Tag Archives: comedy

Blue Jasmine @ Everyman Screen on the Green

ロンドン三部作であるMatch Pointマッチポイント)、Scoop (タロットカード殺人事件)、Cassandra’s Dreamウディ・アレンの夢と犯罪)、そしてVicky Cristina Barcelonaそれでも恋するバルセロナ)、Midnight in Parisミッドナイト・イン・パリ)、To Rome with Loveローマでアモーレ)と、近年ヨーロッパで映画を多く撮っていたウディ・アレンの最新作「Blue Jasmine」を見に行った。私はずっと、ウディ・アレンはアメリカ、特にニューヨークを舞台にした人間関係のしがらみを扱ったら天下一品だと思っていたが、Blue Jasmineはドンピシャ。久しぶりに彼の真骨頂を見た気がする。日本ではまだ未公開らしいが、あらすじは以下の通り。

リッチなビジネスマンの夫・Hal(アレック・ボールドウィン)とニューヨークで優雅な生活を送っていたJasmine(ケイト・ブランシェット)は、ある日何もかも失い、サンフランシスコの狭いアパート住むシングルマザーの妹・Ginger(サリー・ホーキンス)の元に転がり込んだ。ジャスミンは精神的に不安定で望まぬ暮らしぶりにうまく適応できず、精神安定剤とウォッカの助けで何とかこの苦境に耐えている。「負け犬(losers)」のような妹の元夫やボーイフレンドの下品さにも我慢できない。自分の洗練されたスタイルとテイストを活かしてインテリアデザイナーとして成功するという苦し紛れに思いいた夢をかなえるため、仕方なく歯科医の受付として働くが、そこでは医者のセクハラに遭う。そこに現れたのが、ジャスミンの美しさとエレガントさに一目惚れした外交官のDwight(ピーター・サースガード)。過去の栄光を取り戻す希望の星となるかと思えたが、彼女が自身の過去についてついた嘘が悲劇的な結末をもたらす。

この映画はコメディだ。可笑しいんだけれど、優しくて金持ちの夫と豪邸に住み、ニューヨークの社交界で華やかな生活を送っていた女性が家族も財産も全て失い、プライドだけが残った彼女にとって堪え難い「普通」の生活の中で精神を病んでいく姿が痛々しい。最初は鼻持ちならないと思ったけれど、それでも一縷の望みを頼りに必死に生きていこうとするジャスミンに最後は深い同情を覚える。そんなジャスミン役のケイト・ブランシェットの演技も素晴らしい。男性のウッディ・アレンが、自分の人生を守るために夫の違法行為に目をつぶったり小さな嘘をついたりする、女性の心の機微を見事に表現したのにも感心した。笑って泣ける、私的に5つ星のオススメ作品。

久しぶりに行ったエンジェルの映画館・Screen on the Green過去ブログ参照)は、今はEverymanというアートハウス系映画館の傘下となっていた。それに伴ってか、後ろ2列が居心地のいいソファー席になっていて、料金に2ポンド追加で家のリビングのように寛げる。後ろにはカフェ/バーもあり、コーヒーやワインを飲みながら映画を見ることも出来る。この映画館もお薦め。

Many of Woody Allen‘s recent films were shot in Europe, some of them in London such as Match Point, Scoop, and Cassandra’s Dream and others in Barcelona (Vicky Cristina Barcelona), Paris (Midnight in Paris)  and Rome (To Rome with Love). But I always think that he is a master when he portrays relationship issues among intellectuals and high society in New York, and his latest work, Blue Jasmine, is the one and the very best in recent years for me. Here is the synopsis.

After everything in her life falls to pieces, including her marriage to wealthy businessman Hal (Alec Baldwin), elegant New York socialite Jasmine (Cate Blanchett) moves into her sister Ginger’s (Sally Hawkins) modest apartment in San Francisco. Jasmine is in a fragile mental state and depends on anti-depressants and vodka. She doesn’t cope well with her undesired new life and still behaves like an aristocrat, and calls her sister’s boyfriend and ex-husband ‘losers’. She reluctantly works as the receptionist in a dentist’s office, with a improvised goal to study to be a successful interior designer with her sophisticated taste. One day, Jasmine meets Dwight (Peter Sarsgaard), a diplomat who is quickly smitten with her beauty, sophistication and style, and finds a hope to get back to high life. However, her lies about her past lead to another catastrophic blow to Jasmine.

This comedy-drama hilariously but painfully portrays fall of a woman who had everything but lost everything except her pride. I was annoyed with Jasmine’s arrogance at the beginning but gradually started to feel sympathy and to pity her. She is forced to live like an ‘ordinary’ people that causes her a nervous breakdown, but she tries to cope with hardship in her own way though a bit clumsy and bit unrealistic. Cate Blanchett did play the role perfectly, and I can’t think about any actress who can do better than her. Also I am impressed Woody Allen as a man, can perfectly describe woman’s nature – closing one eye on her husband’s infidelity and illegal activity or telling a ‘little’ lie to protect her own happiness. I give this film a 5-star.

I didn’t go to Angel’s cinema Screen on the Green (past blog) for a long time, and during the break, the cinema has become a part of Everyman Cinemas. Accordingly, comfy sofa seating called ‘Premier Seat’ is introduced at the last two rows, and there you can enjoy a film like you are in your living room, with extra £2.00. There is a café/bar at the back that serves you a refreshment at your own seat. The cinema is also recommended.

screen on the green screen on the green2

Advertisements

Festival of the World @ Southbank Centre

今年の夏のロンドンオリンピック・パラリンピックにあわせ、サウスバンク・センターでは、Festival of the World(6月1日〜9月9日)が開催されている。スポーツや芸術が若者の夢や向上心を刺激すると考えた、近代オリンピックの創立者であるピエール・ド・クーベルタン男爵にインスピレーションを得たというこのフェスティバル、芸術は人々の人生を変えられることを証明するのを目的に、アート、音楽、ダンス、詩、文学、コメディなど世界の文化イベントの他、マーケットや「urban beach(人工ビーチ)」など、様々な催しが行われている。明日29日から始まるパラリンピックと同時に、障碍を持つアーティストたちの作品を紹介するイベント「Unlimited(8月30日〜9月9日)」もスタートする予定。

Southbank Centre has been hosting Festival of the World this summer from June 1 to September 9, coinciding with the London 2012 Olympics/Paralympics. The festival is inspired by the founder of the Olympic movement, Baron Pierre de Coubertin who believed that the arts and sport could raise the aspirations of young people. During the period, Southbank offers a variety of international cultural events such as art, music, dance, poetry, literature, and comedy, as well as markets, urban beach and more to demonstrate how art can transform lives. Corresponding with the start of Paralympic Games tomorrow on August 29, ‘Unlimited‘ (Aug 30–Sep 9) will showcase art and culture commissions by disabled and deaf artists.

中でリラックスしたり遊んだりできる、かまくら型のユニークな「London Earth Creature」は、エコ建築のスペシャリスト・Small Earthの作品。

London Earth Creature” is the unique playscape for play & relax, designed and built by eco-build specialists Small Earth.

廃材を使用して大規模作品を創っているロンドンベースのアート集団・Robots>>>>の「Everything Is Beautiful When You Don’t Look Down(下を見なければ全てが美しく見える)」。2011年のFestival of Britainで使用した木材や鉄を再利用している。

“Everything Is Beautiful When You Don’t Look Down” by the London-based arts collective Robots>>>>, who build large sculptures from recycled and reclaimed materials, have made these figures predominantly from wood and steel used at Southbank Centre’s 2011 Festival of Britain.

世界から集められた布地で作られた、15mの高さの「Under the Baobab(バオバブの木の下で) 」は、Pirate Technicsが制作。

15 metres tall “Under the Baobab” is made from stacks of fabric rings using material from around the globe, created by Pirate Technics.

Trey WatkinsとCameron Brownの二人のアーティストの作品「Perspectives(視点)」。一見、無造作に置かれたアルファベットだけれど、一定のアングルから見るとメッセージが浮かび上がる。

Perspectives‘ designed by artists Trey Watkins and Cameron Brown. At first they appear to be random letters, but when you see them from certain vantage points they line up to reveal hidden messages.

たくさんの緑色のバスケットを使った、韓国人アーティスト&デザイナー・Choi Jeong Hwaチェ・ジョン・ファ)の「Time after Time(何度も何度も)」。

Korean artist and designer Choi Jeong Hwa‘s “Time after Time“, using thousands of green carrying baskets.

New Look for BBC 2012

ロンドン・オリンピック開催まで200日を切った(正確に言うと192日)。Tube(ロンドン地下鉄)各駅やBlackfriarsブラックフライアーズ)駅、 Farrindonファリンドン)駅などの鉄道駅の改装といったインフラの整備や、様々な建設工事がロンドン市内のあちこちで急ピッチで進められており、オリンピックが近づいていることを感じさせる。もっともロンドンの住人は、犬も歩けば棒に当たるじゃないけれど、行く先々で遭遇する工事現場の騒音や通行止め、道幅減少などに閉口しているけれど。

そして、イギリスの国営放送BBCが去年7月に立ち上げたオリンピック特集ウェブサイト・BBC 2012もこの度お化粧直しされた。このサイトは、ニュース、スポーツ、ドラマ、アート、カルチャー、コメディ、交通情報や役立つ情報など、BBCのオンライン、テレビ、ラジオのオリンピック関連コンテンツ(ライブ、ビデオ、オーディオ、写真、インタビュー、裏話など)が一堂に集められているので、ロンドン・オリンピック委員会のLondon 2012とともに、オリンピックや関連イベントの情報収集に便利かも。→詳細はBBCブログ

It is less than 200 days (precisely saying, 192 days) to go til London Olympic 2012, and all kinds of constructions and building works, including maintenance works of some tube stations and revamping rail stations such as Blackfriars station and Farrindon station, now seem to be speeding up and this make us feel the Olympic is coming. Exciting, though many Londoners complain the noise, reduced road width and diversion caused by never-ending works that we encounter every corner of the city.

BBC, British national broadcaster that most of you already know, has changed the look of BBC 2012, a website launched last July, dedicated to London Olympic. The site showcases a variety of contents arising from the London Olympic and Paralympic Games, ie. news, sport, drama, arts, culture, comedy, traffics as well as other useful info, gathered from BBC’s online, television and radio, in the form of live coverage, video and audio clips, background stories, pictures and cast interviews. Together with London Olympic’s official website London 2012, it will be a good media for information of olympic games and related events. → BBC blog for more details