Tag Archives: Academy Award

Precious: Based on the Novel “PUSH” by Sapphire

Vodpod videos no longer available.

話題の映画続きで、今日もバービカン・シネマで映画「プレシャス」を見た。原作は、作家で詩人のSapphireが、自身の教師やソーシャルワーカーとしての体験を元に書いた小説「Push」(1996年)。「チョコレートMonster’s Ball)」「 The Woodsman」(ケビン・ベーコン主演、前科1犯のペドファイル/児童性愛者の心の葛藤を描く秀作。日本未公開)等のプロデューサーであるリー・ダニエルスが監督、そしてアメリカ・トークショーの女王、オプラ・ウィンフリーがエグゼクティブ・プロデューサーを務める。また、マライア・キャリーレニー・クラヴィッツ等のスターが脇役を固める話題作で、サンダンス映画祭カンヌ映画祭等数々の映画祭で絶賛を浴び、今年度アカデミー賞の台風の目になると予想されている。

舞台は1987年のニューヨーク・ハーレム。主人公プレシャスは16歳のアフリカ系アメリカ人の女の子で、かなり太っていて友人もいない。生活保護を受け、毎日何もせずテレビを見ている母親は、何かにつけ、プレシャスに肉体的・精神的虐待を加える。プレシャスは、常に不在の実父に2回目の妊娠をさせられるが(一人目の女の子はダウン症を持っている)、ある日、妊娠を知った校長から退学処分を受ける。彼女は9年生まで進学しているにも関わらず、実は読み書きができない。彼女は、オルタナティブ・スクールを紹介され、そこの先生であるMs. Rain(ミズ・レイン)の助けと激励で、読み書きだけでなく、自分を愛し、信じることを学んでいく。そこで友達も初めてできた。ミズ・レインやクラスメイト、第二子を出産した病院の男性看護士(レニー・クラヴィッツ)、そしてソーシャルワーカー(マライア・キャリー)のサポートを受け、プレシャスは、無力で辛い子供時代と虐待的な母を過去のものとし、2人の子供を守るため、そして自分の人生を自分の力で生きるための第一歩を踏み出していく。

映画館は、テーマがテーマだからか、主な出演者を女性が占める映画だからか、女性客が大多数。映画に行く前に読んだ映画批評から、お涙ちょうだいの人気トーク番組・The Oprah Winfrey Show(オプラ・ウィンフリー・ショウ)を彷彿させるメロドラマを念頭に観に行ったのだが、なかなか真実味のある硬派な作品に仕上がっている。ストーリー自体は、これでもか!というぐらい不幸のオンパレードで、目新しいものではないけれど、これがデビュー作となる、主人公を演じたGabourey Sidibe(ガボレイ・シディビー)と、母親役のMo’Nique(モニーク。女優でコメディアン)が、とてもいい。シディビーは、辛い経験の中でも、彼女の想像の中でスターになった自分を思い描くことで、けなげに乗り越えていくプレシャス役を好演。諦めきった表情が何とも陰気なんだけれど、実は芯が強くて、笑うと可愛い。母親役のモニークは、フライパンを手にプレシャスを追いかけ回したり、物を投げつけたり、果てはテレビを階段の上から落として殺しそうになったりと、その迫力と言ったら、観ているこちらも身震いする。でも最後に、ソーシャルワーカーに問いつめられて、プレシャスの実父の行為を黙認、そしてプレシャスを虐待した理由を告白するシーンは、同情を誘い、憎みきれない。だからといって虐待を正当化してはいけないけれど、彼女も結局被害者で、プレシャスをそのはけ口にしていたのだ。いつも体を露出した格好で、ばっちりメークを決めている彼女からは想像できないけれど、すっぴんで熱演したマライア・キャリーも、ハスキーボイスでいい味出してる。先生役のPaula Patton(ポーラ・パットン)は、ハーレムの、しかもオルタナティブ・スクールの先生にしては綺麗すぎて、そしていい人過ぎてちょっと嘘っぽいけれど、生徒やその他の俳優たちは、ぴったりはまり役だった。

この映画は、昔、シディビーも通ったニューヨークのコミュニティー・カレッジで1学期間、週1回のインターンシップをした時のことを思い出させる。そこは、マイノリティーや移民の貧困家庭出身の生徒が大多数の学校で、プレシャスほどひどい状態じゃないにしても、家庭に問題があったり苦労している学生がいっぱいいた。でも彼らやプレシャス、そして彼女クラスメイトたちに共通することだが、皆精神的に強いのだ。弱音を言ったり文句を言ったりはするけれど、どんな状況にあっても、最後はあるがままを受け入れ、その日その日をたくましく生きている。苦労していて打たれ強いから、彼らは多少のことでは鬱とかになったりしない。所詮、自分でコントロールできないや過ぎたことをくよくよ悩むだけ損。前を向いて生きるしかないのだ。

We saw a new movie “Precious” at Barbican Cinema – we’ve been there for three week in a row. Precious is an adaptation of the award-winning 1996 novel Push by Sapphire, an American author and performance poet, based on her experience as a social worker and a teacher. The movie is directed by Lee Daniels, who is a producer of Monster’s Ball and The Woodsman, and Oprah Winfrey joined the team as one of the executive producer. Superstars and singers such as Mariah Carey and Lenny Kravitz played the supporting roles in the movie. Applauded in numerous film festivals in the world, including 2009 Sundance Film Festival and the 2009 Cannes Film Festival, Precious is one of the frontrunners for upcoming Academy Awards nomination tomorrow.

Set in Harlem in 1987, it is the story of Claireece “Precious” Jones (Gabourey Sidibe), a sixteen-year-old African-American girl, who is obese and has no friend. She lives with her physically and emotionally abusive mother (Mo’Nique) who is doing nothing but watching TV and living off social welfare. Precious is expelled from her school because she is pregnant for the second time by her absent father. She has reached the ninth grade but actually she can neither read nor write. Precious is offered the chance to transfer to an alternative school, Each One/Teach One, where Precious learns not only to read and write but also to believe in and love herself, with help and encouragement by her literacy teacher Ms. Rain (Paula Patton). She also makes friends at school for the first time. With all the support from Ms. Rain, her class mates, a male nurse (Lenny Kravitz) at the hospital she gave a birth, and her social worker (Mariah Carey), she takes her first step to to be a strong woman and a mother of two children, leaving her malicious mother and her powerless and painful childhood behind.

Probably because of the subject matter and the film’s mainly female cast, the majority of the audiences in the cinema were women. I expected the movie to be tear-jerking The Oprah Winfrey Show-ish melodrama, according to some of the movie reviews, but Precious was better than that. The story line itself, with all kinds of tragic incidents happened to the teenager, is nothing new, but the screen debuted Sidibe and an comedienne and actress Mo’Nique did a excellent job. Sidibe tactfully played the role of Precious who deals with horrible experiences by fantasizing herself as a star, when a bad thing happen to her. Although she looks miserable and quite depressing at the beginning, but as the movie progress, she starts to look more attractive and her smile is quite lovable and cute. Mo’Nique is quite scary and punchy in the scene of abuse, chasing Precious with frying pan on her hand, throwing things, and even dropping TV on Precious from the top of the stairs. But she grabbed my heart when she confesses to a social worker the reason why she didn’t intervene when her boyfriend sexually abused Precious and later she started to abuse Precious herself – although she can’t justify her dreadful acts, she is also a victim on her own eyes. Mariah Carey, who is always in a skimpy dress with perfect make-up, performed impressively with no make-up and a husky voice. Although Paula Hatton is too beautiful to be an alternative school teacher in Harlem, but other casts are all perfectly realistic and fit in their roles.

This movie reminds me of my weekly internship experience for one term at the New York’s community college, where Sidibe used to attend. Majority of the students there were minorities and immigrants from a poor family, and they had more or less troubles, though the problems might not be as bad as Precious’. But they were all tough, as Precious and her classmates – they complained or whined sometimes, but at the end, they accepted the situations without being depressed or gloomy and kept going. I learned from them, which is quite useful to cope with hardships, that it is useless to worry about something you cannot control or something already happened – don’t look back and just move on.

Reblog this post [with Zemanta]

A Prophet (Un prophète) @ Barbican Cinema

Vodpod videos no longer available.

今日もバービカン・シネマの月曜割引を利用して、先週封切りとなったフランス映画「A Prophet(原題「Un prophète」、「預言者」の意)」を観た。「夜中のピアニスト」「リード・マイ・リップス」等で高い評価を得た、ジャック・オーディアール監督作品で、第62回カンヌ国際映画祭グランプリを受賞、第53回ロンドン国際映画祭でもBest Film Award(最優秀賞)に輝いた。イギリスやアメリカでも批評家の高い評価を得ており、2月2日に発表されるアカデミー賞外国語映画賞ノミネートの呼び声も高い。

警察官への暴行で6年の刑に処された18歳のマリックは、アラブ系フランス人の孤児。11歳で学校を辞めたため、読み書きもできない。知り合いもなく刑務所に到着したマリックは、他の囚人たちより若く、脆弱に見える。刑務所を牛耳るコルシカ島出身のマフィアのリーダーに刑務所内での殺人を命じられてから、彼らの使い走りとなったマリックは、様々な「任務」をこなすうちに、多くのルールを学び、タフに成長、リーダーの信用を勝ち取る。コルシカン・マフィアに仕えつつ、賢明で向こう見ずなマリックは、イスラム系の囚人たちにもネットワークを広げ、独自の麻薬取引ビジネスを発展、フランスの都市近郊を根城とする移民の裏社会のリーダーに成長していく。

2時間半という上映時間を長く感じないほど、巧みなストーリー展開とスタイリッシュな映像に引き込まれた。何も知らない移民の若者が、自分自身の機転と魅力を頼りに生き延び、暗黒社会のリーダーに成長していくという、いわばサクセスストーリーだが、刑務所の実態やその中に生きる囚人たちの姿、グループ間の抗争等がリアルに描かれ、現実味がある。増え続ける移民、特に旧植民地の北アフリカ系イスラム教徒の移民たちの刑務所での台頭は、貧困や教育の欠如、人種差別等、フランス社会の問題を映し出している。刑務所系映画はあんまり見ないが、この手の映画としては上出来だと思う。ただ、刑務所や厳しい社会を生き抜くためには仕方ないのかもしれないけれども、主人公がやっていることは所詮モラルの欠けた犯罪行為。マリックの成功は、刑務所や裏社会と住む世界が違う私たちにとっては魅惑的かもしれないけれど、いわゆる普通の成功を夢見ることのできない貧しい移民たちの希望の星にはなってほしくない。

We went to see a new French crime film “A Prophet (French: Un prophète)” at Barbican Cinema with Monday discount. A Prophet, the winner of the Grand Prix at 2009 Cannes Film Festival and Best Film Award of the 53rd London Film Festival, is directed by Jacques Audiard, obtained a high recognition with “The Beat that My Heart Skipped (De battre mon cœur s’est arrêté)” and “Read My Lips (Sur mes lèvres)”  This film won a heart of British and American movie critiques, and makes Academy Foreign Film Award shortlist (nomination will be announced on February 2nd).

Found guilty of assault on a policeman and sentenced to six years in prison, an 18-year old French-Arab orphan Malik El Djebena (Tahar Rahim)  can neither read nor write, as he left school at the age of 11. Arriving at the jail alone, he appears younger and more fragile than the other convicts. Cornered by the Corsican Mafia leader César Luciani who rules the prison, he is given a number of “missions” to carry out, toughening him up, and wins the trust of the mafia leader. While he is working for Corsican Mafia, Malik, unafraid and a fast learner, also creates his own network with Muslim inmates as well. Balancing between Corsicans and Muslims, he discreetly develops his drug dealing business and works his way up through the criminal ranks, becoming a leader of all of France’s immigrant suburbs.

The film is so intriguing and absorbing that I didn’t feel its screening time of 150 min at all. The film shows us harsh realities of a life in prison, survival and battle between different groups, without glamor. A rise of Muslim inmates from former French colonies in north Africa, reflect social problems that French society is facing, such as lack of education, poverty and discrimination. I don’t usually fancy a jail movie, but I think A Prophet is thought-provoking, well-made move of its genre. It is a success story that young and naive immigrant teenager survives on his own quick-wittedness and charm, and climbs up to the top of the criminal underworld. Malik’s success story may be fascinating for us who live in a different world from him, but what he does in the movie is opportunistic, immoral, and is a crime. I hope Malik won’t be a role model for many young poor immigrants, who can’t dream of ‘normal’ success in a society where they don’t feel belonging to.

Reblog this post [with Zemanta]

Up In The Air @ Barbican Cinema

Vodpod videos no longer available.

今日、バービカン・シネマで月曜割引を利用して、映画「Up in the Air(邦題:マイレージ、マイライフ)」を観た。先週金曜日に封切りした、Up in the Airは(邦題が嫌いなので、ブログでは原題で書きます)、アカデミー賞監督賞にノミネートされた「JUNO/ジュノ」や、タバコ産業のロビイストを皮肉った「サンキュー・スモーキング」の、カナダ出身のジェイソン・ライトマンが監督、ジョージ・クルーニー主演のコメディドラマ。以下あらすじにはネタバレがありますので、読みたくない方はスキップしてください。

ライアン・ビンガム(ジョージ・クルーニー)は、ネブラスカ州オマハに本社を置く企業のリストラ対象者に解雇を通告する「リストラ宣告人」。また彼が各地で講演する自己啓発スピーチ「What’s In Your Backpack?(あなたのカバンの中身は何?)」では、人との関係や物欲に煩わされない人生哲学を説く。年間322日もアメリカ国内を飛び回るライアンの目標は、アメリカン航空(どーんとロゴが出るので、映画のスポンサーと思われる)のマイレージを1000万マイル貯めること。そんな中、出張先で、同じく出張で各地を飛び回るビジネス・ウーマン、アレックス(ヴェラ・ファーミガ)と出会い、気ままでカジュアルな関係をスタートさせる。ところが、彼の勤める会社では、若い新入社員ナタリー(アナ・ケンドリック)が出張コスト削減のため、インターネット面接で解雇通告することを提案。彼自身がリストラ対象となってしまう。ライアンの上司は、彼女には従業員を解雇するとはどういうことか分かっていないというライアンに、出張にナタリーを同行させるように命令した。旅を続けるうちに、少しずつお互いのことが分かって来た二人だが、ナタリーは、いい歳をして結婚やコミットメントを避け続けるライアンの生き方に疑問を投げかける。ボーイフレンドと一緒にいるために、サンフランシスコからネブラスカくんだりまで移り住んだナタリーだったが、出張中、その彼に携帯メールで別れを告げられ、失意のどん底に陥る。ライアンと、出張で来ていたアレックスは、傷心のナタリーを慰める。ナタリーは、ライアンに、どうしてアレックスとの交際を真剣に考えないのか詰るが、ライアンは自分のポリシーを変えようとしない。そんな中、ナタリーの提案したネット解雇を実践するため、本社に戻るよう連絡があり、二人の旅は終わる。しかし、ライアンはオマハに帰らず、アレックスを誘い、妹の結婚式のためにウィスコンシン州の地元に帰った。煩わしさを嫌い、家族を避け続けてきたライアンだが、母校の高校でアレックスとデートしたり、結婚式当日に怖じ気づいた妹の婚約者の説得に当たったりしているうちに、少しずつ家族や人生の伴侶の大切さに気づくようになった。そして、結婚式が終わり自宅に帰った後、初めて人恋しさを感じたライアンは、講演を投げ出して、アレックスのいるシカゴへと飛ぶ。しかし彼女の自宅を訪ねたライアンは、彼女が既婚者で子供もいることを知ってショックを受ける。その帰途、夢見た1000万マイルを達成し、パイロットやフライト・アテンダントの祝福を受けるが、素直に喜べない。貯めたマイルも、お金がなくて新婚旅行に行けない妹夫婦にプレゼントした。会社に戻った彼は、ボスから、解雇された社員の一人が自殺しナタリーは辞職、インターネット解雇通告も無期延期になったことを告げられた。彼はサンフランシスコに戻って職探しをするナタリーのために、丁寧な推薦状を書く。そして、彼はまたリストラ宣告人として、元の出張漬けの生活に戻るが、以前のように、気ままな独身生活を楽しむことは、もはやできなくなってしまった。。。

昨日発表されたゴールデン・グローブ賞で作品賞、主演男優賞、助演女優賞、脚本賞、監督賞の候補作となり(脚本賞のみ受賞)、アカデミー賞の下馬評も高く、イギリスメディアでも軒並み高い評価を得ているこの作品、最初から最後まで退屈することなく楽しめた。不況、リストラ、独身貴族(死語?)、インターネット社会、有能なビジネス・ウーマン、結婚、企業社会等、現代社会を上手く投影し、かなりの部分で共感できたし、ジョークも冴えていて、深刻な問題も笑いに支えられていて暗くなりすぎない。また若くて恋にも仕事にも理想を持つ23歳のナタリーと、恋愛に現実的な30代のアレックスのコントラストも面白い。そしてその二人に振り回されるクルーニーも、50歳も近いというのに本当にチャーミング。実生活でも独身生活を謳歌する、女たらしで有名なクルーニーも、たまに虚しさを感じたりするのだろうかと思ったりする。そして、最後はお決まりのハッピーエンドにならないところも、ひねくれ者の私の好みに合っている。また、アメリカの大自然や都市の航空写真を使った映画のタイトルデザインも、とても美しく印象に残る。日本では3月20日に公開予定だそうだ。しかし、邦題のセンスのなさ、どうにかならないかしら。

We went to see “Up in the Air” at Barbican Cinema, using Monday discount for £5.50@. Up in the Air, which opened last Friday in UK cinemas, is a comedy drama, directed by Canadian-born Jason Reitman (Academy award nominated Juno and Thank You for Smoking), starring George Clooney. Synopsis below includes a lot of details and ending, so if you haven’t seen the film yet, please feel free to skip the next paragraph.

Ryan Bingham (George Clooney), is a man who makes his living traveling to workplaces around the country and conducting employee layoffs. Ryan also delivers motivational speeches “What’s In Your Backpack?” to encourage a life free of relationships with people and things. Ryan’s life goal is to achieve 10 million frequent flyer miles of American Airlines (I guess that AA is the sponsor of the movie). While traveling, he meets another frequent flyer and business woman, Alex (Vera Farmiga), and they begin a casual relationship. Ryan is called back to his company’s offices in Omaha, Nebraska and finds out that an ambitious young recruit Natalie (Anna Kendrick) is pushing a plan to cut costs by conduct layoffs over the Internet. Ryan argues that Natalie knows nothing about the process of firing people, and his boss assigns him to take Natalie with him on his business travels to show her what it’s like. As they travel together and get to know with each other better, Natalie questions Ryan’s lack of interest in serious relationships, but Ryan is happy to stick to his philosophy. While on the trip, Natalie’s boyfriend dumps her via text message, leaving her devastated – she even moved to Nebraska from San Francisco to be with him. Ryan and Alex, who is there for business, console her and take her with them to crash a conference party at their hotel. The day after, Natalie gets upset to know Ryan’s reluctance to consider a commitment to Alex. Soon after they are called back to Omaha to begin Natalie’s internet layoff program. Instead of returning to Omaha, Ryan decides to invite Alex to his sister’s wedding in Wisconsin. Reunion with his sisters whom he has been avoiding all these years and a happy time with Alex make him realize that there is something more important than being ‘free’ and obsessed with earning mileage. After Ryan comes back home, he feels lonely for the first time. He walks out from his “What’s In Your Backpack?” speech, and flies to see Alex in Chicago. However, when she opens the door, Ryan realizes that she is a married woman with young children. On the flight back home, the crew announces that Ryan has just achieved his 10-million-mile mark, but he cannot get excited by it. Back in Omaha, Ryan calls the airline to transfer miles to his sister and her new husband, who cannot afford to go to honeymoon, so that they’ll be able to fly around the world. Ryan’s boss comes in and tells Ryan that one of the employees he and Natalie fired committed suicide. Natalie has resigned and the company wants to send Ryan back to continue face-to-face layoffs. Ryan writes an impressive letter of recommendation for Natalie for her new job in San Francisco. Ryan goes back to his previous life, but he cannot enjoy it anymore…

Up in the Air is nominated in 5 categories of yesterday’s Golden Globe Awards and also expected to be nominated in Academy Award next March. British media also gives this film a good review, and we enjoyed the film from the beginning to the end, without getting bored for a second. Keywords in modern society, such as recession, layoffs, marriage and relationship, internet, and work, are well incorporated in the film, and I understood and fell empathy for the most of the parts. The real-life humor is superb, and we laughed a lot through the showing time. The contrast between 23 years old Natalie, young and naive, with more realistic and down-to-earth 30s something Alex, makes me reflect myself when I was young and compare to who I am now – I completely agree with Alex now, unfortunately. Cloony, who is almost 50, is still so charming! His role in the film makes me wonder if he, who also enjoy being single, ever feels lonely and empty in his own life as well. I also like the ending which doesn’t fall into the same old happy ending. The opening title sequence using aerial photos of American great natures and cities are so beautiful and impressive, and it is one of my favorites.

Reblog this post [with Zemanta]

Vicky Christina Barcelona @ Barbican Centre

Barbican brochure February 2009

バービカン・センター(バービカン)で、ウディ・アレン監督の新作「それでも恋するバルセロナ(Vicky Christina Barcelona)」を見た(なんて恥ずかしいタイトル。。。)。今週末は、ロンドンのフリーペーパー・The Londonpaperとのタイアップで、映画代が£5.00(通常£7.50)に。今日はバレンタインデーだったので、映画館は結構混んでいた。バービカンは、コンサートホール、3つの映画館、2つの劇場、2つのアートギャラリー、図書館、バー・レストランが入る、ヨーロッパ最大の文化施設。家から歩いて20分ほどなので、よくお世話になっている(特に映画)。金融街シティの北側にあるバービカン(ラテン語で砦の意味)は、1950~70年代にかけて流行した「ブルータリズム」という、コンクリートを多用した近代建築群としても知られる。

「Vicky Christina Barcelona」(日本語題名が気に食わないので英語名で呼びます)は、ニューヨークからヨーロッパに映画撮影の場を移したウディ・アレンが、久々に本領を発揮したロマンティック・コメディで、第66回ゴールデングローブ賞作品賞 (ミュージカル・コメディ部門)を受賞した作品。夏のバルセロナを舞台に、ハビエル・バルデム演ずる、ラテン系女たらしの画家と、違った個性を持つ3人の魅力的な女性(自由奔放でキュートなスカーレット・ヨハンソン、現実的なレベッカ・ホール、情熱的なペネロペ・クルス)との関係を、持ち前のユーモアを交えてうまく描いている。ロンドンで製作した3作は、今イチ評判が良くなかったけれど、ウディ・アレンは、人間関係を描かせたら、本当に一流だ。私はニューヨークに6年住んでいたので、ニューヨークが舞台のアレンの映画にはとても親近感を感じる。ニューヨークが舞台の次作にも期待したい。

We saw a Woody Allen’s new movie ‘Vicky Christina Barcelona’ at the Barbican Centre (Barbican). We could get the tickets for £5.00@ (normally £7.50) , with The Londonpaper promotional offer. Today is a Valentine’s day and cinema was pretty busy. Barbican Centre is the largest performing arts centre in Europe, containing 1 concert hall, 3 cinemas, 2 theaters, 2 art galleries, library, and bars and restaurants. We go there often, especially to see a movie, as it is only 20 min walks to get there. Barbican, located on the north of the  financial district the City, is also know for its Brutalist architecture using a lot of concrete, which was popular in 50’s to 70’s.

Vicky Cristina Barcelona, a fourth movie of Woody Allen shot in Europe, is 2008 Golden Globe Award-winning/Academy Award-nominated film. The movie wittily portrays the complicated relationship among one man and three different type of women – a Latin-lover artist (Javier Bardem), his passionate yet unstable ex-wife (Penélope Cruz), and two young American women spending a summer in Barcelona, free spirited Christina (Scarlett Johansson) and down-to-earth Vicky (Rebecca Hall). Previous three movies filmed in London were not well reputed, but this movie was really the result of Allen’s excellent observation in relationships. We used to live in New York, so I feel a lot of sympathy to his movies shot in New York. I can’t wait to see Allen’s upcoming movie this year, ‘Whatever Works‘ with ‘Curb Your Enthusiasm‘ star Larry David, which was shot again in New York.

Reblog this post [with Zemanta]

Slumdog Millionaire, the winner of BAFTA awards 2009

BAFTA

昨夜、BAFTA(英国映画テレビ芸術アカデミー)主催の、 Orange British Academy Film Awards 2009 が行われた。このオレンジ英国アカデミー映画賞は、ゴールデングローブ賞とともに、アカデミー賞の前哨戦として注目されている。ゴールデングローブ賞4部門を制した、「スラムドッグ$ミリオネア」がここでも、監督賞や最優秀作品賞など7部門を制覇。アカデミー賞に向けて、勢いづいている。カルト的人気を誇るTrainspotting(トレインスポッティング)のダニー・ボイル監督の低予算の映画だが、この快挙でボイル監督はイギリス映画界に見事カムバックを果たした。イギリスでの興行成績も大好調。インド・ムンバイのスラムで育った少年が、世界最大のクイズショーで優勝して大金を手にするというサクセスストーリーが、またこの不景気の中、人気の理由か。インド等南アジア系の人口が多いロンドンでも大人気だ。オスカーにもノミネートされており、下馬評も高い。ケイト・ウィンスレットもゴールデングローブに続いて主演女優賞を受賞したし、今年はイギリス映画界にとって大変良い年になった。しかし、どの賞も同じ映画・俳優たちで独占されていて、ちょっと退屈。

BAFTA (British Academy of Film and Television Arts)’s Orange British Academy Film Awards 2009 were announced yesterday. This British Academy Film Awards is as important as the Golden Globe, to predict this year’s winners of the Oscars. ‘Slumdog Millionaire‘, which also won 4 Golden Globes, swept 7 awards including Best Film and Best Director, and got a big move toward Academy Awards. This movie is a low-budget movie directed by Danny Boyle, known for Trainspotting, but Boyle made a great come back to British film society. Slumdog Millionaire is a big success here in UK, as well as London with a large number of South Asian population. The dream story – a boy grown up in a slum in Mumbai, India, who won a quize show and got money and love – may make people feeling good under this current credit crunch. Slumdog Millionaire has been also nominated for ten Academy Awards, and odds is high. 2009 is a great year for British film industry, as Kate Winslet also won Best Actress after Golden Globe. I am a bit bored about these awards things, as all the awards go to the same movies and same actors/actresses.

Reblog this post [with Zemanta]

Encounters at the End of the World + The Guardian Interview: Werner Herzog

herzog1

今日、BFI Southbankで、ヴェルナー・ヘルツォーク監督作品の「Encounters at the End of the World世界の果ての出会い)」を見た。ヘルツォーク監督はMの好きな監督の一人。ドイツ移民で、アメリカ兵としてベトナムでとらわれの身となった後脱出して助けられた帰還兵を題材にしたドキュメンタリー、「Little Dieter needs to Fly」は私のお気に入りだ。東京国際映画祭にも招待されたこの作品は、今年のアカデミー賞ドキュメンタリー部門の候補作となった。この作品が、「フィツカラルド」「アギーレ/神の怒り」「ノスフェラトゥ」等で世界的な名声を得た、ドイツ映画界の巨匠・ヘルツォーク監督の、初のアカデミー賞候補作だとは驚きだ。温暖化というシリアスな問題も投げかけながら、監督のユーモアも交えたドイツ語訛の強いナレーションとともに淡々と進む。壮大な南極の情景と動物たちの映像も素晴らしいが、そこに住む人たち(科学者もいれば、世界の果てを夢見て辿り着く「旅行者」等)も一癖も二癖もあって面白い。

BFI(英国映画協会)主催のこのスクリーニングでは、映画上映後、イギリスの日刊紙・The Guardianによるヘルツォーク監督のインタビューが行われた。ホスト役は、BBC等で活躍する、映画批評家Mark Kermode氏。クラウス・キンスキー氏との愛憎反する?関係、フィッツカラルドやグリズリーマン、レスキュー・ドーン等の撮影秘話、またBBCの番組撮影中にエアガンで撃たれた時でも至って冷静だったというエピソード等、インタビューは1時間半あまりにも及んだ。しかし、ジョークを交えながらの、上辺をとりつくらない率直な物言い(時にポリティカル・コレクトネスぎりぎりのことも)、また監督の信念や人柄に魅了され、まったく時間を感じさせなかった。自然も美しいだけではなく、時には人間にも害を及ぼす、コントロールできない大きな力として、また人間は無力で弱い存在として、センチメンタリズムに陥らず、事実を事実として描き出す監督のスタイルは、尊敬に値する。また限られた予算の中でも、ドイツ人らしく?完璧主義を遂行する姿勢にも感服した。「自然は人間に対して無関心」ー私の今日のお気に入りの一言。

Today we saw a movie ‘Encounters at the End of the World‘ by Werner Herzog, at BFI Southbank. Herzog is M’s favorite movie director, and I also love his documentary ‘Little Dieter needs to Fly‘. Herzog is a prolific world-renown German director — among his movies are Aguirre, the Wrath of God, Fitzcarraldo, and Nosferatu. Surprisingly, ‘Encounters at the End of the World’ is the first nomination of this year’s Academy Award Documentary Feature. The movie portrays magnificent nature and creatures of the South pole, as well as the people attracted to “the end of the world”, with Herzog’s narration with strong German-accent. The people who live and work in the American base, are as intriguing as the beutiful scenery of the South pole — they are the modern-time travelers or dreamers who want to put themselves outside “the world”.

After the screening, organized by BFI (British Film Institute), followed the interview by the UK newspaper the Guardian. The host is a movie critique and the presenter for BBC ‘The Culture Show‘, Mark Kermode. The one hour and half interview included the director’s love-hate relationship with the great actor Klaus Kinski, the episodes of making Fitzcarraldo, Grizzly Man, and Rescue Dawn etc, and the episode that he was extremely calm when he was shot in LA, when BBC was filming the program etc. We enjoyed the Q/A, with his straightforward talk, revealing his belief, personality and directing style.  Herzog’s films depict the fact as fact, without sentimentalism or political correctness —  the nature is not only beutiful but dangerous, and human being is not almighty but also weak and helpless. His determination of making what he wants to make is admirable, even within the limited budget. The word of the day for me is, “the nature is indifferent to us” – I like it.

Reblog this post [with Zemanta]