Tag Archives: 東北

Lots of Heart Project: Thank you from Japan to the World

東日本大震災に対しての世界からの支援に、デザインの力で日本からの感謝の気持ちを伝えようという主旨のもと、3月11日にスタートした「LOTS OF HEART PROJECT( www.lohp.jp )」の発起人でいらっしゃる、アートディレクターの柴岡さまからご連絡をいただきました。このプロジェクトは、全世界共通でLOVEを表す「ハート」を使って、日本に愛情がたくさん集まっていることを表現したグラフィックに感謝の言葉を添え、デザインの力で世界中の方々に感謝を伝えていこうというもの。海外在住日本人の方々にも是非ご協力頂きたいとのことです。

ポスターの各国語版データはサイト(www.lohp.jp/entry)からダウンロードできるので、できればどこかにこのポスターを貼り、さらに可能であれば、それを写真に撮って、プロジェクトの方に送っていただけませんか?詳細はプロジェクトのウェブサイトの他、facebookページでもご覧いただけます。何卒よろしくお願いいたします。

I got an e-mail from Mr Shibaoka, an art director from Tokyo who started “Lots of Heart Project” to say thank you for lots of support from around the world for the disastrous Tohoku earthquake and Tsunami hit north-east Japan on March 11, 2011 – with power of design. This is a poster he designed in seven different languages, with lots of hearts that express many ‘love’ that has been sent to Japan from people around the world.

On behalf of the project and people in Japan, “Thank you, from Japan to the world!”

3.11 Japan Earthquake & Tsunami : One Year On

東北で起こった巨大地震から1年たった。しかし、テレビやメディアを通してみる被災地は、復興にはほど遠い。がれき撤去は遅々として進まず、多くの人が狭い仮設住宅に住み、仕事も中々みつからず、毎日を不安の中で過ごしている。特に、福島の方々は、福島原発が未だ放射能を垂れ流す中、日々放射能汚染にも怯えて暮らさなければならない。情報隠匿・事故に対する処理対応のまずさで海外においても悪名高い、東電からの補償は、出し惜しみする割に雀の涙のようなもので再建の足しにもならない。この状況はイギリスでも控えめにであるが伝えられているのに(原子力推進派が力を持ってるので他国ほど報道されないが)、驚くことにイギリス人の多くは原発に賛成なのだそうだ(参考:Huffington Post)。確かに地震や津波の危険性は低いし、安価で公害も少ないが、効果的な放射能対策がない現在、何か起こった後では後悔してももう遅いのだ。

たくさんのものを失っても、不屈の精神で一生懸命立ち上がろうと日々頑張っておられる東北の方々の姿には頭が下がる。でも個人でやれることには限界がある。政府には国民が信頼してついていけるような強いリーダーシップを発揮してほしいのだが、何だか頼りなくて一本筋が通っていない。労働組合からの猛反対にあっても、国の財政を立て直すため痛みの伴う政策を断固として進めている、イギリスのキャメロン首相を少しは見習ってはどうかと思う。

明るい話題の少ない今の日本の現状にあって、1年経った今も被災地、被災者を応援するために頑張っている人々の心が、唯一の救い。近い将来、東北地方に、そして日本に、明るい希望の光が差し込みますように。

→震災直後・現在の様子を撮影した写真:テレグラフ紙BBC。がれきが撤去されて綺麗になったけれど、何もない更地に寂寥を感じる。

<イベント情報>

3月14〜18日まで、Westfield Stratford Cityにおいて、海外からの支援への感謝を表明し、日本の食や文化、ファッションなどを紹介する「Tasting JAPAN WEEK」が催される。お時間のある方は是非。

Japan earthquake and Tsunami marks one year anniversary today. However, recovery of the affect area of Tohoku is far from completed. Only 6% of 2.25 million tons of debris has removed (because other areas of Japan are reluctant to accept them), and tens of thousands of people still live in tiny temporary housing with uncertainty. Unemployment is high, as many industry were destroyed and haven’t been reconstructed or some may never be. The worst must be the areas near Fukushima nuclear plant, which is still releasing radiation, and people have to live with fear everyday, especially families with small children. People have very little hope to come back to their houses in evacuated area in their life time. Farmland is contaminated, and farming, which is an important industry in rural Fukushima, has been devastated. Still it is said that amazingly many British are pro-nuclear even after Fukushima (see Huffington Post)! There is little risk of earthquake or Tsunami in UK and nuclear maybe cheap and clean, but accident can happen, and once it occurs, there is nothing you can do about it. The area will be ruined and will remain inhabitable and non-cultivatable for long time. I’ve never thought that something terrible would happen to any nuclear power plants in Japan, but it happened for real!

People in Tohoku try their best to get their life back and to rebuid their town with determination, but there is a limitation that each individual can do. But the government can’t show us strong leadership in the past year, and Japanese people don’t have much faith in what the authority say & do any more. Prime minister Noda has to learn a lesson from David Cameron – his determination to fix the country’s finance, even making people (=unions) outraged.

I don’t see much hope in current situation in Japan, due to impotent government and bad economic circumstances, but it is encouraging to see continuous financial and psychological support to Tohoku in Japan and from abroad. Though it will take very long, hope Japan will regain its strength in near future.

→Photo gallery of aftermath & now: Telegraph / BBC. All the debris cleared, but the land with so much empty space looks dreary…

<Related Event Information>

London’s Westfield Stratford City hosts “Tasting JAPAN WEEK” from March 14 – 18. The objective of the event is to express a gratitude for the support to Japan from abroad after the earthquake & Tsunami, but also to introduce Japanese food, culture, and fashion etc.

For Japan Charity Auction: Architecture for Humanity @ HotShoe Gallery

明日6〜8時、Farringdon(ファリンドン)にあるHotshoe Galleryで、津波の被害を受けた東北地方の長期再建に役立てるため、写真のチャリティ・セール/オークション「For Japan」が行われる。8月2〜5日の間、日本や日本文化をテーマとした、世界中から寄せられた写真の中から選ばれた100点を展示。その売上げは、「Architecture for Humanity」の仙台プロジェクトオフィスに直接贈られる。

Architecture for Humanityは、貧困地帯や災害地において、建築の観点から人道的・緊急支援を行うNPOで、現在仙台で、孤児院、アート&ミュージック・セラピーセンター、地方レベルでの経済復興のための中小ビジネス支援イニシアティブ「urban acupuncture」、日本政府の復興10年計画に含まれていない小さな漁村の再建など様々なプロジェクトを行っている。

There will be a charity print sale/auction of photographs, “For Japan,” tomorrow between 6-8pm at Hotshoe Gallery in Farringdon, to raise funds for the long term reconstruction of the tsunami devastated north east region of Japan. The photographs, which evoke and celebrate Japanese culture, were submitted from all over the world, and selected 100 photographs have been on show from August 2 to 5. The proceeds will go directly to the Architecture for Humanity project office in Sendai.

Architecture for Humanity is a non profit organisation which offers building and design support in response to humanitarian and emergency needs. It is working in Sendai on a number of projects including an orphanage, an art and music therapy centre, an ‘urban acupuncture’ initiative to help get small businesses back on their feet to kick start economic recovery on a local level, a small scale fishing village reconstruction (rebuilding along the coastline is not included in the Japanese government’s 10 year plan).

Be Aware of Charity Scammers

数日前、ロンドンのフリーペーパー「Metro」に、東北大地震&津波への寄付を誘ったサイバー詐欺を行う不埒な輩がいるという記事が載っていた。Internet Crime Complaint Center(インターネット犯罪苦情センター)によると、フィッシングなどサイバー犯罪を目的とした、170万以上のマルウェア、419の詐欺サイト、そして「Japan tsunami」や「Japan earthquake」を使用した50以上のURLが報告されているという(参照:ubergizmo/MacWorld)。詐欺の報告・被害者支援を行うイギリスの公的機関であるAction Fraudのウェブサイトには、イギリス赤十字社のJapan Tsunami Appealを語る詐欺への警告が掲載されている(参照サイトイギリス赤十字社による警告)。米ABCニュースロイター通信は、詐欺にあわないための注意事項をリストアップしているが、要は、メールで送られてきたリンクや電話での勧誘からではなく、信頼できる機関や慈善団体の正規のウェブサイトや電話番号を通じて、または直接出向いて寄付するのが一番安全だろう。人の不幸は金儲けのチャンスと、人の善意につけ込む罰当たりな人たちがいるものだ。

I read about cyber criminals who are cashing in on the Japanese earthquake on London’s free paper Metro few days ago (article). According to Internet Crime Complaint Center, fraudsters have setup more than 1.7 million malware pages, 419 scam sites and over 50 fake domains with “Japan tsunami” or “Japan earthquake” in their URLs (ubergizmo/MacWorld). UK’s national fraud reporting service Action Fraud warns British Red Cross’s Japan Tsunami Appeal Scam (Read more about the Japan Tsunami Appeal fraud on the British Red Cross website). ABC news and Reuters list up tips to avoid those scams, but the safest way is to ignore e-mails and phone calls from total strangers, and either to call up or to visit the trustable charities and organizations or donate on their official websites. It is awful that there are a bunch of evils taking advantages from innocent people’s miseries and goodwill to those suffered!

ベトナム料理店がたち並ぶ、ロンドン東部のKingsland RoadにあるFlowers Galleriesで3月31日まで開催中の、日本人アーティストJiro Osugaさんの個展「Tokyo」。クスッと笑える脱力系の画風に癒される。ギャラリーはまた、日本への義援金受付も行っています。

Japanese Artist Jiro Osuga‘s exhibition “Tokyo” (– March 31) at the Flowers Galleries, located amongst dozens of Vietnamese restaurants on Kingsland Road, East London – his humorous paintings make all of us smile :-) The gallery also hosts “FLOWERS RUN FOR JAPAN” via JustGiving.

↓ 今日の支援情報(今日は英語のサイトばかりですみません)

↓ Today’s Charity Information

Pray For Japan

Vodpod videos no longer available.

東北大地震から10日経った。イギリスは多国籍軍の中心メンバーであることもあり、メディアの関心はリビアへの軍事作戦に移っている。私は平和支持者という訳じゃないけれど、地震と津波によるあの惨事を目の当たりにしたら、どんな理由があるにせよ、人間自らの手で破壊行為を行ったり、人を殺したりすることが、阿呆らしいというか、何ともやるせなく思える。

Mはそろそろもう地震の事ばかり書かなくていいんじゃないかと言うけれど、復興は始まったばかり。いまだにたくさんの被災者の方々が避難生活を送っているし、福島原発の問題もまだ解決していない。だから、他にも書きたい事はいっぱいあるんだけれど、まだ地震以外の事は書けない。ロンドン情報を楽しみにしてくださっている方、申し訳ありません。

今日は、作曲家の未知瑠さんの音楽に、Kaori Onishiさんが書かれたイラストをのけた、可愛いビデオをご紹介します。またYouTubeに寄せられた、たくさんの日本への激励ビデオを見ていると、とても温かい気持ちになりますよね。

10 days after the Japan Earthquake & Tsunami, now Libya takes over media attention, as UK is a core member of the coalition force. I am not a pacifist, but after seeing the catastrophe caused by mother nature, I feel it is ridiculous and meaningless to destroy cities and kill someone with our own hands.

M told me that I don’t need to talk about the earthquake anymore, but the recovery effort is just started and still many evacuees are forced to live in gymnasiums, city halls and schools with insufficient help. I don’t know if Fukushima nuclear power stations will be restored, or if they can, when it will be. Therefore, please bare with me for a little bit more, though I have many topics that I want to talk about on my blog. I am sorry for some readers looking for information about London.

Today I found a video “Pray for Japan”, music by Michiru and illustration by Kaori Onishi. Watching many video messages to encourage Japan from the world cheers me up!

↓ 今日の支援情報

↓ Today’s Charity Information