Tag Archives: Britain

Picasso and Modern British Art @ Tate Britain

テート・ブリテンの大規模展「Picasso and Modern British Art」(2月15日〜7月15日)は、テート曰く、イギリスにおける、論争の的であり同時にセレブリティとしてのパブロ・ピカソの出現と、モダンアート確立への貢献、そしてイギリスのアートへの影響を追った、最初の展覧会。Weeping Woman泣く女:1937年)やThe Three Dancers(3人のダンサー:1925年)を含むピカソの作品60点以上と並び、彼の影響を受けたイギリス人アーティスト7人(ダンカン・グラントパーシー・ウインダム・ルイスベン・ニコルソンヘンリー・ムーアフランシス・ベーコングラハム・サザーランドデイヴィッド・ホックニー)の作品が、合計150点以上展示されている。

しかし、この展覧会を見た後でも、ピカソとイギリスのアートは自分の中でいまいち結びつかない。ピカソのダイナミックで自由、そして情熱的な絵は、どちらかというと抑え気味で繊細、影のあるイギリスのアーティストたちの作品と隔たりを感じる。テートもパンフレットの中で、「どのアーティストもピカソを盲目的に模倣しているわけではなく、ピカソの一要素を取り入れて、独自のアートを形成している」と書いているが、それでも私には、タイトルのように大々的に二つを結びつけるには少し無理があるように思う。

そもそも、ピカソは母国スペインとフランスとの関連は強いが、イギリスとは、1919年にセルゲイ・ディアギレフのバレエ「The Three Cornered Hat三角帽子)」の背景・衣装を手がけたのと、大成功をおさめた1960年のテート・ブリテンでの回顧展以外、これといったつながりは見当たらない。

良質な展覧会を常に提供するテートの他の展覧会同様、見る価値はあったと思うけれど、テーマである「ピカソとイギリスのモダンアート」の繋がりは、少し弱い気がする。

Tate Britain‘s major exhibition, Picasso and Modern British Art (Feb 15  –  Jul 15)  is the first exhibition to trace Pablo Picasso‘s rise in Britain as a figure of both controversy and celebrity and his role in the acceptance of modern art in Britain, and explores his influence on British art. The exhibition brings together over 150 artworks; over 60 Picasso’s including Weeping Woman (1937) and The Three Dancers (1925) are on display, alongside with works by seven leading British artists who gained an inspiration by Picasso: Duncan Grant, Wyndham Lewis, Ben Nicholson, Henry Moore, Francis Bacon, Graham Sutherland and David Hockney.

To be honest, even after seeing the exhibition, I can’t really relate Picasso to British art. There is a substantial difference for me, stereotypical or not, between Picasso’s vibrant, passionate and free-spirited works with those British artists’ rather subtle, restrained, and sometimes gloomy works, though I can see some influence. Tate’s information states that “none followed Picasso slavishly and all took something from Picasso as part of the distinctive development of their own art”, but still the connection is too week to be spotlighted, for me. 

Also Picasso was more associated with native Spain as well as France, and it seems that he had little connection to Britain, other than his London visit in 1919, working on the scenery and costumes for Diaghilev’s ballet The Three Cornered Hat, as well as successful 1960 retrospective at Tate

It was worth to see the exhibition as others at Tate as always (they always do a good job), but I was not really convinced of the theme.

Advertisements

Migrations: Journeys into British Art @ Tate Britain

テート・ブリテンで1月31日から開催中の展覧会「Migrations: Journeys into British Art」(8月12日まで)に行った。イギリスにおける交通、政治、経済の発展は、多くの外国人アーティストたちを惹き付けてきた。この展覧会は、1500年代から現在まで、これらの「migrant(移住)」アーティストたちがイギリスのアート界に及ぼした影響を探求している。

16世紀に宗教改革八十年戦争等の混乱を避けてイギリスに移り住んだ、フランドルやオランダの風景・静物画家は、新しいスタイルの肖像画法をもたらし、北ヨーロッパからやってきた17世紀アーティストたちは、海や風景画といった新しい絵画のジャンルを導入した。18世紀には、イタリアで学び新古典主義を確立した様々な国のアーティストたちがロンドンに定住、1768年のRoyal Academy of Arts(ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ)設立にも貢献した。19世紀には、多くのイギリス人や、ジェームズ・マクニール・ホイッスラーといったアメリカ人アーティストが、パリでアートを学んだが、その後彼らはパトロンを求めてロンドンに移り住んだ。また同時に、普仏戦争から逃がれてきたフランス人アーティストたちも多かった。20世紀初期には、ユダヤ人アーティストやユダヤのアートが話題を呼び、1930〜40年代には、モンドリアンモホリ=ナジ・ラースローナウム・ガボなど、ナチスドイツを逃れてヨーロッパ中からやってきた人々がモダニズム主義を持ち込んだ。50〜60年代には旧植民地の国々からアートを学びにやってきたアーティストたちがモダニズムに傾倒、概念的アプローチを取り、カウンターカルチャーの一翼を担った。80年代はBlack Audio Film Collectiveなど、移民のバックグラウンドを持つアーティストたちが、アートを通して、人種的マイノリティとしての自分と、イギリス人としてのアイデンティティの模索を行った。Zineb SediraSteve McQueen(俳優のスティーブ・マックィーンと同姓同名のイギリス人アーティスト/映画監督)といった現代アーティストたちは、映像を使って現実をドキュメントし、またそのリアリティに疑問を投げかけている。

500年間に渡って、違う文化を持つアーティストたちとの交流によって形作られてきたイギリスのアートの変遷と、その背景にあるイギリス・世界の歴史を知ることができる面白い展覧会だと思うが、テートにしては、ちょっと小粒というかインパクトがないというか、あまり心に残らないのが残念。

写真:ガーディアン紙フォトギャラリー

We saw a Tate Britain‘s exhibition, Migrations: Journeys into British Art (January 31 –  August 12). Developments in transport, artistic institutions, politics and economics have attracted artists to come to Britain, and the exhibition exploring how British art has been shaped by migrant artists from abroad from 1500 to the present day.

In the 16th century, Flemish and Dutch landscape and still-life painters  including Anthony van Dyck, came to Britain through moments of political and religious unrest and  introduced a new style of portraiture. 17th century European migrants brought new genre, such as marine and landscape painting, to UK. During the 18th century, artists from different countries who studied in Italy and developed a neoclassical style, settled in London and contributed in founding of the Royal Academy of Arts in 1768. Many 19th-century British and American artists, such as Whistler, studied in Paris and established themselves in London for patronage, as well as French artists who also escaped the Franco-Prussian war and its political aftermath. In the early 20th century, Jewish artists and Jewish art were explored in Britain. In the 1930-40s, European artists such asMondrian, Naum Gabo and Laszlo Maholy-Nagy, escaped from Nazi Germany and brought modernist principles. In the 50-60s, artists from the Commonwealth countries came to study and engaged with modernism. They took a conceptual approach and became a part of a counterculture. In the 80s, British artists of immigrant backgrounds, such as the Black Audio Film Collective, explored race and national identity. Present time contemporary artists, including Zineb Sedira and Steve McQueen, use moving image for both documenting and questioning reality,

Migrations is an interesting exhibition, showing us the development of British art over 500 years, interacting with people from different cultures from time to time, as well as a bit of British and world history. But it lacks of punch in some way, and didn’t give me something that remains in my heart.

→more photos: Guardian photo gallery

A Life of an Average British Family

住宅、結婚、仕事、宗教をメインに調査する政府の国勢調査とはまた別の角度から、現代の平均的なイギリス人家庭を描き出した調査が今日発表された。2000家族を対象に聞き取り調査した結果は以下の通り(テレグラフ紙記事より抜粋)。カッコ内は私の日常生活や、結果について思ったこと。子供がいないせいもあるけれど、全然イギリスの平均的な生活をしていないことを実感。

An ‘alternative census’ of British family life, interviewing 2,000 families, is published today. The government’s census shows us statistics on housing, marriage, work and religion, but this research shows us more down-to-earth modern life of average family in Britain. Here are the results of the research (Telegraph article), and in the parenthesis () is my everyday life and what I think about it – I realize that I am not really a typical British, probably because we don’t have any kids.

平均的な一日/Average Day Schedule

  • 起床:6.57am(私は恥ずかしながら、もっと後。。。)
  • 家族と一緒の朝ご飯:週2回(ほぼ毎日)
  • 仕事からの帰宅時間:5.15pm(え、残業なし+5時終業後15分で家に帰れるってこと?!日本じゃ普通無理だよね。。。)
  • 夕食:5.50pm、平均週3回家族と一緒(私はその頃つまみ食いタイム。夕食6時前ってなんぼなんでも早過ぎ)
  • テレビ鑑賞:1日9時間(ちょっと長過ぎない?こんなに見てたら、何にも出来ないよー)
  • 就寝:10.39pm(私はまだまだ活動中)
  • Wake up: 6.57am (me: much later, embarrassed to say…)
  • Breakfast meals together : twice a week
  • Get home from work: 5.15pm (They don’t have to work overtime + can come back in 15 minutes?! Japanese would envy you!)
  • Dinner together at 5.50pm, 3 nights a week (me: much later – 6pm is my snack time)
  • Watch TV: 9 hours a day (me: much less. People spend most of their spare time watching TV?!)
  • Go to bed: 10.39pm (me: much later. I am still very active at the time)

アクティビティ/Activities

  • 洗濯:週平均5.3回洗濯機をまわす(私は2回。子供いないし)
  • 家事:週平均4時間24分。西洋は家事平等と言うイメージがあるけれど、イギリスでも主に女性が担当。でも、光熱費節約の為に、家中のいらない電気を消したりするのは主にお父さん。(うちはMも大いに活躍。でも電源を切るのは私)
  • 娯楽:テレビ。好きな番組はドクター・フー(SFは嫌いなので見たことなし。てっきりイーストエンダーズが一番人気と思ってた)
  • エクササイズ:週2.5回(私もそれぐらい)
  • 親密なひととき:週2時間(「Quality time」は一緒に時を過ごすと言う意味だと思うのだけれど、何か含みあり?)
  • 口論:週1.6回(私はもっと、かな。。。)
  • 友人と夜外出:月2回
  • カップルで夜外出:数ヶ月に1回ぐらい(ヨーロッパ人は子供を置いて夫婦で外出、ってイメージがあったけどそうでもないよう)
  • 家族で外出:月1回
  • 親戚を含む家族の集まり:週1回
  • ホリデー:10日間の国内旅行を年に2回(各安航空会社も多いし、スペインやフランスとか、海外ホリデーが多いと思ってた)
  • Laundry: 5.3 loads per week (me: twice, as I don’t have kids)
  • Houseworks: 4 hours & 24 minutes per week – mum does the majority, but dads were the most likely to go around turning off lights and standby switches worrying about utility bills
  • Best entertainment: watching TV and favourite show: Dr Who – I have never seen it. I thought it must be East Endersthough I’ve never seen it either)
  • Exercise: 2.5 times a week (me: around the same)
  • Quality time together: 2 hours a week
  • Arguments: 1.6 times a week (me: much, much more!)
  • Nights out with friends: twice a month
  • Nights out as a couple: ‘Every few months’ (Japanese believe that Europeans have a couple culture, leaving children at home and going out alone, but I guess it is a myth?)
  • Big family outing: Once a month
  • Wider family: Once a week gathering
  • Holiday: 2 x 10 days in the UK (I thought British like go abroad for holiday such as Spain and France)

支出/Spending

  • 食費:週£76.02(家族で一日約£10って、少なすぎる気が。。。)
  • アルコール代:週£12(飲み助の多いイギリスでこんなに少ない?)
  • 娯楽費(DVD、映画、ゲーム):週£15
  • 家の修繕やDIYなど:年£559(昨年トータル)
  • お財布の中身:£10.31(どこでもクレジットカードが低額でも使えると言っても、こんな少額で出かけるのは不安)
  • Weekly grocery shopping: £76.02 (About £10 a day? Sounds a bit too low for an entire family)
  • Weekly Alcohol bill: £12 (so little??)
  • Entertainment such as DVDs, cinema, games: £15 a week
  • Home improvements: £559 in the last year
  • Cash in wallet/purse: £10.31 (I need cash for a peace of mind, even carrying credit cards).

資産/Property

  • 所有車台数:1.5台。最多はシルバーのフォード・フォーカス
  • 家:通りに面したセミ・デタッチト・ハウス
  • 貯金:£3,280
  • 住宅ローン:53%が保有、平均32%は返済済み
  • Number of cars: 1.5, most popular car is Silver Ford Focus
  • House: Semi-detached on a main street
  • Savings: £3,280
  • Mortgage: 53% have a mortgage and have paid off 32%

その他/Miscellaneous

  • 話をするご近所さん:2人(ロンドンのフラットに住む私たちは、あまりご近所さんを見かけないし、名前も知らない。家持ちなら、2人は少し少ない気も)
  • 80%の人が自分は「とても幸せ」または「幸せ」と解答(そりゃ素晴らしい。私もまあ幸せかな)。
  • 70%の人たちが自分は「普通」と感じている(30%は普通じゃない?どういう訳だか是非聞いてみたい)
  • Neighbours: Two that we speak to (me: none…I rarely see any neighbours in my building)
  • 80% think that they are ‘happy’ or “very happy” (Good for them! I can say I am happy myself too)
  • 70% claim they are ‘normal’ (It means that 30% are not normal? I would love to know why they think they are not)

調査によると、多くの家族は週のどの日に何を食べるかが決まっているそう。私はその日に冷蔵庫にあるものを食べるので、特に決まってない。

  • 月曜日:スパゲッティ・ミートソース
  • 火曜日:パスタ・ベイク(オーブンで焼いたパスタ)
  • 水曜日:チキン・パイ
  • 木曜日:コテージ・パイ
  • 金曜日:テークアウトのフィッシュ&チップス
どうして人は同じものを同じ日に食べるんだろう?なぜ月曜日はスパゲッティ・ボロネーゼ?心理学者か社会学者に分析してみて欲しいところ。

The study also found that families are creatures of habit, and often eat the same meals every week (I don’t, I just cook anything in a fridge on the day);

  • Monday: spaghetti bolognese
  • Tuesday: pasta bake
  • Wednesday: chicken pie
  • Thursday: cottage pie
  • Friday: Takeaway fish and chips

Very interesting to know why they do. Why spaghetti meat sauce on Monday?? I want a psychologist or sociologist to analyze the reason.

Knitting & Handmade etc.

先日、Daily Candyをチェックしていて見つけたウェブサイト「Grannies Inc」。イギリス人Granny(おばあちゃん)が、100%イギリスで紡いだメリノウールを使って編んでくれる、カスタムメイドの毛糸の帽子、マフラー、リストウォーマー、スヌード(筒状ネックウォーマー)、ヘッドバンドをオーダーできる。さまざまなスタイルやパターン、編み方、色が選べ、リボンやぼんぼんなどのアイテム追加も可能。暇を持て余している編物好きのおばあちゃんたちに、生き甲斐+金銭的余裕を与え、しかも自分も儲かるなんて、なんて素晴らしいアイデアだと感動した。→参考記事

I found the website “Grannies Inc” the other day on Daily Candy daily newsletter. This online shop sells “design your own” “one-of-a-kind knitwear” “Granny-made in the UK” such as beanie, scarf, wrist warmer, snood and headband, using 100% British spun merino wool yarn. You can make your own design from different styles, textures, colors and added features. I thought it is a great idea to give knitting loving grannies meaningful work + extra income, and the shop makes a profit from it – it’s a win-win game! →related article

近年イギリスでは、エコ・ムーブメントや使い捨て文化への反動、不況、古き良き伝統への回帰、クリエイティブ指向などが相まって、ハンドメイドが流行中(関連記事)。イズリントンにある手作りワークショップ「The Make Lounge」はいつも大盛況。これまたイズリントンのCross Streetにあった人気の毛糸のお店・Loopも、今年6月にはアンティーク・マーケットで有名なCamden Passageに引っ越し(SMUGの隣)、3フロアに店舗拡大した。手作り品を売るアメリカのオンライン・コミュニティEtsyのイギリス版ブログも、盛り上がってるみたい。私も実は隠れ手作り大好き人間。友達には言っていないけどね:)

In recent years, all things handmade became trendy in Britain, due to the green movement, a backlash against our throwaway culture, recession and a nostalgic longing for creativity (related article). Handmade workshops at The Make Lounge in Islington are booked well (often sold out). A cute little yarn shop Loop, also in Islington, moved from Cross Street to Angel’s antique market Camden Passage (next to SMUG) this June , and now has a bigger space with three floors. An American ecommerce website selling handmade items Etsy‘s UK blog gets into swing. I love sewing and knitting too, and it’s my secret hobby that I’ve never told my friends :-)

Enhanced by Zemanta

“Spirit of 1940” Newspaper Ads / Campaign by Yesterday, UKTV

9月7日から今日までの3日間、新聞に掲載された広告。第二次世界大戦がイギリスで本格化、ザ・ブリッツThe Blitz)が始まり、多くの人々が疎開、食料も配給制になった1940年から70年の節目を迎えたことを記念し、デジタルケーブル・衛星局のUKTVの歴史専門チャンネル「Yesterday」が今週放映している「Spirit of 1940」特集番組の広告で、レトロな色使いとデザインがなかなかいい。

These are the newspaper ads / campaign published  for three days, started on September 7. These nice retro design ads are of “Spirit of 1940”,  a series of programs shown this week on history channel “Yesterday“, a part of a digital cable and satellite television network UKTV, commemorating the 70th anniversary of the year 1940, in which Britain experienced the Blitz, saw the start of food rationing and sent evacuees away from their homes.

The Blitzザ・ブリッツ)70周年を記念し、先日9月7日、セント・ポール寺院で式典が行われた(関連記事)。ザ・ブリッツとは、第二次世界大戦中の1940年9月7日から1941年5月10日まで、ナチス・ドイツがイギリスに対して行った大規模な空襲。ドイツ語で稲光を意味する blitzが、イギリス・メディアによって、この一連の空襲を表すのに用いられた。57日間に及ぶロンドン夜間空襲から始まり、産業施設や民間施設をターゲットにしたザ・ブリッツは、イギリスの多くの都市や町に被害を与え、43,000名以上の死者(うち半数がロンドン市民)を出し、約140万人が家を失った(フォトギャラリー)。

On September 7th, a service at St Paul’s Cathedral marked the 70th anniversary of the start of the Blitz (related article). The Blitz, the German word for “lightning” applied by the British press, was the sustained heavy and frequent bombing raids carried out over Britain by Nazi Germany between 6 September 1940 and 10 May 1941, during the Second World War. It began with the bombing of London for 57 consecutive nights, and hit many towns and cities across the country, targeting both industrial facilities and civilian centers. Over 43,000 civilians (half of them in London) had been killed during the period, and 1.4 million people became homeless in London alone (photo gallery).

Vodpod videos no longer available.

Enhanced by Zemanta

Snow Chaos in Lodnon

snow in Londonsnow in London

ロシアからの寒気の影響でロンドンは18年ぶりの大雪。夕方6時のニュースで、ロンドンの積雪量は20cmを記録したそうだ。1月9日付けのブログでも書いたけれど、ロンドンは高緯度にも関わらず、冬でも比較的暖かく、雪もあまり降らない。よって、雪に慣れていないロンドンの交通システムは大混乱に陥った。多くのフライトはキャンセル。鉄道も遅れ・キャンセルが相次ぎ、地下鉄もいくつかのラインが運行停止になった。24時間運行のバスも昨夜から運休。日頃は渋滞でうんざりする市内の道路は、今日はガラガラだ。このように交通が麻痺してしまったため、通勤できなかった人も多く、多くのオフィスや店、レストランが閉まっていた。この大雪による経済的損失は12億ポンドを超えるという。学校も休校。救急病院も、命に関わるもの以外は控えるようにとのお達しも出ている。でも、滅多に見られない雪に、子供たちは大喜び。あちこちで、雪合戦や、雪だるまを作っているのを見かけた。

今日はどこにも出かけたくなかったけれど、郵便局へ行く用事があったので、嫌な予感がしつつも、防寒具を着込んで雪道に足を取られながら20分かけて歩いて行ったら、やっぱり閉まっていた。。。郵便局員なら通えないほど遠くには住んでいないだろうと思っていたのが悪かった。滅多にないこととは言え、20cmちょっとの雪で、ロンドンのような大都市が機能停止になってしまうなんて情けない。先日、ロンドンとは比べ物にならない位ひどい寒気に襲われたアメリカのメディアは、この有様にちょっと皮肉気味だ。

Snowstorms from Russia hit Britain and caused the worst snowfalls in 18 years. BBC 6 o’clock reported 20cm snowfalls in London. As I wrote on January 9th, the winter temperature is rather mild in London and it rarely snows. This bad weather led to traffic chaos – road closures, disrupted rail services and hundreds of flight cancellations. Some of the tube lines suspended, and bus services halted since last night. The busy roads in central London are almost empty. Due to the traffic disruption, many commuters couldn’t go to their workplace and many offices, shops, restaurants and business are forced to close. The economic loss due to the weather could go over 1.2 billion pounds. Schools are closed, and emergency service warned people to call only on serious circumstances. But children are ecstatic to see the rare snow, and I saw many kids throwing snow balls with each other and making snowmen.

I didn’t wanted to go out today but I forced myself since I had some errands at the post office. I had a bad feeling that the post office might be closed, but I went out anyway because there was no phone number listed to ask if it was opened. After 20 minutes of walking on slippery roads, and I found out the expected result… I was hoping that the post office workers must live nearby so wouldn’t be a problem. It is a shame that the big and functional city like London got paralyzed with only 20cm (less than 1 foot) snow. American medias, hit by the terrible cold front which is no comparison to the one in UK, was a bit sarcastic about the miserable situation here in UK.

Reblog this post [with Zemanta]

The Great British Food Fight @ Channel 4

greatbritishfoodfight

今日、Channel 4The Great Brisith Food Fightという番組が始まった。2週間にわたって、イギリスのセレブリティ・シェフ4人が、イギリスの食を改善するために戦う。初回の「Big Chef Takes On Little Chef」は今日から水曜日まで3日連続で放送。最も若くしてミシュランの三つ星を獲得したシェフの一人で、The Fat Duck(ファットダック)のオーナーシェフ、Heston Blumenthal(ヘストン・ブルーメンタール)が登場(写真の一番右端)、経営困難に陥ったイギリスのチェーンレストラン、Little Chefのメニューを改善するというもの。世界に名だたるシェフが、イギリス庶民のファミレスの新メニュー作りに奮闘する姿は見甲斐がある。あいにく今日は、彼の創造性は空回りで終わってしまったが。。。21日、22日の続編に期待。

26日は、ライター/TVキャスター/食の活動家である、Hugh Fearnley-Whittingstall(青服真ん中の眼鏡の人)が、イギリス最大のスーパー・Tesco(テスコ)に、「鶏の権利」の尊重を求める「Chicken, Hugh and Tesco Too」。29日は、日本でも人気ジェイミー・オリヴァー(Jamie Oliver)が、イギリスにおいて、豚がどう生き、どうやって死んで豚肉、ハム、ベーコンとなって食卓に並ぶか、そしてどうイギリスの養豚業者をサポートするかを問う「Jamie Saves Our Bacon」。スコットランド出身で、テレビでも大活躍のミシュラン星シェフ、ゴードン・ラムゼイ(Gordon Ramsay)が、イギリスのレストランオーナーに、信用収縮(Credit Crunch)を乗り切るアドバイスを与える「Ramsay’s Great British Nightmare」が放送予定。

正直に言うと、ヘストン・ブルーメンタールを除いた3人は、テレビにしょっちゅう登場するので、かなり食傷気味。

Today Channel 4‘s program — The Great Brisith Food Fight — started. In this program, 4 British celebrity chefs tackle the real issues related to food in Britain. From today, til the 21st, Michelin-starred chef and owner of ‘The Fat Duck‘, Heston Blumenthal tries to restore the fortunes of troubled Britain’s chain restaurants Little Chef. In this episode, his culinary creativity didn’t bear fruit to break the barrier, but it was fun to see a great chef struggling with the limitation of fast food restaurant — such as cost and time. Will see what will happen in the next 2 episodes.

On 26th January, Hugh Fearnley-Whittingstall tries to persuade the biggest supermarket chain Tesco to join his chicken revolution, in the ‘Chicken, Hugh and Tesco Too’. On 29th, ‘The Naked Chef Jamie Oliver discovers the truth about how pigs live and die to put pork, ham, and bacon, and what we can do to support British pig farmers, on ‘Jamie Saves Our Bacon‘. On 30th, in ‘Ramsay’s Great British Nightmare‘, footballer-turned-Michelin star chef Gordon Ramsay gives an advice to British restauranteurs on how to beat credit crunch and grow their business, with his infamous ‘f’ word.

To be honest, except Heston Blumenthal, I saw so many programs with other 3 chefs, and am a bit fed up with them…

Reblog this post [with Zemanta]