Tag Archives: Arts

Londonist: Think London, Londoner, Londonist

ブログに書くネタの情報収集をする時、よく行き当たるのがこの「Londonist」ウェブサイト。既にご存知の方も多いかもしれないけれど、私自身もう少しこのサイトのことを知りたいと思って、ちょっと調べてみた。

Londonistは、「website about London and everything that happens in it」(自身のfacebook infoより)、ロンドンとロンドンで起きる様々な出来事をカバーするウェブサイトで、ニュース、イベント、レビュー、アート、カルチャー、ファッション、レストラン&バー、交通、スポーツ、そしてロンドンの歴史や将来まで、何でも来い。そのトピックも、メジャーなものだけでなく、エキセントリックだったり、ちょっと変わった出来事、面白いエピソード、誰も知らない裏話など、ロンドンの違った側面も紹介している。

このサイトは2004年に、一都市に特化した、ニューヨーク発祥のブログネットワーク(Gothamist・ニューヨークの愛称、ゴッサム・シティから取られたと思われる)の一員として立ち上げられた。2006年には、イギリスで最も影響のあるトップブログ50位の一つにランクされ(Hospital Clubより)、2010年にはガーディアン紙の「Top London Blogger」にも選ばれた。同じ2010年には、Gothamistの手からLDN Creativeに移り、Gothamistから独立した提携先となった(Wikipedia / Londonistより)。

ウェブサイトは、良くいえばシンプル、悪くいえば特徴のないデザインだけれど、情報量は豊富。その素晴らしい情報収集力、そしてその情報アップのスピードは、多くの印刷メディア、ロンドンローカルの情報サイトを凌駕している。1万5,605人(本日付)もの人たちが、Londonistのfacebookページで「like」する、ロンドンの住人に支持されているLondonist。私にとっては、雲の上の存在だけれど、ブロガーとして少しでも近づければ、嬉しい。

When I surf over the internet, looking for information for my blog, I sometimes find it within Londonist website. Probably many of you already know about it, but I myself want to know more about it so I researched a bit, and write about it to salute their effort to brighten up us Londoners’ rather boring life otherwise.

Londonist is a comprehensive “website about London and everything that happens in it”, according to its facebook info. It covers news, events, reviews, arts, culture, fashion, restaurants and bars, transports, and sports, as well as history and future of London – literally anything. The website not only deals with mainstream topics but also talks about the other side of the city – eccentricities, quirks, secrets, and surprises.

Londonist was founded in 2004, as a part of US-based Gothamist‘s city-centric blog network. By 2006 it was “ranked in the UK’s 50 most influential blogs” (the Hospital Club), and was awarded the Guardian’s “Top London Blogger” in 2010. In the same year in 2010, Londonist was transferred to the London-based startup LDN Creative and became an independently-operated affiliate of Gothamist (Wikipedia / Londonist).

A look of the website is simple and rather generic, but all what you want to know is likely there. They seem to have loads of excellent informants – their up-to-date information comes out very fast and covers all around the city, beating many print media and London local news sources. Massive 15,606 people  (as of today) “like” the Londonist on its facebook page. It is an achievement!

Advertisements

New Look for BBC 2012

ロンドン・オリンピック開催まで200日を切った(正確に言うと192日)。Tube(ロンドン地下鉄)各駅やBlackfriarsブラックフライアーズ)駅、 Farrindonファリンドン)駅などの鉄道駅の改装といったインフラの整備や、様々な建設工事がロンドン市内のあちこちで急ピッチで進められており、オリンピックが近づいていることを感じさせる。もっともロンドンの住人は、犬も歩けば棒に当たるじゃないけれど、行く先々で遭遇する工事現場の騒音や通行止め、道幅減少などに閉口しているけれど。

そして、イギリスの国営放送BBCが去年7月に立ち上げたオリンピック特集ウェブサイト・BBC 2012もこの度お化粧直しされた。このサイトは、ニュース、スポーツ、ドラマ、アート、カルチャー、コメディ、交通情報や役立つ情報など、BBCのオンライン、テレビ、ラジオのオリンピック関連コンテンツ(ライブ、ビデオ、オーディオ、写真、インタビュー、裏話など)が一堂に集められているので、ロンドン・オリンピック委員会のLondon 2012とともに、オリンピックや関連イベントの情報収集に便利かも。→詳細はBBCブログ

It is less than 200 days (precisely saying, 192 days) to go til London Olympic 2012, and all kinds of constructions and building works, including maintenance works of some tube stations and revamping rail stations such as Blackfriars station and Farrindon station, now seem to be speeding up and this make us feel the Olympic is coming. Exciting, though many Londoners complain the noise, reduced road width and diversion caused by never-ending works that we encounter every corner of the city.

BBC, British national broadcaster that most of you already know, has changed the look of BBC 2012, a website launched last July, dedicated to London Olympic. The site showcases a variety of contents arising from the London Olympic and Paralympic Games, ie. news, sport, drama, arts, culture, comedy, traffics as well as other useful info, gathered from BBC’s online, television and radio, in the form of live coverage, video and audio clips, background stories, pictures and cast interviews. Together with London Olympic’s official website London 2012, it will be a good media for information of olympic games and related events. → BBC blog for more details

Rivington Place @ Shoreditch

ショーディッチにあるRivington Place(リビングトン・プレイス)は、ビジュアル・アートの文化的多様性を促進するため、アーティスト/キュレーター/ライターを代表する機関のIniva(Institute of International Visual Art)と文化的アイデンティティや人権問題を提唱する国際写真アート・エージェンシーのAutograph ABPが共同で建設した、ビジュアル・アート・センター。1968年のHayward Gallery(ヘイワード・ギャラリー)以来、約40年ぶりに公的資金で設立されたこのセンターは、ガーナ系イギリス人建築家David Adjaye(デイヴィッド・アジャイ)がデザイン、2007年10月5日にオープンした。センターには、無料で入れるギャラリー・スペース、Stuart Hall Library(スチュワート・ホール図書館)、そしてInivaとAutograph ABPのオフィスが入っており、1階にはカフェLati Riもある。

Rivington Place is a visual arts center built by Iniva (Institute of International Visual Art / arts institution that represents artists, curators and writers) and Autograph ABP (international photographic arts agency that addresses issues of cultural identity and human rights), to reflect and promote cultural diversity in visual arts. This is the first publicly funded build of its kind since the Hayward Gallery’s opening in 1968 more than 40 years ago. It was designed by Ghanian British architect David Adjaye, and opened on 5 October 2007. The Rivington Place houses gallery spaces (free entry), the offices of Iniva and Autograph ABP, and the Stuart Hall Library, as well as a café Lati Ri on the ground floor.

明後日27日には終わってしまうけれども、1階ギャラリーでは「Ever Young: James Barnor」展が開催中。1940年代後半から70年代初頭まで、独立へと向かうガーナと多民族化が進むロンドンとイングランドを舞台に撮影された、カラーとモノクロの写真が展示されている。上の階の「The Paris Albums 1900: W.E.B. Du Bois」展は、アメリカで奴隷制度が廃止されてまだ35年しか経たない1900年のパリ万博で、アフリカ系アメリカ人のポートレート写真を展示した「American Negro Exhibit」の中から選んだ200枚を展示したもの。

Although ending soon on 27th, just the day after tomorrow, the ground floor gallery hosts “Ever Young: James Barnor,” introducing Barnor’s street and studio photographs, both color and black&white, taken in two societies in transition from the late 1940s to the early 1970s; Ghana which was moving towards its independence, and England, especially London, which was becoming a cosmopolitan, multicultural metropolis. On the upper floor, “the Paris Albums 1900: W.E.B. Du Bois” showcases a selection of 200 portraits from the American Negro Exhibit at the 1900 Paris Exposition Universelle, only thirty five years after the abolition of slavery.

「Ever Young: James Barnor」展の立派な大型カタログ(16ページ/無料)と、少し見栄えが劣る「The Paris Albums 1900: W.E.B. Du Bois」のインフォメーション、そしてリビングトン・プレイスの秋/冬のイベント情報冊子。シンプルだけれどインパクトのあるデザインもいい。

A good-looking large size catalogue of “Ever Young: James Barnor” (16 pages / free), a lesser-cost information leaflet of “the Paris Albums 1900: W.E.B. Du Bois” and the Rivington Place’s Autumn/Winter brochure. All of them are designed nicely – simple but eye-catching and good color choice.

Enhanced by Zemanta

Shadow Catchers: Camera-less Photography @ Victoria & Albert Museum

最近始まった、ビクトリア&アルバート博物館の「 Shadow Catchers: Camera-less Photography」展(10月13日〜2011年2月20日)は、5人の現代アーティスト(Floris NeusüssPierre CordierSusan DergesGarry Fabian MillerAdam Fuss)が、カメラを使わずに作り出した写真作品を集めた、ユニークな展覧会。

アーティストたちは、影を投げかけたり、光を操作したり、化学的に紙の表面を処理して、作品を作り出す。カメラを使わない写真には色々な手法があり、主なものには、印画紙の表面を直接加工して作り出すChemigram(ケミグラム)、光と印画紙の間に置いたオブジェが遮光また光の加減を弱め、その形を浮かび上がらせたりするLuminogram(ルミノグラム)、印画紙の上に直接物を置いて感光させるなどの方法により制作されたフォトグラムがある。時にはいくつかの手法を組み合わせることも。現実を記録したカメラ写真と違い、カメラを使わずに作られた作品は、どこかミステリアスで幻想的。小規模ながら興味深い展覧会だ。

V&A’s new exhibition “Shadow Catchers: Camera-less Photography” (October 13 – February 20, 2011)  is an unique show presenting the work of five contemporary artists; Floris Neusüss, Pierre Cordier, Susan Derges, Garry Fabian Miller and Adam Fuss, who work without a camera.

The artists create images on photographic paper by casting shadow and manipulating light, or by chemically treating the surface of the paper. Camera-less photographs can be made using a variety of techniques, the most common of which are the Photogram, the Luminogram and the Chemigram, and sometimes these methods are used in combination.

In compare to photographs taken by a camera, documenting reality, camera-less photographs are more enigmatic and somehow dreamlike. “Shadow Catchers” is in small scale, but fascinating and captivating.

Enhanced by Zemanta

2010 Serpentine Gallery Pavillion by Jean Nouvel

Vodpod videos no longer available.
昨日Lidoでランチをした後、7月10日から10月17日まで開催中の、The Serpentine Galleryサーペンタイン・ギャラリー)の夏季限定パビリオンを、遅ればせながら見に行ってきた。

パビリオンの創設10周年、またサーペンタイン・ギャラリーの開設から40年を迎えた2010年のパビリオンは、フランス人建築家・ジャン・ヌーヴェルがデザイン。遠くからでも目に入る、全てが鮮やかな赤の建物で、周囲の緑とのコントラストがまぶしい。去年の、控えめで落ち着いた感じのSANAAのパビリオンと正反対で、情熱的でパワフルだ。これはフランス人と日本人の国民性の違いか??

今秋、ヌーヴェルのイギリスにおける最初のメジャーな建築作品となるショッピング・センター「One New Change」が、セント・ポール寺院の近くにオープンするので、このパビリオンはその前の話題作りにちょうどいい。家から最寄りの大規模ショッピング・センターとなるOne New Changeの建設は、私たちにとっても嬉しいニュースで、そのオープンが待ち遠しい。

We went to see the annual Serpentine Gallery pavilion (10 July – 17 October), after having lunch at Lido yesterday.

This year is the Serpentine’s 40th Anniversary, and celebrates the 10th commission of the annual summer pavilion. The 2010 Serpentine Gallery Pavilion is designed by French architect Jean Nouvel. The entire building is rendered in a vivid red, contrasting with the surrounding green. It is passionate and powerful, and you can easily spot it from far. This is complete opposite to the last year’s quiet and modest SANAA’s pavilion. Is this because of cultural difference between French and Japanese??

This autumn, Nouvel’s first major permanent work in UK, One New Change shopping and office complex will open near St Paul’s Cathedral, and this pavilion is a good introduction before the opening. The opening of One New Change is great for us, as this will be our closest large scale shopping center.

ロンドンの電話ボックス、郵便ポスト、バスの赤を反映しているのもあるけれども、ヌーヴェルは、「夏の太陽が目を射し、瞬きをしたら、世界が真っ赤になった」時に、赤をコンセプトにすることを思いついたという(ガーディアン紙のインタビューより)。あんまり赤過ぎて、中にいると目がチカチカするけれど、何だかパワーがみなぎって、高揚した気分になる。

The red color reflects the London’s telephone boxes, post boxes and busses. But more than that, his ‘red’ concept came from “that moment,” Nouvel says, “when the summer sun catches you full in the eyes and, as you blink, the world dissolves into red” (from the Guardian’s interview with Nouvel). It is so red and flickering, but invigorating and energizing at the same time.

大胆な幾何学的フォルム、格納式の天幕、支柱なしで立つ12mの高さの傾斜壁からなる建物。

The building consists of bold geometric forms, large retractable awnings and a sloped freestanding wall that stands 12m above the lawn.

パビリオンの中は、人々がひと休みしたり、お喋りを楽しんだり、チェスに興じたりできるよう(チェス台付きのテーブルもある)、これまた真っ赤のテーブルと椅子が置いてあり、カフェ・カウンターで軽食や飲み物も買える。

The pavilion contains a large seating area, where people can relax, chat, and play chess at all-red tables and chairs. You can buy drinks and snacks at a café counter.

パビリオンの向かいには、これまた赤のフランスの伝統的屋外卓球台が置かれている。

There are traditional French outdoor table-tennis tables outside the pavilion, which are also in red.

Enhanced by Zemanta

Rude Britannia: British Comic Art @ Tate Britain

このちょっとぎょっとするビデオは、今日から始まったテート・ブリテンの「Rude Britannia: British Comic Art」展の広告。ビデオ内でのサッチャー元首相の人形は、80年代の風刺人形劇番組「Spitting Image」で使われた。

This striking video is an advertisement made by Tate Britain for their new exhibition “Rude Britannia: British Comic Art,” started today. This puppet of former prime minister Thatcher was used in the satirical puppet show “Spitting Image” in 80’s.

「無礼・失礼なブリタニア(イギリスのラテン語名)」という意味のこの展覧会では、絵画、彫刻、映像、写真、グラフィック・アートや風刺漫画など、1600年代から現在までのイギリスの「Comic Art」(笑いを誘う、滑稽なアート)を展示。「Absurd(不合理、非常識、ばかばかしい)」、「Bawdy(わいせつな、下卑な)」、「Politics(政治)」、「Social Satire(社会風刺)」と、テーマ毎に分けられており、1室はGeorge Cruikshank(ジョージ・クルックシャンク)の「The Worship of Bacchusバッカス崇拝)」の展示に使われている。「Absurd」のコレクションは、コメディアンでTV司会者のHarry Hill(ハリー・ヒル)が監修したそうだ。テーマは一般市民や貴族から、ナポレオンやヒトラー等歴史上の有名人、そしてサッチャー、メージャー、ブレア等、歴代首相など政治家たち。アーティストも、18世紀の国民的画家だったウィリアム・ホガースから、YBA(ヤング・ブリティッシュ・アーティスト)と呼ばれる若手現代アーティストまで、イギリスの歴代のComic Artsitの作品を幅広く見る事が出来る。→もっと写真を見たい方はここをクリック

笑いを誘うために大げさに描かれた作品にはグロテスクで下らないものも多いし、下ネタ系はお下品・お下劣だったりするけれど、Comic Artには、その時々の人々の生活や関心事、政治や社会状況、それにイギリス人のユーモアのセンスがが反映されていて、興味深い。でも、部屋数も少なく小さい作品も多くて、いつものテートの大規模で充実した展覧会と比べるとちょっと小振りな感じがする。

Rude Britannia presents British comic art from 1600s to to the present day. From  painting, drawing, sculpture, to  film and photography, by historical and contemporary artists like Hogarth and YBAs, the works are divided in a category such as ‘Absurd’, ‘Bawdy’, ‘Politics’ and ‘Social Satire’. One room is dedicated to ‘The Worship of Bacchus‘ by George Cruikshank, and the room on the Absurd is curated by comedian and TV presenter Harry Hill. The subjects are varied from ordinary citizens and aristocrats to historical figures such as Napoleon and Hitler, and successive British prime ministers like Thatcher, Major, and Blair are not an exception as a target by the comic artists. →Click here for more photos.

Caricatured figures are often grotesque and look ridiculous, and ‘bawdy’ art can be obscene and indecent, but comic art reflects people’s interests and concerns, lifestyle, politics and social circumstances of the time and British sense of humor, and it is quite interesting to look at. However, in compare to usual large scale impressive exhibition of Tate, Rude Britannia is rather small and less spectacular, I think.

Shaun Doyle and Mally Mallinson’s “Death to the Fascist Fruit Boys” (2010)

Reblog this post [with Zemanta]

Candid Café @ Angel, Islington

ロープが絡まった白馬が突き出ている、何だか怪しげな外観のCandid Café。チューブのエンジェル駅の裏側、City RoadとUpper Streetの交差点の少し東のTorrens Streetにある、ビクトリア時代の倉庫だったCandid Arts Trustの建物の2階(日本の3階。イギリスではGround Floor/地階から数え、1階、2階と続く)にある。アートとアート教育の促進、そして卒業後1年以内の新進アーティストやデザイナーに展示の場を与えることを目的としたCandid Arts Trustは、展示スペース、2つのギャラリー、そして20のアーティストのアトリエや、会議やイベントなどを行える貸しスペースを備えている。

Candid Caféは、よく言えばアート的でボヘミアン、悪く言えばちょっと悪趣味。使い古した木のテーブルや床、そして陽の光が注ぐ壁際の席は、いい感じなのだけれど、奥のギリシャ風の柱や壁にかけられた裸体画などは品がなく、赤く塗られた壁が薄暗く感じさせる。

「Mediterranian food(地中海料理)」を謳う食べ物は今イチ。ちゃんとした食事はしたことがないけれど、サンドイッチが不味かったから、そう確信している。ケーキ類も大味で大甘。Mいわくエスプレッソも不味いそうだ。こういうと救いはないようだけれど、天気がいい昼下がりに壁際に座って、お茶(あくまでお茶で、コーヒーではない)するのにはいい。また、真向かいにあるジムのクラスまでの時間つぶしにもね。

Candid Café’s tasteless exterior, white horse tangled with rope coming out from the wall and hideous signed board, may turn you off to come inside. Situated on Torrens Street behind the Angel tube station in Islington, on the east of the intersection of City Road and Upper street, Candid Café is on the second floor (third floor in US – first floor is called “ground floor”, following first floor in UK) in one of the two Victorian warehouses converted into an arts centre of the Candid Arts Trust. Aiming to promote the arts and arts education with special emphasis placed on helping newly graduated artists and designers, the Candid Arts Trust has exhibition space, two galleries, 20 artists studios, as well as banqueting, conference and screening rooms, rehearsal spaces.

In good terms, Candid Café is arty and boho, but in bad terms, grungy and vulgar. Rusty wooden tables and floors, and window side seats with lots of light are quite nice, but gloomy red walls and tasteless fake greek column and nude painting (photo below) destroy these good.

Their “Mediterranian food” is not impressive – I haven’t had their mains but I believe this, as their sandwich was quite bad and their cakes were too sweet. Their espresso was below average as well, according to M. Sounds no hope, but it is pleasant to sit on a window side table when it’s sunny and have a cup of tea (tea, not coffee). Also I go sometimes to kill my time before going to my gym class, just across the street.

Reblog this post [with Zemanta]