Tag Archives: 第一次世界大戦

“The Volticism” Exhibition @ Tate Britain

テート・ブリテンで開催中の「The Vorticists: Manifesto for a Modern World」展(6月14日〜9月4日)、ヴォーティシズムについて何も知らなかったにも関わらず、スタイリッシュなポスターやそのキャッチフレーズ「現代世界へのマニフェスト」を見て、かなり期待して観に行った。

ヴォーティシズム(渦巻き派/渦巻派)は、20世紀初頭にイギリスに興った、美術および詩に関するモダニズム・ムーブメント。1914年、ヴォーティシストたちは彼らの考えたアバンギャルド・スタイルを広める為、ロンドンを拠点に活動と共にするために結成したグループで、2冊の機関誌「Blastブラスト)」を発行しロンドンで展覧会を1回開催した後、第一次世界大戦の勃発に伴い運動は消滅した。この展覧会は、ロンドンとニューヨークで行われた先にも後にも2回きりの展覧会に焦点を当て、パーシー・ウインダム・ルイスジェイコブ・エプスタインアンリ・ゴーディエ=ブジェスカの作品や写真、書類など、100点以上の作品を展示している(主な作品の写真)。

キュビスム未来派の影響を受けたヴォーティシズムは、機械時代のフォルムとエネルギッシュな形象の組み合わせと、大胆な線描とどぎつい色使いを特徴とする。運動以前のエドワード朝のスタイルからは180度の転換だけれど、未来派のダイナミックさと野心、キュビズムの洗練さには及ばず、何だか中途半端。活動期間が短すぎて、自らのスタイルを完成させる時間がなかったのか。

I had a good expectation for “The Vorticists: Manifesto for a Modern World” Exhibition (June 14 – September 4) at Tate Britain before visiting it, though I didn’t know anything about it, but just seeing the poster and its subtitle of “manifesto for a modern world” – I thought it was something dynamic, full of energy and modernistic.

Vorticism was a short-lived modernist movement in art and poetry, based in London in the early 20th century. In 1914, the Vorticists was formed to work closely together  to promote the avant-garde style that they had formulated. They published two issues of the literary magazine ‘Blast‘ and had one exhibition in London in 1915, but the movement broke up largely due to the onset of World War I. Focusing on the only two Vorticist exhibitions, held in London and New York, this exhibition brings together over 100 key works, including photography and literary ephemera, as well as influential pieces by Wyndham Lewis, Jacob Epstein and Henri Gaudier-Brzeska (photos of the exhibiton).

Grew out of Cubism but more closely related to Futurism, it is said that the Vorticists’ style is a combination of machine-age forms and energetic imagery, with an array of bold lines and harsh colours. It may be a drastic change from the previous Edwardian period, but I didn’t feel the same dynamism and ambition of Futurism and sophistication of Cubism from their works, and it was not hot or not cold. Maybe they didn’t have time to grow their style into perfection.

The Vorticists」展の作品ではないのだけれど、テート・ブリテンで気に入った、Cerith Wyn Evansケリス・ウィン・エヴァンス)のシャンデリア。

This is not in “The Vorticists” exhibition, but my favorite work of the day by Cerith Wyn Evans.

Michael Rakowitz @ Tate Modern Level 2 Gallery

テート・モダンLevel 2 Gallery(テムズ川に面した入口の外にある)で22日に始まった展覧会「The worst condition is to pass under a sword which is not one’s own(最悪の状況は、自分のものではない刀の下を通り過ぎること)」。アメリカ人アーティスト・Michael Rakowitz(マイケル・ラコヴィッツ)が、サダム・フセイン政権下、彼が好んだジュール・ヴェルヌの小説や映画スター・ウォーズG.I.ジョーワールド・レスリング・フェデレーション(World Wrestling Federation)等の西欧のSFやファンタジーと、イラクのモニュメントや軍や科学活動のつながりを描き出している。

入口は、壁一面が、バグダッドの「Swords of Qādisiyyah/Hands of Victory(勝利の手)」モニュメント前で、米軍兵士や関係者がポーズを決める写真で、埋め尽くされている。次の部屋は、真ん中に日本の兜、第一次世界大戦のドイツ軍ガスマスク、ダース・ベイダーのヘルメット、サダム決死隊(フェダイン・サダム)のヘルメットが並んでウィンドーに飾られており、その周りには、スターウォーズや西洋文化がサダムやイラク軍に与えた影響を示す、手書きの文章が添えられた鉛筆画の展示。次の部屋には、Swords of Qādisiyyahをモチーフとした大型作品「Victory Arch (Strike the Empire Back Series) 」(1980年のスターウォーズのポスターに酷似)が鎮座。足元には、G.I.ジョーのパーツが埋め込まれた、透明のプラスチックでできたサダム決死隊のヘルメットが転がっている。

私はSFには興味がなく、ジュール・ヴェルヌも読んだことがないし、スター・ウォーズも観ていない。プロレスも、子供の頃父親が家のテレビを独占してみていたせいか、大嫌い。G.I.ジョーも、小さい頃に親しんだMに聞くまで知らなかった。伝えようとしていることは分かるけれど、なにぶん興味がない分野なのであんまり心に響かない。でも、アメコミっぽい彼の鉛筆書きのイラストは、なかなかいい味出している。

American artist, Michael Rakowitz‘s new exhibition at Tate Modern Level 2 Gallery (located outside of the entrance facing the Thames river), “The worst condition is to pass under a sword which is not one’s own” started on 22 January. This exhibition investigates the Sadam’s fascination with western science fiction and fantasy, including Star Wars, Jules Verne, World Wrestling Federation and GI Joe, and its influence on Iraqi military and scientific activities during the Saddam regime, according to Tate.

One wall at the entrance is covered with the photos of posing American soldiers and others, taken in front of Swords of Qādisiyyah (Hands of Victory) in Bagdad. In the next room, Fedayeen Saddam helmet together with Japanese samurai helmet, WWI German gas mask, Darth Vader mask are displayed in a show case in the center of the room, surrounded by Rakowitz’s pencil drawn illustrations with handwritten texts, representing the links between Iraq and modern Western culture. The third room hosts “Victory Arch (Strike the Empire Back Series) ” which is resemble to the Swords of Qādisiyyah monument and 1980 Star Wars poster, with Fedayeen helmets made of clear urethane plastic with colorful plastic GI Joe parts.

I am no fan of Si-Fi, and have never read Jules Verne or seen Star Wars. I hate professional wrestling, probably because my father always monopolized only one TV in the house, watching pro wrestling when I was a child. I’ve never heard of GI Joe until M told me about it – he used to play with it. I understand what he is trying to do, but it doesn’t impress me because of the subject matter I am not into – but I like his American comics-style pencil drawn illustrations.

Reblog this post [with Zemanta]

The White Ribbon (Das Weisse Band) by Michael Haneke @ Barbican Cinema

Vodpod videos no longer available.

オーストリア出身のミヒャエル・ハネケ監督の新作で、2009年度の第62回カンヌ国際映画祭でパルムドール(最高賞)を受賞した作品、「The White Ribbon / Das weiße Band」(ホワイトリボン)を、バービカンシネマで見た。

物語は1913〜14年、第一次世界大戦直前のドイツ北部の厳格なプロテスタントの村が舞台。主な登場人物は、語り手である独身男性教師、大地主の男爵、子だくさんの牧師、男やもめの医師と彼に尽くす独身看護婦、そしてその子供たち。医師が、家の入口にある2本の木に張られた細いワイヤーにつまずいて落馬、大怪我するところから映画は始まる。その後、道徳や倫理感、規則に縛られた堅苦しいこの小さな村に、不可思議な、処刑や拷問の儀式を思わせる、不穏で悲惨な事故が次々に襲うが、犯人は分からず、住民は不安に陥る。そのうちに第一次世界大戦が開戦し、事件は迷宮入り、戦時中の興奮の中、忘れ去られていく。

タイトルの「ホワイトリボン」は、牧師が、常にPURITY(清廉、純粋)の義務を思い出させる手だてとして、規則を破った子供たちの腕に白いリボンを巻くことからきている。でも、この純粋なはずの子供たちが極めて怪しい。そして、この子供たちが、近い将来に勃興するナチズムとファシズムの時代に成長し、大人になるのだ。そして、その時代に何が起こるか、この子供たちのような人間が何をするか象徴している。

抑えた残虐性。実際の暴力のシーンはない。でも白黒画像が、背筋がぞっとする見えない怖さを増長する。ハネケ作品らしく、最後までその謎は明かされず、観ている人が何が起こったか推測するしかない(それでフラストレーションがたまる)。2時間半と長い映画だけれど、決して退屈しない。パルムドールにふさわしい、見がいのある作品だった。

We saw “The White Ribbon / Das weiße Band”, winner of the Palme d’Or at 2009 Cannes Film Festival, by Austrian director Michael Haneke, at Barbican Cinema.

The story takes place in a small Protestant village in northern Germany in 1913-14, just before the World War I breaks out. Among the people who live there are a baron who own large estate, a strict pastor with many children, a widowed doctor, a midwife, and their children, and a unmarried schoolteacher who tells this story many years later. Since the first incident happened, the doctor falls down from his horse and is severely wounded by wire placed at the entrance of his house, a string of disturbing and distressing accidents occur and gradually take on the character of a ritual of punishment and torture. No one knows who is the perpetrator, and villagers in this highly moralistic and stiff community worry and feel uncertain. Then the World War I started and the mysteries remain unsolved and forgotten in the excitement of the war.

The title “white ribbon” comes from the episode that the pastor tie a white ribbon to the arm of his two children as a constant reminder of their duties to purity. But these kids, who should be ‘pure’, are the possible offenders of this horrific incidents and act very suspicious. And these children are the ones who grow up in the rise of Nazism and Fascism; this infers future brutality and what former children are capable of during the time of Nazis.

Suppressed cruelty – there are no scenes of actual violence. But the black & white footage enhances unseen chilling horror. As in his other his films, Haneke never reveals who did these crimes, so the viewers have to guess ourselves (and it is a bit frustrating). It is a long movie, about 2 hours and half, but it didn’t bore me at all – one of the best work of Haneke for me and it deserves to Palme d’Or.

Reblog this post [with Zemanta]