Tag Archives: 防空壕

National Trust: Hughenden @ High Wycombe, Buckinghamshire

1500エーカーもの緑地に囲まれた赤煉瓦造りのHughenden Manor(ヒューエンデン)は、バッキンガムシャーHigh Wycombeにある、ヴィクトリア朝時代の邸宅。1848〜1881年まで、ベンジャミン・ディズレーリ元首相が別荘として使用していたことで知られる。この間ディズレーリ夫妻は、ヒューエンデンとロンドンにあるいくつかの家を行き来していた。

現在の建物は、18世紀後半に建てられたが、1862年にディズレーリが大幅に改装した。部屋のインテリアや装飾は、ディズレーリ夫妻が住んでいた当時のもので、家族の肖像画や家具、小説家でもあったディズレーリの著作本など、多くの所有物が残されている。

第二次世界大戦中、ヒューエンデンは、コードネーム「Hillside」と呼ばれた秘密基地として、イギリス空軍のスタッフたちがドイツ国土の航空写真を分析し、有名なチャスタイズ作戦を含む数々の爆撃作戦のための地図を作成していた。このため、ヒューエンデンは、ヒトラーの攻撃目標リストの最優先ターゲットの1つだったという。屋敷地下の「Second World War room」では、当時の資料や人々の証言などが展示されている。

Hughenden Manor is a red brick Victorian mansion surrounded by 1500-acre park and woodlands, located in High WycombeBuckinghamshire. It was the country house of the Prime Minister Benjamin Disraeli from 1848 to 1881. He and his wife Mary Anne Disraeli, alternated between Hughenden and several homes in London.

The present house was built towards the end of the 18th century, but the Disraelis had the house remodelled in 1862. The house is decorated as it might have been at the time it was occupied by Disraeli, and contains a collection of memorabilia including family portraits, their own furnishings, a library containing about 4000 books, including a collection of Disraeli’s novels.

During the Second World War, Hughenden was used as a secret intelligence base code-named “Hillside”, and the UK Air Ministry staff analysed aerial photography of Germany and created maps for bombing missions, including the famous “Dambusters” raid. This is the reason why Hughenden was at the top of Hitler’s hit list. You can see their Second World War room in the cellars, with interactive exhibits and eye-witness accounts.

ベルリン会議の資料や地図などが展示された書斎

Disraeli’s office, filled with documentations of Congress of Berlin

メリー・アン夫人は、明るい色、特に青やゴールドを好み、応接間や寝室にこれらの色が使われている。

Mary Anne Disraeli adored bright colours, especially blue and gold. These colours can be seen in the drawing room and bedroom.

防空壕のレプリカ / Replica air-raid shelter

第二次世界大戦中の地図作製の様子を展示した「Ice House(=氷室)Bunker(掩蔽壕)」

“Ice House Bunker” with WWII map makers exhibition

Advertisements

Henry Moore Exhibition @ Tate Britain

イギリスを代表する彫刻家・アーティストである、ヘンリー・ムーアの展覧会が、今日からテート・ブリテンで始まった。1986年の彼の死後、ロンドンで最大規模となるこの回顧展では、大理石や木彫り、ブロンズ等の彫刻やドローイングなど、150以上に及ぶムーアの初期の作品を展示。彼の主なテーマである、「母と子」や「横たわる像」、座像や頭像の彫刻とともに、第二次世界大戦中に戦争画家として描いた、Blitzザ・ブリッツ:ドイツ軍による空襲)」の際に、ロンドン地下鉄や防空壕で寝泊まりする人々の絵も展示されている。

ムーアは、伝統的な彫刻観を否定し、美術館や博物館で見た非西欧の作品からインスピレーションを受けた。模型を作らず直接作品を彫るダイレクト・カーヴィングの先駆者であり、人間の体をモチーフとして、穴が開いていたり空洞を含んだりする、独特の有機的フォルムを作り上げた。その、モダニズムシュルレアリズムが融合した、ブロンズや大理石製の大規模な抽象彫刻は、パブリック・アートとして、ロンドンをはじめ、世界中で見ることが出来る。ムーアは、自身の作品が公の場に置かれるのを好んだが、昨日のBBCニュースによると、盗難や破壊行為により、最近では屋内での展示が増えているそうだ。

この「ヘンリー・ムーア」展は、なかなか見応えのある、充実した展覧会だ(写真はBBCサイトでも見れる)。屋外作品に比べると作品は小規模だけれども、土着的でシンプル、どっしりとした彫刻スタイルは変わらない。彼の作品はなんとなく温もりがあり、見ていると安らぐ。それに比べ、地下で避難した顔の見えないミイラのように描かれた人々の暗い絵からは、戦時中の人々の苦難がひしひし伝わってくる。

A new exhibition of the work of Henry Moore (1898–1986), one of Britain’s greatest sculptors and artists, just opens at Tate Britain today. The exhibition, the first major London retrospective of his work since his death in 1986, presents more than 150 stone sculptures, wood carvings, bronzes and drawings in his early career, including his main themes of the mother and child, reclining woman, seated figure and head, as well as his shelter drawings of Londoners sleeping in bomb shelters during the Blitz, as an Official War Artist. Although Moore liked his works to be in outdoor public spaces, recently more of his works are exhibited indoor due to vandalism and theft, according to the BBC news yesterday.

Moore rebelled against views of sculpture, instead finding inspiration from non-Western works he saw in museums. He pioneered carving directly from materials, evolving his signature abstract forms derived from the human body, with the influence of Modernism and Surrealism. His organic forms are generally pierced or contain hollow spaces. He was best known for his large scale abstract monumental bronze and marble sculptures which are located around London as well as the world as public art.

The exhibition is impressive and well-done. Though Moore’s works are smaller than his outdoor works, his unique style, primitive yet modern and simple, is certainly seen. His works have some sort of warmth and strength, and I felt calm and relaxed by looking at them. On the other hand, his drawings of people without faces and looking like mummies during German air raids, are painful to look at and vividly shows us the hardship that people went through during the World War II.


Vodpod videos no longer available.

Reblog this post [with Zemanta]