Tag Archives: British Film Institute

The 54th BFI London Film Festival

10月13日〜28日に開催中の、第54回目ロンドン国際映画祭54th BFI London Film Festival / LFF)が中間地点を迎えた。今年は、プレミア上映も含めて、世界各国から選りすぐった197本の映画と112本の短編映画を、16カ所の映画館を会場として一般上映している。今までロンドンにいる時は必ず行っていたんだけれど、今年は何だか乗り気になれなくて一つも観に行っていない。来週からの旅行に心が飛んでいるという事もあるけれど、その102ページにも及ぶ分厚いパンフレットを読む気がしなかった。いつもは、赤ペン片手にあらすじを読んで、面白そうな映画をピックアップして、カレンダーを睨みながら日にちを調整して(上映日は1日〜2日)、チケットを予約していたんだけれど。→去年の映画祭のエントリー参照。

日頃見られない外国映画や、普通の映画館で上映しないようなアートハウス系映画などが一挙に見れるのはいいんだけれど、なんせ数が多くて、国とかジャンルを絞らないと、圧倒されてなかなか選べないのが難点。

The 54th BFI London Film Festival / LFF, running from October 13 to 28, is now in the halfway point. This year, the LFF gathers 197 feature films and 112 shorts, and has been screened them in 16 cinemas in London. We always went to the festival whenever we were in London, but we don’t feel like going this year for some reason. We also didn’t have much time to read its 102-page thick brochure, as our minds have been preoccupied with our trip from next week. Otherwise, we always checked the booklet with a red pen on a hand, reading the summary of the movies we thought were interested, and purchased the tickets, struggling to make the movies fitted in our calender (each movie is screened up to four days only). → last year’s post

LFF is a great opportunity for us to enjoy rare movies from unusual countries and art house movies that usual cinemas never invite, but it is utterly overwhelming with the large number, and can’t choose unless you focus on the genre or specific countries or regions – it is a big job…

Enhanced by Zemanta

Encounters at the End of the World + The Guardian Interview: Werner Herzog

herzog1

今日、BFI Southbankで、ヴェルナー・ヘルツォーク監督作品の「Encounters at the End of the World世界の果ての出会い)」を見た。ヘルツォーク監督はMの好きな監督の一人。ドイツ移民で、アメリカ兵としてベトナムでとらわれの身となった後脱出して助けられた帰還兵を題材にしたドキュメンタリー、「Little Dieter needs to Fly」は私のお気に入りだ。東京国際映画祭にも招待されたこの作品は、今年のアカデミー賞ドキュメンタリー部門の候補作となった。この作品が、「フィツカラルド」「アギーレ/神の怒り」「ノスフェラトゥ」等で世界的な名声を得た、ドイツ映画界の巨匠・ヘルツォーク監督の、初のアカデミー賞候補作だとは驚きだ。温暖化というシリアスな問題も投げかけながら、監督のユーモアも交えたドイツ語訛の強いナレーションとともに淡々と進む。壮大な南極の情景と動物たちの映像も素晴らしいが、そこに住む人たち(科学者もいれば、世界の果てを夢見て辿り着く「旅行者」等)も一癖も二癖もあって面白い。

BFI(英国映画協会)主催のこのスクリーニングでは、映画上映後、イギリスの日刊紙・The Guardianによるヘルツォーク監督のインタビューが行われた。ホスト役は、BBC等で活躍する、映画批評家Mark Kermode氏。クラウス・キンスキー氏との愛憎反する?関係、フィッツカラルドやグリズリーマン、レスキュー・ドーン等の撮影秘話、またBBCの番組撮影中にエアガンで撃たれた時でも至って冷静だったというエピソード等、インタビューは1時間半あまりにも及んだ。しかし、ジョークを交えながらの、上辺をとりつくらない率直な物言い(時にポリティカル・コレクトネスぎりぎりのことも)、また監督の信念や人柄に魅了され、まったく時間を感じさせなかった。自然も美しいだけではなく、時には人間にも害を及ぼす、コントロールできない大きな力として、また人間は無力で弱い存在として、センチメンタリズムに陥らず、事実を事実として描き出す監督のスタイルは、尊敬に値する。また限られた予算の中でも、ドイツ人らしく?完璧主義を遂行する姿勢にも感服した。「自然は人間に対して無関心」ー私の今日のお気に入りの一言。

Today we saw a movie ‘Encounters at the End of the World‘ by Werner Herzog, at BFI Southbank. Herzog is M’s favorite movie director, and I also love his documentary ‘Little Dieter needs to Fly‘. Herzog is a prolific world-renown German director — among his movies are Aguirre, the Wrath of God, Fitzcarraldo, and Nosferatu. Surprisingly, ‘Encounters at the End of the World’ is the first nomination of this year’s Academy Award Documentary Feature. The movie portrays magnificent nature and creatures of the South pole, as well as the people attracted to “the end of the world”, with Herzog’s narration with strong German-accent. The people who live and work in the American base, are as intriguing as the beutiful scenery of the South pole — they are the modern-time travelers or dreamers who want to put themselves outside “the world”.

After the screening, organized by BFI (British Film Institute), followed the interview by the UK newspaper the Guardian. The host is a movie critique and the presenter for BBC ‘The Culture Show‘, Mark Kermode. The one hour and half interview included the director’s love-hate relationship with the great actor Klaus Kinski, the episodes of making Fitzcarraldo, Grizzly Man, and Rescue Dawn etc, and the episode that he was extremely calm when he was shot in LA, when BBC was filming the program etc. We enjoyed the Q/A, with his straightforward talk, revealing his belief, personality and directing style.  Herzog’s films depict the fact as fact, without sentimentalism or political correctness —  the nature is not only beutiful but dangerous, and human being is not almighty but also weak and helpless. His determination of making what he wants to make is admirable, even within the limited budget. The word of the day for me is, “the nature is indifferent to us” – I like it.

Reblog this post [with Zemanta]

Dinner @ Skylon

skylon

ロンドンは年末から、近年にない寒波に襲われ、毎日最高気温3、4度以下、夜は零下となる寒い日が続いている。今日はその寒さの中、ユニクロのヒートテック下着を着込んで、MのVespaで、サウスバンク(Southbank)のコンサートホール・ロイヤルフェスティバルホール(Royal Festival Hall)にあるレストラン、Skylonに行ってきた。Toptableというレストラン予約サイトでレストランやホテルを予約し、後日評価を書き込むことでもらえるポイントがだいぶたまっていたので、以前から行ってみたかったSkylonでの無料ディナー(前菜・メイン料理・デザートから2品選択。飲み物別)にポイントを交換。

Skylonのオーナー会社、D&D Londonはロンドン、パリ、コペンハーゲン、ニューヨーク、東京等にレストランを展開。近年、テレンス・コンラン卿経営のレストラングループを買収し、コンラン卿とは、今でもデザイナーとして、また株主として緊密な関係を保っている。

Skylonという名前は、1951年に開催された Festival of Britainのために建設された、細長い葉巻のような形をしたタワーからとったもの。50年代風のスタイリッシュな内装、高い天井、大きな天井のライト、広々としたダイニングルーム。テムズ川に面した大きな一面の窓からは、川向こうの夜景がきれいに見える。SouthbankにはBFI (British Film Institute・映画館)、National Theater(ナショナルシアター、劇場)、London Eye(ロンドン・アイ、観覧車)もあり、Skylonのレストラン・バーはいつもにぎわっている。時間が遅かったからか、この日は窓際のテーブルに座れた。イギリス料理とヨーロッパ料理のフュージョンであるお料理も、なかなかのお味。特にデザートのチョコレートムースとコーヒーアイスは絶品!今晩、ロンドンは気温が0度にまで下がり、最近あまり見れなくなった「霧のロンドン」の夜景を堪能できた。

It has been very cold in years since Christmas. We went to the restaurant Skylon at the Royal Festival Hall in Southbank, with M’s Vespa. I had a lots of reward points with Toptable restaurant reservation site by making a reservation and rating the restaurant afterward, so I got a free 2 course-dinner (without drinks) for two at Skylon.

The owner company of Skylon –  D&D London – owns and operates restaurants in London, Paris, Copenhagen, New York and Tokyo. Following the buy out of Conran Restaurants in 2006, D&D London is now an independent business, maintaining their close relationship with Conran both as shareholders and designers.

The name ‘Skylon‘ came from the Skylon – futuristic-looking, slender, vertical, cigar-shaped steel structure – located by the Thames, and built in 1951 for Festival of Britain. The 1950’s inspired style design decor, with high ceilings and big oval-shaped lighting, and spacious dining rooms. You can enjoy a beautiful panorama with floor to ceiling windows overlooking to the River Thames. Skylon restaurant and bar is a popular place in Southbank with cultural facilities such as the Royal Festival Hall, BFI (British Film Institute), National Theater, and the London Eye. Probably because our reservation was a bit late, we could sit at the table next to the windows. The food at Skylon is Euro-Brit –– a fusion of European and British cuisine. I particularly liked my chocolate mouse with coffee ice-cream! We also enjoyed the mysterious misty London from the large windows view.

Reblog this post [with Zemanta]