Tag Archives: art-house

Archipelago @ Barbican Cinema 1

Vodpod videos no longer available.

イギリスに長く住んでいるのに、映画好きなのに、よく考えてみたらイギリス映画はあんまり見ていない。私にとって、イギリス映画と言えば、シェイクスピアや王室関係などの歴史もの、ジェームズ・ボンドシリーズ、ハリー・ポッター、そしてフル・モンティトレインスポッティングなどの労働者階級もの、そしてブリジット・ジョーンズの日記ノッティングヒルの恋人といったラブコメで、これらのジャンルにはあんまり興味がない。一般的に、イギリス映画は印象が薄いというか、インパクトに欠け、何故かそそられない。それにフランス映画のように、人間関係の描写が上手くもない。その中で最近、イギリス人映画評論家たちが口を揃えて絶賛したアートハウス系イギリス映画「Archipelago(群島)」を、期待満々で見に行った。あらすじとしては、

息子のエドワードがアフリカにボランティアに行く前に、想い出に家族旅行をしようと、母パトリシアはシリー諸島に別荘を借りた。母と姉のシンシアが先に到着。エドワードも少し遅れてやってきた。シンシアは何故かいつも不機嫌で情緒不安定。エドワードは、自分のしようとしている事に意味があるのか悩む。父親は、待てど暮らせど言い訳ばかりで来ず、状態をもてあます母親はついにプッチン。料理係として雇われたローズと、母とシンシアに絵画を教えるクリストファーが緩衝役になるも、時間が経つにつれ、家族内の緊張は高まっていく。

と言う話だが、何か起こりそうで何も起こらない。ストーリーラインも特にない。シンシアのいらいらは意味不明だし、エドワードは理想主義でナイーブな、典型的なお坊っちゃま。母は言いたいこともはっきり言えず、鬱屈するのみ。そして彼らの会話の空虚でつまらない事といったら!イギリスのミドルクラス(日本で言う中流よりもステイタスが上の感じ)のお方々は、こんなに気取った退屈な会話をするのか。上映約2時間の間ムカムカし、気持ちの良い眠りにさえつけなかった。私だけがこの「高尚な」会話を理解できないのかと思っていたら、何人かが途中で席を立ったまま帰ってこなかった。

「A car-crash compelling, painfully comic distillation of modern British middle class mores(交通事故のように注目せずにいられない、現代のイギリスのミドルクラスを痛々しいほど滑稽に凝縮)」「subtle film of sensed absences(感じさせる不在を扱う巧みな映画)」「sad, funny, wise film(悲しくて可笑しい、賢明な映画)」等々、いつもは辛口の評論家たちが大げさな好評価を与える理由が全く分からない。思うに、自身もミドルクラスである評論家たちだから理解できる、ミドルクラスによるミドルクラスのための映画で、内輪でしか共感できないんだろう。

ただ、映像はとても綺麗で、島の風景も素晴らしい。家族の会話は全部カットして、島の観光用CMとして利用するのにはいいかもしれない。

We are movie fans and have been living in UK for a while, but rarely see British movies. British movies I come up with are period movies such as of Shakespeare and the Royal family, James Bond series, Harry Potter, and movies talking about working class like the Full Monty and Trainspotting, as well as rom-com Bridget Jones’s Diary and Notting Hill – those subject matters are not really my cup of tea. In general, British movies are colorless and don’t have a ‘punch’ to grab our attention. Also they are not good at portraying relationship as French or American do. We recently saw “Archipelago“, an art house movie that all the British movie critiques love (which is quite rare), with full of expectation.

The summary is like this (excerpt from Wikipedia):

A darkly comic and quietly moving portrayal of a family in emotional crisis. Before Edward leaves to do voluntary work in Africa, his mother Patricia gathers the family together on a remote island of Scilly as a farewell trip to say goodbye to Edward. His sister Cynthia doesn’t seem to want to be there, and although hired cook Rose and painting teacher Christopher are brought in to help, they only serve to bring the family’s anxieties to the surface. Grouped together on the island, and with their father’s absence becoming increasingly conspicous, the tensions and resentments within the family are drawn into sharper and sharper focus as the holiday progresses.

Basically, nothing happens and there is no story line in this movie. I have no clue why Cynthia is so grumpy, and Edward is a typical idealistic naive boy from a good family with no sense of true reality. Their mother is so hopeless to deal with the situation alone, and burst out to her absent husband, who always makes excuses not to come. The most irritating thing in the movie is their boring and nonsense superficial conversation! I was so annoyed and couldn’t even fall a sleep. Do British middle class people all talk like that?! I hope not. I thought it’s only me who don’t enjoy these ‘sophisticated’ conversation, but some of the audiences left the cinema in the middle, so I am not the only one!

“A car-crash compelling, painfully comic distillation of modern British middle class mores” “subtle film of sensed absences” “sad, funny, wise film” etc, etc – I just can’t comprehend why normally strict film critiques all applaud the movie. I assume, “Archipelago” is the movie by British middle class and for British middle class. That’s why British film critiques who are middle class themselves can empathize with the movie. Not for everyone else…

But cinematography is beautiful and intriguingly atmospheric. Perfect for TV commercial of Isles of Scilly tourism – without all the family talks but the images of astonishing nature.

↓ 東日本大震災チャリティ情報

↓ Japan Earthquake & Tsunami Charity Information

Movies + Gallery @ ICA

ICA galleryICA membership
最近、ICA通いが続いている。バッキンガム宮殿やトラファルガー広場の近くに位置する、Institute of Contemporary Arts (ICA)は、小さいながらも、現代美術ギャラリー、映画館(2スクリーン)、ブックストア、バーが併設された、文化施設。トークショー、ライブ、クラブナイトなど、多彩なプログラムを展開する。

ICAへは映画を見に行く事が多い。ICAでは、インディペンデント系や外国映画を上映していて、日本映画もよくやっている。最近ではさくらん東京ソナタ、また今日終了した国際交流基金(The Japan Foundation)の企画した「Reality Fiction: Japanese Films Inspired by Actual Events」では、実際の出来事に触発された新旧の日本映画6点が上映された。日本映画は、通常の映画館ではあまりやっていないのでありがたい。しかし、最近の日本映画は、映像的にはきれいだけれど、50、60年代のような、社会問題に切り込んだ迫力のある作品がなく、少し物足りないなと思う。日本の映画黄金時代の作品は、時折、BFI Southbankで、黒澤明小津安二郎大島渚今村昌平等の大監督の作品を上映している。

ギャラリーでは、現在、アメリカ人映像作家・ショーン・スナイダーのイギリスでの初めての個展、「Sean Snyder, Index」を開催中。冷戦からイラク戦争まで、日常生活をドキュメントしたビデオ、写真が展示されている。ウクライナの村立美術館の様子を撮影したソビエト映画のビデオインスタレーションは興味深かったが、後の作品は少しインパクトがなかった。

I had several chances to go to ICA recently. Institute of Contemporary Arts (ICA), located near Trafalgar Square and Backingham Palace, is a small cultural complex containing modern art gallery, cinema, book store, and bar. ICA has a variety of cultural activities such as talk show, live, and club night. 

I sometimes go to see a movie to ICA. ICA cinema with 2 screens shows independent, art-house, and foreign movies, including Japanese movies. Recently, I saw Sakuran, Tokyo Sonata, and some of the ‘Reality Fiction: Japanese Films Inspired by Actual Events‘ series organized by the Japan Foundation. Recent Japanese movies are well shot and atomospheric, but don’t have much impact nor analyze social problems, like Japanese movies in 50’s and 60’s. You can see movies in the golden times at BFI Southbank, such as Kurosawa, Ozu, Nagisa Oshima, or Shohei Imamura etc.

At the gallery, first solo exhibition in a British institution of the American Artist Sean Snyder, ‘Sean Snyder, Index‘, just opened. The exhibition includes video installation and photos, documented the daily life from the Cold War to the Iraq War. The video installation about the village museum in Ukraine, filmed by Soviet Union, was fascinating, but the other works are something we have seen already, and have less significant, to my eyes.