Tag Archives: Classical music

Steve Reich: Music for 18 Musicians @ Royal Festival Hall

Vodpod videos no longer available.

Vodpod videos no longer available.

10月31日(土)にRoyal Festival Hall(ロイヤル・フェスティバル・ホール)であったコンサート「Steve Reich: Music for 18 Musicians」に行ってきた。Mがスティーヴ・ライヒのファンで、2006年にもバービカン・センターでのコンサートに行ったのだが、彼はちょくちょくロンドンに来ているようで、時々コンサートの案内を見かける。

今回のコンサートでは、ロンドンに本拠を置く室内オーケストラ、London Sinfonietta(ロンドン・シンフォニエッタ)と共演。二人が手拍子で音楽を奏でる「クラッピング・ミュージック(手拍子の音楽)」、パット・メセニーのために作曲された「エレクトリック・カウンターポイント」、打楽器奏者4人と鍵盤楽器奏者2人が演奏する「六重奏曲(Sextet)」、そしてミニマル・ミュージックを代表する作曲家であるライヒの代表作の一つである「18人の音楽家のための音楽(Music for 18 Musicians)」の4曲が演奏された。私の勝手な感想(ライヒファンの方の気を害したらごめんなさい)。ライヒ本人が演奏したクラッピング・ミュージックは、フラメンコのミュージシャンの方が上手。エレクトリック・カウンターポイントは、パット・メセニーの音楽は、男のセンチメンタリズムっぽくって嫌いなので(Mは大ファンだけど)×(バツ)。残り2曲はなかなか良かった。しかし、ミニマル・ミュージックは「反復音楽」と呼ばれるだけあって、多少の違いはあるものの、ずーっと同じような音楽が延々と続く。「六重奏曲」は25分間だけれど、「18人の音楽家のための音楽」は何と1時間。同じリズムの繰り返しが眠気を催し、気づくとウトウト、夢も何回も見たが、起きても眠りに落ちる前と同じような音楽が流れているから、聞き逃した気がしない。ミニマル・ミュージックの醍醐味は、微細な変化を聞き取ることらしいが、私はそこまでの域に達っしていないし、達する気もない。でも、起きていても寝ていても気持ちの良いコンサートだった。

そう言えば、この日はハロウィーンだったけれど、全く仮装したり騒いでる人たちは見なかったな。

We went the Royal Festival Hall for the concert “Steve Reich: Music for 18 Musicians” on Saturday, October 31. M is a fan of Steve Reich, and we also went to his concert at Barbican Centre a while ago. It seems that Reich comes to London once in a while, as I see the information of his concerts in London sometimes.

In this concert, Reich played together with London Sinfonietta and performed four of his works – Clapping Music for two musicians clapping, Electric Counterpoint composed for Pat Metheny, Sextet for percussion and keyboards, and Music for 18 Musicians, one of the most important work of Reich as a pioneer of minimalist music. Here is my stupid opinions (and I am sorry if I offend some of the loyal Reich fans). Probably Flamenco musicians would do a better job for Clapping Music. I don’t like Pat Metheny as his musics represents men’s sentimentalism for me, so I couldn’t stand Electric Counterpoint. I like other two works, but as minimalist music is often defined as reiteration of musical phrases, and the similar rhythms continue on, and on, and on, from the start to the end. Sextet was 25 minutes and it was OK, but Music for 18 Musicians was almost 1 hour! The repetition of the music made me dose off sometimes and I even had several dreams during the concert, but I didn’t feel like I missed a lot because the music sounded the same as when I fell a sleep. The whole point of minimalist music is supposed to enjoy a small and slow transformation as the music progress, but I unfortunately haven’t reached the level (and I am afraid I never will).  However, it was a pleasant concert for me either when I was awake or sleeping.

By the way, the day of the concert was Halloween but I didn’t see anyone in a crazy costume or partying…

London Sinfonietta: Steve Reich Post Concert Talk
Post Concert Talk


London Sinfonietta: Steve Reich

Reblog this post [with Zemanta]

Handel Remixed / David Daniels @ Barbican Hall

Handel Remixed / David Daniels @ Barbican

9月19日、バービカン・ホールで催されたコンサート、「Handel Remixed / David Daniels」に行ってきた。クラシック音楽に関しては中学・高校の音楽のクラスの知識並みだけれど、クラシックの中ではバロック音楽が好きなこと、このコンサートの主役のデービッド・ダニエルズがMの好きなオペラ「Theodra」に出ていたこと、現代音楽を交えたちょっと趣向の変わったコンサートだということ、またバービカンは近所だし、ということでチケットを購入した。

このコンサートはヘンデルの没後250周年を記念し、マイケル・ナイマンニコ・マーリージョン・タヴナージョスリン・プーククレイグ・アームストロングの5人の現代音楽作曲家に、ヘンデルの音楽を元に作曲を依頼。ヘンデルのアリアオラトリオの間にこれらの曲を挟む形のコンサートなので、「ヘンデル・リミックス」。Academy of St Martin in the Fields(アカデミー室内管弦楽団)が演奏、デービッド・ダニエルズがソロイストとして舞台に立った。ヘンデルの音楽はもとより、カウンターテナーのダニエルズの声は繊細で透き通っていて、聞いていてとても気持ちがいい。5人の作曲家の曲はヘンデルというよりも映画音楽のようだったりして、正統派の音楽ファンやお偉い批評家の方はあまりお気に召さなかったようだけれど、クラシック初心者の私は充分楽しませていただいた。特に、アンコールのオンブラ・マイ・フは、心に沁み入る素敵な演奏だった。

We went to a concert “Handel Remixed / David Daniels” at Barbican Hall on September 19. My knowledge in classical music is at high school music class level, but we decided to go to this concert because 1) we like baroque among other classical music, 2) it was the concert of the singer David Daniels who performed in the opera ‘Theodra‘ that M likes, 3) this was a unique concert that classical music met contemporary music, and 4) Barbican is only 10 minutes away by bicycle.

The concert was planned to celebrate the 250th anniversary of Handel‘s death by commissioning five composers, Michael Nyman, Nico Muhly, John Tavener, Craig Armstrong and Jocelyn Pook, to write works based upon Handel’s music. These new songs were played in between Handel’s original arias and oratorios, therefore, it was called ‘Handel Remixed’. Countertenor David Daniels and Academy of St Martin in the Fields performed in the concert.Daniels’ sensitive and pure voice was beautiful, and was very relaxing as well. Some songs by the five composers sounded more like movie soundtracks than Handel, and some hardcore Handel fans and the Telegraph and the Guardian critique didn’t seem to be impressed by the concert, but the concert was fantastic for us as a classic music novice and we like the concept of classic music with modern touch. Especially “ombra mai fu” (original version) for the encore was so beautiful and moving.

Vodpod videos no longer available.

Reblog this post [with Zemanta]