Tag Archives: brochure

Rivington Place @ Shoreditch

ショーディッチにあるRivington Place(リビングトン・プレイス)は、ビジュアル・アートの文化的多様性を促進するため、アーティスト/キュレーター/ライターを代表する機関のIniva(Institute of International Visual Art)と文化的アイデンティティや人権問題を提唱する国際写真アート・エージェンシーのAutograph ABPが共同で建設した、ビジュアル・アート・センター。1968年のHayward Gallery(ヘイワード・ギャラリー)以来、約40年ぶりに公的資金で設立されたこのセンターは、ガーナ系イギリス人建築家David Adjaye(デイヴィッド・アジャイ)がデザイン、2007年10月5日にオープンした。センターには、無料で入れるギャラリー・スペース、Stuart Hall Library(スチュワート・ホール図書館)、そしてInivaとAutograph ABPのオフィスが入っており、1階にはカフェLati Riもある。

Rivington Place is a visual arts center built by Iniva (Institute of International Visual Art / arts institution that represents artists, curators and writers) and Autograph ABP (international photographic arts agency that addresses issues of cultural identity and human rights), to reflect and promote cultural diversity in visual arts. This is the first publicly funded build of its kind since the Hayward Gallery’s opening in 1968 more than 40 years ago. It was designed by Ghanian British architect David Adjaye, and opened on 5 October 2007. The Rivington Place houses gallery spaces (free entry), the offices of Iniva and Autograph ABP, and the Stuart Hall Library, as well as a café Lati Ri on the ground floor.

明後日27日には終わってしまうけれども、1階ギャラリーでは「Ever Young: James Barnor」展が開催中。1940年代後半から70年代初頭まで、独立へと向かうガーナと多民族化が進むロンドンとイングランドを舞台に撮影された、カラーとモノクロの写真が展示されている。上の階の「The Paris Albums 1900: W.E.B. Du Bois」展は、アメリカで奴隷制度が廃止されてまだ35年しか経たない1900年のパリ万博で、アフリカ系アメリカ人のポートレート写真を展示した「American Negro Exhibit」の中から選んだ200枚を展示したもの。

Although ending soon on 27th, just the day after tomorrow, the ground floor gallery hosts “Ever Young: James Barnor,” introducing Barnor’s street and studio photographs, both color and black&white, taken in two societies in transition from the late 1940s to the early 1970s; Ghana which was moving towards its independence, and England, especially London, which was becoming a cosmopolitan, multicultural metropolis. On the upper floor, “the Paris Albums 1900: W.E.B. Du Bois” showcases a selection of 200 portraits from the American Negro Exhibit at the 1900 Paris Exposition Universelle, only thirty five years after the abolition of slavery.

「Ever Young: James Barnor」展の立派な大型カタログ(16ページ/無料)と、少し見栄えが劣る「The Paris Albums 1900: W.E.B. Du Bois」のインフォメーション、そしてリビングトン・プレイスの秋/冬のイベント情報冊子。シンプルだけれどインパクトのあるデザインもいい。

A good-looking large size catalogue of “Ever Young: James Barnor” (16 pages / free), a lesser-cost information leaflet of “the Paris Albums 1900: W.E.B. Du Bois” and the Rivington Place’s Autumn/Winter brochure. All of them are designed nicely – simple but eye-catching and good color choice.

Enhanced by Zemanta

BBC Concert Orchestra – Discovering Music: The Rise of Minimalism

BBCのTVやラジオの番組の無料観覧に申し込む、なんて今まで全く思いつかなかったのだが、以前友人が誘ってくれた、BBCラジオ収録用クラシック音楽のコンサートに同行させてもらい、無料でこんなにちゃんとした音楽を楽しめるなんて、なかなか使えるなと感心したのだった。チケットの申し込みは、ウェブサイト、電話、ファックス、テキストメッセージ、そして郵送で受け付けている。でも同じことを考える人はたくさんいるもので、すでに定員に達してる番組も多い。メーリングリストに登録すれば、興味のある番組やイベント情報がメールで送られてくるので、お目当ての番組には速攻申し込むのが大事。BBCは定員以上の数を受け付けるので、必ずしも席が確保されているわけではなく早い者勝ち、当日は1時間以上前に到着して、並ばなければならない。

昨日も、その友人に譲ってもらったチケットで、サウスバンク・センター内のQueen Elizabeth Hall(クイーン・エリザベス・ホール)で行われた、BBC Radio 3の「Discovering Music」シリーズの「The Rise of Minimalism」収録に行ってきた。Discovering Musicシリーズは、毎回違ったテーマの音楽を解説する番組で、この日も約2時間半に渡り、指揮者のCharles Hazlewoodが、BBC Concert Orchestraの生演奏や録音した曲を交えながら、ミニマル・ミュージックの歴史やその代表的な作曲家と曲目を詳しく解説。Mがフィリップ・グラススティーヴ・ライヒのファンで、コンサートには何度か行っているのだけれど、この日までミニマル・ミュージックについては基本的な知識しかなかった。ミニマル・ミュージックの特徴である、微妙な変化を加えながら延々と続くリズムの反復に、時にふっと意識がなくなったりした瞬間もあったけれど、解説付きだと、そのジャンルや曲に対する関心も増すもので、とても興味深く聞いた。またこの収録に際して作られた、代表的な作曲家を詳しく解説した20ページに及ぶパンフレットも、ミニマリズムのスタイルでかっこよくデザインされている。

BBC Concert Orchestraによる演奏曲目は、フィリップ・グラスの「The Hours(めぐりあう時間たち)」のサウンドトラック(抜粋)や「Two Pages」、エリック・サティの「ヴェクサシオン(嫌がらせ)」(抜粋)、モートン・フェルドマンの「Structures’ for string quartet」、スティーヴ・ライヒの「ヴァイオリン・フェイズ」など。そしてトリは、この日のメインである、約40分に渡るテリー・ライリーの「In C」。まだオンエアの日程は決まっていなそうだが、放送日が分かったら、是非もう一度聞きたいと思っている。

I had never thought and had no clue about participating a BBC TV or radio program as an audience. But my friend took me to one of the classical music concert recording for BBC radio a while ago, and I was kind of impressed that we could enjoy such a decent live music concert for free. Application of free tickets can be done via online, by phone, fax, text, or mail. Tickets for popular programs can be sold out quickly, so it is a good idea to join their mailing list that send you program and event information via e-mail, and apply the ticket of your choice right away. BBC issues tickets more than its capacity, so you have to come to a venue more than 1 hour earlier of the start and be on the queue to secure your seat on the day of the recording.

I went to another recording of BBC Radio 3’s “Discovering Music: The Rise of Minimalism” program yesterday at Queen Elizabeth Hall in Southbank Centre, since my friend couldn’t make it and gave me the ticket. “Discovering Music” series explores pieces of music in detail. During the 2.5-hour recording, conductor Charles Hazlewood explored the history of Minimalist music and main composers and their works, with performance by the BBC Concert Orchestra and recorded music in between. I went to Philip Glass and Steve Reich concerts sometimes, since M is a big fun of these two minimalist composers, but I had very basic knowledge about minimalist music before this recording. The repetition-based minimalist music with slow transformation sometime made me loose consciousness few times, but it was quite intriguing with detailed explanation of the music and live performance followed. Also the 20-pages program brochure made for the recording with detailed information about minimalist composers, is well designed with the minimalist style.

The list of music in the recording includes; Philip Glass‘s Suite from the movie ‘The Hours‘ (excerpt) and ‘Two Pages’; Erik Satie‘s ‘Vexations‘ (excerpt); Morton Feldman‘s ‘Structures’ for string quartet; Steve Reich‘s ‘Violin Phase’; and ended with the day’s main music, Terry Riley‘s ‘In C‘. The broadcast of the program is not decided yet, but I would love to listen again if I can get the date.

コンサート前の様子。演奏中は撮影禁止。席は選べないけれど、運良く前から4列目のど真ん中に座れ、迫力満点。

A photo before the concert. Photo is prohibited during the performance. I couldn’t chose the seat but we were lucky enough to get the seats in the middle of 4th row.

テリー・ライリーの格好は(写真上)、ミニマリズムと言うより、アメリカ西海岸ヒッピー。。。

Terry Riley (the photo above) looks more like an American west coast hippie than a minimalist…

Reblog this post [with Zemanta]