Tag Archives: brownie

Timberyard Cafe @ Old Street

人気カフェ・Look Mum No Hands!のすぐそば、オールドストリート沿いに数ヶ月前にできたTimberyard。広々としていて明るく、今風のインテリアでリラックスした雰囲気。地上・地下2フロアを有するこの大きなスペースで、人々は読書をしたり、コンピューターに向かったり、ミーティングをしたり、友人とお喋りしたりと、思い思いに時を過ごしている。Timberyardでは、特別にセレクトした生産者から食材やクオリティの高い紅茶、コーヒーを仕入れている。ラ・マルゾッコJabberwockyブレンドのエスプレッソを入れ、そして紅茶を頼むと最も美味しく飲めるよう、最適時間をセットしたタイマーが一緒に出てくる。まさに優等生的なカフェだ。

私の初めての来店時は、非の打ち所はなかったのだが、私より一足先にランチしに来ているMは、ここのサンドイッチは普通、感動するほど美味しくはないと言う。私はお茶しただけなので何とも言えないのだが、確かにカウンターに並べられた食べ物を見ただけでは、特にそそられない。よっぽどお腹が空いて死にそうな時ならともかく、グラノーラとかポリッジ、キッシュとか食べないし、サンドイッチもここののようにパンにハムとかチーズとかを挟んだだけのものより、トーストした温かいサンドイッチの方が好き。スウィーツも、ブラウニーとかクッキーとか焼菓子系ばかりで、ケーキ好きの私の食指は動かない。私的にはこのカフェはお茶利用のみ、かな。

Another picture-perfect cafe on Old Street, few steps away from popular cafe Look Mum No Hands!. Hip, spacious, bright, and laid-back. In this large two-storey space, people enjoy reading, working, chatting, relaxing, meditating or whatever they want to do. Timberyard is a model cafe, offering speciality tea, coffee and artisan food sourced from carefully chosen producers. They brew their Jabberwocky blend espresso with La Marzocco with love, and serve teas with timer to ensure the perfect infusion.

Nothing to complain during my first trip to Timberyard. However, M who went there alone before (without telling me!), told me that their sandwich was OK, not great. I can’t judge myself, as I’ve never had food there. I like the place. Their tea & coffee are decent. But I am not sure about the food, judging by just looking at it. I don’t eat granolas, porridges, quiches and salads. I prefer toasties instead of just ham & cheese in between ‘artisan’ bread. And I am not a big brownie or cookie eater, unless I am starving. It is just my personal preference, and I rather enjoy just a cup of tea and ambience there.

地下エリア / Downstairs seating area

 

Advertisements

Gail’s Artisan Bakery @ Exmouth Market

久しぶりにクラーケンウェルにあるExmouth Market(エクスマス・マーケット)を通ったら、知らないうちにGail’s Bakery(ゲイルズ・ベーカリー)がオープンしていた。Gail’sは、HamsteadやNotting Hillなどロンドンに7店舗を持つ人気のベーカリー。自転車で行ける距離にできたので嬉しい。

中に入ると、美味しそうなサンドイッチ類やパン、ケーキがずらりと置かれた大きな台が。ミニサイズのブラウニーやケーキもあるので、ダイエット中でも罪の意識を感じなくてすむ。値段は安くはないけれどね。左にはサラダやデリ類の入った大きな冷蔵庫。奥に進むと、約250年の歴史を持つ1762年創業のPaxton & Whitfieldの約80種類の国産・ヨーロッパ産チーズが並ぶカウンター・冷蔵庫があって(チーズを扱うのはこのExmouth Market店のみ)、その奥は白を基調に、白木作りの椅子やテーブルが置かれたカフェ・エリアになっている。横にはオープンキッチンがあり、ケーキやパンを焼くオーブンが並ぶ。日曜日の人気店とあって満席。次々来る客が、空いた席の取り合いをしていた。混んでいる時はテーブル待ちも覚悟を。

We passed by Exmouth Market in Clerkenwell the other day, and we found a new Gail’s Bakery opened. Gail’s is a London’s popular artisan bakery and has 7 branches such as Hamstead and Notting Hill. I am glad that it opened within a bike distance!

When you enter the shop, right away you see a long counter displaying delicious-looking sandwiches, breads, pastries and cakes. Even if you are on diet, you don’t have to feel guilt as they have bite-size brownie and tiny sliced cakes, though it is not quite cheap. On the left is a big fridge containing salads and deli food. As you go further, there is a cheese section, displaying about 80 kinds of British and continental cheese from Paxton & Whitfield with 250-year history of trading cheese since 1762 (Exmouth Market branch is the only shop dealing with cheese). All the way back is a cheery café area with white wood furniture and white walls, next to an open kitchen equipped with ovens to bake breads and cakes. As we went there on Sunday, it was full and people fighting with each other for vacating seats – be prepare to wait for a table when it is busy!

↓ハムステッドにある Gail’s Bakery / Gail’s Bakery in Hamstead

Enhanced by Zemanta

Reynolds Café @ Googe Street

Googe Street(グッジ・ストリート)駅の裏側、Charlotte StreetにあるReynoldsは、ちょっとユニークなカフェ。鳥のロゴがキュートなこのカフェでは、「grazing(軽く食べる、間食する)」というコンセプトで、サンドイッチからお寿司、サラダ、マフィン、スナック類など、フード類はミニサイズ(サンドイッチは大小2種類あり)で売られている。ちょっと小腹が空いた時にも便利だし、ランチなら好きなものを好きなだけ組み合わせていただける。値段も、小さいからといって割高でもなく、ミニサイズのサンドイッチは£1.50〜£2.20ほど。店内にはキッチンもあり、ここで毎日手作りされている。フルーツや野菜類、オーガニックのミルクなどはコヴェントガーデンにあるNew Covent Garden Marketから毎日配達され、手作りのオーガニックのパン、ブラウニーはBorough Marketにも出店しているベーカリーから調達。コーヒーは、Union Coffeeのフェアトレードのコーヒー豆を使っている。

店内は、使い古された木のテーブルや色も形もまちまちの椅子が並び、モダンだけれど懐かしい感じ。奥の壁は、フルーツや野菜が入っていた木の箱で覆われている。机の上に置かれた鉢植えや砂糖入れも、使用後の食べ物や調味料のを使ったりしていて、キッチュで可愛い。

Reynolds on Charlotte Street, on the back of the Googe Street Station, is an unique café with a concept of ‘grazing’. From salads, sushi, sandwiches and rolls to nibbles and sweets, food at Reynolds is available in a small size (some sandwiches are also available in larger size). You can combine whatever you want and as much as you want, and it is also great for an afternoon snack. The price is quite fair, and mini sandwiches cost just £1.50〜£2.20. Their food is freshly made everyday at a kitchen on-site. Organic milk and fresh fruit and vegetables are delivered daily from New Covent Garden Market, and hand made and organic bread and brownies come from their organic bakers who own stalls in Borough Market.  Fair trade hand-roasted coffee beans are delivered from Union Coffee.

The café is furnished with well-used wooden tables and chairs in different colors and materials, and it is cozy yet modern. The wall on the back is decorated with parts from wooden fruits and vegetables boxes. The containers for sugars and plants on the tables are kitsch empty food and seasoning cans and very cute as well as their logo of a bird.

Reblog this post [with Zemanta]