Tag Archives: artwork

BT ArtBox: Celebrating A British Icon

英大手電気通信事業者・BTが主催、虐待やいじめ、両親の離婚などに悩む子供たちを電話相談を通じてサポートする慈善団体「ChildLine(チャイルドライン)」の設立25年を記念するパブリック・アート・エキシビション「BT ArtBox」が、現在ロンドンで開催中だ。このプロジェクトには、建築家のザハ・ハディッド、ファッション・デザイナーのジャイルズ・ディーコンGiles Deacon)、ザンドラ・ローズZandra Rhodes)、ジュリアン・マクドナルドJulien Macdonald)、アーティストのロブ&ニック・カーター(Rob and Nick Carter)、ライアン・カラナン(Ryan Callanan:写真最上)、マーティン・ウェア(Martyn Ware)、彫刻家のデヴィッド・マック(David Mach)、インテリアデザイナーのニナ・キャンベルNina Campbell)、ミュージシャンのニック・ローズ(デュラン・デュラン)、マキシム(ザ・プロディジー)などの著名クリエイターたちが参加。イギリスのアイコンの一つである赤い電話ボックスと同サイズのレプリカを使って創られた80以上のアート作品が、6月15日にトラファルガー広場に1日集結、その後6月18日から7月16日まで、コヴェントガーデンやセント・パンクラス駅カーナビー・ストリート、ハイド・パーク、水族館のサメの水槽などといった、ロンドンの名所や街角に設置、通行人の目を楽しませている(ロケーション・マップ / 写真:Telegraph紙)。

展示終了後は、イーベイサザビーズでオークションにかけられ、売上げはChildLineに寄付される予定(詳細)。ロンドンでは今までも、Black Dog CampaignBig Egg HuntElephant Paradeなど、同じような有名人参加のチャリティ・アート・プロジェクトがいくつも行われている。

BT ArtBox is a public art exhibition, celebrating 25 years of ChildLine, who has been helping vulnerable children since 1986. More than 80 full-size replicas of one of the British icons, the red telephone box, are redesigned into artworks by leading artists and designers, including architect Zaha Hadid; fashion designers Giles DeaconZandra Rhodes and Julien Macdonald; artists Rob and Nick CarterRyan Callanan and Martyn Ware; sculptor David Mach; interior designer Nina Campbell; Duran Duran’s Nick Rhodes and The Prodigy’s Maxim (more photos: Telegraph).

The project launched on June 15 when a selection of BT ArtBoxes were on display in Trafalgar Square for the day. From June 18 to July 16, BT ArtBoxes are showcased across London’s streets and landmark locations, such as Covent Garden, St Pancras StationCarnaby Street, Hyde Park and even the shark tank at the London Aquarium (location map). Then, all the boxes will be auctioned off through eBay and Sotheby’s to raise money for ChildLine’s 25th anniversary (more info). London has hosted similar charity art projects helped by celebrities and creators every now and then, such as the Black Dog Campaignthe Big Egg Hunt, and the Elephant Parade.

Picasso and Modern British Art @ Tate Britain

テート・ブリテンの大規模展「Picasso and Modern British Art」(2月15日〜7月15日)は、テート曰く、イギリスにおける、論争の的であり同時にセレブリティとしてのパブロ・ピカソの出現と、モダンアート確立への貢献、そしてイギリスのアートへの影響を追った、最初の展覧会。Weeping Woman泣く女:1937年)やThe Three Dancers(3人のダンサー:1925年)を含むピカソの作品60点以上と並び、彼の影響を受けたイギリス人アーティスト7人(ダンカン・グラントパーシー・ウインダム・ルイスベン・ニコルソンヘンリー・ムーアフランシス・ベーコングラハム・サザーランドデイヴィッド・ホックニー)の作品が、合計150点以上展示されている。

しかし、この展覧会を見た後でも、ピカソとイギリスのアートは自分の中でいまいち結びつかない。ピカソのダイナミックで自由、そして情熱的な絵は、どちらかというと抑え気味で繊細、影のあるイギリスのアーティストたちの作品と隔たりを感じる。テートもパンフレットの中で、「どのアーティストもピカソを盲目的に模倣しているわけではなく、ピカソの一要素を取り入れて、独自のアートを形成している」と書いているが、それでも私には、タイトルのように大々的に二つを結びつけるには少し無理があるように思う。

そもそも、ピカソは母国スペインとフランスとの関連は強いが、イギリスとは、1919年にセルゲイ・ディアギレフのバレエ「The Three Cornered Hat三角帽子)」の背景・衣装を手がけたのと、大成功をおさめた1960年のテート・ブリテンでの回顧展以外、これといったつながりは見当たらない。

良質な展覧会を常に提供するテートの他の展覧会同様、見る価値はあったと思うけれど、テーマである「ピカソとイギリスのモダンアート」の繋がりは、少し弱い気がする。

Tate Britain‘s major exhibition, Picasso and Modern British Art (Feb 15  –  Jul 15)  is the first exhibition to trace Pablo Picasso‘s rise in Britain as a figure of both controversy and celebrity and his role in the acceptance of modern art in Britain, and explores his influence on British art. The exhibition brings together over 150 artworks; over 60 Picasso’s including Weeping Woman (1937) and The Three Dancers (1925) are on display, alongside with works by seven leading British artists who gained an inspiration by Picasso: Duncan Grant, Wyndham Lewis, Ben Nicholson, Henry Moore, Francis Bacon, Graham Sutherland and David Hockney.

To be honest, even after seeing the exhibition, I can’t really relate Picasso to British art. There is a substantial difference for me, stereotypical or not, between Picasso’s vibrant, passionate and free-spirited works with those British artists’ rather subtle, restrained, and sometimes gloomy works, though I can see some influence. Tate’s information states that “none followed Picasso slavishly and all took something from Picasso as part of the distinctive development of their own art”, but still the connection is too week to be spotlighted, for me. 

Also Picasso was more associated with native Spain as well as France, and it seems that he had little connection to Britain, other than his London visit in 1919, working on the scenery and costumes for Diaghilev’s ballet The Three Cornered Hat, as well as successful 1960 retrospective at Tate

It was worth to see the exhibition as others at Tate as always (they always do a good job), but I was not really convinced of the theme.

Urban Smart Projects “For the love of Dog” by Teddy Baden @ Banner Street

ステンシルアーティスト、Teddy Badenの「Dogs on Whitecross Market」がなくなってしばらく経つWhitecross Streetに、彼の新しい作品「For the love of Dog(犬のために)」が登場した。これは、道路脇にある信号機のコントロールボックス(traffic signal boxes)をアートで飾ろうという「Urban Smart Projects」の一環で、Banner Streetとの交差点にある。また、このプロジェクト作品も同じWhitecross Streetにある。

Urban Smart Projectsは、ロンドン以外でも様々な都市で行われているそう。ちなみに、オーストラリア・ブリスベーンでのプロジェクトの様子は、この方のブログに詳しい。イギリスでは、カウンシル(区役所)は住民から通報を受けると、公共の建物や道路周辺、記念碑などからグラフィティを消去する義務を負う。そのために使われる多額の税金を考えると、逆の思考でいっそアートで塗りつぶしてしまえというのがプロジェクトの主旨。加えて、地域に活力を与え、観光にもビジネスにもプラスになるという、まさに一石二鳥のプロジェクトだとのこと。でもプロのアーティストの作品ばかりじゃないから、玉石混淆だけれどね。

It’s been a while since stencil artist Teddy Baden‘s “Dogs on Whitecross Market” was gone from Whitecross street, but his work is back! His new work “For the love of Dog“, located on Banner Street and Whitecross street, is a part of Urban Smart Projects which aims to turn cities into brighter places by painting of traffic signal boxes with original artwork. You also can see this work on the Whitecross Street as well.

The projects work in a lot of different cities, including Brisbane, Australia (details are here). In UK, a local council is usually responsible for removing graffiti from public buildings, street furniture or monuments when reported. According to the project, the concept is to paint traffic signal boxes, instead of wasting taxpayers’ money for graffiti removal, as well as to provide positive impacts to local communities and delivering a host of positive tourism & business outcomes. It’s a win-win situation – though the works are a mixture of good and bad, as not all of the paintings are done by professional artists.

Enhanced by Zemanta

Elizabeth Garrett Anderson Memorial Project @ University College Hospital

先日、検査のために、UCLH(University College Hospital/ロンドン大学病院)に行ってきた。検査が行われたUniversity College Hospital Elizabeth Garrett Anderson Wingは、7000万ポンドをかけた改装の末、2008年11年にオープンした、産婦人科病棟。病棟に冠されているElizabeth Garrett Andersonエリザベス・ギャレット・アンダーソン)は、まだ医学学校が女性に門戸を開いていなかったヴィクトリア朝時代のイギリスで、医師の資格を得た初めての女性で、1870年代に女性のための病院 New Hospital for Women(1918年にElizabeth Garrett Anderson Hospitalと改名)を、ロンドンに設立した。

その病棟の中に飾られていたアート作品が目についたので、ググって調べてみた。これはマルチメディア・アーティスト、Carl Jaycock(カール・ジェイコック)の「Elizabeth Garrett Anderson Memorial Project」という作品で、病棟で働く1000人以上の全てのスタッフのイメージをデジタル処理してモザイク状に組み合わせ、病院の創設者のエリザベス・ギャレット・アンダーソンのイメージを浮かび上がらせたもの。遠くから見るとアンダーソンの姿が、近寄って見ると無数のスタッフの顔が見て取れる。色合いもレトロでいてモダンに仕上がっており、某お菓子のように1粒で2度美味しい、巧妙でよく出来た作品だと思う。

I went to UCLH (University College Hospital) the other day for medical check-up. University College Hospital Elizabeth Garrett Anderson Wing, where I took the test, is the hospital that offers women’s health services, and it opened in November 2008 after the £70 million refurbishment. Elizabeth Garrett Anderson was the first woman to gain a medical qualification in Britain when British medical schools closed their door to women, and set up the New Hospital for Women (later renamed the Elizabeth Garrett Anderson Hospital in 1918)  in London in 1870s.

I found interesting artworks at the hospital, and googled it after I came back. “Elizabeth Garrett Anderson Memorial Project” is an art memorial project created by a multimedia visionary artist Carl Jaycock. He created a digital mosaic artwork for main entrance and wards, combining all the 1000s staff and references to its Victorian founder Elizabeth Garrett Anderson. The colors used in the works feel retro but modern at the same time. You see Anderson from far, and spot hundreds of tiny portraits of the staff when you get closer – very clever & well done.

Enhanced by Zemanta

New Medieval & Renaissance Galleries opens @ Victoria & Albert Museum

Vodpod videos no longer available.

7年もの年月と3170万ポンドをかけてようやく完成した、ヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)の新しいMedieval & Renaissance Galleries中世ヨーロッパルネサンス・ギャラリー)が今日12月2日にオープンした。私は、華やかでいて素朴なタッチの、この時代のアートが好きなので、このギャラリーのオープニングを楽しみにしていた。計10室のギャラリーには、ローマ帝国の没落からルネッサンス時代の終わりまで、紀元300年から1600年頃までの美術品約1800点を展示。繊細な彫刻や本等の小さなものから、教会の内部、ステンドグラスや階段等、イングランドで作られた美術品からスペイン、フランス、ドイツ、イタリア等の芸術品まで、幅広いコレクションからは、当時のヨーロッパの芸術と文化を垣間見ることができる。ゆっくり観ていると一日がつぶれそうな、見応えたっぷりのギャラリーだ。ルネサンス時代の芸術はよく知られているけれど、文化が停滞した「暗黒時代(the dark ages)」と呼ばれる中世にも、宗教美術等を中心に、素晴らしい芸術が存在していたのだなと感心。

The Victoria & Albert museum (V&A) opens its new Medieval & Renaissance Galleries today, after spending 7 years and £31.7m of cost. I was looking for its opening, as I like lavish but realistic and simple medieval art.  The 10 galleries occupying 2 floors are filled with more than 1,800 objects from AD300 to 1600; the fall of the Roman Empire to the end of the Renaissance period. From small objects like sculptures and books to large artifacts such as church interiors, stained glasses and staircases, a wide variety of the collection range from the objects from Spain, France, Germany and Italy, to abundant works of art made in England, and it tells the story of European art and culture of the periods. You can spend many hours just looking at these beautiful masterpieces in the gallery. Renaissance art is widely known but I was impressed that magnificent artworks and crafts, especially religious art, also existed during the middles ages, often called “the Dark Ages,” – a period of cultural decline.

9月頃、まだ工事中だったギャラリーを見学する機会があった。既にいくらか展示品が置いてあったものの、まだ足場や木枠がそこら中に置いてあって、こんなに素晴らしいギャラリーに仕上がるとは全然予想できなかった。さすがV&A、イギリスを代表する美術館の一つだけあって、素晴らしいギャラリーに仕上がっている。1,800もの美術品が置かれているのに、すっきりレイアウトされていて広々としており、心が落ち着く。他の多くのイギリスの美術館・博物館のように、このギャラリーも入場料無料。Heritage Lottery Fund(歴史的建造物等の国民的遺産を保護するための、宝くじ収益金)から£975万ポンドの援助があった他は、全て寄付金でまかなわれたそうだ。さすが、芸術や歴史的遺産の保護に熱心な国民性だけある。本当に素晴らしいギャラリーなので、中世やルネッサンス美術に興味がなくても、機会があればぜひ行ってみてください!

We had a chance to observe the galleries under construction in September. There were some works already there but there are wooden frames and construction materials all over, and I never thought it would be transformed to such a magnificent and elegant galleries. That’s V&A – everything they do is always impressive! It is amazingly spacious, though the galleries contain almost 2,000 artifacts, and truly tranquil. And the admission is absolutely free (though some amount of donation is suggested), as many other British museums and galleries! Other than £9.75m grant from the Heritage Lottery Fund, the cost of making the galleries was covered by donations. It is highly recommended to visit the gallery, no matter if you are interested in Medieval & Renaissance art or not – it is spectacular, and I liked it a lot!

Reblog this post [with Zemanta]