Tag Archives: 調味料

Fin & Flounder, a Cute Local Fishmonger @ Broadway Market

Fin & Flounder(ヒレとカレイ/ヒラメ)」は、ロンドン東部のブロードウェイ・マーケット(Broadway Market)にある小さなお魚屋さん。白いタイル壁と、アンティークっぽいペンダントライトが天井から垂れ下がるモダンな店内は、すっきりとしていて清潔。薄いブルーに塗られた外観にマッチした青いバケツ、そして青に映える黄色いホースはIKEAのロゴを思わせる。手描きで、シーフードを使った料理のレシピが書かれている黒板も可愛い。この黒板一面に書かれたレシピをメモしようという、気合いが入った人はあまりいないだろうけれど、お店のウェブサイトでも、ゴードン・ラムゼイヘストン・ブルメンタールなど、セレブ・シェフのレシピが見れる。

コーンウォールヘイスティングスなど国内の漁港から運ばれてくる、新鮮なシーフード以外にも、魚料理に合うハーブ類や調味料(醤油やわさびもある)、瓶詰めの食品やワインなども、この小さい店内の棚にこじんまりと並んでいる。店員も親切で、味気ない大手スーパーが幅を利かせるこの時代、店主とお客のふれあいがあった古き良き時代の商店を、時代に合わせて洗練させて再現した、素敵なお店です。

Fin & Flounder is a small back to basics fish store on chic Broadway Market in Hackney. This simple and modern shop, decorated with plain white tile walls and rusty pendant lights, is neat, clean, and well taken care of. Blue buckets, matching with light blue storefront, and yellow hoses reminds me of IKEA logo. Recipe on a blackboard on the back of seafood selection is a cute touch, though I don’t think many people will write down this lengthy recipe on a piece of paper. Alternatively, you can check recipes of celebrity chef such as Gordon Ramsay and Heston Blumenthal on their website.

Fin & Flounder also has a selection of  wines that are picked to complement seafood dishes, herbs, spices, and other deli items neatly on shelves on the back of the store, as well as fresh local catch from the UK coastline, such as Cornwall and Hastings, that you can see through the store windows. Staff was friendly, and this charming fish shop is a real local gem, and brings back a good old time when stores and customers had a good communication by modernizing the shop, when standardized and boring large supermarket chains are taking over the country’s commerce.

Reblog this post [with Zemanta]

HP Sauce, a National Treasure

hpsauce

今日、BFI Southbankで、スタンリー・キューブリックの「Killer’s Kiss」を見た帰り、Southbankにあるお気に入りのブリティッシュ・レストラン「Canteen」で食事した際、何気なくテーブル上にあったHPソースの話をした。

そして帰宅後、The Timesをパラパラめくっていたら、偶然HPソースの記事を発見。「National Treasure(国宝)」というタイトルにあるように、イギリスの家庭やイギリス料理レストランには必ずあるcondiment(調味料)だ。エリザベス女王の王室御用達許可書(Royal Warrant)も所有する。イギリス人は、モルトビネガー(穀物酢・イギリス人はよく使う)をベースに、フルーツとスパイスを加えた、日本のトンカツソースのようなこのソースを、何にでもかけて食べる。また、スープやシチューの調味料としても重宝される。

HPソースのオリジナルレシピは、Frederick Gibson Garton氏が考案。1986年に、商標登録をした。Garton氏はこのソースを、英国国会議事堂(House of Parliament)内の食堂で供された事から、HPと呼んだ。だから、ラベルも、ビッグベン・国会議事堂だ。現在、「オリジナル」味以外に、BBQ味、ステーキ・ソース、Fruityなどのバラエティがある。イギリスの食生活向上に貢献してきたこのHPソースは、2005年にハインツによって買収。バーミンガム郊外のAstonの工場での生産も2007年3月に終了、現在はオランダで製造している。この記事では、かの産業革命の発祥地であるイギリスの、製造業の衰退を嘆いている。

Mは、原材料欄に砂糖が入ってるとすぐに拒否反応を示す。なので、HPソースも使った事がない。結構美味しいのに!

We had a dinner at one of our favorite British restaurant ‘Canteen‘, after Kublick‘s ‘Killer’s Kiss‘ at the BFI Southbank. We talked about HP sauce at the table, and coincidentally, I found the article about HP Sauce on The Times after we came back.

As in the title, HP sauce is a ‘national treasure’ here in the UK, and must-have condiment for the British family and British food restaurants. HP food, the owner of HP sauce, is appointed as Royal Warrant holder by Queen Elizabeth. British pour this sauce – malt vinegar base blended with fruit and spices – on almost anything. It is also useful for cooking such as soups and stews.

Original recipe of HP suace was created by Frederick Gibson Garton, a grocer from Nottingham. The name, HP, came from the House of Parliament –  he heard that the restaurant in the House of Parliament had begun serving it. Therefore the design of its label is also Big Ben/House of Parliament. There are a variety of tastes available other than the Original taste, such as BBQ, fruity, and Steak suace etc. HP sauce, which has contributed to the improvement of British cuisine, was bought by Heinz. Sadly its production in Aston, Birmingham suburb, was terminated in March 2007, and now it is produced in the Netherlands. The Times article deplores another devastating blow to the British industrial heritage!

For some strange reason, M has never used this sauce. What a shame – it is not bad at all, though!

Reblog this post [with Zemanta]