Tag Archives: Antony Gormley

Turner Prize 2010 Exhibition @ Tate Britan

ターナー賞の候補者4人の作品を展示する展覧会「Turner Prize 10」(10月5日〜1月3日)が、テート・ブリテンで始まった。今年で26年目となるターナー賞は、テート・ギャラリーが主催、テート・ブリテンで候補者の作品展示が行われる、イギリスで権威ある賞で、受賞者は12月に発表される。4月28日より過去12ヶ月に発表または展示された作品から候補が選ばれ、イギリス人またはイギリス在住で、50歳以下のアーティストに贈られる。過去の受賞者には、ギルバート&ジョージアニッシュ・カプーアアントニー・ゴームリーダミアン・ハーストなど、イギリス現代アートを代表するアーティストたちが名を連ねる。ダミアン・ハーストのホルマリン漬けのサメや、トレーシー・エミンのコンドームやタバコ、日用品が散乱した自分のベッドを再現した作品など、これがアートか?という代物がノミネートされるなど、批判や論争がつきものの賞だ。

今年の候補者は、画家のDexter Dalwood(デクスター・ダルウッド)、スペイン人アーティストのAngela de la Cruz(アンジェラ・デラクルス)、インスタレーション・アーティストのSusan Philipsz(スーザン・フィリップス)、そしてビデオ、サウンド、テキストをミックスさせたマルチメディア作品がノミネートされたOtolith Group(オトリス・グループ)の4名。最初の部屋に飾られたダルウッドの作品は、カンバス上には描かれていない有名人の名前をタイトルにつけているのが特徴。彼のしっかりした色使いの大胆な画風は結構好き。オトリス・グループの「Otolith III」は、ビジュアルの形をとらなくても、アートは記憶と想像の中に存在すると言う理念を探求した作品、だそうだが、基本的にビデオ、しかもメッセージがストレートに伝わらない抽象的な作品があまり好きじゃない私は、忍耐が続かずスルーしてしまった。デラクルスの代表作は、木のストレッチャーにつけられたカンバスに、色を塗り、折ったり破いたりして、立体的な作品に仕立て上げたもの。奇をてらいすぎない正統派アート作品は、見ていて落ち着く。フィリップスの作品は、スコットランド民謡を歌いそれを録音、ギャラリーに設置された装置からその歌声を流すというものだが、これも即スルー。こんな音楽なら、ユーチューブで聞ける。

批評家の展覧会への評価は今イチ(BBCサイト)、作品も小粒ぞろいで、インパクトが薄い。衝撃的だというだけで受賞候補に選ばれることには同意しかねるけれど、イギリスアート界の旬の作品を発見すると言う本来の趣旨を考えると、ちょっと物足りない気がした。

The Tate Britain’s annual exhibition showcasing works of this year’s Turner Prize nominees, “Turner Prize 10” (October 5 – January 3, 2011) recently started at the Tate Britain. In its 26th year, the Turner Prize, organised by the Tate gallery and staged at Tate Britain, is an annual prize presented to an artist under fifty, born, living or working in Britain, for an outstanding exhibition or other presentation in the twelve months before 28 April 2010. The winner will be announced in December. A list of its past winners and nominees includes leading artists in British contemporary art world such as Gilbert & GeorgeAnish Kapoor, Antony Gormley, and Damian Hirst. The Turner prize is known that it often causes controversies. For example, a shark in formaldehyde by Damien Hirst and a recreation of Tracey Emin‘s untidy bed surrounded by condoms and cigarettes and other stuffs created a big debate of “what is art?” in the past.

This year’s nominees are painter Dexter Dalwood, Spanish artist Angela de la Cruz, sound installation artist Susan Philipsz and the Otolith Group with its work explores the moving image, sound and text. Dalwood’s works in the first room of the exhibition are characterized by its titles that evokes the presence of an absent celebrity without actually depicting him or her. The paintings themselves are just ordinary paintings, but I kind of like the bold colors and compositions. The next is the Otolith Group’s “Otolith III”, which explores the idea that a work of art exists in memory and the imagination even if it doesn’t exist in visual form. I left the room soon as I don’t fancy abstract video works in general and my patience ran out quite fast. De la Cruz typically works on a piece of canvas attached to a wooden stretcher and then paints, fold, tear, tuck it to make an abstract object. Her rather traditional and conventional artworks that don’t provoke or ‘shock’ us make me feel comfortable to look at. I walked through fast Philipsz’s work in a empty room playing her singing a Scottish folk song, simply because I just didn’t get it – I can listen to that kind of music on YouTube at home on my computer.

Art critiques’ reviews about this year’s exhibition are generally not good (BBC article), and I was not strongly impressed as well. I don’t agree with some “contemporary art” which gets an attention just because it is shocking or appalling, but it seems to me that this year’s choice does not meet the expectation of the public to “discover what’s new in British art now”.

Enhanced by Zemanta
Advertisements

Confluence: Akram Khan & Nitin Sawhney @ Sadler’s Wells

Vodpod videos no longer available.

 

ダンスがメインの劇場、Sadler’s Wells Theatre(サドラーズ・ウェルズ劇場)で開催中のSvapnagata Festivalの演目、「Akram Khan & Nitin Sawhney: Confluence」を見た。友人が、一緒に見る予定だった人が突然来れなくなったというので、講演の前日に誘ってくれたのだ。前から数列目と言うとても良い席で、パフォーマンスを目の当たりにできた。

Svapnagata(サンスクリット語で「Dreaming(夢見ている)」の意) Festivalは、2週間に及ぶインド音楽とダンスのフェスティバル。Confluence(26〜28日)はそのトリを務める公演で、世界初演となる。Confluence(合流、群衆、集合)は、Zero Degreesゼロ度・2005年)やBahok(バホーク・2008年)でも共作した、バングラデシュ系イギリス人のダンサー/振付師であるAkram Khanアクラム・カーン)とインド系イギリス人の作曲家・Nitin Sawhneyニティン・ソーニー)がコラボ。彼らのルーツである南アジアの文化的・精神的影響を探る作品だ。

ゼロ度は、私たちの好きなイギリス人アーティスト・アントニー・ゴームリーが製作した人形を舞台で使っているというので、同じくサドラーズ・ウェルズで見たのだが、その時に、カーンのダンスに初めて出会った。Confluenceでも彼の魅力は充分生かされ、北インドの古典舞踊カタック(Kathak)の踊り手でもあるカーンの、しなやかで力強いダンス、流れるような手の動き、ぶれない高速旋回、そして足に鈴をつけて踊るカタックの見事なステップが、半透明のスクリーンに幽玄的にぼんやりと浮かび上がる、スクリーンの後ろで演奏するミュージシャンたちの奏でるソーニーの美しい音楽と見事にマッチしていて、観客を魅惑・熱狂させた。古典舞踊とコンテンポラリー・ダンス、そして伝統的音楽と現代音楽を融合させた、素晴らしいパフォーマンスだった。残念だったのは、1時間ちょっとという短い公演時間。もっと見たかった!

I went to see “Akram Khan & Nitin Sawhney: Confluence“, a part of Svapnagata (meaning ‘dreaming’ in Sanskrit) Festival, two-week festival of Indian music and dance, at the Sadler’s Wells Theatre which specialises in dance. My friend asked me to join her the day before, as she got a spare ticket because her friend couldn’t make it. She got great seats which were only few rows away from the stage and we could see the performance up close.

Confluence (Nov 26 to 28), which was the festival’s climaxes and its world premiere, is a joint creation by Bangladeshi-British dancer/choreographer Akram Khan and Indian British composer Nitin Sawhney, who also previously collaborated in Zero Degrees and Bahok. In Confluence, Khan and Sawhney explore their cultural and psychological mix of influences.

I went to see Zero Degrees at the Sadler’s Wells because British Artist Antony Gormley was also involved in the creation, and it was my first experience with Khan’s mesmerizing dance. Khan, also a dancer of Northern Indian classical dance Kathak, showed us his elastic but powerful dance, streaming hand movements, stable high-speed turns, and beautiful steps of Kathak and the sound of the bells worn around his ankles, and these perfectly matched with Sawhney’s beautiful music on its simple stage. The scenes that silhouettes of musicians who were playing behind the screen came to dimly appear through the thin screen was pretty mysterious. It was a stunning performance which mixed classical Indian dance / contemporary dance and traditional music / modern music, and excited the audiences. I wish the performance was a bit longer (it was only 1 hour and 15 min)!

photo: Morley von Sternburg

photo: Morley von Sternburg

Reblog this post [with Zemanta]

The Forth Plinth Art “One & Other” @ Trafalgar Square Ended

Vodpod videos no longer available.

今日14日午前9時3分をもって、トラファルガー広場で7月6日から100日間行われていた「One & Other」が終わった。イギリス人アーティスト、アントニー・ゴームリーが企画した「One & Others」は、3万5千の応募者の中から抽選で選ばれた、16歳から84歳まで2千4百人が、毎日24時間入れ替わり立ち替わり、広場の「第4の台座」の上で、1人60分ずつ自由にパフォーマンスを行うという試み。この3ヶ月余りの間、ダンスや歌等の正統派パフォーマンスをはじめ、アート系、ゴジラ等の被り物系、裸になる人たちや奇声を上げる目立ちたい?系、また、う○この被り物のWaterAid児童虐待防止を訴えるNSPCC等の慈善団体や、在米イギリス人死刑囚の刑執行停止の嘆願キアリ奇形症という難病の啓蒙女子割礼廃止気候変動や環境問題等の社会問題や政治的声明等、多様多彩なパフォーマンスで、訪れる人の目を楽しませ、最後は、ヒルズボロの悲劇追悼の訴えで幕を引いた。この様子は、SKY ARTSチャンネルで生放送で放映され、終了後は、大英図書館のオンライン・アーカイブに永久保存される。

トラファルガー広場の四隅にある台座のうち三つには、英雄や王の像が置かれている。北西に位置する「The Fourth Plinth(第4の台座)」は、建設された1841年から1999年まで何も置かれていなかったのだが、1999年以降は、現代アート作品が展示されるようになった(各作品1〜2年の期間限定)。

「One & Others」の評判は賛否両論。人々の好奇心をあおるだけの下世話な「Big Brother」だ、こんなんはアートじゃないとか言う意見もあるけれど、これを「正統派」のアートと呼ぶかは別にして、アートって、人を楽しませたり考えさせたりして、なんぼのものだと思う。一般人が自分を主張できる機会って滅多にない。真面目なものから奇妙なものまで、バラエティーに富んだパフォーマンスは、イギリス人やイギリス文化・社会、そして社会が抱える問題を垣間見るのに役立つ。1人60分はちょっと長過ぎるし玉石混淆だけれど、全体としては、アーティスト本人と高尚な芸術批評家にしか理解できない不可解な「現代アート」に比べたら全然、いいんじゃないか。

At 9.03am today on October 14th, the Trafalgar Square‘s the fourth plinth art project, ‘One & Other,’ ended 100 days after it tarted on July 6. One & Other, planned by British sculptor Antony Gormley, offered 2,400 people chosen randomly out of 35,000 applications, a 60 minutes to do whatever they want on the top of the plinth, for 24 hours a day without a break. Over the three months period, a variety of performances took place and entertained the spectacles – from singing & dancing, costume plays including Godzilla, and exhibitionistic acts like stripping and squealing, to more serious appeals to social issues and political activities: to save a British on death row in Texas;  to raise an awareness of Chiari Malformation; to stop female genital mutilation; and to stop climate change, as well as charities such as NSPCC and WaterAid (with impressive big ‘poo’ and toilet bowl costumes). One & Other‘s finale was the tribute to Hillsborough disaster. The Fourth Plinth project had been broadcasted on SKY ARTS and is to be saved forever in an online archive at the British Library.

From 1841 until 1999, there was nothing on the Fourth Plinth in the north-west of Trafalgar Square, and it was sometimes referred to as the ’empty plinth’. It is now the location for contemporary art works, commissioned specially from leading artists, which are housed on the plinth for a year or two each.

The opinions about One & Others are good and bad, as any other controversial contemporary art works. Some say that this was not art, or it was just another ‘Big Brother‘ to satisfy people’s curiosity. I am not sure myself if it is an ‘art’ in definition, but art is an entertainment in nature, and I believe that’s what counts. Yes some performance are silly but One & Others gave the invisible common people a face and voice. The diversity of performances, from serious to silly, gave me a little more understanding of British people, culture, society, and the problems within. Though 60 min per performance was too long and the project were a mixture of good and bad, but I think One & Others (as a whole, I don’t comment on each performance) is more enjoyable than a peculiar “contemporary art” that only the artist and art critiques can understand.

Vodpod videos no longer available.
9月18日に通りかかった際に撮影したMartin_Tのパントマイムのパフォーマンス。
Pantomime performance by Martin_T, that I saw and filmed on September 18.

Reblog this post [with Zemanta]