Tag Archives: 無印良品

Muji’s “Product Fitness 80” @ Design Museum

ロンドン(デザイン・ミュージアム:3月9〜18日)と東京(ATELIER MUJI:3月1〜20日)で同時開催中の「Product fitness 80もの八分目)」展。「腹八分目」が健康に良いように、ものづくりにも過剰さを抑え無駄をなくす「もの八分目」が必要じゃないだろうか。東北大震災から1年、ものの「適性(フィットネス)」を見直し、必要な大きさや量を超えて肥大化した「もの」を適正なサイズ、量、素材等に戻そうという、無印良品のものづくりの姿勢を伝えるために企画された。

デザイン・ミュージアムの企画展ではないからか(無印良品が場所代を払ってると思う)、全然力が入っていない。他の展覧会に比べて会場も狭くて天井も低く、窓もなくて薄暗いと、開放感が全くない(元々この部屋は展示室じゃなくて、倉庫だったんじゃないかとみている)。いくら過剰を排除すると言っても、展示品も解説も小振りで地味過ぎ。これじゃ発信したいメッセージも伝わらない。写真で見る限り、東京の展覧会の方がまだ格好いい。2014年にCommonwealth Instituteで新装オープンを目指すデザイン・ミュージアムの金づるになっただけかも、という気がする(ガーディアン紙記事)。偶然にも、1階下の「Terence Conran: The Way We Live Now」は、ミュージアム移転に1700万ポンド寄付したというコンラン氏の展覧会だし(金額で負けたか)。こんな陰気くさい場所でやるぐらいなら、ロンドンにある無印良品の大型店舗でやった方が安上がりだし、ましだったなんじゃないかと思う。

A Japanese retail company Muji‘s “Product fitness 80 (もの八分目)” exhibition is currently held in Tokyo (@ATELIER MUJI: Mar 1-20) and London (@Design Museum: Mar 9-18). On the one year anniversary of the Japanese earthquake and tsunami, Muji rethink the way in which design impacts on the way we use energy. The title “Product fitness 80”, like physical fitness, comes from a Japanese proverb “Eating moderately (literally “stopping eating at 80% full”) keeps the doctor away.” The exhibition addresses the question, “what would happen if we use 20% less materials and energy in the actual process of making products?” This exhibition represents a Muji’s approach on manufacturing – removing waste and excess and making their products in adequate size and amount.

Since the show is not planned by Design Museum (Muji assumingly paid to rent the space), it is sort of sidelined. In compare to other two exhibitions, the space is small with low ceiling and dark with no windows (I believe this room was originally a store room or something). Although concept is ‘fitness’ without excess, the products and its descriptions are too little and too modest. The show in Tokyo looks much better on its website. It seems to me that this is like a rip-off by Design Museum who probably needs more fund for moving to a larger Commonwealth Institute building in 2014 (Guardian article). Coincidentally, “Terence Conran: The Way We Live Now” exhibition downstairs is about Sir Conran, who donated £17 million for the museum’s renewal. It would have been better and cheaper to host the show at one of the London’s Muji stores, in compare to this dungeon like space.

↓ 最上階で開催中のDesign of the Year 2012(→過去のエントリー:2009 / 2010)。写真不可のため展覧会の写真はなし。見飽きた感のある、デザインのごった煮的展覧会。

↓ “Anything goes” kind of exhibition that I felt a bit fed-up, “Design of the Year 2012” on the top floor (→past entry: 2009 / 2010). There is no photos allowed, therefore, I couldn’t take any photos.

Advertisements

Terence Conran: The Way We Live Now @ Design Museum

日本と同時開催中のデザイン展示会「Product fitness 80もの八分目)」のスポンサーであるMUJI(無印良品)で買い物をし、そのレシートを持っていくと入場料が無料になるというので、久しぶりにデザイン・ミュージアムに行った。意外とこじんまりしていた「Product fitness 80」(明日詳しく書きます)より、昨年11月16日〜4月12日まで開催している「Terence Conran: The Way We Live Now」がなかなか面白かった。

この展覧会は、イギリスにおけるモダン・デザインの先駆けで、デザイン・ミュージアムの開設に貢献、今もデザイン界の重鎮として多大な影響力を持つテレンス・コンラン氏の80歳の誕生日を記念して企画。コンラン氏がキャリアをスタートさせた戦後の欠乏期、戦争の痛手から立ち直り、その象徴としてFestival of Britainが開催された50年代、インデペンデント・グループIndependent Group)とポップアート運動の起こった60年代、デザイン・ブームの80年代、そして現代まで、コンラン氏がイギリスの現代の暮らしに与えた影響と、彼のデザインアプローチやインスピレーションを紹介している。

「plain, simple, useful(簡素、シンプル、便利)」を哲学とするコンラン氏のデザインは、過剰装飾・派手な色の多用がトレンディだった80年代を除き(今見返すとあの頃の悪趣味さを実感)、時代や流行が変わっても飽きがこない、温かみがあって良質のものが多い。彼の作り上げたレストランは少し時代遅れの感も否めないが、それ以外は、さすがイギリスのモダンデザインを作り上げたコンラン氏だけあると納得させる、見応えのある展覧会だった。

We went to the Design Museum, as entrance is free with a shopping receipt from MUJI, who is a sponsor of an exhibition “Product fitness 80“, coinciding in Tokyo and London. More than a small scaled “Product fitness 80” (I will talk about the details tomorrow), “Terence Conran: The Way We Live Now” (Nov 16. 2011 – Apr 12) was more interesting and worth to see.

This exhibition is planned to mark Sir Terence Conran’s 80th birthday. Sir Conran is a father of British modern interior design and still one of the most influential figure of design industry. The exhibition explores his impact on contemporary life in Britain, as well as his design approach and inspirations, tracing his career from post-war austerity through to the Festival of Britain representing the recovery from the war in the 1950s, the birth of the Independent Group and the Pop Culture of the 1960s, to the design boom of the 1980s and on to the present day.

Sir Conran’s design with his philosophy “plain, simple, and useful” has warmth and good quality, and is never been outdated, except the products produced in 80s when excessiveness and flashiness was trendy (I always feel quite embarrassed to see 80s stuffs). Also his group of restaurants are a bit passé, but otherwise, I enjoyed this exhibition overall.

Dieter Rams Exhibition @ Design Museum

デザイン・ミュージアムで、3月9日まで開催中の「Dieter Rams」展を見てきた。ドイツ人プロダクトデザイナーであるDieter Rams(ディーター・ラムス)は、20世紀後半で最も影響力のあるインダストリアルデザイナーの一人に数えられる。ラムスは1955年に独・家電メーカーのブラウン社に入社。1961年にデザインのチーフ・デザイナーに就任し、1998年の定年まで40年以上に渡って500以上の製品をデザイン・監修した。シンプルだけれどもエレガントで、機能的な彼のデザインは、インダストリアルデザインにおける「機能主義」派に分類される。

この展覧会では、ラムスの手がけたブラウン社と家具メーカーのVitsœ社の製品とともに、アップル社や無印良品、深澤直人等、彼の影響を受けた、現代のデザインも展示されている。簡潔で無駄がなく、気をてらわないラムスのデザインは、時が経っても飽きがこないから、壊れるまで安心して使える。自己主張しすぎず、他の製品ともしっくりくる。これぞプロダクトデザインの鑑。展示スペースもすっきりとモダンにデザインされており、なかなか見応えのあるデザイン展だ。

I saw the Dieter Rams exhibition (until March 09) at the Design Museum. The German product designer Dieter Rams is one of the most influential industrial designers of the late 20th century. Rams joined the German consumer electronics manufacturer Braun in 1955, where he became chief of design in 1961. He had designed and supervised more than 500 products in over 40 years, until his retirement in 1998. His design, simple but elegant and functional, is categorized as the Functionalist school of industrial design. The exhibition presents Rams’ landmark designs for Braun and furniture manufacturer Vitsœ, as well as his influence on today’s design such as products by Apple and Muji.

Rams design is clean, straightforward, and enduring, so we can use it until it gets broken, without getting tired of it. It doesn’t scream out for an attention, and fits to anything, anywhere. This is a model product design. The exhibition space is well organized and nicely designed – it is worth a visit if you like modernism.

Reblog this post [with Zemanta]