Tag Archives: abstract

Schwitters in Britain @ Tate Britain

Tate Britainで開催中のSchwitters in Britain (1月30日〜5月12日)は、ダダイスム構成主義シュルレアリスムなど近代芸術運動で活躍し、詩、サウンド、絵画、彫刻、グラフィック・デザイン、タイポグラフィ、そして後にインスタレーションと呼ばれる様々な手法を用いたヨーロッパ・モダニズムの巨匠でドイツ人アーティスト、Kurt Schwittersクルト・シュヴィッタース)の展覧会。Schwitters in Britain展では、戦争避難民として1940年にイギリスに到着してから1948年の彼の死まで、イギリスで活動していた期間の作品を主に、商品パッケージや新聞の切れ端などありふれた素材を使った150以上のコラージュや、彫刻作品、絵画などが展示されている。シュヴィッタースは、芸術目的のため、想像しうる全ての物を組み合わせる「メルツ」という概念を生み出し、found object(偶然見つけたもの)や日常生活の中にあるものを抽象的コラージュ、インスタレーション、詩、パフォーマンスに用いるスタイルを確立。彼の作品は、リチャード・ハミルトンエドゥアルド・パオロッツィダミアン・ハーストなど、後のイギリス人アーティスト達にも大きな影響を与えた。

シュヴィッタースは、自身の作品がナチス政府に「退廃芸術」との烙印を押されたことにより、1937年にドイツを離れ、最初の3年は息子が居たノルウェーに滞在。ナチスのノルウェー占領を機に、1940年にイギリスに渡ったが、敵国国民として1941年に解放されるまで各地の収容所で過ごした。その後、ロンドンのアート界で活躍、イギリス人アーティストや美術批評家と交流を深めた。1945年に湖水地方に移住、自然の素材を作品に使い始めた。また、出身地・ハノーファーで作り上げた建築的大規模構成作品・Merzbau(メルツ建築/メルツバウ)と呼ばれる作品の一環として、ここでもMerz Barn(メルツ小屋、物置)を制作した。展覧会は、シュヴィッタースの遺志を受け継いで、アーティスト・Adam ChodzkoとLaure Prouvostが制作した委託作品で締めくくられている。

戦時のムードや彼の避難民としての経験を反映してか、シュヴィッタースの抑えた色調の作品は、控えめで少し陰鬱な印象で、先日書いたリキテンスタイン展とは正反対。多くの人は、偉大なアーティストでモダンアートのパイオニアであるシュヴィッタースの作品に感銘を受けているのであろうが、私は何故か彼の有名なコラージュ作品群を見ても何とも感じないのだ。彼の正統派作品のポートレートや風景画(参照:FT / Guardian)は悪くないのだが、ただ単に私の好みじゃないのですよ。。。

→展覧会の写真:Guardian

Schwitters in Britain (January 30 – May 12) at Tate Britain is the major exhibition to examine the late work of German artist Kurt Schwitters, one of the major artists of European Modernism, who worked in several genres and media including DadaConstructivismSurrealism, poetry, sound, painting, sculpture, graphic designtypography and installation art. Focusing on his British period from his arrival in Britain as a refugee in 1940 until his death in 1948, the exhibition showcases over 150 collages, often incorporated fragments from packaging and newspapers, as well as sculptures and paintings. Schwitters invented the concept of Merz, ‘the combination, for artistic purposes of all conceivable materials’, and pioneered use of found objects and everyday materials in abstract collage, installation, poetry and performance. His work has influenced later British artists such as Richard HamiltonEduardo Paolozzi and Damien Hirst

Schwitters was forced to flee Germany in 1937, when his work was condemned as ‘degenerate’ by Nazi government and first settled in Norway for  three years. He escaped to Britain in 1940 after the Nazi occupation of Norway but had been detained as an enemy alien until his release in 1941. Then he became involved with the London art scene, engaging with British artists and critics such as Ben Nicholson and Herbert Read. In 1945 Schwitters relocated to the Lake District, and began to incorporate natural objects into his work. The move also culminated in the creation of his sculpture and installation, the Merz Barn, a continuation of his Hanover architectural construction MerzbauThe exhibition ends with commissions by artists Adam Chodzko and Laure Prouvost made in collaboration with Grizedale Arts to explore the Schwitters’ legacy.

Schwitters work using muted colours is rather understated and somehow gloomy, probably reflected the atmosphere of the war time and his life experience as a refugee. Completely oposite to the ambience of the Lichtenstein exhibition. He must be a great artist and a pioneer of modern art, and probably many people love the exhibition, but I don’t feel anything by looking at his famous collages, though I like his conventional portraits and landscape paintings (such as in FT and Guardian). His work is just not my cup of tea…

→See more photos: Guardian

Wilhelm Sasnal @ Whitechapel Gallery

Vodpod videos no longer available.

ホワイトチャペル・ギャラリーで開催中の、Wilhelm Sasnal展(10月14日〜翌年1月1日)が、なかなか面白い。この展覧会では、ポーランド人アーティスト・Wilhelm Sasnalヴィルヘルム・サスナル)の、1999年以降の過去10年間に制作された70以上の作品が展示されている。

サスナルが自身の作品に「ルール」はないと言っているように、母国ポーランドの歴史や現代の歴史的事件(東北大震災を主題とした作品も→インディペンデント紙記事 photo gallery 6/18)から、家族や平凡な日常の光景の他、アート・スピーゲルマンの漫画作品「Maus」(ポーランド人は豚として描かれている。インディペンデント紙記事 photo gallery 9/18)やジョルジュ・スーラの名作アニエールの水浴からもアイデアを得るなど、そのテーマは多岐に渡る。サスナルは、インターネットやメディアの写真・画像やポップ・カルチャーのアイコンを元に、ポップアート、自然主義アート、抽象画が混在する、独自の世界を創り出す。 ガーディアン紙インデペンデント紙の批評家が指摘するように、現在テート・モダンで回顧展が開催中のGerhard Richter(ゲルハルト・リヒター)の作品とも相似点が多い(過去のエントリー参照)。

彼の作品のトーンは、控えめで透明感がある。登場人物など、その対象のディテールは、時に省かれる。落ち着きがあって静謐な、ソフトな印象だが、その裏に、非情で悲惨な出来事が隠されている作品もある。控えめだが、力強い、心に残る展覧会だと思う。

Whitechapel Gallery‘s autumn exhibition, Wilhelm Sasnal (Oct 14 – Jan 1, 2012) is quite exciting and worth to see. This exhibition displays Polish artist Wilhelm Sasnal‘s  over 70 works of past 10-year after 1999.

Sasnal’s subjects varies from history of his native Poland and 21st-century world historic events including this years’s Japan tsunami (Independent article photo gallery 6/18) to his family (photo below: “Kacper and Anka”) and banal everyday life, as well as a comic character of “Maus” (Polish is depicted as pig in it) by Art Spiegelman (Independent article photo gallery 9/18)  and Seurat’s Bathers at Asnières – there is no ‘rule’ to his art, as the artist himself claims. He uses photographic images taken from internet and media as well as icons of pop culture, and creates his own world of art – a mixture of pop, naturalistic and abstract paintings. As the articles of the Guardian and the Independent art critiques mention, his works share some similarities with Gerhard Richter, currently shown at Tate Modern (see my past entry).

Tone of his paintings is subtle and transparent, and subjects are often impersonal without details. Its soft appearance is pleasant and relaxing, however, tragic events and meanings are depicted behind it in some of his paintings. Understated, but very powerful works.

Kacper and Anka, 2009

Henry Moore Exhibition @ Tate Britain

イギリスを代表する彫刻家・アーティストである、ヘンリー・ムーアの展覧会が、今日からテート・ブリテンで始まった。1986年の彼の死後、ロンドンで最大規模となるこの回顧展では、大理石や木彫り、ブロンズ等の彫刻やドローイングなど、150以上に及ぶムーアの初期の作品を展示。彼の主なテーマである、「母と子」や「横たわる像」、座像や頭像の彫刻とともに、第二次世界大戦中に戦争画家として描いた、Blitzザ・ブリッツ:ドイツ軍による空襲)」の際に、ロンドン地下鉄や防空壕で寝泊まりする人々の絵も展示されている。

ムーアは、伝統的な彫刻観を否定し、美術館や博物館で見た非西欧の作品からインスピレーションを受けた。模型を作らず直接作品を彫るダイレクト・カーヴィングの先駆者であり、人間の体をモチーフとして、穴が開いていたり空洞を含んだりする、独特の有機的フォルムを作り上げた。その、モダニズムシュルレアリズムが融合した、ブロンズや大理石製の大規模な抽象彫刻は、パブリック・アートとして、ロンドンをはじめ、世界中で見ることが出来る。ムーアは、自身の作品が公の場に置かれるのを好んだが、昨日のBBCニュースによると、盗難や破壊行為により、最近では屋内での展示が増えているそうだ。

この「ヘンリー・ムーア」展は、なかなか見応えのある、充実した展覧会だ(写真はBBCサイトでも見れる)。屋外作品に比べると作品は小規模だけれども、土着的でシンプル、どっしりとした彫刻スタイルは変わらない。彼の作品はなんとなく温もりがあり、見ていると安らぐ。それに比べ、地下で避難した顔の見えないミイラのように描かれた人々の暗い絵からは、戦時中の人々の苦難がひしひし伝わってくる。

A new exhibition of the work of Henry Moore (1898–1986), one of Britain’s greatest sculptors and artists, just opens at Tate Britain today. The exhibition, the first major London retrospective of his work since his death in 1986, presents more than 150 stone sculptures, wood carvings, bronzes and drawings in his early career, including his main themes of the mother and child, reclining woman, seated figure and head, as well as his shelter drawings of Londoners sleeping in bomb shelters during the Blitz, as an Official War Artist. Although Moore liked his works to be in outdoor public spaces, recently more of his works are exhibited indoor due to vandalism and theft, according to the BBC news yesterday.

Moore rebelled against views of sculpture, instead finding inspiration from non-Western works he saw in museums. He pioneered carving directly from materials, evolving his signature abstract forms derived from the human body, with the influence of Modernism and Surrealism. His organic forms are generally pierced or contain hollow spaces. He was best known for his large scale abstract monumental bronze and marble sculptures which are located around London as well as the world as public art.

The exhibition is impressive and well-done. Though Moore’s works are smaller than his outdoor works, his unique style, primitive yet modern and simple, is certainly seen. His works have some sort of warmth and strength, and I felt calm and relaxed by looking at them. On the other hand, his drawings of people without faces and looking like mummies during German air raids, are painful to look at and vividly shows us the hardship that people went through during the World War II.


Vodpod videos no longer available.

Reblog this post [with Zemanta]