Tag Archives: American

Tommi’s Burger Joint @ Marylebone Lane

今年6月下旬にMarylebone LaneにオープンしたTommi’s Burger Jointは、母国アイスランドに20店近いレストランとホテルを持つTomas Tómassonが創業した、アイスランドに5店舗有するハンバーガー・チェーンのイギリス第一号店(Tommiは彼のニックネーム)。

カジュアルでレトロな店内は、壁にアメリカのドラマや歌手、昔の映画等のポスターを飾ったりと、ディテールにも気が配られている。写真ではガラガラに見えるけれど、来店時、店内はほぼ満席、主に男性の一人客がクールにハンバーガーを頬張る姿が、妙に店の雰囲気とマッチしている。

メニューはシンプル、ハンバーガー(£5.30)、チーズバーガー(£5.80)、ベジタリアンバーガー(£5.30)、ステーキバーガー(£7.95)のバーガー4種に、フレンチフライなどのサイドが数品。Barons Courtにある名店・HG Walterから仕入れた肉を使用したパテは、アイスランドの店舗と同様、炭焼きのフレーバーを出すためアメリカのガスグリルで焼かれ、アメリカンダイナー風にレタス、トマト、オニオン、ケチャップと共にサーブされる。ミディアムに焼かれたチーズバーガーは柔らかく、噛むと肉汁がにじみ出、上手い具合にとろけたチーズとの相性も最高。Burger & Lobsterのポッシュなのじゃなく、この典型的アメリカンなバーガーが私は好きなのだ(Mは何故かあまり気に入らなかったみたいだけど)。ちなみに、アメリカ風バーガーの人気店・Meat Marketよりも、ここの方が雰囲気的にもいい。

カウンターに置かれたポットに入った、セルフサービスのアメリカン・コーヒーが無料なのも、気が利いている。

Tommi’s Burger Joint on Marylebone Lane, opened in late June, is the first UK venue of Icelandish burger chain with five sites across Iceland, which is founded by an entrepreneur Tomas ‘Tommi’ Tómasson who has launched nearly 20 restaurants and hotels in his native Iceland.

Inside is casual yet retro chic, paying attention to details such as classic movie posters and American memorabilia on the walls. It looks empty in my photos, but the diner was quite full when we got there. Many of customers were men alone eating a burger cool, perfectly fitting in this Americana venue.

The menu is quite simple: burger (£5.30), cheeseburger (£5.80), veggie burger (£5.30), and steak burger  (£7.95) + fries and some sides. The beef is sourced from the estimable butcher HG Walter in Barons Court (see Evening Standard). As with all sites in Iceland, burgers are cooked on an American gas grill to enhance the charcoal flavour, and garnished in the classic diner style with iceberg lettuce, tomatoes, chopped onion and Ketchup. The cheeseburger was medium cooked, fresh & succlent, and created a beautiful harmony with nicely melted cheese. Very American, and this is the kind of burger I like (though M was not so impressed as I was), not a posh counterpart at Burger & Lobster. Also I definitely prefer Tommi’s to another American style burger shop, Meat Market as well.

Free American coffee (self service from a thermos bottle on the side counter) is generous, and an extra nice touch to this characteristic burger place.

Advertisements

Meat Market @ Covent Garden

懐かしの味、アメリカのファスト・フードを無性に食べたくなる時がある。ハンバーガーは、すっかりイギリスに定着した高級ハンバーガー店(私たちはByronがお気に入り)や普通のレストランで美味しいものが食べられる。ブリートは不味いところも多いけれど、アメリカから上陸したChipotleがいける。しかし、シンプルなホットドッグ、そしてもっとマニアックなPhilly Cheesesteak(フィリー・チーズステーキ:フィラデルフィア名物薄切り牛肉とチーズのサンドイッチ)となると、なかなかこれという一品に巡り会えない。その中一縷の望みを抱いて、最近オープンしたMeat Marketに行ってみた。

場所はヨーロッパからの修学旅行生で溢れ返る、チープな土産物屋の並ぶJubilee Market(ジュビリーマーケット)の、薄暗くて狭い2階部分。雰囲気はLAの移民街のフードコートといった佇まいで、少し期待が高まる。ファーストフード店でテーブルサービスでもないのに、値段はハンバーガーが£7.50(1000円弱)、ホットドッグが£7.00(900円弱)と超強気の設定。客層は主に30代男性で、下にわんさかいるガキたちには手の出ない値段だ。

注文したPhilly Cheesesteak(£8.00)とRipper(ベーコンを巻いたソーセージとオニオン、レリッシュの入ったホットドッグ)は、手に持って食べられるというファストフードの鉄則を覆す巨大さで、生まれて初めてフォーク&ナイフ(プラスチック製)で食べる。ちなみに、少なからぬイギリス人はハンバーガーやブリトーでさえナイフとフォークを使って食べるが、バンズをもナイフとフォークで食べるのには妙に違和感を感じる。ホットドッグは、バンズもソーセージも味は悪くはないが、問題は大量のマスタードとオニオン。量が多すぎてオニオンはぽろぽろ落ちるし、辛過ぎてホットドッグ自体が充分味わえない。ピクルスのトッピングも不要。アメリカのお店でよくあるように、客が自分で好みのトッピングと調味料を加えるシステムにしたらいいのにと思う。それ以上にヒドかったのはPhilly Cheesesteak。肉は薄切りじゃなく細切れ、それもドライでパサパサ。チーズと上手く絡み合っていないし、ピーマンも入れ過ぎ。カウンターの鉄板でオニオンと共に炒められた肉汁たっぷりのジューシーな牛肉ととろけるチーズが絶妙のハーモニーを奏でる、本場フィラデルフィアの一品とは全く別物。£8.00でこのお粗末な味では始末に負えない。

Once in a while, we get an urge for American fast foods that we used to enjoy. We can have good burgers at any decent restaurants and premium burger chains (our favorite is Byron) now in UK. Good burrito is a bit harder to find, but American chain Chipotle is the best & safe place to eat it. However, simple hot-dog (except the take-away only vender) and more uncommon Philly Cheesesteak are almost impossible to find good ones, even in London. We had some hope to find THE one and tried newly opened Meat Market in Covent Garden.

The location is on the dark and small space of the 2nd floor of shabby shopping arcade, the Jubilee Market, where are full of cheap souvenir shops and European kids on school trips. Looking like a typical food court in LA’s Latino district – it heightened my expectation. It’s funky yet it is still a fast food shop, but, they charge a restaurant price; burger costs £7.50 and hot dog is £7.00! I believe most kids downstairs cannot afford and in fact, most customers were 3o+ men.

Our Philly Cheesesteak and Ripper (deep fried bacon-wrapped pork hot dog with mustard, onions, danish sauce, spicy relish) were huge, and for the first time in my life, I ate hot dog with knife & fork (plastic). I see sizeable British eat hamburger or burrito with knife & fork but always think it is a bit awkward – you don’t eat bread with cutlery! Sausage and bread of my hot dog were satisfying, but came with too much toppings; Onions fell all over, and it was so spicy that I couldn’t barely taste  hot dog itself. Pickles were unnecessary. Why don’t they use a system, like in US, that customers can add topping and condiments by themselves. Philly Cheesesteak was even worse – beef was not thin-sliced as in the traditional recipe, and very dry. It didn’t mix well with melted cheese, and had too much peppers – no comparison to what I had in Philadelphia; juicy beef, sautéed with onions on the hot griddle at the counter in front of me, and served with melted cheese in perfect harmony!

Philly Cheesesteak and Ripper

Meat MarketからのJubilee Marketの眺め / View of Jubilee Market from Meat Market

Migrations: Journeys into British Art @ Tate Britain

テート・ブリテンで1月31日から開催中の展覧会「Migrations: Journeys into British Art」(8月12日まで)に行った。イギリスにおける交通、政治、経済の発展は、多くの外国人アーティストたちを惹き付けてきた。この展覧会は、1500年代から現在まで、これらの「migrant(移住)」アーティストたちがイギリスのアート界に及ぼした影響を探求している。

16世紀に宗教改革八十年戦争等の混乱を避けてイギリスに移り住んだ、フランドルやオランダの風景・静物画家は、新しいスタイルの肖像画法をもたらし、北ヨーロッパからやってきた17世紀アーティストたちは、海や風景画といった新しい絵画のジャンルを導入した。18世紀には、イタリアで学び新古典主義を確立した様々な国のアーティストたちがロンドンに定住、1768年のRoyal Academy of Arts(ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ)設立にも貢献した。19世紀には、多くのイギリス人や、ジェームズ・マクニール・ホイッスラーといったアメリカ人アーティストが、パリでアートを学んだが、その後彼らはパトロンを求めてロンドンに移り住んだ。また同時に、普仏戦争から逃がれてきたフランス人アーティストたちも多かった。20世紀初期には、ユダヤ人アーティストやユダヤのアートが話題を呼び、1930〜40年代には、モンドリアンモホリ=ナジ・ラースローナウム・ガボなど、ナチスドイツを逃れてヨーロッパ中からやってきた人々がモダニズム主義を持ち込んだ。50〜60年代には旧植民地の国々からアートを学びにやってきたアーティストたちがモダニズムに傾倒、概念的アプローチを取り、カウンターカルチャーの一翼を担った。80年代はBlack Audio Film Collectiveなど、移民のバックグラウンドを持つアーティストたちが、アートを通して、人種的マイノリティとしての自分と、イギリス人としてのアイデンティティの模索を行った。Zineb SediraSteve McQueen(俳優のスティーブ・マックィーンと同姓同名のイギリス人アーティスト/映画監督)といった現代アーティストたちは、映像を使って現実をドキュメントし、またそのリアリティに疑問を投げかけている。

500年間に渡って、違う文化を持つアーティストたちとの交流によって形作られてきたイギリスのアートの変遷と、その背景にあるイギリス・世界の歴史を知ることができる面白い展覧会だと思うが、テートにしては、ちょっと小粒というかインパクトがないというか、あまり心に残らないのが残念。

写真:ガーディアン紙フォトギャラリー

We saw a Tate Britain‘s exhibition, Migrations: Journeys into British Art (January 31 –  August 12). Developments in transport, artistic institutions, politics and economics have attracted artists to come to Britain, and the exhibition exploring how British art has been shaped by migrant artists from abroad from 1500 to the present day.

In the 16th century, Flemish and Dutch landscape and still-life painters  including Anthony van Dyck, came to Britain through moments of political and religious unrest and  introduced a new style of portraiture. 17th century European migrants brought new genre, such as marine and landscape painting, to UK. During the 18th century, artists from different countries who studied in Italy and developed a neoclassical style, settled in London and contributed in founding of the Royal Academy of Arts in 1768. Many 19th-century British and American artists, such as Whistler, studied in Paris and established themselves in London for patronage, as well as French artists who also escaped the Franco-Prussian war and its political aftermath. In the early 20th century, Jewish artists and Jewish art were explored in Britain. In the 1930-40s, European artists such asMondrian, Naum Gabo and Laszlo Maholy-Nagy, escaped from Nazi Germany and brought modernist principles. In the 50-60s, artists from the Commonwealth countries came to study and engaged with modernism. They took a conceptual approach and became a part of a counterculture. In the 80s, British artists of immigrant backgrounds, such as the Black Audio Film Collective, explored race and national identity. Present time contemporary artists, including Zineb Sedira and Steve McQueen, use moving image for both documenting and questioning reality,

Migrations is an interesting exhibition, showing us the development of British art over 500 years, interacting with people from different cultures from time to time, as well as a bit of British and world history. But it lacks of punch in some way, and didn’t give me something that remains in my heart.

→more photos: Guardian photo gallery

Shoreditch Grind Café @ Old Street

今月、オールド・ストリート駅の真上のRoundaboutラウンドアバウト)に面した北西の角に、新しいカフェ・Shoreditch Grind(ショーディッチ・グラインド)がオープンした。元々携帯電話のショップだった、丸い円柱形のこの店は、カウンター席が10あまりという小さなカフェだけれど、テーブルを置いていないので意外と広く感じる。50年代のアメリカン・ダイナーを思わせるインテリアやロゴは、ロンドンと言うより、ニューヨークのヴィレッジあたりのカフェという感じ。

コーヒーやドリンク類の他、種類は多くないけれど、サンドイッチやマフィン、クロワッサン等もある。チャバッタにモッツァレラチーズとトマトを挟んだサンドイッチは、トーストしてくれて、サイズは少し小さいけれど味は悪くない。ブルーベリー・マフィンはしっとりしていて甘さも控えめ、フラット・ホワイトも美味しい。ただ椅子が堅くて小さく座り心地が悪いので(太めのイギリス人は、お尻がかなりはみ出しそう)、長居は出来ないし、店側もしてほしくないだろう。

客席は全面ガラス張りなので、コーヒー片手に、行き交う人たちやラウンドアバウトをぐるぐる回っている車やバイク、自転車の群れを眺めるのも一興。

A new café Shoreditch Grind just opened this month at the north west corner of the roundabout above Old Street Tube Station. This small café, sitting in the cylinder-shaped building (used to be an ugly mobile phone shop), has only 10 or more counter seats, but you feels more spacious than its looks without tables. Their “mid-century American diner” interior and logo makes the café look more like the one in the New York’s Village.

Other than coffee and soft drinks, sandwiches, muffins and croissants are also available (though not many kinds) . Their ciabatta sandwich with tomatoes and mozzarella cheese was properly toasted and tasted fresh, though the size was a bit small. The blueberry muffin was modest in sugar and nicely baked, and went well with their delicious flat white.

The café is also a perfect spot at the busy intersection for people-watching, and it is quite hypnotic to look at the traffics – cars, busses, motorcycles, and cyclists going around the big roundabout.

Spuntino @ Rupert Street, SOHO

ソーホーのSex Shopの集まるエリアに3月にオープンしたばかりのSpuntino(スプンティーノ)に行った。オープンから間もないのに、既に多くのブロガーが取り上げている(Urban Spoon参照)。それもそのはず、同じくソーホーにある「bacaro(バカロ:ベニス風ワインバー/タパスバー)」の人気店・PolpoPolpettoのオーナーの3番目の店なのだ。スナックやおつまみという意味のイタリア語「Spuntino」という名の通り、小皿料理を出すのは最初の2店と同じだが、違いはSpuntinoはアメリカン・ダイナーだということ。といっても、アメリカの田舎町のダイナーというより、ニューヨーク辺りにありそうな洒落た感じのバー&レストランだ。店内は狭く、十数席のカウンター席、そして5〜6人座れば一杯になる奥の小部屋だけだ。

店のウェブサイトは、名前が小さく刻まれた錆びついたその外観と同じく、住所と開店時間、そして「No telephone, no reservations(電話無し、予約不可)」とあるだけの、味も素っ気もないものだけれど、店の中に入ると、フレンドリーなスタッフと、食事とお喋りを楽しむ人々で賑わっている。

料理は生粋のアメリカンというより、イタリア料理とのフュージョンで、もう少し洗練された感じ。シンプルでレトロな食器も店の雰囲気にマッチしている。今回はマカロニ&チーズ(£8)、スパイシー・ソーセージとレンティル豆、ラディッキオを煮たもの(£7)、それとサイド・ディッシュの「Greens(何の野菜だろう?)」(£5)。上にパン粉をのせて焼いた熱々のマカロニ&チーズ。ソーセージのスパイシーさとレンティル豆のあっさりした味の絶妙なハーモニー。ソテーされた新鮮な野菜も、ちょうど良い歯ごたえ。どの料理もうまく出来ている。美味しい。道理でブロガーたちの評判もいいはずだ。

ただ、カウンター椅子の座り心地の悪さが難点。長居は出来ない。人気店なので、飲食の済んだお客さんに退散してもらうための店側の策略か?アメリカン・ダイナーらしく、フィルター・コーヒーのみで、イタリアン・コーヒーがないのも、Mは残念そう。

We went to Spuntino, just opened in March in the middle of SOHO’s sex shops. Many food bloggers already talked about this small bar & restaurant (see Urban Spoon), simply because Spuntino is the third project of the owner of SOHO’s popular ‘bacaro’ (Venetian wine bar or tapas bar), Polpo and Polpetto. All three venues serve small plates, but as the name of the shop ‘spuntino (snacks in Italian)’ suggests, the difference is Spuntino is an American-diner, though it’s not hard-core diner in small American town but more like casual chic ‘enoteca‘ in somewhere like Nolita in Manhattan. The place is teeny tiny and has only a dozen of counter stools and few more seats in a small back room.

Spuntino’s website is neither favourable nor welcoming, with harsh message of “no telephone, and no reservations” together with bare minimum information of its address and opening hours, on a rusty background, similar to their storefront with almost invisible name scratched on it. However, the inside was quite lively with people enjoying food & drink and friendly staffs.

Their food is more like nouvelle American with Italian touch, rather than authentic American. Simple and retro cutleries go well with the atmosphere of the place. We ordered Mac & Cheese (£8. I didn’t understand that Mac = maccaroni. For some reason, I thought it’s a burger, like Big Mac), Spicy sausage, lentil & radicchio (£7), and ‘Greens (£5. I don’t know what). All the plates were delicious – pipping hot Mac & cheese baked with breadcrumbs on the top, spicy sausage and mild taste of lentil in perfect harmony, and flawlessly sauteed greens. Well done, and no wonder why bloggers love this tiny place.

Almost perfect, but I don’t like their hard and uncomfortable stools… Maybe the conspiracy of popular Spuntino, so that the customers won’t stay too long. M’s complain is they have only filter coffee, but not espresso – what does he expect, it is an American diner!

*****

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information

Diana, Princess of Wales Memorial Fountain @ Hyde Park

前々回の続き。ハイドバークの南西でサーペンタイン・レイクの南に位置する、ダイアナ妃記念噴水(Diana, Princess of Wales Memorial Fountain)。先日書いたLido Café Barの隣で、サーペンタイン・ギャラリーにもほど近い。故ダイアナ妃の精神と子供たちへの愛を表現したというこの噴水は、アメリカ人ランドスケープ・アーティスト、Kathryn Gustafson(キャスリン・グスタフソン)がデザイン、3600万ポンドをかけて建設され、2004年7月6日にエリザベス女王によってオープンした。50m x 80mの大きな楕円形のこの記念噴水、噴水というより、小川という趣。片側はさざ波をたてて穏やかに流れ、もう片側は段差やカーブをつけることでよりダイナミックな流れになっており、両側で、故ダイアナ妃の幸せな日々と後年の激動の日々を、それぞれ表しているという。

記念噴水は、オープン直後に水の中で滑って怪我人が出たことで、しばらく閉鎖。安全対策が加えられ、2004年8月に再オープンした。現在は、子供たちが噴水の中に入ることが許されており、私たちが訪れた曇って肌寒い日でも、親子連れで賑わい、子供たちが元気に水遊びをしていた。

Continuation to Lido Café Bar and Serpentine Gallery Pavilion. Located in the southwest corner of Hyde Park and south of the Serpentine Lake, next to Lido Café Bar and a stone away from Serpentine Gallery Pavilion, the Diana, Princess of Wales Memorial Fountain is a memorial to Diana, Princess of Wales. It was designed to express Diana’s spirit and love of children by Kathryn Gustafson, an American landscape artist, and cost £3.6 million, and was officially opened on 6 July 2004 by Queen Elizabeth II. The fountain with the form of a large, oval stream bed about 50 by 80 m (165 by 260 feet),  is more like a creek, rather than a fountain. The two sides, one with smooth stream bed and gentle ripples, and the other with more dynamic water flow through a variety of steps, rills, curves, and other shapes, were intended to show the two sides of Diana’s life; happy times and turmoil.

The fountain was closed, shortly after its opening and three injuries caused by slipping in the water, and it reopened in August 2004 after adding some safety measures. Now children can play in the flowing water again, and many kids enjoyed the fountain, even on the cloudy and chilly day we visited.

記念噴水とサーペンタイン・ギャラリーの間にあるキオスク/A wooden Kiosk in between the fountain and the Serpentine Gallery

Enhanced by Zemanta

Giant Robot Bar-Café-Deli-Diner @ Clerkenwell Road

Clerkenwell Road(クラーケンウェル・ロード)にあるGiant Robotは、ブランチ、ランチ、ディナー、ドリンクと、時間帯にあわせて一日中いつでも行けるお店。元弁護士で、Milk & HoneyMatchThe Player等のバーやレストラン・Redhookを経営するJonathan Downey(ジョナサン・ダウニー)が今年5月10日オープンさせた。

イタリア系アメリカ人のお店にインスピレーションを得たというGiant Robotのレトロなミッド・センチュリー風のインテリアは、ニューヨークはブルックリン辺りのお店にいるような気分にさせる。フード・メニューも、イタリア系アメリカ人が考案したミートボール入りスパゲッティやSliders(ミートボールとチーズ入りハンバーガー)、ピアディーナ(Piada/Piadina。イタリア・ロマーニャ地方のファーストフード)等のランチメニュー、ソーセージ、ステーキ、シーフードなどのディナーメニュー、クロスティーニ(具をトーストしたパンの上にのせたイタリアの前菜)、cicchetti(チケッティ。ベニス風タパス)、サラミ、チーズなどの軽食と、イタリアンとアメリカンが融合した品揃えだ。

私たちは、3時までのランチタイムと5時からのディナータイムの間に行ってしまったので、あいにく食べ物はピアディーナしかなかったけれど、これがなかなかのヒット。レトロなお皿に乗って出てきた、プロシュット(生ハム)とサンドライトマトを挟んだ熱々のピアディーナは、フレッシュで美味しかった。

Giant Robot on the Clerkenwell Road is a Bar/Café/Deli/Diner that you can use any time of the day, from brunch and lunch to dinner, or for a drink. It was opened on May 10th this year by Jonathan Downey, an ex-city lawyer and an owner of trendy bars such as Milk & HoneyMatch and the Player and Redhook restaurant.

The Italian-American-inspired Giant Robot’s interior is retro mid-century style Americana, that make you feel like you are in a café-bar somewhere in Brooklyn, New York. Their food list is also pretty much Italian American as well: spaghetti with meatballs (it’s an Italo-American creation), Sliders (meatball, sauce & cheese on a bun), and Piadina (sandwich with Italian flatbread from Romagna region) for lunch; sausage, steak, and seafood for dinner; crostini and cicchetti (Italian tapas common in Venice), salumi and cheese for snack with drinks.

Unfortunately we went there in between lunch time and dinner time, so piadina is the only food available at that time. But freshly made hot piadina with prosciutto and sun dried tomato, served on a retro plate, was actually quite good.

Enhanced by Zemanta