Tag Archives: 歴史

Simon Starling: Phantom Ride / Tate Britain Commission 2013

毎年、テートの所蔵品やテート・ブリテンの歴史に呼応した作品の制作をアーティストに委託しているTate Britain Commission2012年作品)。今年の作品は、2005年ターナー賞受賞者であるイギリス人アーティスト、Simon Starling(サイモン・スターリング)が制作した映像作品「Phantom Ride」(3月2日〜10月20日)で、Duveen galleriesに展示されている。

巨大スクリーンに映し出されるこの作品は、本物の作品とコンピュータで制作された映像を組み合わせ、過去の展示作品とギャラリーの歴史が時代を超えて幻影のように交錯する。Fionna BannerのJaguar戦闘機やウォーホルのエルヴィス・プレスリー等アート作品の横をすり抜けたと思うと、ドイツ軍のBlitzザ・ブリッツ)により、1940年に破壊されたギャラリーの瓦礫が現れる。面白いコンセプトだし、映像も音響も幻想的な雰囲気を醸し出しているけれど、すごく心打たれるほどではない。ギャラリーの歴史と栄光を表現するには、少し短かく、取り上げているアート作品も不十分な気がするのだ。

The Tate Britain Commission invites an artist to develop a new work in response to the Tate collection and the history of Tate Britain (see 2012 work). This year, British artist and 2005 Turner Prize winner, Simon Starling has created the film “Phantom Ride” (March 2 – October 20) that haunts the Duveen galleries with ‘ghosts’ of past exhibitions and history of the galleries.

The film, combining real objects and computer-generated works, projected on a huge screens, makes you feel like flying through time and through the past artworks such as Fionna Banner’s Jaguar jet fighter and Warhol’s Elvis Presley, and over the rubble of bomb-blast caused by the Blitz in 1940. Interesting concept, atmospheric, but not mind-blowing. Maybe a bit too short and incomplete to show a legacy of the galleries.

Advertisements

“The History of English in 10 Minutes” by The Open University

The Open Universityオープン大学)は、世界で初めて遠隔教育を中心とする高等教育に成功した、1969年設立の公立大学。Milton Keynes(ミルトン・キーンズ)に 本部を置き、国内13州すべてに地域拠点を持つ。現在、75ヶ国に22万5千人以上の学生を擁し、生徒数はヨーロッパ一、世界で最大規模の大学の一つに数えられる。ちなみに日本語でのウェブサイトまである。

写真の「The History of English – in 10 minutes」は、オープン大学が YouTubeチャンネルと iTunes U Channelsのために作成したビデオで、イラストとナレーションを使い、1600年の英語の歴史を面白おかしく10分間で説明するというもの。ビデオは各1分10章に分かれており、ローマ帝国撤退後やってきたアングロ・サクソンの言語を元に、キリスト教宣教師がもたらした宗教関係のラテン語やバイキングの言葉約2000語、1066年のノルマン人による征服によるフランス語約1万語(主に政治や公的ビジネス、食関係)、シェークスピアが作った新語なんと2000語(puppyやeyeballsなど)、欽定訳聖書の作成の際に使用されたメタファーやモラルに関する語、王立協会設立と科学の発展により作られた専門用語、そして大英帝国時代に植民地からもたらされた現地語(barbecue、canoe、boomerang等)が加わっていった。1756〜65年に作られたA Dictionaries of the English languageと1857年から71年かけて作成されたオックスフォード英語辞典により、英単語の公式な綴りが確定された。その後、アメリカ先住民と世界中からの移民の影響を受けたアメリカ英語、コンピュータ時代到来により生み出されたIT用語、そしてHinglish(ヒンドゥー英語)、Chinglish(中国英語)、Singlish(シンガポール英語)といった現地化された英語から取り入れられた単語など、いろいろな要素が合わさって現在の英語が作り上げられた。

ナレーションはかなり早いけれどイラストはわかりやすいし可愛い。また典型的なブリティッシュ・ジョークにもかなり笑える。簡単なイギリスの歴史も学べるので、ためになります。

The Open University is a distance learning and research university, founded in 1969 by Royal Charter in the UK and funded in part by the British Government, and it was the first successful distance teaching university in the world. The administration is based in Milton Keynes, but has regional centres in each of its thirteen regions around the country. With more than 250,000 students enrolled, including more than 50,000 overseas students in 75 countries, it is the largest academic institution in Europe by student number and one of the world’s largest universities.

The History of English – in 10 minutes」, the photo above, is the first cross-platform commission for the Open University’s YouTube and iTunes U Channels. The total of 10 mini-episodes (1 minute each) explain 1,600-year history of English with animated illustrations and typical British humours. Starting from the arrival of Anglo-Saxons after Romans were gone, Christian missionaries brought some religious Latin words and Viking left about 2,000 words. Then 10,000 French words, mainly related to official businesses and culinary, were added after Norman Conquest in 1066. Shakespeare created massive 2,000 words and phrases such as puppy and eyeballs, and the King James Bible, completed in 1611, created terms of metaphor and morality. English of science was needed when science was advanced and the Royal Society set up in 1660. During the British Empire between 1583 – 1914, many local words were brought back, such as barbecue, canoe and boomerang, from British colonies worldwide. A Dictionaries of the English Language was published in 1765 after 9 years of work, and Oxford English Dictionary after 173 years of its predecessor came out in 1928 with astonishing 71 years of patient effort, and the proper spellings and meanings were established. American English has been developed with influences from Native Americans and immigrants from worldwide, and British English has been taking many words from it. In the recent decades, IT terms have been created after computer was invented, and English has become a global language and localised English such as Hinglish (Hindu English), Chinglish (Chinese English) and Singlish (Singapore English) exports some words to original English.

Narrations are quite fast but illustration gives us a good understanding. You can also learn a little bit of British history. After all, these are very cute and funny!

Art Animals @ Spitalfields

Spitalfields(スピタルフィールズ)のBishops Squareにそびえ立つ山羊。3.5mもの高さを誇る彫刻作品「I Goat」は、昨年創設されたSpitalfields Sculpture Prize(スピタルフィールズ彫刻賞)を受賞した、スコットランド人彫刻家Kenny Hunter(ケニー・ハンター)の作品で、昨年11月23日よりこの場所に置かれている。

ハンター曰く、「山羊は独立心と非服従と関連づけられる」そう。同時に、スピタルフィールズに流れ着いた、多様な移民たちのシンボルであり、またロンドンを新しい住処とした彼らが直面した困難、抑圧、そして貧困などの迫害や犠牲を表す。山羊が載っている木箱は、マーケット(市場)と、移り変わる文化と人口流入の歴史を象徴している。言われてみれば、そうなのかと納得したりもするが、通りすがりの人たちは、「あ、山羊か」と思うくらいで、説明なしではここまで考えつかないだろう。

I Goat“  is the winning work of the inaugural Spitalfields Sculpture Prize 2010, placed in Spitalfields‘ Bishops Square from November 23, 2010. The goat, hand-sculpted by Scottish sculptor Kenny Hunter, stands on the top a stack of packing crates and reaches the 3.5metre high.

“Goats are associated with non-conformity and being independently-minded” according to the artist. The goat stands as a symbol for the various waves of migration that have found sanctuary in  Spitalfields. It is also an image of persecution and sacrifice, reflecting how each successive group of immigrants has faced their own combination of conflict, oppression and poverty, all eventually finding a new home in London. The crates refers the market as well as the area’s history of transience and human flux. I can get those hidden meaning of the goat if I read the description, but I wonder how many passersby would get it without reading the explanation.

その山羊の近くには、6羽の白うさぎたち。作者のPaul Cox(ポール・コックス)は、このあたりが昔、priory(小修道院)に隣接した牧草地であったことを念頭において、この「Spitalfields Spiritを制作したそう。

There are six white rabbits nearby the goat.Paul Cox made this Spitalfields Spirit, with the area’s history in mind, where it was once a grazing area for cattle, next to the priory.

以前、I Goatが今ある場所にあったRed Churchも、居場所は変わったけれど、Bishops Squareにまだ健在。

Red Church, which used to be placed where I Goat is now, is still there in Bishops Square, though it was relocated few metres away.

Daunt Books @ Marylebone High Street

来週からの旅行に先立ち、以前に書いたコベント・ガーデンのStanfordsと、メリルボーン・ハイ・ストリートにあるDaunt Booksにガイドブックを見に行った。ロンドンで旅行ガイドや地図を探すなら、Daunt BooksとStanfordsの2店がお薦め。

Daunt Booksは、メリルボーン・ハイ・ストリートに本店を置く本屋で、チェルシーHampstead(ハムステッド)、Holland Park(ホーランド・パーク)、Belsize Park(べルサイズ・パーク)のロンドンの高級住宅地4カ所と、シティに支店がある。小説や児童書など普通の本も売っているけれど、何より、ガイドブックや紀行本、写真集から、歴史、フィクション&ノンフィクション、レシピや食べ物ガイドまで、その国に関するありとあらゆる本が、国別にずらっと並んでいるのが、Daunt Booksの特徴。平凡な入口からは想像できないけれど、樫の木で作られた長い本棚が並び、ウィリアム・モリスの壁紙で飾られた、エドワード朝様式のクラシックな店の奥には、天窓がついた、明るくて広々とした売り場が広がる(写真2)。この1階と、古い図書館のような趣の地下の売り場(写真3)が、世界各国に関する本で埋め尽くされている。

‥‥ということで、来週から旅行のため、ブログはしばらくお休みします。11月2週目から再開予定ですので、またその頃覗いてみてくださいね:)

We went to Daunt Books on Marylebone High Street to look for a guidebook for our trip from next week, as well as Stanfords in Covent Garden that I wrote in the past. If you look for a travel guide or a map, Daunt Books and Stanfords are the places to check in London.

Daunt Books is a bookshop based in Marylebone High Street, with four branches in wealthy neighborhood  of ChelseaHolland ParkHampstead and Belsize Park and one in the City. Although selling also usual books such as novels and children’s books, Daunt Books specialises in travel books,using a unique system which arranges the books by country. You can find any book related to a specific country on the same book shelves, from the guide books and travel writings to history, fiction & non-fiction, photography, and recipes and food guides. It is hard to imagine from its average-looking entrance, but on the back of its classic Edwardian shop with long oak galleries and William Morris prints, there is an airy space with an abundance of natural light through skylights (the second photo), as well as more library-looking downstair (the third photo), dedicated for the books perfect for your vacation in any part of the world.

‥‥I will go on my late holiday from next week, and take a break from my blog for a while. I will be back to my blog if I survive, from the second week of November, and check out again later :-)

Enhanced by Zemanta

“Spirit of 1940” Newspaper Ads / Campaign by Yesterday, UKTV

9月7日から今日までの3日間、新聞に掲載された広告。第二次世界大戦がイギリスで本格化、ザ・ブリッツThe Blitz)が始まり、多くの人々が疎開、食料も配給制になった1940年から70年の節目を迎えたことを記念し、デジタルケーブル・衛星局のUKTVの歴史専門チャンネル「Yesterday」が今週放映している「Spirit of 1940」特集番組の広告で、レトロな色使いとデザインがなかなかいい。

These are the newspaper ads / campaign published  for three days, started on September 7. These nice retro design ads are of “Spirit of 1940”,  a series of programs shown this week on history channel “Yesterday“, a part of a digital cable and satellite television network UKTV, commemorating the 70th anniversary of the year 1940, in which Britain experienced the Blitz, saw the start of food rationing and sent evacuees away from their homes.

The Blitzザ・ブリッツ)70周年を記念し、先日9月7日、セント・ポール寺院で式典が行われた(関連記事)。ザ・ブリッツとは、第二次世界大戦中の1940年9月7日から1941年5月10日まで、ナチス・ドイツがイギリスに対して行った大規模な空襲。ドイツ語で稲光を意味する blitzが、イギリス・メディアによって、この一連の空襲を表すのに用いられた。57日間に及ぶロンドン夜間空襲から始まり、産業施設や民間施設をターゲットにしたザ・ブリッツは、イギリスの多くの都市や町に被害を与え、43,000名以上の死者(うち半数がロンドン市民)を出し、約140万人が家を失った(フォトギャラリー)。

On September 7th, a service at St Paul’s Cathedral marked the 70th anniversary of the start of the Blitz (related article). The Blitz, the German word for “lightning” applied by the British press, was the sustained heavy and frequent bombing raids carried out over Britain by Nazi Germany between 6 September 1940 and 10 May 1941, during the Second World War. It began with the bombing of London for 57 consecutive nights, and hit many towns and cities across the country, targeting both industrial facilities and civilian centers. Over 43,000 civilians (half of them in London) had been killed during the period, and 1.4 million people became homeless in London alone (photo gallery).

Vodpod videos no longer available.

Enhanced by Zemanta

‘Street Museum’ Mobile app by The Museum of London

今日のBBCニュースで取り上げられていた、Museum of London(ロンドン博物館)のiphone用無料アプリ「Street Museum」をダウンロードした。Museum of Londonは、60年代から70年代にかけて、シティ・オブ・ロンドンの爆撃で破壊されたエリアを再開発したバービカン・センターの一部で、先史時代から現代に至るまでのロンドンの歴史を展示している。

Street Museumは、ロンドンの歴史を物語る写真や絵画のオンライン・カタログ。1666年のロンドン大火からカーナビー・ストリートに代表される1960年代のスウィンギング・ロンドンまで、博物館所蔵の何百枚もの写真や絵画にアクセス、ロンドンの日常の街角や歴史的出来事を垣間みることができる。

使い方は簡単。アプリを開くと出てくる地図でお目当ての場所を見つけるか、携帯端末に内蔵されているGPSで近場にあるイメージを探し、地図上にあるピンをタップするか、「3D View」ボタンをタップし、カメラを見たい場所に掲げると、その場所の古いイメージが出てくる。そして、そのイメージをタップすれば、その場所の歴史的トリビアを読むことができる。

既に、10万人がこのアプリをダウンロードしたそうだが、今日のBBCニュースで取り上げられたので、さらにダウンロード数は増えるだろうな。

I downloaded a free iphone app ‘Street Museum‘, created by the Museum of London, after I saw the BBC News picked it up today. The Museum of London documents the history of London from the Prehistoric to the present day. It is located close to the Barbican Centre, as part of the Barbican complex of buildings created in the 1960s and 70s as an innovative approach to re-development within a WWII bomb damaged area of the City.

‘Street Museum’ is an online catalogue of photos and paintings from London’s history. From the Great Fire of 1666 to the swinging sixties, you can have an access to hundreds of images from the museum collections that showcase both everyday and momentous occasions in London’s history.

It is easy to use – select a destination from the map or use your GPS to locate an image near you. Or press ‘3D View’ and hold up your camera to the present-day location, and the old image of the same place appear on your screen. Then tap the old image for historical facts.

Already 100,000 people have downloaded this app, and after today’s BBC news coverage, many more will probably download it.

Vodpod videos no longer available.

Enhanced by Zemanta

Modernist T-Towels: Kensal Green and Trellick Tower

コヴェント・ガーデンにあるLondon Transport Museum(交通博物館)で買った、「People Will Always Need Plates」のModernist T-Towelsティー・タオル)。デザインが素敵なので買ったから、お皿拭きには使わない。イギリス製でコットン100%のこのティー・タオルは、スクリーン印刷の鮮やかなカラーで、Trellick Towerトレリック・タワー)とKensal Green(ケンサル・グリーン)の街並がデザインされている。ほかの図柄も欲しかったのだけれど、9種類あるモダニスト・デザインコレクションのうち、この2種類しか売っていなかった。ノッティング・ヒルの北にあるトレリック・タワーは、1972年に完成したロンドンを代表するモダン建築で、建築家・Ernő Goldfinger(エルノ・ゴールドフィンガー)によって設計された、ブルータリズム様式の公共住宅。ロンドン北西部に位置するケンサル・グリーンは、これと言った特徴のあるエリアではないけれど、クイーンのフレディ・マーキュリーが火葬された場所で、著名人が多く眠るKensal Green Cemeteryがある。

I bought these Modernist T-Towels (Tea Towels) by People Will Always Need Plates at London Transport Museum in Covent Garden. The 100% cotton tea towels is proudly made in UK, and feature Trellick Tower and houses in Kensal Green in rich screen-printed colours. I got them for its design, so I won’t use them for drying dishes. I wanted to buy other design as well, but the shop had only these two design among 9 modernist design collection. Trellick Tower is a 31-storey block of public housing in north of Notting Hill, designed in the Brutalist style by architect Ernő Goldfinger and completed in 1972. Kensal Green on northwest London is not exciting area, but there is the Kensal Green Cemetery which is one of the finest Cemeteries in London and is known that Queen’s Freddie Mercury was cremated there.

ロンドンの交通の歴史を物語る、London Transport Museum。2005年からの改修工事の後、2007年11月にリニューアルオープンしたコヴェント・ガーデンの博物館のほかに、Acton(アクトン)にある Depot(倉庫)にもコレクションを展示している。ここのショップがなかなか、センスの良い品揃えを誇っている。買い物袋のデザインもモダンで、これを手に入れるために買い物したくなる。オンライン・ショップもあって、海外発送もしてくれる。コヴェント・ガーデンのど真ん中にあって交通の便もいいし、ロンドンに数多あるチープな店で粗悪品を買うぐらいなら、ロンドン土産はぜひここで。

London Transport Museum conserves and explains London’s transport heritage. The main museum in Covent Garden was reopened in November 2007 after two years of refurbishment. Its Acton Depot also holds the majority of the Museum’s collections which are not on display in the museum. The museum shop has a good selection of products, and its modern and stylish shopping bags is another reason to shop there. The museum has an online shop as well and delivers to worldwide (→details). The museum is located in the heart of Covent Garden, so grab London’s souvenirs there, rather than shopping trashes at cheap and ugly stores around London.

Reblog this post [with Zemanta]