Tag Archives: barbecue

Cabana Brazilian Barbecue @ Central St Giles, Covent Garden

Central St Gilesに入っているブラジリアン・レストラン・Cabana(カバナ)に行った。オリンピック・サイトにあるWestfield Stratford Cityに第一号店があり、ここは第二号店。側面ガラスに覆われた、陽当たりのいい明るい店内に入ると、大きなオープンキッチンが見える。ここのメニューは、Skewers(ブラジル風串焼きバーベキュー・シュラスコ)とブラジルのストリートフード(小皿料理)、サラダ、サイドディッシュ、そして1950年代にサンパオロで二人のシリア人兄弟が始めたというシリアの平パンを使った「Beirut」というサンドイッチ等々。

注文したのは、Chimichurri Black Gold Steak(チミチュリ・ソース味のステーキ113.4g:£5.95)、Chilli Cumin Lamb Fillet(チリとクミンで味付けしたラム肉フィレ113.4g:£5.95)のSkewer串焼き2品と、Black bean soup shot(黒豆のスープ£2.95)、Biro-Biro rice (ガーリック、ハーブ、ネギ、エシャロット入り炒めご飯£2.85)、そしてCassava chips(キャッサバのフライ£3.45)の計5品(写真上・写真)。Skewerは2皿とも、お肉も柔らかくて味つけもいい。ライス、スープ、キャッサバも美味しい、んだけれども、全体的に量が少ない。メニューはオンス表記だったので、実際に肉を見るまでどのくらいの量が分からなかった。黒豆のスープなんて、お子様用?と思うような小さなカップ入り。ウェイトレスのお姉さんから、お肉のお代わりが必要ならこれを裏返して、ってコースターのようなものを渡されたが、Rodizio Ricoという食べ放題で人気のブラジリアン・チェーンと違い、追加オーダーになるという(まあ値段的に仕方ないけれど)。ということは、レストラン側も、これじゃ全然足らないことを知っていて量設定をした、確信犯なのか。Mはもう1皿欲しいとごねたけど、私は何となく嵌められたような気がして悔しいので、意地で追加は頼まず。結局Mが全然物足りないというので、カフェに移動してケーキでお腹を誤摩化したのだった。

Cabana is a Brazilian barbecue restaurant at Central St Giles. This is their second venue after Westfield Stratford City in Olympic site. The restaurant is spacious and lots of light coming through all-glass walls, and there is a big open kitchen on one side. Their menu consists of skewers, Brazilian street food (small dishes), salad, side dishes, and ‘Beirut’, Syrian flatbread sandwich invented in Sao Paulo in the 1950’s by two Syrian brothers.

We ordered total of 5 dishes (photo above & photo); Chimichurri Black Gold Steak (4oz/113.4g £5.95), Chilli Cumin Lamb Fillet (4oz/113.4g £5.95), Black bean soup shot (£2.95), Biro-Biro rice (£2.85) and Cassava chips (£3.45). The skewers meat were both succulent, and all the dishes passed our criteria. However, the portion was too small and failed to fill up M’s empty stomach. The menu is written in ounce which I still don’t know how to convert, and we had no clue how much until we actually saw the dishes. Black bean soup was literally  ‘shot’, served in kid’s portion. A friendly waitress gave us a coaster to flip if we need more meat, but this would be a new order, not like popular Rodizio Rico with all-you-can-eat barbecue. It is understandable considering the price, but I believe the restaurant know that the amount is not enough and and is sure people have to order more! I was too upset about their ‘conspiracy’ and didn’t want to order more, fighting with M who wanted to, and we ended up going another café to satisfy M’s stomach…

ナプキンには可愛いサッカー選手のイラスト / cute illustration of a footballer on a paper napkin

British Steaks & Barbecoa by Jamie Oliver

肉大好きの私だけれど、イギリスのステーキは正直好きじゃない。脂身が少ないのでドライで固く、最後の一口を食べる頃には顎が筋肉痛状態。それに焼き加減が適当で、決まって希望する焼き具合よりもさらに焼かれて出て来るので、私はいつもミディアムレアを頼む(それでも時々ウェルダンになっているけど)。でも、Mが行きたいと言うので仕方なく、One New ChangeにあるBarbecoaに行った。

Barbecoaは、私の嫌いな(理由は以前のエントリーにあり)ジェイミー・オリヴァーが、ニューヨークでBBQレストランを経営するアメリカ人シェフ・Adam Perry Lang(アダム・ペリー・ラング)とコラボして出来た、バーベキュー&ステーキ店で、内装はTom Dixon(トム・ディクソン)が手がけたそうだ。1階にはスタイリッシュだけど高そうな肉屋も併設している。この日は、Dry-Aged Sirloin Steak(320g/£30。ドライエイジド=むきだしのまま熟成させた、サーロイン・ステーキ)とDry-Aged Rump  Steak(250g/£19。ドライエイジド・ランプ・ステーキ)を注文。サーロインは「cèp(ポルチーニ茸だと思うのだけれど、不明)」とローズマリーをクリーム状にしたもの、ランプは炭焼きの茄子、エシャロット、トマト、チリとスイート・マジョラムをピュレにした付け合わせと一緒に出され、ステーキも付け合わせの味もまずまず。でもやっぱり、イギリスのステーキ特有のパサパサ感は否めない。鴨の脂で揚げたDuck Fat Chips(£4。太めのフライドポテト)もMashed Potato(£4。マッシュポテト)は美味。まあ、ポテト系はイギリスではハズレはあまりないのだが。デザートのバニラ・アイスクリーム(£6)は、クリームの味ばかりでバニラの味はせず×。

以前、リバプール・ストリート駅近くにある、セレブシェフ・Marco Pierre Whiteマルコ・ピエール・ホワイト)の経営するSteak & Alehouseにも行ったが、これまたBarbecoa以上に肉が固く、幻滅した経験がある。ステーキはやっぱり、ある程度脂身のある方が美味しい。イギリスでステーキに何千円も払うのなら、日本のファミレスのチープなステーキセットの方がいい。高いお金を出すなら、やっぱり日本の霜降りか、フィレンツェ風ステーキ・Bistecca alla Fiorentina(ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ)。ちなみに「wagyu beef」はイギリスでも好評。でも高級デパートやレストラン以外で売られているものは、日本産和牛ではなく、オーストラリア産やイギリス産など。こちらで「wagyu」の定義は霜降り肉であって、日本産牛肉ではないよう。

Though I am a meat-lover, I am not very keen on British steaks. It is pretty lean, which is good for health, but too dry and too hard for me. Every time I order a steak, my jaw suffers from muscle ache about when I finish the last piece. Also it tends to be overcooked, and often I get a steak all in brown, even though I always ask mediam-rare. M begged me to eat at Barbecoa at One New Change, so we went though I was reluctant.

Barbecoa is a US-style barbecue and steak restaurant, and is Jamie Oliver (whom I hate – search the reason in my past entries, if you like) ‘s joint venture with NY– base American barbecue expert Adam Perry Lang. Its interior is done by Tom Dixon, and you can say it’s design-y. There is also a beautiful & posh butcher, Barbecoa Butchery, on the ground floor.

On the visit, we ordered Dry-aged Sirloin Steak (320g/£30) and Dry-Aged Rump  Steak (250g/£19). Steaks were not bad, as well as relish coming with them: ‘cèp’ (I am not sure what it is, but I think it is porcini mushroom?) and rosemary cream for sirloin; and charred aubergine, shallots, tomato, chilli & sweet marjoram for rump steak – but steaks were still too dry for me. Duck Fat Chips (£4) and Mashed Potato (£4) were quite nice, but generally potato dishes cannot go wrong here. I don’t like their vanilla ice cream (£6) – didn’t taste vanilla but only cream.

Before, we also went to Steak & Alehouse owned by celeb chef Marco Pierre White near Liverpool Street station, but their steaks were even tougher than Barbecoa and were quite disappointing. I believe that a steak tastes better with some fat in it. For me, the best steak is shimofuri (or marbling) Japanese wagyu beef or Bistecca alla Florentina – I love juicy stuff and don’t like lean meat! Wagyu beef has gained a good reputation here in London, but what we see mostly  are not from Japan but produced in other countries such as Australia and UK. The definition of ‘wagyu’  is a kind of  breeds of cattle genetically predisposed to intense marbling, but not what normally Japanese think – ‘wagyu’ is literally Japanese cow in Japanese.

↑↓ ジェイミー・オリバーのBarbecoa。店があまりに暗くて、ステーキの写真は木炭にしか見えないのでボツ / Jamie Oliver’s Barbecoa. I can’t put a photo of food, because it was so dark that the steaks look like charcoal in my photos.

↑↓ 1階にあるBarbecoa併設の肉屋 / Barbecoa Butchery, below Barbecoa

↑↓ マルコ・ピエール・ホワイトのSteak & Alehouse。ここも暗すぎで、食べ物の写真なし / Steak & Alehouse by Marco Pierre White. Also too dark to take a good photo of the food