Tag Archives: Advertising campaign

“Get Ahead of the Games” Website to Help You Avoid Traffic Chaos

2012年ロンドンオリンピック開催まで6ヶ月を切った。期間中街は人で溢れ、交通事情も悪くなると予想される。そのため、ロンドン市民や訪れる人たちに、市内の交通渋滞や、影響があると予想されるイギリスの道路や鉄道網の情報を提供する、「Get Ahead of the Games(オリンピックに勝て/先手を打て)」というウェブサイト、ソーシャルメディア、そして新しい広告キャンペーンが立ち上げられた。

Olympic Delivery Authority(オリンピック施設やインフラを担当する機関) London 2012(ロンドンオリンピック委員会)、Department for Transport(交通省)、Highways Agency(高速道路管理局)、National Railナショナル・レール)、 Mayor of London大ロンドン市長)の協力のもと、Transport for Londonロンドン交通局)によって作られたこのウェブサイト、影響を受ける場所や時間、渋滞が予想される場合、違うルートを探す情報を得る事ができる。ウェブサイトの主な特徴は以下の通り。

ツイッター(@GAOTG Twitter channel)でも交通情報・アドバイスが入手可能。
出かける時に役立ちそうなウェブサイトだけれど、この冴えないイラストがどうも気に入らない(大嫌いなLloyds TSB(ロイズTSB)の広告を彷彿させる)。かなりブーイングの出たオリンピックのロゴマスコットもしかり。常々ロンドンは、「世界のデザインの中心地」だとうそぶいているが、「クール・ブリタニア」はいったいどこに行ってしまったのか?それとも私のテイストが時代遅れで、こんなのが今流行なんだろうか??

The London 2012 Olympic Games will start in less than 6 months. The city will be much busier than usual during the period, so in order to help Londoners and visitors avoid travel ‘hotspots’ in the city and some UK’s roads and rail networks, the ‘Get Ahead of the Games’, with new advertising campaign, website and social media channels, has been launched.

The website, developed by Transport for London on behalf of the Olympic Delivery Authority, London 2012, the Department for Transport, the Highways Agency, National Rail and the Mayor of London, provides the traveling public with information of if, where, and when travel will be affected, and helps you  find an alternative route and journey if necessary.

The website contains:

If you are Twitter user, by following the @GAOTG Twitter channel will give you the the latest tips, travel information and advice as well.

It sounds very useful when you travel to/through busy areas in London. But one problem, I don’t like the illustration on the website and advertising campaign (it reminds me of annoying Lloyds TSB ads, for some reason) – a bit old-fashioned, as much as Olympic logo and mascots. I thought London is the design capital of the world. What happened to Cool Britannia?! or I am the one who has outdated taste, and these are ‘cool’ now??

Advertisements

CABWISE advertising campaign: Know what you’re getting into

Vodpod videos no longer available.

12月も半ばになり、ロンドンはクリスマスパーティシーズン真っただ中。その中で目を引くのが、11月26日に始まった、CABWISEの広告キャンペーン。迫力がありすぎて、同じ女性として背筋が寒くなる。そう言う意味で、注意を促すこの広告効果は抜群だと思う。

ロンドンのタクシーには、Black Cab(ブラック・キャブ、正式名称Hackney carriagesハックニー・キャリッジ)以外に、Minicab(ミニ・キャブ)と呼ばれる、プライベート・ハイヤー業者(ライセンス要)がある。「流し運行」が許可されているブラック・キャブに対し、ミニキャブ利用の際は、法律で事前予約が必要。それでも週末のナイトクラブやバー等の外には、認可を受けていない、または認可を受けていても予約なしに路上で客を拾う、違法ミニキャブがたむろしており、それらの運転手による女性客へのレイプが問題となっている。ロンドン交通局や警察の広告キャンペーンの効果もあって、2003年には5人に1人が違法ミニキャブを利用していたのに対し、今では20人に1人弱までに減少。性的暴行も07-08年度の120件からは減少しているものの、2008-9年の被害は93件に上っており、月平均8人もの女性が被害にあっているという。

今年もロンドン市長ロンドン警視庁ロンドン市警察ロンドン交通局連名で、テレビCMやポスター、新聞広告などで注意を呼びかけており、タクシーが必要な際は、ブラックキャブか認可を受けたミニキャブ業者をを利用、またその際には「CABWISE(キャブワイズ)」と呼ばれるシステムを使うことを奨励している。2006年に始まったCABWISEは、件名「CAB」で、「60835」という番号にSMSを送ると、GPSを利用し、近くにいるタクシー1台とミニキャブ会社2件の電話番号を送信してくれるサービス。最近は認知度も上がり、年々利用者が増加している。警察も、今後違法ミニキャブの取り締まりを強化するとのことだが、皆さんもくれぐれもご注意を。

Now in mid-December and in the height of party season, I often see this CABWISE advertising campaign on TV, newspapers or at the bus stops. It is so real and terrifying as a woman myself, and I would think the campaign is successful to alert women about the problem of illegal minicabs

There are 2 types of taxicabs in London: Hackney carriages (Black cabs) and Private hire (Minicabs). Black cabs can be flagged-down in the street or hired from a taxi rank. Minicabs must have a license issued by the Public Carriage Office, and cannot be hailed in the street and must be pre-booked. Though it is illegal, there are some illegal minicabs, with no pre-booking and with or without license, waiting for the possible customers outside nightclubs and bars, especially on weekends, and the sexual attacks on female customers by these illegal minicab drivers is a serious concern in London. Thanks to a series of advertising campaigns these years, the number of women using illegal cabs has fallen from 1 in 5 in 2003 to fewer than 1 in 20. However, the Met still recorded 93 minicab-related sexual offences in 2008-9, although that was down from 120 the previous year – which means that still average of 8 women a month become a victim of such crimes.

This year again, a new cinema, TV and poster campaign has been launched, under the name of Mayor of London together with Metropolitan Police, City of London Police, and Transport for London, urging women to use official minicabs or black cabs during the Christmas party season. The campaign also encourage people to use CABWISE, launched in 2006: text CAB to 60835 to get the numbers of one taxi and two licensed minicab firms, in the area you are texting from using GPS. Now more and more Londoners get to know about CABWISE and use the system, thanks to the campaigns. Police will also target touting hotspots and illegal minicab drivers, but please be careful everyone!

Reblog this post [with Zemanta]

Catch it, Bin it, Kill it

Vodpod videos no longer available.

Swine Flu Information

多くの国で患者が確認され、世界的な流行が危惧される豚インフルエンザを受けて、NHS(National Health Service)が作製した、どのようにして感染が広まり、また感染を防止するかを啓蒙するTVコマーシャルと公共広告。テレビやメディアで連日みかける。深刻な流行が発生したら、最悪の場合の予想で、9万4千人の人が死に、325万人もの人が感染するとの事。現在、イギリスでは合計13件の感染が確認されている。でも、私たちに出来る事は、くしゃみをする時はティッシュを使い、使用済みのティッシュは捨てて、すぐに手を洗うだけ。。。

Cases of swine flu are now confirmed in a number of countries, including the UK. As the risk of a pandemic grows, NHS made a video and an www.direct.gov.uk/swineflu“>advertising campaign to explain how the infection is spread and how to prevent it. According to worst-case projections, up to 94,000 people could die and 3.25m (approx. half of the London’s population) would be infected, as a result of a severe outbreak. So far 13 swine flu cases are confirmed in UK. But the only things we can do are to use tissue when you sneeze, to throw it away, and to wash your hands…

Reblog this post [with Zemanta]