu (21 Grams and Babel). It is a story of Uxbal – a cancer-ridden single father who struggles to reconcile fatherhood, love, spirituality, crime, guilt and mortality amid the dangerous underworld of modern Barcelona. Javier Bardem won Best Actor at the 2010 Cannes Film Festival with his role of Uxbal.

Uxbal is a man with a bright side and a dark side. He is a strong but caring and affectionate father to his two children, and struggles to maintain a healthy relationship with their mother, despite her problems with alcohol and instability. Uxbal is also a criminal who oversees a small underground empire alongside Chinese crime boss and Uxbal’s impulsive brother. Uxbal deals from drugs to construction, but unlike his partners in crime, he tries to treat those around him with dignity even as he trades in human misery. His precarious world begins to collapse when he’s diagnosed with a terminal cancer and has only few weeks left to live; he tries to put his affairs in order in the time he has left, but runs into big trouble (synopsis reference: fandango.com).

Like in 21 Grams and Babel, the directors’ beautiful cinematography with intense sadness and Bardem’s powerful acting is impressing, but it was quite exhausting to immerse myself in the gloominess for 2 hours and 22 minutes of screening. Also I thought the relationship between Uxbal and the illegal immigrants seems to be too goody-goody and unrealistic, and some paranormal scenes with ghosts and stuffs were too much. Overall, a bit disappointed…

Vodpod videos no longer available.
Enhanced by Zemanta

The 54th BFI London Film Festival

10月13日〜28日に開催中の、第54回目ロンドン国際映画祭54th BFI London Film Festival / LFF)が中間地点を迎えた。今年は、プレミア上映も含めて、世界各国から選りすぐった197本の映画と112本の短編映画を、16カ所の映画館を会場として一般上映している。今までロンドンにいる時は必ず行っていたんだけれど、今年は何だか乗り気になれなくて一つも観に行っていない。来週からの旅行に心が飛んでいるという事もあるけれど、その102ページにも及ぶ分厚いパンフレットを読む気がしなかった。いつもは、赤ペン片手にあらすじを読んで、面白そうな映画をピックアップして、カレンダーを睨みながら日にちを調整して(上映日は1日〜2日)、チケットを予約していたんだけれど。→去年の映画祭のエントリー参照。

日頃見られない外国映画や、普通の映画館で上映しないようなアートハウス系映画などが一挙に見れるのはいいんだけれど、なんせ数が多くて、国とかジャンルを絞らないと、圧倒されてなかなか選べないのが難点。

The 54th BFI London Film Festival / LFF, running from October 13 to 28, is now in the halfway point. This year, the LFF gathers 197 feature films and 112 shorts, and has been screened them in 16 cinemas in London. We always went to the festival whenever we were in London, but we don’t feel like going this year for some reason. We also didn’t have much time to read its 102-page thick brochure, as our minds have been preoccupied with our trip from next week. Otherwise, we always checked the booklet with a red pen on a hand, reading the summary of the movies we thought were interested, and purchased the tickets, struggling to make the movies fitted in our calender (each movie is screened up to four days only). → last year’s post

LFF is a great opportunity for us to enjoy rare movies from unusual countries and art house movies that usual cinemas never invite, but it is utterly overwhelming with the large number, and can’t choose unless you focus on the genre or specific countries or regions – it is a big job…

Enhanced by Zemanta

Yasujiro OZU season @ BFI

サウス・バンクBFI Southbankでは、日本の誇る映画監督、小津安二郎特集「Yasujiro Ozu」を開催、1月から2月にかけて、33本の小津映画が上映されている。また同時に、小津作品に影響を受けた、国内外の12作品も上映中だ。1月1日から年代順に上映されていて、私は戦中・戦後の作品を見に、2月頭から足繁く通っている。

日本にいた頃は、外国映画ばかり見ていて、日本映画はほとんど行かず、恥ずかしながら、イギリスに来るまで、小津作品も見たことがなかった。でも、やっぱり遠く離れてみると、懐かしさからつい日本関係のものに興味が出て、最近は機会があると、日本映画にも足を運んでいる。メジャーな映画館ではないけれど、ロンドンでも日本映画をたまにやっている。BFIでは主に古い映画(成瀬巳喜男大島渚監督特集等)を、ICAでは「さくらん」や「歩いても歩いても」など現代作品を上映している。また、ロンドン国際映画祭でも、毎年数本、日本映画が招待される。

小津特集は、満席とはいかないものの、日本の巨匠とは言え、マイナーな日本の古い映画の割には、まあまあ盛況。小さいシアターで上映の場合は(BFIには大中小サイズの計4つのスクリーンがある)ほぼ満席になる。観客は、20代の若者から60代、70代のおじいさんまで(おじさんたちが多いかな)、一人で来ている男性が多く、特に一番前の席はいつも一杯で、同じ顔ぶれが同じ席を占めている。

古き良き時代の日本の、ありきたりの日常生活や家族関係を描き出す小津映画を見ていると、ほっとする。また小津監督は、笠智衆原節子佐分利信などいつも同じ俳優を自作に起用しているので、映画の中は毎回だいたい同じ顔ぶれ。何だか自分の家族や友人のに会うような、親しい気持ちがわいてくる。小津監督の最後の作品が作られたのが1962年。その後、言葉遣い、ファッション、立ち居振る舞い、価値観等、同じ国と思えないほど変わった。その頃はまだ生まれていなかったけれど、両親、祖父母たちはこんな時代を生きたんだなあと思うと、感慨深い。

BFI Southbank has been hosting the “Yasujiro Ozu” season, showing total of 33 films, from January 1st until the end of February. During the period, “Ozu and His Influence” shows 12 Japanese and foreign movies inspired by Ozu and his works during the same period. Ozu’s works has been shown in chronological order, and I started to go to see many of his films made during the WWII and after from the beginning of February.

When I was in Japan, I always saw foreign films and rarely went to see a Japanese movie. Embarrassed to say, I had never seen any Ozu’s movies before I came to London. Now I am far away from home, I got to be more interested in anything related to Japan, and I go to see a Japanese film anytime I have a chance. There is some places screen a Japanese movie, though not at major cinemas: BFI mainly shows old movies such as Mikio Naruse or Nagisa Oshima, and ICA screens more modern films. The London Film Festival also invites some Japanese movies every year.

Although BFI’s biggest cinema is hardly full, quite many people come and see Ozu’s works – Ozu is one of the best Japanese film directors, yet still his movies are quite old and may be not everyone’s cup of tea. When a screening in the smaller room (BFI southbank has 4 screening rooms; big, medium and small), the seats are usually quite filled up. The audience are from 20s to 60, 70s, and many of them are men alone. The front row is mostly taken and always more or less the same people sitting on the same seats.

I always feel relaxed and happy, every time I see Ozu’s movies, portraying an ordinary life and a famiyl relationship in good old Japan. Ozu always used the same actors and actresses such as Chishu Ryu, Shin Saburi, and Setsuko Hara, I started to feel an affinity for them as I have been knowing them for many years. Since when Ozu made his last film in 1962, the speech, fashion, gestures and values in Japan have changed dramatically, like a different country. I was not born yet that time, but I enjoy imagining how my parents and grandparents had lived through the times.

Reblog this post [with Zemanta]

Up In The Air @ Barbican Cinema

Vodpod videos no longer available.

今日、バービカン・シネマで月曜割引を利用して、映画「Up in the Air(邦題:マイレージ、マイライフ)」を観た。先週金曜日に封切りした、Up in the Airは(邦題が嫌いなので、ブログでは原題で書きます)、アカデミー賞監督賞にノミネートされた「JUNO/ジュノ」や、タバコ産業のロビイストを皮肉った「サンキュー・スモーキング」の、カナダ出身のジェイソン・ライトマンが監督、ジョージ・クルーニー主演のコメディドラマ。以下あらすじにはネタバレがありますので、読みたくない方はスキップしてください。

ライアン・ビンガム(ジョージ・クルーニー)は、ネブラスカ州オマハに本社を置く企業のリストラ対象者に解雇を通告する「リストラ宣告人」。また彼が各地で講演する自己啓発スピーチ「What’s In Your Backpack?(あなたのカバンの中身は何?)」では、人との関係や物欲に煩わされない人生哲学を説く。年間322日もアメリカ国内を飛び回るライアンの目標は、アメリカン航空(どーんとロゴが出るので、映画のスポンサーと思われる)のマイレージを1000万マイル貯めること。そんな中、出張先で、同じく出張で各地を飛び回るビジネス・ウーマン、アレックス(ヴェラ・ファーミガ)と出会い、気ままでカジュアルな関係をスタートさせる。ところが、彼の勤める会社では、若い新入社員ナタリー(アナ・ケンドリック)が出張コスト削減のため、インターネット面接で解雇通告することを提案。彼自身がリストラ対象となってしまう。ライアンの上司は、彼女には従業員を解雇するとはどういうことか分かっていないというライアンに、出張にナタリーを同行させるように命令した。旅を続けるうちに、少しずつお互いのことが分かって来た二人だが、ナタリーは、いい歳をして結婚やコミットメントを避け続けるライアンの生き方に疑問を投げかける。ボーイフレンドと一緒にいるために、サンフランシスコからネブラスカくんだりまで移り住んだナタリーだったが、出張中、その彼に携帯メールで別れを告げられ、失意のどん底に陥る。ライアンと、出張で来ていたアレックスは、傷心のナタリーを慰める。ナタリーは、ライアンに、どうしてアレックスとの交際を真剣に考えないのか詰るが、ライアンは自分のポリシーを変えようとしない。そんな中、ナタリーの提案したネット解雇を実践するため、本社に戻るよう連絡があり、二人の旅は終わる。しかし、ライアンはオマハに帰らず、アレックスを誘い、妹の結婚式のためにウィスコンシン州の地元に帰った。煩わしさを嫌い、家族を避け続けてきたライアンだが、母校の高校でアレックスとデートしたり、結婚式当日に怖じ気づいた妹の婚約者の説得に当たったりしているうちに、少しずつ家族や人生の伴侶の大切さに気づくようになった。そして、結婚式が終わり自宅に帰った後、初めて人恋しさを感じたライアンは、講演を投げ出して、アレックスのいるシカゴへと飛ぶ。しかし彼女の自宅を訪ねたライアンは、彼女が既婚者で子供もいることを知ってショックを受ける。その帰途、夢見た1000万マイルを達成し、パイロットやフライト・アテンダントの祝福を受けるが、素直に喜べない。貯めたマイルも、お金がなくて新婚旅行に行けない妹夫婦にプレゼントした。会社に戻った彼は、ボスから、解雇された社員の一人が自殺しナタリーは辞職、インターネット解雇通告も無期延期になったことを告げられた。彼はサンフランシスコに戻って職探しをするナタリーのために、丁寧な推薦状を書く。そして、彼はまたリストラ宣告人として、元の出張漬けの生活に戻るが、以前のように、気ままな独身生活を楽しむことは、もはやできなくなってしまった。。。

昨日発表されたゴールデン・グローブ賞で作品賞、主演男優賞、助演女優賞、脚本賞、監督賞の候補作となり(脚本賞のみ受賞)、アカデミー賞の下馬評も高く、イギリスメディアでも軒並み高い評価を得ているこの作品、最初から最後まで退屈することなく楽しめた。不況、リストラ、独身貴族(死語?)、インターネット社会、有能なビジネス・ウーマン、結婚、企業社会等、現代社会を上手く投影し、かなりの部分で共感できたし、ジョークも冴えていて、深刻な問題も笑いに支えられていて暗くなりすぎない。また若くて恋にも仕事にも理想を持つ23歳のナタリーと、恋愛に現実的な30代のアレックスのコントラストも面白い。そしてその二人に振り回されるクルーニーも、50歳も近いというのに本当にチャーミング。実生活でも独身生活を謳歌する、女たらしで有名なクルーニーも、たまに虚しさを感じたりするのだろうかと思ったりする。そして、最後はお決まりのハッピーエンドにならないところも、ひねくれ者の私の好みに合っている。また、アメリカの大自然や都市の航空写真を使った映画のタイトルデザインも、とても美しく印象に残る。日本では3月20日に公開予定だそうだ。しかし、邦題のセンスのなさ、どうにかならないかしら。

We went to see “Up in the Air” at Barbican Cinema, using Monday discount for £5.50@. Up in the Air, which opened last Friday in UK cinemas, is a comedy drama, directed by Canadian-born Jason Reitman (Academy award nominated Juno and Thank You for Smoking), starring George Clooney. Synopsis below includes a lot of details and ending, so if you haven’t seen the film yet, please feel free to skip the next paragraph.

Ryan Bingham (George Clooney), is a man who makes his living traveling to workplaces around the country and conducting employee layoffs. Ryan also delivers motivational speeches “What’s In Your Backpack?” to encourage a life free of relationships with people and things. Ryan’s life goal is to achieve 10 million frequent flyer miles of American Airlines (I guess that AA is the sponsor of the movie). While traveling, he meets another frequent flyer and business woman, Alex (Vera Farmiga), and they begin a casual relationship. Ryan is called back to his company’s offices in Omaha, Nebraska and finds out that an ambitious young recruit Natalie (Anna Kendrick) is pushing a plan to cut costs by conduct layoffs over the Internet. Ryan argues that Natalie knows nothing about the process of firing people, and his boss assigns him to take Natalie with him on his business travels to show her what it’s like. As they travel together and get to know with each other better, Natalie questions Ryan’s lack of interest in serious relationships, but Ryan is happy to stick to his philosophy. While on the trip, Natalie’s boyfriend dumps her via text message, leaving her devastated – she even moved to Nebraska from San Francisco to be with him. Ryan and Alex, who is there for business, console her and take her with them to crash a conference party at their hotel. The day after, Natalie gets upset to know Ryan’s reluctance to consider a commitment to Alex. Soon after they are called back to Omaha to begin Natalie’s internet layoff program. Instead of returning to Omaha, Ryan decides to invite Alex to his sister’s wedding in Wisconsin. Reunion with his sisters whom he has been avoiding all these years and a happy time with Alex make him realize that there is something more important than being ‘free’ and obsessed with earning mileage. After Ryan comes back home, he feels lonely for the first time. He walks out from his “What’s In Your Backpack?” speech, and flies to see Alex in Chicago. However, when she opens the door, Ryan realizes that she is a married woman with young children. On the flight back home, the crew announces that Ryan has just achieved his 10-million-mile mark, but he cannot get excited by it. Back in Omaha, Ryan calls the airline to transfer miles to his sister and her new husband, who cannot afford to go to honeymoon, so that they’ll be able to fly around the world. Ryan’s boss comes in and tells Ryan that one of the employees he and Natalie fired committed suicide. Natalie has resigned and the company wants to send Ryan back to continue face-to-face layoffs. Ryan writes an impressive letter of recommendation for Natalie for her new job in San Francisco. Ryan goes back to his previous life, but he cannot enjoy it anymore…

Up in the Air is nominated in 5 categories of yesterday’s Golden Globe Awards and also expected to be nominated in Academy Award next March. British media also gives this film a good review, and we enjoyed the film from the beginning to the end, without getting bored for a second. Keywords in modern society, such as recession, layoffs, marriage and relationship, internet, and work, are well incorporated in the film, and I understood and fell empathy for the most of the parts. The real-life humor is superb, and we laughed a lot through the showing time. The contrast between 23 years old Natalie, young and naive, with more realistic and down-to-earth 30s something Alex, makes me reflect myself when I was young and compare to who I am now – I completely agree with Alex now, unfortunately. Cloony, who is almost 50, is still so charming! His role in the film makes me wonder if he, who also enjoy being single, ever feels lonely and empty in his own life as well. I also like the ending which doesn’t fall into the same old happy ending. The opening title sequence using aerial photos of American great natures and cities are so beautiful and impressive, and it is one of my favorites.

Reblog this post [with Zemanta]

The Riverfront Café & Bar @ BFI Southbank

サウス・バンクにあるBFIサウス・バンク(英国映画協会が持つ映画館)の1階にある、Riverfront Café(リバーフフロント・カフェ)。改装の末、2009年3月に再オープン。以前は、外の木の長テーブルからの眺めも良く、気候のいい頃はたくさんの人が集まる憩いの場だったけれど、中はごみごみしていて利用したことはなかった。今は、ハイドパークにあるSerpentine Bar & Kitchen(サーペンタイン・バー&キッチン)と同じく、サンドイッチチェーン・Benugo(ベヌーゴ)の経営になり、インテリアもモダンな、すっきりゆったりとした居心地の良いカフェに生まれ変わった。

この日はVeggie Burger(ベジタブルバーガー)とスモークサーモンのサンドイッチを注文。料理はアンティーク風(本物?)のお皿や木のプレートに盛られていて可愛い。サンドイッチは悪くなかったけれど、クリームチーズ+スライスチーズまで挟まれていて、ちょっとチーズが多すぎてお腹にもたれる。でも、手作り風のフライドポテトはカラッと揚がっていて美味しかった。ベジタブルバーガーは、ちょっと柔らかすぎてもう少し、お肉っぽい歯ごたえが欲しい感じ。

チケット売り場の側にあるBenugo Bar & Kitchenも、Benugoの系列で、こちらはもう少し高級感あり。映画の前後にカジュアルに食事やドリンクを楽しみたいなら、Riverfront Caféの方へ。

The Riverfront Café is on the ground floor on the river side at BFI Southbank. It was renovated and reopened in March, 2009: the café before the renovation had long wooden tables outside and perfect hangout on a nice sunny day, but inside was a mess and grim, and I never dared to sit down. Now it is under a premier sandwich chain Benugo management, like Serpentine Bar & Kitchen in the Hyde Park, and reborn as a modern and comfortable space.

That day, we ordered a veggie burger and a smoke salmon sandwich. The sandwich was not bad, but came with both cream and sliced cheese – it was too much cheese. Handmade fries on a side was good, though. The veggie burger was too mushy and it was not really a ‘burger’. The food was served on antique style (real antique?) dishes and a wooden board, and it was really nice.

Benugo Bar & Kitchen at the entrance near the ticket counter, is also Benugo-operated, and it looks a bit more upscale than its sister café. If you want to enjoy casual & fast eating and drinking, go for the Riverfront Café.

Reblog this post [with Zemanta]