Tag Archives: cinematography

Archipelago @ Barbican Cinema 1

Vodpod videos no longer available.

イギリスに長く住んでいるのに、映画好きなのに、よく考えてみたらイギリス映画はあんまり見ていない。私にとって、イギリス映画と言えば、シェイクスピアや王室関係などの歴史もの、ジェームズ・ボンドシリーズ、ハリー・ポッター、そしてフル・モンティトレインスポッティングなどの労働者階級もの、そしてブリジット・ジョーンズの日記ノッティングヒルの恋人といったラブコメで、これらのジャンルにはあんまり興味がない。一般的に、イギリス映画は印象が薄いというか、インパクトに欠け、何故かそそられない。それにフランス映画のように、人間関係の描写が上手くもない。その中で最近、イギリス人映画評論家たちが口を揃えて絶賛したアートハウス系イギリス映画「Archipelago(群島)」を、期待満々で見に行った。あらすじとしては、

息子のエドワードがアフリカにボランティアに行く前に、想い出に家族旅行をしようと、母パトリシアはシリー諸島に別荘を借りた。母と姉のシンシアが先に到着。エドワードも少し遅れてやってきた。シンシアは何故かいつも不機嫌で情緒不安定。エドワードは、自分のしようとしている事に意味があるのか悩む。父親は、待てど暮らせど言い訳ばかりで来ず、状態をもてあます母親はついにプッチン。料理係として雇われたローズと、母とシンシアに絵画を教えるクリストファーが緩衝役になるも、時間が経つにつれ、家族内の緊張は高まっていく。

と言う話だが、何か起こりそうで何も起こらない。ストーリーラインも特にない。シンシアのいらいらは意味不明だし、エドワードは理想主義でナイーブな、典型的なお坊っちゃま。母は言いたいこともはっきり言えず、鬱屈するのみ。そして彼らの会話の空虚でつまらない事といったら!イギリスのミドルクラス(日本で言う中流よりもステイタスが上の感じ)のお方々は、こんなに気取った退屈な会話をするのか。上映約2時間の間ムカムカし、気持ちの良い眠りにさえつけなかった。私だけがこの「高尚な」会話を理解できないのかと思っていたら、何人かが途中で席を立ったまま帰ってこなかった。

「A car-crash compelling, painfully comic distillation of modern British middle class mores(交通事故のように注目せずにいられない、現代のイギリスのミドルクラスを痛々しいほど滑稽に凝縮)」「subtle film of sensed absences(感じさせる不在を扱う巧みな映画)」「sad, funny, wise film(悲しくて可笑しい、賢明な映画)」等々、いつもは辛口の評論家たちが大げさな好評価を与える理由が全く分からない。思うに、自身もミドルクラスである評論家たちだから理解できる、ミドルクラスによるミドルクラスのための映画で、内輪でしか共感できないんだろう。

ただ、映像はとても綺麗で、島の風景も素晴らしい。家族の会話は全部カットして、島の観光用CMとして利用するのにはいいかもしれない。

We are movie fans and have been living in UK for a while, but rarely see British movies. British movies I come up with are period movies such as of Shakespeare and the Royal family, James Bond series, Harry Potter, and movies talking about working class like the Full Monty and Trainspotting, as well as rom-com Bridget Jones’s Diary and Notting Hill – those subject matters are not really my cup of tea. In general, British movies are colorless and don’t have a ‘punch’ to grab our attention. Also they are not good at portraying relationship as French or American do. We recently saw “Archipelago“, an art house movie that all the British movie critiques love (which is quite rare), with full of expectation.

The summary is like this (excerpt from Wikipedia):

A darkly comic and quietly moving portrayal of a family in emotional crisis. Before Edward leaves to do voluntary work in Africa, his mother Patricia gathers the family together on a remote island of Scilly as a farewell trip to say goodbye to Edward. His sister Cynthia doesn’t seem to want to be there, and although hired cook Rose and painting teacher Christopher are brought in to help, they only serve to bring the family’s anxieties to the surface. Grouped together on the island, and with their father’s absence becoming increasingly conspicous, the tensions and resentments within the family are drawn into sharper and sharper focus as the holiday progresses.

Basically, nothing happens and there is no story line in this movie. I have no clue why Cynthia is so grumpy, and Edward is a typical idealistic naive boy from a good family with no sense of true reality. Their mother is so hopeless to deal with the situation alone, and burst out to her absent husband, who always makes excuses not to come. The most irritating thing in the movie is their boring and nonsense superficial conversation! I was so annoyed and couldn’t even fall a sleep. Do British middle class people all talk like that?! I hope not. I thought it’s only me who don’t enjoy these ‘sophisticated’ conversation, but some of the audiences left the cinema in the middle, so I am not the only one!

“A car-crash compelling, painfully comic distillation of modern British middle class mores” “subtle film of sensed absences” “sad, funny, wise film” etc, etc – I just can’t comprehend why normally strict film critiques all applaud the movie. I assume, “Archipelago” is the movie by British middle class and for British middle class. That’s why British film critiques who are middle class themselves can empathize with the movie. Not for everyone else…

But cinematography is beautiful and intriguingly atmospheric. Perfect for TV commercial of Isles of Scilly tourism – without all the family talks but the images of astonishing nature.

↓ 東日本大震災チャリティ情報

↓ Japan Earthquake & Tsunami Charity Information

Advertisements

I AM LOVE (IO SONO L’AMORE) @ Barbican Cinema

Vodpod videos no longer available.

フィクサー』でアカデミー助演女優賞をしたイギリス人女優、ティルダ・スウィントンが主演のイタリア映画「I AM LOVE (IO SONO L’AMORE)」を観た。

I AM LOVEは、ミラノの裕福なRecchi(レッキ)家が舞台。一家の財産を築き上げた家長のEdoardo Recchi Sr.(エドアルド・レッキ・シニア)は、引退を決意、その会社の実権を息子のTancredi(タンクレディ)と孫のEdoardo Jr(エドアルド・ジュニア)に譲った。エドアルド・ジュニアは、会社の仕事以外にも、友人のAntonio(アントニオ)とともに、郊外にレストランをオープンする計画をたてている。ティルダ・スウィントン演じるEmma(エンマ)は、タンクレディのロシア人妻で、4人の成長した子供の母親。タンクレディと結婚し、ミラノに移り住んできてから、ロシア人としてのアイデンティティを捨て、夫に与えられた新しい名前、「エンマ」と生きていくことを決意し、ミラノの上流階級の生活に馴染もうと努力してきた。その完璧なイメージと裏腹に、レッキ家の人々の人生は急速に変わっていった。娘のElisabetta(エリザベッタ)はレズビアンで、留学先のロンドンでカミングアウトして新しい人生を送ろうとしていた。ロシア人としての母を敬愛するエドアルド・ジュニアは、ビジネスの厳しい現実を知り幻滅、また会社の「明るい未来」のために、祖父の興した会社を手放すことを受け入れざるを得ず、失意の中にいた。レッキ家の名に恥じないよう頑張ってきたエンマは、ありのままの自分を受け入れてくれる息子の友人・アントニオと恋に落ちたことによって、抑圧していた 情熱が解き放された。許されない恋に落ちたエンマの「パンドラの箱」が開けられ、悲劇がレッキ家を襲い、家族は崩壊を迎える。

昼ドラのようなストーリー自体は、ありきたりだけれど、スタイリッシュな撮影技法(シネマトグラフィー)で、ミラノの街やイタリアの自然を、美しく幻想的に映し出している。ミニマル・ミュージックの作曲家、ジョン・アダムスの印象的な音楽と、イタリア・未来派のタイポグラフィーの使用も、クラシックな映画の雰囲気にとても良く合っている。ジル・サンダーのデザインするシンプルでエレガントな衣装も素敵だ。エキセントリックで有名なティルダ・スウィントンはやっぱりちょっとヘンだったけれど、存在感はかなりあった。ヴィスコンティアントニオーニパゾリーニなど、70年代の黄金時代のイタリア映画を思わせる、上流社会の華麗だけれど息の詰まるような生活をセンス良く描き出した、かっこいい映画。かなりお薦めです。

We saw an Italian movie “I AM LOVE (IO SONO L’AMORE)”, starring British actress Tilda Swinton, who won the Academy Award for Best Supporting Actress for her performance in Michael Clayton.

I AM LOVE is the story of the Milan’s wealthy Recchi family. Edoardo Recchi Sr. is the patriarch who made a family fortune, and has given shared ownership of his industrial company to both his son Tancredi, and his grandson Edoardo Jr. Edoardo Jr. also has another plan of opening a restaurant with his chef friend, Antonio. Emma (Tilda Swinton) is Tancredi’s Russian wife and a mother of her four grown children. She has adopted the culture of Milan’s upper class since she married to Tancredi and moved to Milan – sealing her identity as a Russian and taking a new name ‘Emma’ that her husband gave her. Behind the flawless facade of perfect aristocratic life, the Recchi family’s lives are rapidly changing. Emma finds out that her daughter Elisabetta is a lesbian and she starts her new life in London with her girlfriend. Edoardo Jr., who adores his mother’s Russian side, is disappointed with a ‘harsh reality’ of business and is forced to let the family business go out of his hand by selling the company for its ‘better future’. Emma tries to keep up the elegant image of the Recchi family, but her life turns upside down when she falls in love with Antonio, a friend of her son, who unleashes her long repressed passion and true identity. Once the Emma’s Pandora’s box is open, a tragedy hits the family that leads the family fallen apart.

The story itself is typical melodrama and nothing new, but the cinematography is very atmospheric and stylish, portraying Milan and Italian countryside enigmatically and beautifully. Italian Futurism typeface and impressive score by a minimalist composer John Adams are perfectly matched with the classic atmosphere of the movie as well. The simple yet elegant costumes designed by Jil Sander are also chic and cool. Though well-known eccentric actress Tilda Swinton is a bit weird in the movie as I expected, her existence glows and stands out in the screen. I quite like I AM LOVE, masterfully describing gorgeous but rigid aristocratic lifestyle, like film directors of 70’s golden age of Italian cinema such as Visconti, Antonioni, and Pasolini did. Highly recommend this movie.

Reblog this post [with Zemanta]